施工管理

電気工事施工管理技士の1級と2級は何が違う?仕事内容や資格試験、難易度などの違いを詳しく解説します

更新日:

あらゆる電気工事の管理を行う電気工事施工管理技士。今回は電気工事施工管理技士の1級と2級の違いについて解説しています。

この記事は以下のことを紹介しています。

・仕事内容での違い
・資格の取り方の違い
・資格試験の内容や難易度
・どちらを取得するのがおすすめなのか

電気工事施工管理技士に興味のある方は必見な内容となっています。最後までゆっくり一読してください。

電気工事施工管理技士とは?

電気設備施工管理技士とは、さまざまな種類のある施工管理技士の中で電気工事の管理を専門とする国家資格です。

電気工事の計画作成や電気工事の工程管理、品質管理、安全管理、原価管理などを行います。電気工事施工管理技士が関わる工事現場はビルや公共施設などの建築物や家の電気配線工事や鉄道や信号などの電気設備工事など身近にある電気工事全てに携わっています。

電気工事施工管理技士には1級と2級の資格があります。この違いについて次の章で紹介していきましょう。

1級電気工事施工管理技士と2級電気工事施工管理技士の違い

上記でも紹介した通り、電気工事施工管理技士には1級と2級の資格があります。この違いについて詳しく紹介していきましょう。

仕事内容としての違い

1級と2級での仕事内容の違いは特にありません。同じように電気工事の計画作成から工事を行う業者の選定、役所などへの書類提出や工事中に作業員への指示など工事の準備段階から工事終了まで携わります。

1級と2級の違いは管理できる工事の規模の大きさです。

1級電気工事施工管理技士は特定建設業の営業所ごとに配置することが義務付けられています。1級電気工事施工管理技士は専任技術者・主任技術者・監理技術者に選定されます。

2級電気工事施工管理技士は一般建設業の事業所に配置が義務付けられています。2級は専任技術者、主任技術者に選定されます。

1級と2級の違いは監理技術者に選定されるかどうかですが、この監理技術者とは下請け金額が3,500万円(建築一式工事の場合は7,000万円)以上の工事に配置しなければいけない規定があります。

つまり、1級電気工事施工管理技士の方が大規模な工事に携わることができるということになります。

取得方法の違い

電気工事施工管理技士を取得するためには国家試験に合格しなければいけません。1級と2級ともに第一次検定と第二次検定に合格しないといけないのですが、受験資格が異なります。

2級電気工事施工管理技士のにおける受験資格について最終学歴のみを見た場合は以下の通りです。

最終学歴実務経験年数(指定学科を卒業)実務経験年数(指定学科以外を卒業)
大学専門学校の高度専門士1年以上1年6ヶ月以上
短期大学5年生高等専門学校専門学校の専門士2年以上3年
高等学校専門学校の専門課程3年以上4年6ヶ月以上
その他(学歴を問わず)8年以上8年以上

続いて1級の場合を見ていきましょう。

最終学歴実務経験年数(指定学科を卒業後)実務経験年数(指定学科以外を卒業)
大学専門学校の高度専門士3年以上4年6ヶ月以上
短期大学5年生高等専門学校専門学校の専門士5年以上7年6か月以上
高等学校専門学校の専門課程10年以上11年6ヶ月以上
その他(学歴を問わず)15年以上15年以上

このように1級電気工事施工管理技士の受験資格は1級の場合は最低でも大学を卒業してから3年以上の実務経験が必要となります。

そのため、先に2級電気工事施工管理技士の資格を取得してから1級に臨むという方法が一般的です。

資格試験の違い

1級と2級はともに資格試験を受験しなければいけません。資格試験は第一次検定(学科試験)と第二次検定(実地試験)の2つあり、両方に合格しないと資格を取得できません。

この1級と2級の第一次検定と第二次検定の違いについて簡単に紹介していきましょう。

第一次検定(学科試験)

第一次検定は1級2級ともに4肢択一のマークシート方式で行われます。出題範囲はともに電気工学や施工管理法、法規が中心となっています。

出題範囲は同じですが、1級の方がより深い知識を求められるようになっており、難易度が上がっています。問題数も異なり、1級は出題数92問中60問を選択して解答、2級は64問中40問を選択して解答するようになっています。

試験時間は1級が午前の2時間半と午後からの2時間の1日制、2級は午前の2時間半で終了する半日制となっています。

合格基準はともに正答率が60%以上と同じです。

第二次検定(実地試験)

第二次検定は1級、2級ともに検定科目は施工管理法のみとなります。施工管理法の知識問題は五肢択一のマークシート方式で解答となりますが、能力問題は記述式で解答しなければいけません。

記述式は知識はもちろん文章能力も問われるため、第一位次検定よりも難易度が高いといわれています。

合格率の違い

資格試験における難易度の違いですが、実はあまり変わりがありません。直近の合格率を見ると、1級の第一次検定が40.7%、第二次検定が66.3%、2級の第一次検定56.1%、第二次検定が45.4%でした。

第一次検定のみを見ると2級の方が合格率は高いですが、第二次検定は1級の方が高くなりました。試験範囲や問題の難易度は1級電気工事施工管理技士の方が高いですが1級はある程度の経験を積んだうえで試験に臨むため、もともとの知識レベルが違うため、合格率に差が生まれなかったのかもしれません。

勉強方法の違い

1級、2級ともに勉強方法に違いは特にありません。過去問題を繰り返し解いたり、参考書を読んだりすることが基本的な学習方法となります。

ただし、どちらも仕事をしながら資格試験に臨むこととなります。出題範囲の広い1級は参考書が分厚いため、勉強量や必要な勉強時間は2級よりも求められます。

しかし、施工管理は仕事が忙しく、時間がなかなか取れないことが難点です。効率よく勉強したいのであれば通信講座を利用することがおすすめです。通信講座は特に押さえておきたいポイントを中心に教えてくれるため、無駄のない勉強が可能となります。

取得するなら1級?それとも2級?

1級を取得するべきか2級を取得するべきか悩むところですが、どちらにせよまずは2級を先に取得しておこうというのが答えとなります。

1級電気工事施工管理技士の方が管理できる工事の規模が大きくなるため、求められるスキルは高いですが、その分給料にの反映されます。いずれキャリアアップを目指したいという方は1級の取得がおすすめです。

ただし、自分の住んでいる地域や会社がもともと中小規模の工事しかしていないのであれば2級の資格だけで十分です。1級はあくまで大きな企業で働きたい、スキルアップしたいなど目的がある方のみが取得すればいいでしょう。

まとめ

電気工事施工管理技士は電気工事のスペシャリストです。工事そのものを担当するわけではなく、作業員に指示するリーダー的な役割から、資材を発注したり工程を管理したりする裏方的な役割と多岐にわたる仕事をこなさないといけません。

仕事量は膨大ですが、そのぶんやりがいのある仕事なので、電気に興味のある方はぜひ電気工事施工管理技士を目指してくださいね。

施工管理のお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級の施工管理の専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

現在、施工管理を担える人材の不足が問題になっています。転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

施工管理技士の求人なら建職キャリア

 今回紹介するサイトは、日本最大級の建築・工事系転職支援サービス「建職キャリア」です。

全国の建設企業の施工管理技士向けの求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

施工管理の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

 

-施工管理
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.