施工管理

土木施工管理を辞めたいときに押さえておきたい転職のコツ

更新日:

土木施工管理の仕事はやりがいがある一方で、長時間労働や厳しい人間関係など、職業特有の課題も存在します。そのような状況下で、「もう少し働きやすい環境で仕事をしたい」と思う人は少なくないでしょう。

しかし、次の職場選びに失敗してしまうと、また同じ状況に直面する可能性があります。そのため、転職を成功させるための適切な知識と準備が重要となってきます。

そこで、本記事では土木施工管理を辞めたい人によくある理由土木建設業界の実情土木施工管理を辞めたいときに知っておきたい情報などについて解説します。

土木施工管理を辞めたい人によくある14の理由

まずは土木施工管理を辞めたい人によくある理由について解説します。

給料に不満があるから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の1つ目は、給料に不満があるからです。

施工管理の仕事は高度な専門知識と技術、そして厳しい現場環境での労働を伴うため、それに見合った報酬を求めるのは当然です。しかし、企業や地域、業績などにより、その報酬が期待に及ばない場合があります。

また、長時間労働が常態化している一方で、その労働時間に対する給料が充分でないと感じる人もいます。

こういった理由から、給料に対する不満が、土木施工管理の職を辞めたいと考える一因となることがあるのです。

業務内容に不満があるから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の2つ目は、業務内容に不満があるからです。

具体的には、長時間労働や厳しい現場環境に見合った充実感や達成感が得られないと感じていることが主な不満の一つとなります。

また、施工管理の業務は詳細な管理と高度な専門知識が求められるため、それに比例して高いストレスを感じることもあります。

さらに、自身が関与するプロジェクトに対する誇りや満足感が得られない、あるいは自己成長やキャリアアップの道筋が見えないといった理由から、業務内容に対する不満を感じることがあります。

こういった理由から、業務内容に対する不満が、土木施工管理の仕事を辞めたいと考える動機の一つとなることがあります。

労働条件に不満があるから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の3つ目は、労働条件に不満があるからです。

これらの不満は、長時間労働、休日出勤、深夜勤務など、厳しい労働環境が続くことで生じることが多いです。土木施工管理の仕事はプロジェクトの進行状況により、予定外の時間外労働や休日出勤が必要になることがあります。

また、特に現場監督の役割を担っている場合、現場の安全を確保するために夜間も働くことが求められる場面もあります。

これらの過酷な労働条件が続くと、プライベートの時間が取れずに体調を崩す、家族との時間が確保できないなど、生活面でのストレスが高まることがあります。

その結果、労働条件に対する不満が積み重なり、仕事を辞めたいと考えるようになることがあるのです。

評価制度に不満があるから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の4つ目は、評価制度に不満があるからです。

自身の業績や努力が十分に評価されていないと感じると、達成感や働く意欲を失ってしまうことがあります。これは、従来の年功序列型の評価制度がまだ一部の建設業界に存在し、経験年数や年齢による評価が主流となっていることが背景にある場合があります。

その結果、自身のスキルアップや労働量が給与や昇進に反映されず、不公平感を感じる人がいます。また、評価基準が明確でない、フィードバックが不十分であるなどの理由から、評価制度そのものに不満を抱く場合もあります。

これらの不満が積み重なり、結果として退職を考える人が出てくるのです。

人間関係がストレスだから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の5つ目は、人間関係がストレスだからです。

この仕事は、現場作業員、協力業者、設計者、クライアントとの幅広いコミュニケーションが求められます。

その中で、互いの立場や視点が異なることから生じる摩擦や、ヒエラルキーに基づく上下関係、または職場の人間関係の複雑さなどがストレスとなり、心身の負担となることがあります。

特に長時間労働が常態化している現場では、ストレスは倍増し、それが健康問題を引き起こすこともあります。また、人間関係のストレスは仕事の成果にも影響を与え、自己評価を下げることにつながります。

会社の方針に不満があるから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の6つ目は、会社の方針に不満があるからです。

これは、経営方針や業務遂行のスタイル、組織文化、倫理観等に対して自分の価値観との乖離を感じる場合に特に顕著になります。

例えば、安全や品質を重視する自分の信念とは異なり、会社が利益重視の姿勢を強く押し出す場合、仕事に対する達成感や充実感が得られず、仕事へのモチベーションが低下することもあります。

また、会社の成長や拡大に伴い、組織が大きくなると、個々の職員の声が上層部に届きにくくなり、自分の意見や提案が十分に反映されないと感じることがあります。

親の介護や育児があるから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の7つ目は、親の介護や育児があるからです。

土木施工管理の仕事は、その性質上、長時間の勤務や急な出張が求められることが多いため、自身のライフイベントに対する対応が難しいと感じる方が少なくありません。

特に、親の介護や育児という、個人的な大きな負担が加わった場合、それに対応しながら仕事をこなすことは難易度が高いです。

通常の業務だけでもハードな土木施工管理の仕事に、介護や育児の責任が重なると、身体的、精神的に限界を感じる方も多く、親の介護や育児を理由に、職を辞めることを検討する人もいるのです。

会社都合で辞めざるを得ないから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の8つ目は、会社都合で辞めざるを得ないからです。

土木施工管理の中でも現場管理が主の場合は、長時間労働や休日出勤が一般的であり、そのために家庭とのバランスを保つことが難しいと感じることもあります。そのため、親の介護が必要になったり、子供が生まれたりすると、仕事との両立が難しくなることがあります。

また、特に子育てでは、子供の成長や学校行事などを逃さないために、より柔軟な勤務時間や在宅勤務の選択肢がある職場を求めるようになることもあります。

これらの理由から、親の介護や子育てを理由に土木施工管理の職を辞めたいと感じる人がいるというわけです。

休日出勤の頻度が高いから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の9つ目は、休日出勤の頻度が高いからです。

土木施工管理の業務は、プロジェクトの進行状況や天候などによっては休日も含めた長時間労働が求められることがあります。特に現場に立つポジションでは、工事の進行に影響を及ぼす可能性があるため、休日でも急なトラブル対応や工程調整が必要になることもあります。

その結果、プライベートの時間が確保できず、仕事とプライベートのバランスが取れないと感じる人が多く見られます。

そのような状況に疲れ、休日出勤の頻度の高さが原因で職を辞めたいと思う人も少なくありません。

業務範囲が広すぎるから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の10個目は、業務範囲が広すぎるからです。

土木施工管理の仕事は、プロジェクトの初期段階から竣工までを一貫して管理するため、その業務範囲は多岐にわたります。

工程管理、安全管理、品質管理、原価管理といった基本的な業務に加えて、人材管理やクライアントとの交渉、地元自治体との調整なども求められます。また、予期せぬトラブル対応や天候など外部要因による計画の変更も頻繁に発生します。

これらの多様な業務を一人の施工管理者が全て把握し、適切に対応しなければならないという重圧は、時間的、精神的な負担となることがあります。

その結果、業務範囲が広すぎると感じて職を辞めたいと思う人も存在するのです。

資格の取得が大変だから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の11個目は、資格の取得が大変だからです。

施工管理の業務は、技術的な知識と経験が求められるため、一定の資格を取得することが推奨される場合があります。特に建設業の世界では、一級施工管理技士や二級施工管理技士などの資格が、施工管理者の信頼性や能力を示す証明となります。

しかし、これらの資格取得は、独学で学びながら実務にも勤しむとなると相当な時間と労力が必要となります。広範な知識を問われるため、合格率も決して高いとは言えません。

そのため、この資格取得の難しさや負担感から、土木施工管理の職を辞めたいと考える人もいるのです。

飲み会付き合いが嫌だから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の12個目は、飲み会の付き合いが嫌だからです。

日本のビジネスカルチャーでは、仕事終わりの飲み会は、チームの結束を深めたり、ビジネスパートナーとの関係を強化するための場とされています。

しかし、これらの飲み会は、個々のプライベートな時間を侵食したり、健康に影響を及ぼしたりするすこともあるため、全ての人が肯定的に受け入れるわけではありません。

特に最近では、ワークライフバランスの重要性が強調される中、自己の時間を確保したい、または家庭や趣味、自己啓発など、仕事以外の生活に充てたいと考える人々が増えています。

そのため、飲み会の頻度や時間に不満を持ち、それが土木施工管理の職を辞めたい理由となることもあるのです。

現場仕事が発生することがあるから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の13個目は、現場仕事が発生することがあるからです。

土木施工管理職は、事務作業だけでなく、現場での監督や指示出し、現場作業者とのコミュニケーションなど、実際の作業現場での仕事が一部を占めます。

また、プロジェクトの規模や状況によっては、急なトラブルが発生した場合、自らが現場で対応しなければならないこともあります。

これらの現場作業は、物理的にも精神的にも負担が大きいことがあります。天候や時間帯に左右されることが多く、時には危険な状況に直面することもあります。

また、現場作業は具体的で成果が目に見える反面、一方で長時間労働や体力的な負荷が伴うこともあります。

これらの理由から、現場作業が苦手、または体力的に辛いと感じる人は、土木施工管理の職を辞めたいと考えることもあるのです。

転勤が多いから

土木施工管理を辞めたい人によくある理由の14個目は、転勤が多いからです。

土木施工管理はプロジェクトベースでの仕事が多く、新たなプロジェクトが始まるとその工事現場に近い場所への転勤が求められることがあります。

これは、特に大手の建設会社やゼネコンでは一般的なことで、全国各地のプロジェクトに参加することが求められます。

このため、家庭を持つ人や地元に根ざして生活している人にとっては、家族との生活を維持しつつ仕事をこなすことが難しくなり、ストレスを感じることもあります。また、転勤が多いと、子供の教育環境やパートナーの仕事など、家庭生活にも大きな影響を与えます。

加えて、転勤が多いということは、新しい環境に適応する能力や柔軟性が求められ、それがストレスとなり心身の健康を害する可能性もあります。

これらの理由から、「転勤が多いから」という理由で土木施工管理の職を辞めたいと考える人も少なくないのです。

関連記事:施工管理をすぐに辞めるのが不安な方へ。辞めるべき理由や辞めても大丈夫な理由を紹介!

関連記事:施工管理をなぜ辞めたいのか?続かない理由や辞める際の流れを細かく紹介!

関連記事:施工管理がきつい・大変と言われる理由|派遣はやめとけ?

土木建設業界の実情

このように、土木施工管理を辞めたいと思う理由は数多く存在しますが、実際の土木建設業界はどのような業界なのでしょうか。

3Kはもう古い?

土木建設業界は長い間、「3K(きつい、汚い、危険)」というイメージで見られてきましたが、現代ではそのイメージは大きく変わりつつあります。

一つ目の「きつい」については、最近の技術進歩により、物理的な労力を必要とする作業が機械化されるケースが増えています。さらに、現場の労働時間の改善や残業の削減も進んでおり、労働環境は大幅に改善されています。

二つ目の「汚い」についても、最新の設備やツールを活用することで、作業の清潔さが向上しています。さらに、環境への配慮という観点からも、エコフレンドリーな施工方法が増えています。

最後の「危険」についても、安全対策が徹底的に行われています。最新の安全装置やパーソナルプロテクティブエクイップメント(PPE)の使用、定期的な安全教育やトレーニングなど、労働者の安全を確保するための取り組みが実施されています。

さらに、建設業界では、AIやロボット技術、ドローンなどの新技術を積極的に導入し、施工管理のデジタル化や自動化を進めています。これにより、作業の効率性や安全性が向上し、さらに「3K」のイメージからは遠ざかっています。

以上のように、土木建設業界は日々進化し、革新的な技術や方法を取り入れることで、「3K」という古いイメージを払拭し、より働きやすい環境を整備しています。

転勤は依然として多い

土木建設業界ではプロジェクトの性質上、新たな仕事が始まる場所に従事者が移動する必要があるため、転勤が一般的です。

プロジェクトは全国各地、場合によっては海外で行われることもあるため、土木施工管理の職に就いていると、そのプロジェクトの位置に応じて住む場所を頻繁に変えることが求められます。

これは土木建設業界の特性として変わらない部分であり、そのために柔軟性を持つことが求められます。全国、あるいは海外にまたがるプロジェクトを手がけることは、新しい経験や知識を得る絶好の機会であり、業界全体としてもこのような体制が続いています。

ただし、企業によっては地域限定の採用や、転勤の頻度を減らす努力を行っているところもあります。また、テクノロジーの発展により、リモートワークやデジタル化による施工管理の可能性も広がっています。

このような選択肢が増えつつあり、転勤を避けたい方にとっては新たな働き方の選択肢が増えていると言えます。

離職率は高い

土木建設業界における離職率の高さは、業界全体の特徴の一つとして認識されており、仕事の厳しさ、転勤の多さ、長時間労働、そして安定性の欠如などが主な原因として挙げられています。

また、近年では新しい技術の導入や働き方の多様化により、業界内外でスキルを活かせる仕事が増えてきているため、転職を選択する人も増えています。

しかし、反対に、一定のスキルと経験を持つ土木施工管理技士にとっては、それが高い市場価値を生み出すこともあります。離職率の高さが示すのは、業界の厳しさだけでなく、新しいチャンスと可能性を追求する意欲的な人々の存在でもあります。

また、業界自体もこの問題に対処するために、労働環境の改善や教育・研修制度の充実などに取り組んでいます。

そのため、離職率は高いものの、土木建設業界には未だに魅力的なキャリアパスが存在していると言えます。

関連記事:施工管理の離職率は?オススメの転職先3選も紹介

求人状況

土木建設業界の求人状況は、国や地方自治体のインフラ整備計画や民間の建設需要、さらには建設業界の労働力人口の動向などによって大きく影響を受けます。

具体的には、建設業界全体の労働人口が高齢化し、後継者不足が深刻化しているため、若手の技術者や労働者に対する需要は高まっています。

また、近年のテクノロジーの進化や建設業界のデジタル化により、ITスキルを持つ人材や新しい技術を理解し活用できる人材への需要も増えています。

特に、BIM(Building Information Modeling)やドローンを用いた測量など、新しい技術の導入は施工管理に革新をもたらしており、そのようなスキルを持つ施工管理技士への需要は高まっています。

さらに、2020年の新型コロナウイルスの影響で一時的に建設需要が減少したものの、政府の経済刺激策やインフラ老朽化対策、そしてオリンピックなどの大型イベントに向けた開発により、建設業界の求人状況は徐々に回復してきています。

ただし、それぞれの職種や地域によって求人の状況は異なります。例えば、都市部では大規模な開発プロジェクトが多いため、大手建設会社の求人が多い一方で、地方では中小企業が中心となり、地域密着型の仕事が多く見られます。

このような求人状況を把握することは、転職やキャリアアップを考える土木施工管理技士にとって重要です。

女性の採用事情

土木建設業界における女性の採用事情は、近年大きく変化してきています。長らく男性主導の業界であった建設業界ですが、人手不足の解消やダイバーシティの視点から、女性の採用により積極的になっている部分が見受けられます。

具体的には、従来の肉体労働重視から技術力や知識を重視する傾向に変わってきているため、男女の物理的な違いが仕事の遂行に影響を及ぼすことが少なくなっています。

また、情報技術の進化により、現場作業の一部が自動化され、遠隔操作やデータ分析が重視されるようになってきています。このため、女性でも活躍できるフィールドが広がっています。

さらに、企業側も女性が働きやすい環境を整備することに力を入れています。例えば、育児や介護などのライフイベントに対応した休暇制度を設ける、長時間労働の改善に取り組む、女性向けのキャリア支援制度を設けるなど、女性の長期就業を支える環境が整ってきているのです。

それでもなお、現場監督などの役職に女性が少ないのは事実で、まだまだ改善の余地があります。しかし、各企業が女性の活躍を推進する取り組みを進めているため、今後ますます女性の活躍の場は広がっていくと考えられます。

施工管理の求人を検索する(無料)

関連記事:施工管理をする女性の人が辞めたいと思う4つの理由と具体的な対処法を紹介

関連記事:電気工事施工管理を辞めたい理由6選。オススメの転職先は?

土木施工管理に向いている人の特徴

続いては、土木施工管理に向いている人の特徴を3つ紹介します。

コミュニケーションスキルが高い

土木施工管理に向いている人の特徴の1つ目は、コミュニケーションスキルが高いことです。

工程や安全に関する情報を明確かつ効率的に伝える能力は、現場の円滑な運営に不可欠です。これは設計者、職人、クライアント、そして各種規制機関といった多様なステークホルダーとの間で情報を共有し、理解を深めるために必要なスキルです。

また、問題が発生した際には、適切に情報を伝え、相手の立場や視点を理解しながら解決策を探るためのコミュニケーションが求められます。さらに、現場での安全性を確保するためには、安全指導やミーティングでの情報共有が重要です。

以上のような理由から、土木施工管理には高いコミュニケーションスキルが求められ、それを持つ人は土木施工管理の仕事に向いていると言えるのです。

リーダーシップに自信がある

土木施工管理に向いている人の特徴の2つ目は、リーダーシップに自信があることです。

具体的には、工事現場での作業スタッフをまとめ上げる力が求められます。また、工事現場では予期しない問題が起きることも少なくないため、そうした状況に対応するためには、問題を解決するための判断力と指導力が必要となります。

リーダーシップに自信がある人は、こうした困難な状況においても冷静さを保ち、適切な指示を出すことができる傾向にあります。また、チームの士気を維持するためにも、スタッフに対する適切なフィードバックと評価が求められます。

これらのスキルを持つことで、現場の生産性と安全性を維持する上で重要な役割を果たせるのです。

忍耐力がある

土木施工管理に向いている人の特徴の3つ目は、忍耐力があることです。

施工管理業務は多岐にわたり、予定通りに進まない事態が頻繁に発生します。天候の影響で作業が遅れる、資材の納期が遅れる、予期しない地盤の問題が発生するなど、さまざまな問題に直面することがあります。

また、これらの問題を解決するためには、往々にして時間とエネルギーを要するため、一時的な困難やストレスに耐えられる忍耐力が求められます。さらに、長時間労働や現場の厳しい環境下で働くことも多いため、物理的な忍耐力も重要となります。

このような忍耐力を持つ人は、土木施工管理の仕事を遂行する上で非常に適しています。

また、土木施工管理の仕事内容についてより詳しく知りたい方はこちらの記事を参照して下さい。

関連記事:施工管理って何?仕事内容や必要な資格などをわかりやすく解説

土木施工管理に向いていない人の特徴

続いては、土木施工管理に向いていない人の特徴を3つ紹介します。

縦社会が苦手な人

土木施工管理に向いていない人の特徴の1つ目は、縦社会が苦手であることです。

土木施工管理業界には年次や経験によるヒエラルキーが存在し、指示や意見が上位から下位へと伝達される形式の体制が多いです。したがって、このような縦社会が苦手な人は、土木施工管理の職場環境に適応するのが難しいかもしれません。

縦社会が苦手な人とは、例えば、自己主張を強く持ち、上位者の指示に盲目的に従うのが苦痛だと感じる人や、意見が上下関係により制約されることに不満を感じる人を指します。

これらのタイプの人々は、よりフラットな組織構造や、個々の意見が重視される職場環境に適していることが多いです。

土木施工管理の仕事は、時には縦社会的な構造を要求するため、縦社会が苦手な人には厳しいと言えるでしょう。

計画性がない

土木施工管理に向いていない人の特徴の2つ目は、計画性がないことです。

計画を立てることは、建築物が予定通りに完成するために必要な工程をコントロールし、効率的に資源を配分するために不可欠です。

計画性がない人は、事前に策を練り、先を見越した行動が取れません。そのため、予期しない問題や変化に対応するのが難しく、プロジェクトが遅延したり、費用が過大になったりするリスクがあります。

また、計画性がないと、施工管理者としての役割である多くのタスクを同時に追跡し、適切に優先順位をつけるのも難しくなるでしょう。

そのため、計画性が欠けている人は、土木施工管理の職には向いていないかもしれません。

責任感がない

土木施工管理に向いていない人の特徴の3つ目は、責任感がないことです。

施工管理は工事の進行と品質を確保し、さらに安全に関する規則を順守する役割を担っています。このため、自分の決定がプロジェクト全体、そして関わる人々の安全にどのように影響するかを理解し、それに対して責任を持つことが求められます。

ですが、責任感が薄い人は、重大な問題が発生した場合に適切な対応を取れない可能性があり、結果としてプロジェクトの成功に影響を及ぼす恐れがあります。

このように、責任感の欠如は土木施工管理の職務には大きなマイナスとなります。

土木施工管理を辞めたいときに知っておきたい情報

土木施工管理を辞めたいときに知っておきたい情報は、以下の3つです。

休日が週1未満の人が大半

土木施工管理を辞めたいときに知っておきたい情報の1つ目は、休日が週1未満の人が大半であることです。

土木施工管理の職種は、プロジェクトの進行状況や緊急の問題が生じたときに、応答が必要となるため、休日が週1日未満となることが珍しくありません。

工事現場は天候や予期しない問題、設計の変更などによりスケジュールが変わることがよくあります。そのため、施工管理者はこれらの変更に対応しなければならず、また、プロジェクトを予定通りに進行させるためには、勤務時間外でも対応が必要となることがあるのです。

このような状況は、土木施工管理を辞めたいと考えるきっかけの一つとなることがあります。もし、自分の休日をしっかりと確保したい、あるいはプライベートな時間を大切にしたいと考えるならば、この職種には注意が必要と言えるでしょう。

発注者支援業務を検討する

土木施工管理を辞めたいときに知っておきたい情報の2つ目は、発注者支援業務を検討することです。

土木施工管理の職種を辞めたいと感じるときに、他のキャリアパスとして発注者支援業務を検討することは有意義な選択肢の一つです。

発注者支援業務とは、発注者の視点で工事の進行をチェックし、適切な業者選定の支援やアドバイス、契約書の作成、品質の確認などを行う職種です。

特に、施工管理の経験があると、発注者の立場からの視点を持つことができ、仕事をスムーズにこなすことができます。

また、発注者支援業務は一定のルーチンワークが多いため、現場での急な対応や休日出勤が少ないというメリットがあります。

そのため、自分のライフスタイルに合った働き方を模索している人にとって、新たな可能性を提供するかもしれません。

有資格者は転職で有利

土木施工管理を辞めたいときに知っておきたい情報の3つ目は、有資格者は転職で有利なことです。

施工管理の職では建築施工管理技士や土木施工管理技士などの資格は、その保有者が施工管理に必要な知識と技術を持っていると認定するもので、これが新たな職場で求められる能力を証明するための証拠となります。

また、これらの資格は一部の企業では求職者に対する待遇改善の条件ともなるため、有資格者は転職市場で広い選択肢と優れた待遇を得る可能性が高まると言えます。

関連記事:施工管理を辞めたい人に知って欲しい4つの注意点

関連記事:施工管理技士の人がうまく退職理由を伝える方法はないの?円満退職するためのポイントと例文を紹介

土木施工管理にとってよりホワイトな職場とは

このように、なにかとキツイ環境であることが多い土木施工管理の仕事ですが、逆にどのような職場であればホワイトだと言えるのでしょうか。

残業が少ない職場

土木施工管理にとってよりホワイトな職場の1つ目は、残業が少ない職場です。

土木施工管理の業務は一般的には細かい管理や監督が必要なため、繁忙期や突発的な事態に対応するためには残業が発生しやすい傾向にあります。

しかし、残業が少ない職場では、定時退社が保証され、仕事とプライベートのバランスを取りやすい環境が整っています。これにより、職員のメンタルヘルスが維持され、長期的な離職率の低下にも寄与します。

また、働きやすさは仕事のパフォーマンスを向上させ、組織全体の生産性を高める要因ともなるのです。

きちんと休日を取れる職場

土木施工管理にとってよりホワイトな職場の2つ目は、きちんと休日を取れる職場です。

土木施工管理の仕事はプロジェクトの進行状況により、休日が取りづらいという特性があるため、しっかりと休日を取れる職場は大きな価値があります。

この休日は、体力の回復はもちろんのこと、精神的なリフレッシュや自己啓発の時間としても使われ、その結果、次の仕事に向かうエネルギー源となります。

また、休日を確保することは、従業員の仕事とプライベートのバランスを保つことを支え、生活全般の満足度を高める要因ともなります。結果的に、これは職場の雰囲気を改善し、従業員の満足度や業績を向上させ、組織の長期的な安定に寄与すると言えます。

それゆえ、「きちんと休日を取れる職場」は、土木施工管理者がホワイトな職場を求める際に重視すべき条件と言えるでしょう。

正当な給料が貰える職場

土木施工管理にとってよりホワイトな職場の3つ目は、正当な給料が貰える職場です。

土木施工管理の仕事は多大な専門知識と技術、さらには高度な責任感が求められます。そのため、その専門性や貢献度に対する適正な報酬が保証されることは、モチベーションを維持し、労働意欲を刺激する重要な要素です。

正当な給料を得ることは、労働者の生活を支え、将来的なキャリアパスを描くための自信を与えます。また、正当な評価と給与が与えられる環境は、従業員の職場への信頼と満足感を高め、長期的なキャリアの観点からも職場の安定性と成長性を示す指標となります。

したがって、「正当な給料が貰える職場」は、土木施工管理者がホワイトな職場を探す際の重要な基準なのです。

人間関係のストレスがない職場

土木施工管理にとってよりホワイトな職場の4つ目は、人間関係のストレスがない職場です。

施工管理は多数の関係者と連携してプロジェクトを推進するため、円滑な人間関係はその業務効率と成果に大きく影響を及ぼします。

健全な人間関係を保つことは職場のモラルを高め、働きやすさを生むとともに、より良い成果を生むための協調性やチームワークを促進します。

一方で、対人ストレスがある職場では、職員の精神的な健康や仕事へのモチベーションが低下し、結果的にプロジェクトの質に影響を及ぼす可能性があります。

したがって、人間関係のストレスがない職場は、土木施工管理者にとって職場での長期的な満足度と幸福感を高めるための重要な要素なのです。

これもまた、働きやすさと生産性の向上に寄与する重要な要素です。

将来性のある職場

土木施工管理にとってよりホワイトな職場の5つ目は、将来性のある職場です。

将来性のある職場は、安定した雇用と長期的な成長の機会を提供します。これは職員の士気を高め、一人ひとりが自分の働きが会社全体の成功に寄与していると感じることを可能にします。

また、将来性のある職場は新たなプロジェクトや機会を常に生み出し、施工管理者に対して新たなスキルを獲得し、新たな課題に取り組む機会を提供します。これは仕事の多様性と刺激性を保ち、自身の能力を最大限に引き出す環境を提供します。

このような環境では、施工管理者は自身の業務範囲を広げ、自身のキャリアを向上させる機会を見つけることが可能です。それゆえに、将来性のある職場は、土木施工管理者にとって非常に重要なホワイトな職場の一つと言えるでしょう。

資格取得支援制度がある職場

土木施工管理にとってよりホワイトな職場の6つ目は、資格取得支援制度がある職場です。

資格取得は、土木施工管理者のキャリアアップに不可欠な要素です。そのため、資格取得支援制度がある職場は、スキルアップに対する意欲が高く、自身の専門性を高めることに価値を見出す施工管理者にとって魅力的な選択肢となります。

資格取得支援制度は、研修の機会提供、試験費用の補助、資格取得後の昇進や昇給の可能性といった形で具体化します。これらは従業員の能力向上を奨励し、その結果として会社全体のパフォーマンスと生産性も向上させます。

そういった意味で、「資格取得支援制度がある職場」は、土木施工管理にとってのホワイトな職場と言えるでしょう。

研修制度が整備された職場

土木施工管理にとってよりホワイトな職場の7つ目は、研修制度が整備された職場です。

研修制度が整備された職場では、新技術の導入や業界の動向、法律や規制の変更など、常に変化する環境に対応するための学びの場が提供されます。これにより、職員は最新の知識と技術を身につけることができ、業務の効率化や品質向上に寄与します。

また、研修制度は従業員のスキルアップやキャリアアップを促進します。例えば、管理職を目指す場合、リーダーシップ研修やマネジメント研修を受けることで、自身の職務に対する理解を深め、より高度な業務に挑戦するための準備をすることが可能です。

その上、研修制度が整備されている職場では、組織全体の一体感やチームワークも高まります。共通の目標に向かって学ぶことで、職員同士の連携が強まり、全体としてのパフォーマンス向上に繋がります。

以上の理由から、「研修制度が整備された職場」は、土木施工管理者が持続的に自己成長を促進し、同時に組織の成長にも寄与することができるホワイトな職場と言えるのです。

関連記事:土木施工管理に多い転職理由10選。オススメの転職先も紹介

関連記事:土木施工管理のホワイト企業はある?見極め方を徹底解説

土木施工管理を辞めたいときの理想的なアクション

では、実際に土木施工管理を辞めたいときの理想的なアクションを3つ紹介します。

親しい人物に相談する

土木施工管理を辞めたいときの理想的なアクションの1つ目は、親しい人物に相談することです。

誰か親しい人物に相談することは、自分の思いや感じている問題を言葉にするきっかけになり、自身の感情や考えを整理するのに非常に助けになります。

また、親しい人物からは中立的な視点でアドバイスをもらうことができ、自分一人では気づかない新たな視点や解決策を提示してもらえることもあります。

親しい人物に相談することは、自分の感情や考えを共有し、新たな視点を得るためのステップです。また、一人で抱え込むよりも、自分の思いを誰かに話すことで心の負担を軽減することもできます。

これらを通じて、自分自身がどうしたいのか、何が最善の選択なのかを見つけ出す手助けになるのです。

期間を設ける

土木施工管理を辞めたいときの理想的なアクションの2つ目は、期間を設けることです。

期間を設けることで、その間に自分自身のキャリアや生活の状況、自分が何を求めているのかを再評価する機会を得ることができます。また、改善を試みるための時間も与えられ、仮に現状の仕事環境に不満があるならば、その間に改善策を試すことも可能です。

この期間は短すぎず長すぎない、自分自身が納得できる程度に設定するのが理想的です。その期間が経過した後に再度自身の感情や状況を評価し、その結果を元に次のステップを決めることが重要です。

このように期間を設けることによって、自分自身のキャリアに対する見識を深め、より賢明な決定をすることが可能になります。

異動願いを提出する

土木施工管理を辞めたいときの理想的なアクションの3つ目は、異動願いを提出することです。

異動願いを提出することは、自身が直面している問題に対する具体的な解決策となり得ます。異なる部署やプロジェクトへの移動は、問題の本質が現在の業務環境にある場合、新たな視点や経験を得る良い機会になります。

しかしながら、異動願いを提出する前に、何が自分を悩ませているのか、何が自分にとって最善の策なのかをしっかりと考えることが重要です。また、自分が異動後に何を望んでいるのか、異動によって何が改善されると期待しているのかを明確にすることも大切です。

自分の希望を明確に伝え、積極的に改善を求めることは、自分自身の仕事やキャリアに対する満足度を高める一歩となるでしょう。

土木施工管理を辞めたいときの3つの注意点

土木施工管理を辞めたいときの3つの注意点は以下のとおりです。

辞めて後悔はしないか?

土木施工管理を辞めたいときの注意点の1つ目は、辞めて後悔しないかを確認することです。

辞めてしまった後に後悔することを避けるためには、まず自分が本当に辞めたいのか、それとも何か特定の問題に対処したいだけなのか、深く自己反省することが求められます。

業務内容、人間関係、労働環境など、辞めたいと思う具体的な理由を明らかにし、その問題が他の場所や状況で解決可能なものかどうかを見極めることが重要です。

次に、辞めた後の人生設計を考え、次のステップが明確であることを確認します。新しい仕事や独立、留学、家族との時間など、何が自分の人生の次の章を充実させるのかを理解することが大切です。

また、自分の精神的、物理的、経済的な健康を考慮することも不可欠です。仕事を辞めることは、一時的なストレス軽減にはなるかもしれませんが、新たなストレスを引き起こす可能性もあります。

最後に、より幸せな人生を送るためにはどうすればいいかを常に考えることが大切です。何が自分を幸せにするのか、何が自分の生活を充実させるのかを理解し、その目標に向けて前進することが重要です。

就業規則を確認する

土木施工管理を辞めたいときの注意点の2つ目は、就業規則を確認することです。

就業規則とは、労働者の待遇、労働時間、休日、休暇、賃金、退職等に関する基本的な事項を定めたもので、退職に必要な手続きや期間、退職金の支払い条件など、退職に関連する重要な事項も明記されています。

また、就業規則は、自分が新しい職場を探す際に役立つ情報も提供しています。例えば、競業避止義務について記載されている場合、同業他社への転職が制限されている可能性があるため、これを考慮に入れた転職活動を計画する必要があります。

つまり、就業規則を確認することは、退職を決定した場合の法的な義務や権利を理解し、将来的な問題や誤解を避けるための重要なステップとなるのです。

退職を考えている場合は、まず就業規則を読み、必要であれば人事部や労働相談窓口などに相談し、自分の状況について適切な助言を求めることが必要です。

はっきり意思表示する

土木施工管理を辞めたいときの注意点の3つ目は、はっきり意思表示することです。

あいまいな態度を示すと、周囲の混乱を招く可能性があります。特に、上司や同僚に理解してもらえない場合、不必要な誤解や摩擦を生じさせます。明確な意思表示を行うことで、これらの問題を避け、周囲に自分の意向を理解してもらうことが可能です。

ただし、明確な意思表示をする際には、言葉遣いやトーンに注意し、常に敬意を保つようにしましょう。自分の決定について他人に伝えるときには、感情的にならずに落ち着いて話すことが大切です。これにより、自分の意思を尊重し理解してもらいやすくなります。

関連記事:未経験者が「施工管理はやめとけ」と言われる5つの理由

土木施工管理が転職先を探すコツ

土木施工管理が転職先を探すコツは以下の3つです。

転職サイトやエージェントを活用する

土木施工管理が転職先を探すコツの1つ目は、転職サイトやエージェントを活用することです。

転職サイトでは、数多くの求人情報をさまざまな条件で検索することが可能です。これにより、地域、職種、給与、働き方など、自分の希望に合った求人を見つけやすくなります。また、サイト上で履歴書を作成して直接企業に応募することも可能で、自宅からでも仕事探しを行うことができます。

一方、転職エージェントは、個々の求職者に対してパーソナライズされた支援を提供します。専門のカウンセラーが自分の経験やスキル、希望を考慮に入れて、最適な求人を紹介してくれます。また、面接の準備や履歴書の作成、転職活動のスケジュール管理など、転職活動全体をサポートしてくれます。

転職サイトやエージェントを活用することで、効率的に、そして自分の希望に合った仕事探しを行うことができます。ただし、これらのサービスを利用する際は、信頼性や評判を確認し、自分のニーズに最も適したサービスを選ぶことが大切です。

RCCMの資格を取得する

土木施工管理が転職先を探すコツの2つ目は、RCCMの資格を取得することです。

RCCM(Registered Construction Contract Manager)は「登録建設業経営技術者」と呼ばれ、建設業経営に関する高度な知識と技術を持ち、建設業法に基づき登録された専門職であることを証明する資格です。

この資格を取得することで、専門知識と技術を持つ、信頼できるプロフェッショナルであることを証明することができます。

これは、転職市場で自分を差別化し、より良い転職先を見つけるための大きな武器となり得ます。特に、施工管理者が多く求められている建設業界では、RCCM資格を持つことは大きなアドバンテージとなるでしょう。

また、この資格は個々のスキルだけでなく、全体的なキャリアパスや将来の進路を考慮することを促すものでもあります。資格を取得する過程で、自己啓発の機会が提供され、自分自身のキャリアについてより深く考えるきっかけとなります。

ただし、RCCM資格を取得するためには、一定の経験や教育が必要です。そのため、転職を考えている土木施工管理者は、自身のキャリアゴールと現状を見つめ直し、資格取得が自分にとって最善の選択であるかを検討することが重要です。

その他転職に有利な資格

土木施工管理が転職先を探すコツの3つ目は、その他転職に有利な資格を取得することです。

例えば、測量士やコンクリート技士・診断士のような専門的な資格を持つことで、転職に有利に働きます。

測量士の資格は土木工事における土地の計測や地図作成、建物の配置などに必要とされ、各種建築プロジェクトでの需要が高いです。

一方、コンクリート技士・診断士の資格は、コンクリートの品質管理や診断に特化した資格で、施工管理だけでなく、品質管理や診断、補修計画の策定などの分野で高い需要があります。

これらの資格を取得することは、自己投資の一種であり、自分自身の市場価値を高めるための努力とも言えます。資格取得には時間と労力を必要としますが、その価値は確実に転職市場で反映され、広い選択肢と優れた条件を提供することでしょう。

また、建設業界の資格についてより詳しく知りたい方はこちらの記事を参照して下さい。

関連記事:【建設業界まるごと解説③】建設業の資格を取ろう!役立つ18の資格と効率的な勉強方法まとめ

関連記事:施工管理を一年目でやめたい方に教えたいオススメの転職先や業種

土木施工管理技士の面接対策

面接対策は、土木施工管理技士のポジションにおいても大変重要です。

まず、自己紹介や志望動機については事前に十分な準備をして、自分の経歴や強み、この仕事に対する情熱を明確に伝えることが大切です。

次に、自身が持っている技術や知識について説明できるようにしましょう。具体的なプロジェクトの経験や、それを通じて得たスキル、学んだ教訓などを紹介すると良いでしょう。

また、資格や専門知識をどのように活用してきたか、これからどのように活用していくのかを具体的に話すことで、自分がこの仕事に適している理由を面接官に納得させることができます。

面接ではコミュニケーションスキルも試されます。プロジェクトで協力者とどのようにコミュニケーションを取り、問題を解決してきたのかについても述べましょう。

さらに、面接官が出す質問に対しては、一つ一つ丁寧に答えることが求められます。質問内容を理解した上で、自分の経験や視点を交えて回答しましょう。また、自身からも適切な質問をすることで、自分の仕事への関心と意欲を示すことができます。

以上のように、面接対策は自己理解と自己表現の技術、そして企業理解の3つの要素から成り立っています。事前の準備をしっかりと行うことで、自分自身を最良に表現し、最適な職場を見つけることができるでしょう。

企業への転職以外の選択肢

土木施工管理を辞めた場合、企業への転職が一般的な選択肢ではありますが、ここではそれ以外の選択肢を2つ紹介します。

公務員の土木職

企業への転職以外の選択肢の1つ目は、公務員の土木職です。

公務員の土木職は、都市計画、インフラ開発、防災対策など、地域社会の生活基盤を支える重要な仕事を担っています。

その職務は、道路や橋梁、河川、公園などの公共施設の設計や施工管理、保守・管理と多岐に渡ります。また、災害時の復旧工事の指導や、公共工事の品質確保、法令遵守の確認なども求められます。

公務員として働くメリットは、安定した雇用と待遇、良好なワークライフバランス、社会貢献度の高さが挙げられます。一方で、公務員試験の難易度や、公務員として求められる特定の倫理観や規範に対応する能力なども求められます。

したがって、自分のキャリアについて考える際には、自分の価値観や生活スタイル、キャリアゴールに合うかどうかを見極めることが大切です。

公務員の土木職は、土木施工管理者が持つ技術的なスキルと経験を活かし、地域社会に貢献しながら安定した働き方を求める人にとっては魅力的な選択肢となり得ます。

建設コンサルタント

土木施工管理の企業への転職以外の選択肢の2つ目は、建設コンサルタントです。

建設コンサルタントは、多様な建設プロジェクトに対して専門的なアドバイスを提供する役割を果たします。その範囲は、建築デザイン、コスト見積もり、スケジュール管理、施工管理、品質管理、さらには建設法規制への理解と広範囲にわたります。

土木施工管理の経験者は、建設現場での具体的な作業を管理するスキルと知識を既に持っています。これらのスキルと知識は、建設コンサルタントとしてクライアントに価値を提供する上で非常に役立ちます。

また、施工管理の経験は、プロジェクトのリアリティを理解するために不可欠であり、それが高品質のアドバイスを提供する上での強みとなります。

建設コンサルタントとして働くことは、現場での具体的な作業から一歩引いた視点で建設業界に携わることができ、また専門性を深める良い機会となります。さらに、複数のプロジェクトやクライアントと関わることで、経験と知識を広げることも可能です。

したがって、建設コンサルタントというキャリアパスは、土木施工管理業者が転職を考える際の有力な選択肢と言えるでしょう。

関連記事:土木施工管理からの転職先でオススメしたい19の仕事を紹介

土木施工管理に関してよくある質問

ここからは、土木施工管理に関してよくある質問に回答します。

土木施工管理と建築施工管理はどう違いますか?

「土木施工管理」と「建築施工管理」は共に、工事やプロジェクトの進行を管理し、品質、コスト、スケジュールを監督する仕事ですが、それぞれ対象となるプロジェクトの種類と特性が異なります。

土木施工管理は、主に道路、橋、ダム、トンネルなどのインフラストラクチャー、または土木工事全般を管理する役割を担っています。

これらのプロジェクトは大規模で、しばしば複雑な地形や地質条件、環境影響評価などの問題を扱うため、土木工学の広範な知識とスキルが必要です。

一方、建築施工管理は、建物や構造物の建設やリノベーションに特化しています。これには、住宅、オフィスビル、商業施設などが含まれます。

建築施工管理者は、建築設計と建築法規制についての深い知識を持ち、プロジェクトが設計通りに、そして法的な要件を満たすように進行することを確保します。

したがって、土木施工管理と建築施工管理は、それぞれ異なる専門性と知識を必要とする異なる分野をカバーしていますが、両方とも建設プロジェクトが予定通りに進行し、品質が確保されるように管理する重要な役割を果たしています。

技士補とは何ですか?

「技士補」とは、国家資格である技術士試験の第一次試験に合格した人のことを指します。

技術士試験の第一次試験では、基礎的な工学の知識が問われ、ここに合格すると「技士補」の称号が与えられます。この資格は一種のステップアップと考えられ、技術士への道を進む上で重要な段階です。

一方、第二次試験はより高度な専門知識と実務経験を問い、これに合格すると「技術士」という称号が授与されます。技術士は各種の専門分野で高度な技術的責任を負う職務に従事することが認められています。

したがって、技士補は技術士になるための途中段階であり、基礎的な専門知識を持ち、より高度な技術的責任を担う準備をしていることを示すものなのです。

未経験でも土木施工管理の仕事はできますか?

結論から言えば、未経験でも土木施工管理の仕事には就くことが可能です。

土木施工管理の仕事は、現場の運営管理や工程管理、品質管理などが主な業務で、これらの知識は経験を積むことで身につけることが可能です。多くの企業では、新入社員に対して必要な知識やスキルを教えるための研修を実施しています。

しかし、未経験から始める場合でも、土木工学や建設工学などの基本的な知識が求められることもあります。例えば、建設業法に基づく「施工管理技士」の資格は、施工管理の業務に従事する上で重要な資格となります。

土木施工管理技士のフリーランスは食べていけますか?

フリーランスの土木施工管理技士として稼げるかどうかは、業界経験、専門知識、持っている資格、そして自身のビジネススキルやネットワーキング能力などによって異なります。

土木施工管理技士としてのスキルと経験を持つフリーランスは、一般的には建設会社や開発業者からの依頼を受けてプロジェクトに参加します。この場合、フリーランスとしての報酬はプロジェクトごとに異なるため、一概には言えません。

しかし、経験と専門知識が豊富なフリーランスの土木施工管理技士は、一定の高収入を得る可能性があることは事実です。

パワハラは今でもありますか?

残念ながらパワハラは、どの業界においても存在します。土木施工管理業界も例外ではなく、特に伝統的な縦社会の風潮が強いこの業界では、パワハラのリスクがあると言えます。

しかし、ここ数年間で職場環境に対する認識は大きく変わり、パワハラに対する耐容度は低下しています。多くの企業は従業員が安全で健康的な環境で働けるよう、パワハラ防止のためのポリシーやプログラムを導入し、法律も強化されています。

定年後でも働くことは可能?

定年後でも土木施工管理の仕事を続けることは可能です。

実際、建設業界では経験とスキルが重視されるため、長年にわたり知識と技術を積み重ねてきた方々は、その知識と経験を活かして、非常に価値のある存在となります。

また、建設業界には定年後のプロフェッショナルを活用するためのさまざまな制度が存在しています。フリーランスとして働くこともできますし、コンサルタントやアドバイザーとして働くことも可能です。更に、教育や研修の分野で働く道もあります。

ただし、健康状態や生活リズムの変化に配慮することも重要です。高齢になると、長時間労働やフィジカルな作業が難しくなることもあるので、自身の体調と相談しながら、適切な働き方を選択することが大切です。

育休は取れますか?

土木施工管理の職種でも育児休業は取得可能です。

育児休業の取得は、労働基準法に基づいた労働者の権利であり、全ての職種、全ての業界で適応されます。

ただし、具体的な育児休業の取得方法や期間、復帰後の勤務形態等は、各企業の就業規則や育児休業制度によります。

また、職場の文化や理解度も大きく影響します。そのため、計画的に育児休業を取得するためには、事前に企業の人事部門や上司と十分なコミュニケーションを取ることが重要です。

建設業界全体としては、休業制度の利用が一般的でなかった過去もありますが、近年ではダイバーシティの観点から、育児休業の取得を推奨する企業も増えています。また、男性が育児休業を取得することも増えており、より柔軟な働き方が求められています。

関連記事:土木施工管理はなぜやめとけと言われる?理由と将来性を解説

関連記事:施工管理の仕事はなくなる?AI導入による建築業界への影響とは

まとめ

今回は、土木施工管理の仕事を辞めることについて解説しました。

現在土木施工管理のお仕事をされている方は、本記事を参考にして、自分のキャリアを今一度見つめ直して、納得のいく決断をしてみてください。

施工管理のお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級の施工管理の専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

現在、施工管理を担える人材の不足が問題になっています。転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

施工管理技士の求人なら建職キャリア

 今回紹介するサイトは、日本最大級の建築・工事系転職支援サービス「建職キャリア」です。

全国の建設企業の施工管理技士向けの求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

施工管理の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

-施工管理

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.