配車係

統括運行管理者とは?運行管理者との違いや選任方法について解説します!

投稿日:

運送業においては各営業所ごとに運行管理者を選定しなければいけない規定があります。もし運行管理者が複数名いた場合、その中から統括運行管理者を選出しなければいけません。

ここでは統括運行管理者とは何か?仕事内容や選出される条件の解説や車両台数と運行管理者数の関係数などを紹介しています。

統括運行管理者とは??

バスやタクシーを使った旅客運送業やトラック、軽バンを使った貨物運送業においては各営業所ごとに1名以上の運行管理者を選定しないといけない決まりがあります。

複数名運行管理者がいる営業所では統括運行管理者を選定しないといけないという規定があります。

統括運行管理者とは、名前の通り複数いる運行管理者を統括する指揮監督という立場になります。一般的な会社で例えると課長のような立場と考えるとイメージしやすいのではないでしょうか。

運行管理者の選任数

運行管理者の数は営業所で保有している車両台数によって異なります。運行管理者の仕事量は多いため、車両台数が多いほど人数を増やさないと業務に差し障りが生じるため、その分だけ人数が必要となります。

小さな企業であれば保有台数が少ないため、1名のみのところが多いですが、大手企業であれば保有している台数が多いので複数名います。

この車両台数と運行管理者の関係数は決まっています。

トラックの場合

1~29台:1名
30~59台:2名
60~89台:3名

以降30台増えるたびに1名追加

乗り合いバスやタクシーの場合

1~39台:1名
40~79台:2名
80~119台:3名

以降40台増えるたびに1名追加

貸切バスの場合

1~39台:2名
40~59台:3名
60~79台:4名

以降20台増えるたびに1名追加

統括運行管理者の仕事内容

統括運行管理者の仕事内容を知るためには運行管理者の仕事を知っておく必要があります。

運行管理者の仕事とは、ドライバーの管理(指導やスケジュール管理、勤務管理など)や車両管理(車両に不備がないか、あれば整備士に連絡をするなど)、配送ルートの作成、点呼記録簿の保管、管理、運転日報の記録管理などさまざまあります。

統括運行管理者の仕事はこれらの仕事が主になります。ただ、1つ加わるのが他の運行管理者の管理と指導です。統括運行管理者として、他の運行管理者の仕事管理や指導および監督業務を行います。

統括運行管理者の選任方法

統括運行管理者は運行管理者であれば誰にでもなることができます。ただし、統括するポジションであること、責任が重いことを考慮すると経験のある人が選任される傾向にあります。

選任する際は管轄している運輸局に書類を提出するだけです。書類を提出した後は統括運行管理者の氏名を社内に掲示し、社内全体に公表しなければいけません。

統括運行管理者を選任しないとどうなる?

もし統括運行管理者を選任しなかった場合ですが、行政処分が下されます。具体的には「30日間の事業停止(車両の停止)」となります。また、各地域の運輸局から会社名が公表されるため、信用を失くす一因になる可能性があります。

この行政処分は悪質は法令違反という部類に入るため、数ある処分の中でも重たいものに入ります。

統括運行管理者のみならず運行管理者を選定しなかった場合でも同じ処分となるので、選定を行ったらすぐに報告するように心がけましょう。

統括運行管理者になるための方法

統括運行管理者になるためには運行管理者にならないといけません。そのためには資格の取得が必要になります。

資格取得方法

運行管理者になるための資格取得方法は2つあります。

1つ目は資格試験に合格すること。もう一つは5年以上の実務経験とその間に基礎講習と一般講習を5回以上受けていることが条件となります。

2つ目の条件は時間と手間がかかるため、ほとんどの方が試験を受験して資格を取得します。

資格試験の受験資格

資格試験を受けるためには条件があります。下記のどちらかの条件をクリアしている必要があります。

1.運行管理者の補助業務を1年以上経験していること

2.資格試験2週間前までに基礎講習を修了していること

運行管理者の資格を取得後

資格を取得した後は経験を積むだけです。運行管理者であれば誰でも統括運行管理者になれますが、仕事内容や責任の重大さを考えるとある程度の経験と能力が必要になります。

まずは今いる統括運行管理者のもと多くの仕事をこなして、いろんな経験を積んでいきましょう。

運行管理者の方へ

【完全無料】日本最大級の運行管理者専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本の運行管理を担える人材の数は減少しており、転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級の物流転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の運行管理車向け求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

運行管理者の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

-配車係
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.