軽貨物ドライバー

軽貨物ドライバーは稼げる?手取り年収やきついとの噂を検証!

更新日:

運送業界で近年メジャーになってきている働き方の一つに軽貨物ドライバーがあります。軽車両に小さな荷物を積み込んで配送する軽貨物ドライバーは、通販サービスの発達などによって宅配需要が増した現代の物流においては欠かせない存在と言えるでしょう。

今回はそんな軽貨物ドライバーについて、収入面の実態や仕事に就くメリット・デメリット、仕事をするうえでの注意点などを詳しく解説していきます。

軽貨物ドライバーは稼げる!ただし工夫が必要

収入について結論から述べると、軽貨物ドライバーは稼げる仕事です。

しかし、ただ流れに任せて仕事をしているだけでは期待ほど稼ぐことが難しいのも確か。より多くの収入を得るためには、どのような工夫が必要になるのでしょうか。

業務委託ドライバーは給料が仕事量によって変わる

まず押さえておくべき大前提なのですが、軽貨物ドライバーは運送会社に雇用された社員ではなく、業務委託という形で運送会社から配送を請け負った個人事業主であることが一般的です。

こうした業務委託ドライバーの給料は通常、固定の額ではありません。稼げるかどうかはどれだけの仕事量をこなしたかによって変わってくるのです。配達する件数が増えれば増えるほど収入も多くなりますし、逆に件数が少なければ充分な収入とはならないでしょう。

少しでも有利な条件で契約を結ぶ必要

このような収入形態である以上、業務委託を受ける軽貨物ドライバーにとって重要なのは、できるだけ有利な条件で運送会社と契約を結ぶことです。

軽貨物ドライバーが運送会社から受け取るのは給料ではなく、委託料です。委託料から運送会社の定める手数料を差し引いた額が軽貨物ドライバーの取り分となるわけですが、この額がそのままかと言えばそうではありません。先述のとおり軽貨物ドライバーは個人事業主ですから、業務に用いる車両も自前であり、当然ガソリン代などの経費がかかってくるためです。

つまり、軽貨物ドライバーの手取り収入は「委託料-(手数料+諸経費)」という式で表すことができるのです。

軽貨物ドライバーとして働いて満足な手取り額を受け取るには、高い委託料で仕事を請けること、または手数料を低く抑えることが大切なのだとご理解いただけるのではないでしょうか。

軽貨物ドライバーの手取り収入

次に、軽貨物ドライバーの収入が実際どの程度になるのか見ていきましょう。

軽貨物ドライバーの平均的収入

契約する運送会社や配達に向かう地域によって変動はありますが、軽貨物ドライバーの1日の売上は平均10,000円~14,000円程度と言われています。仮に1日12,000円の売上が立ったとして、月22日稼働したとすると、月の売上高は264,000円と計算できます。

ここから運送会社に支払う手数料が引かれます。

手数料の相場は15~20%なので、仮に20%だったとすると52,800円。

つまり、このケースにおける月々の手取りは「264,000-(52,800+諸経費)」で求められます。 なお年収に換算するとどうなるかについてですが、軽貨物ドライバーの平均年収は専属契約の場合で400万円前後と言われています。フリーランスのドライバーの場合は案件を多数こなす人もそうでない人も含まれるため平均はアテになりませんが、多くこなす人であれば年収400万円よりも稼げるという評判もあります。

ただし月収・年収は変動する

ここまで述べてきたとおり、軽貨物ドライバーの収入は配達件数によって大きく左右されます。

軽貨物の宅配需要が増加傾向にあるとはいえ、都市部と町村部とではやはり案件数に差が出てきます。さらに言えば月ごとの案件数が安定しているわけでもなく、繁忙期など配達の多い月もあれば、逆に少なくなる月もあります。

サラリーマンのように月ごとに一定の額を得られる、ということは軽貨物ドライバーではまずないと考えるべきです。年収という括りでは平均400万円と言われていても、その内訳は収入の多い月もあれば少ない月もある、と覚えておきましょう。

月収100万は不可能ではない

マンションなど集合住宅の多い都市部の軽貨物ドライバーであれば、案件を多数こなして月収100万円以上を稼ぐことも決して不可能ではありません。

月に25日稼働すると考えると、1日あたり4万円を稼げば100万円に到達する計算です。配送単価が200円なら、1日に200件の配達を行うことで4万円になります。

もっとも、1日200件配達というのはかなり大変ですし、そもそも繁忙期でなければそこまで多くの仕事が回ってこない可能性も高いです。事実、軽貨物ドライバーの1日あたりの配達件数は平均して100件程度であるとされています。

軽貨物ドライバーが月収100万円を得ることは不可能ではないものの、できる条件は限られており、できる場合でも仕事内容としては非常にきついものとなるでしょう。

軽貨物ドライバーになるメリット

軽貨物ドライバーとして働くことにはどのようなメリットがあるのでしょうか。一つ一つ見ていきましょう。

職歴や学歴は関係ないことが多い

軽貨物ドライバーに限らず、ドライバー職の採用では職歴や学歴が重視されません。

重要なのは確かな運転技術を持っていることと、丁寧な荷扱いができること、届け先や運送会社との間で基本的なコミュニケーションが取れること。これらさえできれば問題はありません。軽貨物ドライバーの仕事はいわゆる頭脳労働ではないため、学歴によって足切りされることは考えにくいのです。

就職や転職の際、学歴に不安があって著名な企業に応募できないという方は多いですが、軽貨物ドライバーには関係ありません。

ルールを守れば働き方は自由

これまで述べてきたとおり、軽貨物ドライバーは運送会社に雇用されているわけではなく、個人事業主として業務委託を受けて配送を行っているパターンが大半です。このことはすなわち、会社の就業規則に縛られることなく仕事ができることを意味します。

もちろん業務を行ううえでの基本的なルールを守る必要はありますが、それでも正社員として働くよりも自由度は高いと言えます。サラリーマンが性に合わないという方は軽貨物ドライバーを検討してみるとよいでしょう。

人間関係の悩みがなくなる

個人事業主であるということはもう一つ、職場内の人間関係に悩まされる心配がないということでもあります。

軽貨物ドライバーが職場で何をするかと言えば、荷物を積み込んで伝票の受け渡しをするだけ。あとは配送のために車を運転しているのですから、職場にいる時間からしてそう長くはありません。

快適に仕事をするためにも、やっかいな人間関係はなるべく巻き込まれたくないものです。その点、職場では必要最低限のやり取りで済ませて早々と配送に向かう、といったことができるのは軽貨物ドライバーの魅力となり得ます。

女性やシニアでもチャレンジできる

軽貨物ドライバーが扱うのは衣類や食料品、日用雑貨など小型の荷物がほとんどです。したがって積み込みや配達の際に力を求められることはあまりなく、肉体労働でありながら女性やシニアでも活躍できるという評判で知られています。

腕力に自信がないため無理なくこなせる範囲で働きたい、と考えている方にとっては、軽貨物ドライバーはうってつけの仕事と言えるでしょう。

軽貨物ドライバーはきつい?デメリット

反対に、軽貨物ドライバーの仕事にまつわるデメリットも確認してみましょう。

安定した収入や働き方は望めない

個人事業主である以上当然のことではありますが、軽貨物ドライバーは出勤さえしていれば給料をもらえるという職種ではありません。

売上を立てるためには自分で運送会社に営業をかけて仕事を取ってこなければなりませんし、無事に仕事が取れたとしても充分な利益を出すためには多くの配送数をこなさなければなりません。

何よりも安定した立場や実入りを優先したいという場合には、軽貨物ドライバーは向いていない仕事と言わざるを得ません。

体力勝負な面

軽貨物ドライバーは腕力をさほど要求されない、というのは事実ですが、一方で体力は不可欠です。軒数を回って多くの荷物を捌かなければ満足な収入を得ることができないためです。

夏場の暑い中や冬の寒い時期に配送を行っていると体力を消耗するものですし、配達を行う地域が都市部であればマンションの階段の上り下りがあるかもしれませんから、そこでもやはり体力を使います。 きつい仕事であるという点は覚悟しておく必要があるでしょう。

軽貨物ドライバーとして働く際の注意点

ここからは、軽貨物ドライバーとして働くうえでの注意点を紹介していきます。

荷主はどこかで単価が変わる

先にも触れましたが、軽貨物ドライバーが収入を増やすためにはできるだけ高い委託料で契約することが大切です。

しかし、ゼロから仕事をスタートする場合や経験が浅い場合だと、提示された単価が適正なのかどうかを判断することは難しいはずです。

そのようなときは、複数の運送会社の単価を比較するとよいでしょう。いくつかの会社の単価を比べてみることでどの会社を選ぶべきかがハッキリしますし、相場を学ぶことにも繋がります。

評判だけで選ぶのではなく、自分の目で条件を比較して決めることが大切です。

総支給からいくら天引きされるか

収入を増やすためのポイントの一つに、手数料を低く抑えることという条件がありました。

委託料が高くても、そこから引かれる手数料まで高くては意味がありません。手数料の相場は委託料の15~20%ですから、その範囲に収まっているかどうかは契約を結ぶ際にしっかりとチェックしておく必要があります。

配属されるエリアはいつも同じか

軽貨物ドライバーの働きやすい条件の一つとして、配属されるエリアにまつわる問題があります。

軽貨物ドライバーは大型トラックや中型トラックのように長距離の移動をすることはほとんどなく、原則的には担当エリア内での配達となります。では何が問題になるのかと言うと、いつも同じエリアに配属されるのか、それとも日ごとに別のエリアに配属されるのかがケースバイケースである点です。

いつも同じエリアに配属されるのであれば、道を覚えるのも比較的簡単でしょう。一方で、毎日違うエリアで仕事をするとなると、都度道を覚える必要があるため精神的な疲れに繋がる可能性があります。

配属されるエリアはどこか

配属されるエリアに関してはもう一つ、どういった地域に配属されるのかも大きなポイントです。

人口の多い都市部であればマンションやアパートが建ち並んでいるため、荷物の量も比例して多くなることが想定されます。稼げる反面、きつい業務になるでしょう。

一方で、町村部では高層マンションなどは少なく、戸建の家どうしの距離も比較的離れている傾向にあります。したがって荷物の量も少なくなりますから、仕事としては楽な反面、収入面では心もとなくなってしまうおそれがあります。

勤務時間は何時から何時か

軽貨物ドライバーは運送会社の社員ではなくあくまでも請負業務であるため、労働時間に制約がかかりません。

非常識な時間に配達するわけにはいかないため早朝や深夜の勤務になることは考えにくいのですが、それでもたとえば7:00~22:00といった勤務時間ならば充分あり得る範疇です。

こうした長時間労働は企業向けよりも家庭向けの配達で発生する可能性が高いです。稼ぎたい人なら家庭向けを選ぶのもよいでしょうが、ワークライフバランスを意識したい人は企業向けの配達を行っている会社から委託を受けるとよいでしょう。

休みは何曜日か

何曜日が休日になるかは運送会社によって異なります。どの会社と委託契約を結ぶかで休みの予定も左右されてしまいますから、自分の生活スタイルと相談して取引先を選ぶようにしましょう。

自分で駐車場を契約していない場合

軽貨物ドライバーは自前の車両を用意しなければなりません。ということは当然、車を停めておくための駐車場も業務のため必要になるということです。

そもそも軽貨物ドライバーとして開業する際、事業所(これは自宅などで構いません)から2km以内に駐車場がなければ事業許可を取りつけることができません。そのため、基本的には自分で駐車場を契約することになります。

しかし、近くに駐車場がないなど、やむにやまれぬ理由で駐車場を契約できない場合もあるでしょう。そのような場合には運送会社と交渉し、車両を置かせてもらうなどの工夫をしなければなりません。

まとめ

今回の記事では軽貨物ドライバーの働き方やメリット・デメリット、収入、注意点などについて説明させていただきました。

精力的に働いて稼ぎたいという人にとっては、軽貨物ドライバーは魅力的な選択肢となり得ます。ドライバー職への就職・転職を検討する際はぜひ参考にしてみてください。

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-軽貨物ドライバー
-, , ,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.