フォークリフト

フォークリフトの仕事は将来なくなる!?今後の展望を詳しく解説します!

投稿日:

昨今自動車の自動運転が進められている中、フォークリフトの操縦も将来的には自動化されるのではないかという話を聞いたことはありませんか?

もしフォークリフトが自動運転されるようになれば、リフトマンの仕事がなくなるのではないかと不安に感じる人もいるかと思います。

ここではフォークリフトの仕事が将来的になくなるのか?今やっておくべきことは何か?などを紹介しています。フォークリフトの仕事についている人、リフトマンをやめとけと言われた人はぜひ最後まで一読してくださいね。

フォークリフトの仕事は将来なくなるのか?

倉庫内や工場などでパレットに積まれた荷物を運搬するフォークリフトですが、それらは現在リフトマンと呼ばれる作業員が運転しています。

最近、このリフトマンの仕事がいずれなくなるのでやめとけと言われるようになりましたが、実際どうなのか気になりますよね。

結論から言うと将来的にフォークリフトの仕事はなくなります。なぜならロボット化が進むからです。実際に将来的にロボットで代用可能になる仕事の中にリフトマンが入っています。

ただし、今すぐというわけではありません。今は物流業界の需要が伸びていることから倉庫内作業の稼働が多く、リフトマンのニーズが高いので、仕事に困るということはないでしょう。

しかし、20年後、30年後になるとロボット化はかなり進んでいると考えられるため、将来性はあまりないと考えてもいいでしょう。

フォークリフトの仕事がなくなる理由2つ

フォークリフトを操縦するリフトマンのみならずピッキングや検品などの倉庫内作業も将来的にはなくなると予想されています。なぜ仕事がなくなるのか?その理由は主に2つあります。

作業のオートメーション化

1つ目は作業のオートメーション化です。アマゾンのような大手企業ではすでにロボットを導入して、作業をオートメーション化をはじめています。

例えば注文の入った商品を倉庫内から取り出すピッキング作業はすでにロボットが行っています。ロボットが情報を受信して自動的に動いて商品を取りに行くといった作業が可能になっています。

今さまざまな企業がこの倉庫内作業を自動で行えるように開発しているため、今後さらに広がっていくことが予想されます。

現在はフォークリフトの自動運転まではあまり進んでいませんが、いずれは実現されるようになります。そうなるとリフトマンの仕事はなくなってしまいます。

また、検品や梱包といった倉庫内作業全般もオートメーション化されていくので、仕事がいずれなくなっていくのは間違いないでしょう。

給料の問題

もう1つの理由は給料問題です。フォークリフトの仕事を含む倉庫内作業全般は他の仕事と比較すると基本給が高いとは言えません。しかし、仕事が忙しいことから残業が発生するため、この残業代で生活を安定させていたというリフトマンは少なくありません。

今日本では働き方改革が進められており、特に残業については厳しく言われるようになりました。上限時間が月に45時間、年間360時間と制限されるようになったため、どれだけ忙しくても給料に制限がかかってしまいます。

また、機械化が進むことで人の仕事が奪われてしまい、残業時間が減っていくのは間違いありません。

頑張れるだけ頑張って稼ぎたいという人や忙しい割には給料が低いと感じる人にとっては、やりがいもなく、将来性も感じにくいということで続けづらいでしょう。

倉庫内作業をオートメーション化するメリット

倉庫内作業をオートメーション化するためには膨大な費用がかかります。しかし、費用を支払ってまで倉庫内作業を機械化するのでしょうか?その理由は主に3つです。

人件費の削減

企業にとって人件費というのは大きな経費になります。ロボットを導入することで人を雇う必要がなくなるため、人件費の削減となります。

企業の規模にもよりますが、人件費だけで年間億単位のお金が必要になります。これらを他の新規開発や大規模化に投資できるようになれば事業がさらに拡大しますよね。

企業にとっては機械化を進めることは会社の規模を大きくするうえでも重要になるのです。

事故やミスがなくなる

人間が作業を行う以上、必ずどこかでミスが起きてしまいます。フォークリフトの事故は年間2,000件以上起きており、その中には死亡事故も含まれています。

傷害事故はもちろんですが、死亡事故というのはなんとしてでも防がないといけません。そのために会社は従業員に危機予知トレーニングを行ったり、日々指導を行ったりしています。

オートメーション化すればこういったトレーニングの必要がなくなり、さらに事故もほとんど起こらなくなると考えられています。

また、間違った商品を送ってしまった、誤って荷物を欠損してしまったなどというミスも機械であれば防ぐことができます。お客様からのクレームを失くし、満足度をあげるには機械化が必要になってくるのです。

作業の効率化

作業を機械化することで作業の効率性が上がります。人間はどうしても疲れてしまいますが、機械は疲れません。また、人間のように労働時間を守る必要がないため、24時間フル稼働させることも可能です。

機械化することで収益アップにつながるので、企業にとっては大きなメリットになるでしょう。

今すぐフォークリフトの仕事がなくなることはない

フォークリフトの仕事がなくなるとは言いましたが、今すぐなくなるわけではありません。その理由は主に2つあります。

リフトマンの人手不足

1つ目の理由はフォークリフトを操縦するリフトマンが不足しているからです。リフトマンに限らず倉庫内作業をする人材は不足しているため、引く手あまたな状態が続いています。

そんな中、倉庫内作業の需要は伸びているため、今のところは会社を選びたい放題です。

この人手不足を解消するために機械化が進められてもいますが、まだまだ人の手を借りないと作業が進まないため、今後しばらく仕事がなくなるという心配はありません。

導入コストが高い

もう1つの理由は導入コストの高さです。ロボットやシステムを導入するためにはかなり大きな金額が必要です。そのため、現在は資金力のある大手企業から機械化が進められていますが、中小企業まで行き届くのはまだ数十年後の話。

今20代であれば40~50代ごろにようやく機械化にかわるくらいなので、まだまだしばらくは仕事がなくなるということはないでしょう。

将来仕事がなくなる前にやっておくべきこと

フォークリフトの仕事がなくなるからといっても数十年後の話。いますぐにやめろというつもりでもなければ、リフトマンの職につくのをやめとけというつもりもありません。いずれなくなる前に将来を見越してやっておくべきことを進めておけば、仕事がなくなっても安心です。

それでは今やっておくことは何か紹介しましょう。

資格を取得する

1つやっておいた方がいいことは資格をとることです。資格を持っていると将来の可能性が広がりますし、強みになります。

仕事をやめて資格を取るという方法を取る方がいますが、それはやめておきましょう。なぜなら収入がなくなることで不安が出てくるからです。

働きながら勉強することで収入が入るため精神的にも安定します。収入なしの状態が続くと焦りが生まれて、正しい判断ができないようになるのでやめておきましょう。

倉庫内作業の良いところは残業時間がないところです。給料面では悪いですが、時間があることでできることが増えるので、プラス面に考えましょう。

転職サイトに登録する

もう一つは転職サイトに登録することです。何も今すぐ転職しなさいということではなく、転職サイトに登録して、条件のいい企業の求人を待つという方法をおすすめします。

こちらも仕事を辞めてからではなく、仕事をつづけながら転職活動をすることでじっくりと企業を探すことができます。

おすすめの転職サイトは次の章で紹介するので、それらに登録して自分に合いそうな企業を探してみましょう。

おすすめの転職サイト

それではおすすめの転職サイトを2つ紹介していきましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェントは20代や30代の方におすすめの転職サイトです。公開求人数は3万件以上、非公開求人は10万件以上と業界大手の求人数を誇っています。

マイナビエージェントを利用するメリットは主に3つあります。

キャリアアドバイザーが在籍している

マイナビエージェントには経験豊富なキャリアアドバイザーが在籍しています。各業界に精通しているため、専門的なアドバイスをいただけるほか、面接対策や履歴書の添削を行ってくれます。

初めての転職の方は特に不安に感じやすいので、さまざまなバックアップをしてくれるアドバイザーがいることは心強いでしょう。

未経験の業種に転職しやすい

マイナビエージェントは求人数の多さから予想できるようにさまざまな業界・業種から求人がかかってきます。大手はもちろん、中小企業やベンチャー企業も取り扱っており、新たな分野に進出したい方にはピッタリです。

細かい内部情報を知ることができる

入社前に会社の雰囲気や情報は知りたいところですよね。転職エージェントはそれらを教えてくれることがあります。内部情報を知ることで安心して転職できますよね。

ドラEVER

ドラEVERはドライバー求人サイトで業界1位の利用率を誇っています。トラックドライバーやバス運転手などに転職したいという方にピッタリな求人サイトです。運送業界は給料が高いので、稼ぎたい方におすすめですよ。

ドラEVERを利用するメリットは下記の3つです。

求人数が多い

ドラEVERは求人数が1万件以上(2022年2月現在)とドライバー求人サイトの中ではトップクラスの求人数を誇っています。長距離運転手から地域を回る短距離トラック運転手、バス運転手などさまざまな職種の求人が集まっているので、挑戦してみたい仕事を選びやすいです。

細かい条件の検索が可能

ドラEVERの求人検索では、給料や休日回数の選択はもちろんですが、こだわり検索という機能が備わっています。トラック運転手であれば、どういった形状のトラックを運転したいのか、例えばダンプ車なのかウイング車なのか、通常の平ボディなのかを選べたり、食品や日用品、建築材料などの輸送したいものを選ぶことができます。面白いのが、社内サークルを選択するところがあり、野球やゴルフなどのスポーツを行っている会社を見つけることができます。

運送業界未経験でも転職できる

ドラEVERでは、未経験歓迎の企業の求人がたくさんあります。これまで運送業の経験がない方でも問題ありません。もし免許がない方でも企業によっては資格支援制度を導入しているところがあります。

免許取得費用をサポートしてくれるので、お金がないという方でも安心です。

まとめ

今すぐ仕事がなくなる心配はないとはいえ、将来的にフォークリフトの仕事はなくなります。今のうちにできることをやっておけば、いざ自動運転に切り替わったときに安心なので、資格を取得するか転職サイトを活用して安心できる職場を探すようにしましょう。

フォークリフトオペレーターの方へ

【完全無料】日本最大級のフォークリフトオペレーターの転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のフォークリフトオペレーターの人口は不足しており、フォークリフトオペレーターの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のフォークリフトオペレーター転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なフォークリフトオペレーター求人を検索することができます。

お住いの近くにあるフォークリフトオペレーター求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

フォークリフトの求人を1分で無料検索

フォークリフトオペレーター様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-フォークリフト
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.