トラック

タクシー運転手に必要な資格と難易度は?費用や試験内容も解説!

更新日:

タクシー運転手になるには、どのような資格が必要かご存じでしょうか。人を乗せて走るタクシー運転手は、国が認めるプロドライバーなので、資格も特別なものが必要となります。そこで、タクシー運転手になるために取得する資格の費用や難易度に加え、試験内容について詳しく解説していきます。

タクシー運転手になるには?

タクシー運転手になる流れ

タクシーは車でお客様を送迎するのが仕事となるので、普通免許を取得後にタクシー会社に入社すれば誰でもなれると思われがちですが、そうではありません。

運賃を貰いお客様を送迎する場合、普通免許とは別に「普通自動車第二種運転免許」が必要となります。

この免許は普通自動車第一種免許を取得後、3年以上経過していることが条件となるため、タクシー運転手として働けるのは最低でも21才からとなります。

ただし、第二種運転免許を取得していないとタクシー会社に入社できないというわけではなく、入社後に会社負担で取得後にタクシー運転手として働くことが可能です。

資格の取得後は接客や地理、法令等に関して研修を受け、最低限の知識と技術を身に着けた上でタクシー運転手として勤務する流れとなります。

タクシー運転手に向いている人の特徴

タクシー運転手になるには、運転好きであることが第一条件になりますが、それに加えてタクシー運転手は接客業ですから人と話すことに抵抗がないことが条件となるでしょう。

タクシーに乗ったことがあれば、運転手の道路の詳しさに驚きを感じたことがあるでしょう。しかし、道路は誰でもはじめは何もわからなくて当然ですから、道路がわからないからとタクシー運転手を諦めることはありません。しかし、お客さんを安全に目的地まで届けるには方向音痴では困りますし、わからない時には、お客さんの指示通りに走行できる謙虚さも必要となります。

タクシーには、街を走るタクシーのほかに空港送迎タクシー、福祉タクシー、運転代行などがあり、タクシー会社により業務形態が異なっているほか、地方と都市部とでもタクシー業務に違いがあります。

そして、タクシー運転手になるために最も必要なのが、運転免許証になります。もちろん、普通の運転免許証ではタクシー運転手にはなることが出来ませんから、二種免許の資格を所持している必要があります。

タクシー運転手に必要な資格

 

タクシー運転手に必要な資格として、運転免許証でも二種免許という一般の運転免許証とは違う免許の資格が必要となります。

一般の方の多くが所持している運転免許証は、第一種運転免許証の中の普通自動車運転免許証となるでしょう。ここで、タクシーを運転するのに必要な資格として、最低でも第2種運転免許証の資格を取得しなければなりません。

もちろん、中型自動車運転免許証の資格や大型自動車運転免許証の資格でも第2種運転免許証を取得すれば、タクシー運転手になる資格があります。そのため、バスの運転手の資格がある方が定年退職してタクシー運転手に転職される方も少なくありません。

このほか、高齢者や障害者の介助(車いすの介助や乗降の介助)を行う場合、ユニバーサルドライバーの研修を必要としている企業もあります。ただし介護保険タクシーの運転手を行うには、ホームヘルパー二級の資格が必要となります。

タクシー運転手には、タクシー会社に勤務する方法と、個人で営業する個人タクシーに分かれますが、どちらも必要な資格は第二種運転免許証となります。ただし、個人タクシーになれる資格は、法人営業のタクシーで2年以上の実務経験の後に、タクシー協会に申請をして許可を受ける必要があります。

「二種免許」の受験資格は?

 

クルマを初めて運転できる年齢は18歳以上となっているので、高校卒業と同時に取得する方が多くなっています。しかし、その時にはまだ二種免許取得の受験資格はありません。

二種免許の受験資格は、第一種普通免許取得後、3年以上経過していることが資格条件であることに加え、21歳以上でなければなりません。そのため、高校卒業後にタクシー運転手になることは免許取得制度から不可能となります。また、視覚、聴覚、動作が運転に支障がないことも資格条件となっています。

この、第一種普通免許取得後から3年以上経過している条件は、3年の運転経験が実際にあるなしにかかわらず、例えペーパードライバーといわれる方であっても受験資格はあります。ただし、普段から運転を行わないペーパードライバーの方は、技能試験をパスするにはかなりの努力が必要となるでしょう。

ここで注意しなければならないのが、第一種普通自動車免許取得後3年が経過していても、その間に運転免許の停止期間がある場合です。この停止期間は運転経歴にカウントされないので、停止期間分を除いた3年以上の運転経歴が受験資格条件となります。なお、運転経歴が免許証で確認できない場合は、運転免許経歴証明書が必要となります。

このほか、運転免許停止期間中は、3年以上の運転経験があっても受験資格はないので注意が必要です。

「二種免許」の試験内容

 

二種免許の資格を取得するためには、試験を受ける必要があります。試験には、学科試験と技能試験があり、一種免許取得と同じと考えている人も多くいますが、実際はかなり試験内容が異なります。

そこで、二種免許の資格を取得するために受験する学科試験と技能試験について詳しく見ていきます。

学科試験

二種免許の学科試験は、基本的に一種免許の学科試験と変わらない問題が出ます。しかし、二種免許特有のお客さんを乗せて走行することにかかわる問題が含まれてきます。

タクシードライバーは、第二種普通自動車免許があれば運転できますが、学科試験では普通免許も大型免許も関係なく、2種免許に必要な乗客の扱いについての問題が出ます。そのため、タクシー業務として必要な部分と、バスの運転手として必要な部分の2つの問題が織り交ぜられています。

しかし、どちらも乗客を安全に輸送することには関係なく、道路上での乗客への対処方法などをしっかり覚えておけば、二種免許特有の問題はクリアできるといえます。

ただ、一種免許取得の際にも出題された内容も学科試験では出題されますから、復讐の意味でももう一度道路交通法を見直しておくことが重要となるでしょう。

試験会場は、自分の居住地を管轄する運転免許試験センターで行われますが、教習所卒業で学科試験のみの人がほとんどとなります。試験は、2種免許取得をする人がひとまとめにされて、同じ部屋で試験が行われます。試験問題は95問すべてマークシート方式で行われ、文章問題1問1点、イラスト問題が1問2点となり、100点満点中90点以上で合格となります。

技能試験

技能試験には、自動車学校で行う方法と一発試験と呼ばれる方法での試験があります。

一発試験は、運転免許センターにて技能試験を受けることになりますが、普段から運転をしている方でも合格率はかなり低くなります。そのため、技能試験で合格するには、自動車学校に入校して行ったほうが良いでしょう。また、自動車学校でも技能試験まで行う方法と、一発試験を受けるための対策を教えるだけの方法に分かれます。

技能試験は、コース内の試験と路上試験の2回行われますが、コース内の試験に合格しなければ路上試験を受けることはできません。

二種免許の実技試験とはいっても、一種免許の延長線上にあることには変わりません。そのため、基本に忠実な運転操作と法令順守が出来ていなければ、二種免許の実技試験はかなり難しくなります。特に長年運転をしてきたベテランドライバーほど我流の運転が身に付き、基本から大きくかけ離れています。そのため、一種免許取得してから間もない方のほうが意外と簡単に実技試験に合格できます。

そこで、おさえておきたい実技試験のポイントは、コース内試験と路上試験で異なってきます。コース内試験では鋭角の通過、そして路上試験では指定場所での停車とUターンです。コース内では、運転技術に重点が置かれた採点がなされ、路上では、法令順守が出来ているかチェックされます。

例えば路上試験で良く行われるのが、信号機やバス停の近くで停車するように指示が出ます。これらの場所で、間違った場所で停車した場合、駐停車禁止に入り込み法令違反となりますから注意が必要です。

それぞれ、一種免許には無い課題なので、しっかり運転技術と法令をマスターして臨むようにしましょう。

試験合格後に受ける講習

タクシー運転手として勤務する場合、普通自動車第二種免許の取得が必須となるのですが、それ以外にも講習などで知識やマナーを身につける必要があります。

詳細は会社によって違いますが、一般的に下記のような講習があります。

・運転者適性診断

独立行政法人自動車事故対策機構ではタクシーやバス、トラック運転手を対象に適性診断が行われます。

処理機能や認知、視覚機能、動体視力や判断のタイミングなどを確認し、運転のクセを分析し事故防止のためのアドバイス等を受けます。

・法令、接客マナーの講習

就職する会社とは別で各県にタクシーセンターと呼ばれる施設があり、交通安全や法令、地理、マナーなどについて研修を受けます。

・社内講習

社内での講習では、その地域での乗車禁止地区の位置や無線などの使い方など、実践に近いことを学んでいきます。

経験豊富なタクシー運転手が講習を行うため、過去に起きた事故や体験などを知ることができます。

都市部の場合は地理試験も

 

最近のタクシーは、カーナビが装備されており、行先を間違える心配などないように思われますが、実はカーナビはほとんどあてにならないのでプロドライバーのタクシー運転手は使うことはまれとなります。

タクシー運転手は、乗客を乗せたら必ずどこに向かうのか、そして経由地があるかなど、経路を確認することが義務付けられています。これはお客さんによって必ず通る道が決まっていることがあるほか、最短ルートで目的地に向かわなければならない決まりがあり、遠回りや迂回はタクシー料金が高くなることから禁じられています。

そこで、地方の運転手として活躍するなら良いですが、都市部の東京、神奈川、大阪の指定地域でタクシー運転手を志す場合は、地理試験に合格しなければタクシー運転手の資格はもらえません。

地理試験は非常に難関であり、勉強をせずに合格することはまず不可能といってよいでしょう。それは、普通の暗記とは別次元の暗記方法が必要となるからです。

例えば、暗記をする際に地名だけでは話になりません。地名の場所がどこにあるのか頭の中に地図が描けなければなりません。そして、問題には地名の無い交差点がいくつか描かれており、出題された交差点名の地図を選ばなければならないといった問題や、乗車地から降車地までの最短の経由地を順番に答えることなど、かなり難易度が高くなっています。

たしかに、宅配トラックやバイク便で東京都内を走り回っていた方は、勉強せずに合格できる方もいますが、これはすでに都内の道路地図が頭に入っているためです。

そして、地理試験では東京タクシーセンターの場合、40問出題され32問正解で合格となりますが、広い東京の対象地域からすればかなり少ない問題数となります。そのため、山勘などは通用せず、全ての道路や地名、そして主要な建物の名前などをくまなく覚えなければ、地理試験をパスできないでしょう。

「二種免許」は難しい?

 

タクシー運転手の資格を得るには、二種免許の取得は欠かせませんが、二種免許取得は考えているほど生易しいものではありません。それは、運転技術だけでなく学科試験も行われるからというわけではなく、運転技術が基本から外れていることや、法規を理解しきれていないことが原因です。

二種免許の資格取得が難しいといわれる理由には、二種免許取得を目指す方の多くに、定年退職後にタクシードライバーに転職を考える人がおり、高齢であることから技術習得が遅く、合格率を引き下げていることが原因の一つです。

二種免許には技術や知識が豊富である必要があり、普段運転しているからと簡単に二種免許の資格を取得できるものではありません。

これは、二種免許は国が与えるプロドライバーの称号なので、そのハードルは技術面や知識面でも高い能力がなければなりません。特に運転技術では、一種免許より採点が厳しく、難しいコースや検査官からの指示に法を順守して従う必要があり、トータルで高い技術と知識が求められます。

このことから、運転技術が高くなければならないことと、道路交通法を熟知している必要があり、一回で資格取得ができないことも多く、取得費用が予定より高くなることもあり、二種免許の取得は難しいと一般に言われています。

「二種免許」の取得費用はどのくらい?

 

二種免許取得には、自動車学校に通って取得する方法と、一発試験で取得する方法に分かれますが、その取得費用は大きく異なります。

一発試験で二種免許を取得する場合にかかる費用は以下のようになります。

区分 費用
受験手数料 4,800円
試験車使用料 2,850円
免許証交付料金 2,050円
取得時講習(応急救護処置講習2種) 8,400円
取得時講習(旅客車講習) 18,600円
合計 36,700円

自動車学校にて二種免許の取得費用は、持っている免許証の種類によって変わってきますが、おおむね19万円から40万円ほどかかるほか、自動車学校に通う場合と、合宿で取得する場合とでも取得費用が変わってきます。

取得費用をおさえる方法

二種免許取得は、実費ではかなりの負担となりますが、取得費用の負担を軽減できる方法があります。その方法はタクシー会社で費用の負担をしてもらう方法と、教育訓練給付金制度を利用する方法の2つに大きく分けられます。

そこで、タクシー会社で免許取得制度を利用する方法と、教育給付金制度の利用の仕方について詳しく見ていきます。

タクシー会社の費用負担

タクシー会社の多くでは、二種免許の取得費用を負担する制度を取っています。ただし、負担するといっても、タクシー会社によって費用の負担が全額なのか一部となるのか変わってきます。

タクシー会社は養成制度として二種免許の費用を負担しますが、二種免許を取得するために通う自動車学校は、タクシー会社と提携を結んでいる自動車学校となります。また、多くの場合、合宿免許で取得することとなり、最短10日程度での取得となります。この間に、日当をタクシー会社が支払う場合と、日当が出ないタクシー会社もあるので、確認するようにしましょう。

タクシー会社の費用負担で二種免許を取得する場合、タクシー会社にもよりますが、契約として入社してから1年から2年間は退職することが出来ません。ただし、どうしても退職する場合は、免許取得費用としてタクシー会社が負担した金額を全額返却することが普通です。そのため、制度を利用する場合は、そのタクシー会社で長く勤められるかどうかよく考えてからにしたほうが良いでしょう。

教育訓練給付金制度

教育訓練費給付金制度とは、働く方の能力開発の取り組みとして、二種免許取得にかかった費用の一部が支給される制度です。

この教育訓練給付金制度を利用するには、雇用保険の加入期間があることが条件です。その期間は、初めての場合は1年以上、2回目以降の利用の場合は3年以上必要となります。

申請には最寄りのハローワークで行うことになり、自分は支給対象かとうか確認することもできますから、自分が対象かわからない場合は問い合わせるとよいでしょう。

まとめ

 

タクシー運転手になるための必要な資格と難易度についてご紹介してきました。

タクシー運転手は、2種免許を取得しなければならず、その取得はかなり難易度が高くなります。また、都市部では地理試験もあるのでさらに難易度は高くなるでしょう。

運転が好きな方であれば、二種免許取得は世間で言われているほど難易度は高く感じることなく、意外にすんなりと取得できる方がほとんどです。特にタクシー会社の免許取得制度を利用すれば、もっと簡単に取得出来るはずです。

運転が好きであるなら免許取得や地理についての勉強は、それほど苦にはならないでしょうから、臆することなく二種免許取得にチャレンジしてみましょう。

タクシードライバーのお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級のタクシードライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国のタクシー会社の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-トラック
-, , , ,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.