工場

機械設計エンジニア未経験での転職は難しい?3つの理由と対処法

更新日:

現場で働く男の人

機械設計エンジニア未経験でも、転職できるのか気になる人もいるでしょう。

実際に、機械設計エンジニア未経験の場合、就職は難しいと言われています。未経験者の就職が難しい理由は3つです。

一方で、未経験でも就職できる方法があります。

この記事では、機械設計エンジニア未経験での転職が難しい3つの理由と対処法を解説します。機械設計の仕事に興味がある人は、ぜひチェックしてみてください。

機械設計エンジニア未経験での転職が難しい3つの理由

機械設計エンジニアが現場を訪れている様子

機械設計エンジニアに未経験から転職するのは難しいと言われています。未経験者の就職が難しい理由は3つです。

  • 機械工学に関する知識がない
  • 設計支援ツール(CAD)の操作スキルがない
  • 設計から製造される工程がわかっていない

それぞれの理由について解説します。

機械工学に関する知識がない

機械設計エンジニアには、機械工学に関する幅広い知識が求められています。機械工学の基礎は4力学です。

4力学とは、材料力学・流体力学・熱力学・機械力学の総称です。最低でも4力学の知識がない場合は、機械設計エンジニアへの就職は極めて難しくなるでしょう。

設計支援ツール(CAD)の操作スキルがない

現代の機械設計では、設計支援ツール、特にCAD(Computer Aided Design)の操作スキルが不可欠です。

CADは、3Dモデルや図面の設計作業を効率化するツールです。CADの操作スキルがない場合は、設計業務に支障をきたす可能性があります。

機械設計で頻繁に使用するツールの例は次のとおりです。

  • 製図ソフト
  • シミュレーション解析ツール
  • プレゼン資料作成ソフト(PowerPoint・Keynote)
  • 設計用ソフト(CADのソフトウェア)

機械設計エンジニアへの就職を検討する前に、設計支援ツールについて可能な限り理解を深めておきましょう。

設計から製造される工程がわかっていない

機械設計エンジニアは、設計だけでなく製造工程も理解する必要があります。設計した製品が、実際に製造できるかのチェックも重要な業務のひとつです。

また、近年では、お客さまの幅広いニーズに応えるためのカスタマイズも一般的です。

したがって、設計から製造される工程が理解できていないと、転職の難易度は高くなるでしょう。

参考:機械設計技術者 - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))

機械設計エンジニア未経験で転職を成功させる3つの対処法

休憩中の機械設計エンジニア

機械設計未経験者が転職を成功させる対処法は3つです。

  • 機械設計の業界に詳しい転職エージェントに相談する
  • 派遣会社に登録してCADオペレーターからスタートする
  • 社内で機械設計の部署に異動できないか相談してみる

それぞれの方法について解説します。

機械設計の業界に詳しい転職エージェントに相談する

機械設計の業界に特化した転職エージェントは、豊富な求人情報と知見を活かして未経験者でも幅広く対応しています。

したがって、未経験から機械設計に挑戦したい場合は、特化型エージェントを利用しましょう。

機械設計の業界に詳しい転職エージェントの場合、未経験者向けの求人を持っていたり応募書類の添削や面接対策をしてくれたりします。

弊社では、製造職の採用に特化した転職エージェント「メーカーキャリア」を運営しています。月間利用ユーザー数は100万人を超えており、全国で6,000以上の非公開求人も保有しているため、多くの求人紹介が可能です。

無料でご希望に合う求人のご紹介や転職サポートも行っています。

製造職の転職をご希望の方はこちらをご確認ください。

派遣会社に登録してCADオペレーターからスタートする

機械設計の仕事には、CADソフトを用いた設計図作成が必須です。

派遣会社に登録してCADオペレーターで働き、実務経験を積みながら機械設計の知識を身につける方法もあります。

一方で、派遣社員のため正社員よりも給与が低かったり雇用が不安定になったりする可能性があります。

それでも、CADオペレーターの実務経験が、機械設計エンジニアへの就職に有利に働くのは事実です。将来的に機械設計エンジニアを目指す場合は、CADオペレーターとして実務経験を積むのも選択肢のひとつでしょう。

社内で機械設計の部署に異動できないか相談してみる

現在勤務している会社に機械設計の部署がある場合は、異動を希望してみるのもひとつの方法です。

社内の部署異動の場合、就職活動の手間がなかったり職場特有のスキルや経験を活かせたりします。

一方で、機械設計の部署に異動できない場合も可能性も十分にあります。

機械設計エンジニア未経験の人が転職して失敗する3つのパターン

パソコンで調べ物をする様子

機械設計エンジニア未経験の人が就職して失敗するパターンは3つです。

  • 転職先企業からの期待値が高すぎて疲れる
  • 機械設計と関係ない業務を任される
  • 転職先にいる機械設計エンジニアのレベルが高すぎて気が滅入る

それぞれの失敗パターンについて解説します。

転職先企業からの期待値が高すぎて疲れる

転職先企業は、未経験者でも、即戦力の活躍を期待している場合があります。

しかし、未経験者は実務経験や知識が不十分です。未経験者が期待に応えるためには、必要以上に努力しなければならず、結果的に疲れてしまう可能性があります。

機械設計と関係ない業務を任される

機械設計の仕事は、設計以外にも資料作成・社内の調整・顧客との打ち合わせなど多岐にわたります。その結果、未経験者が設計図を描けるようになるまでに想像以上の時間を必要とするかもしれません。

特に未経験者の場合、設計以外の業務を任される可能性が高くなると言われています。

転職先にいる機械設計エンジニアのレベルが高すぎて気が滅入る

就職先にいる機械設計エンジニアのレベルが高すぎると「仕事についていけない」と感じて、気が滅入ってしまう可能性があります。

一方で、レベルの高い同僚と一緒に仕事できるのは、スキルを高める絶好のチャンスです。積極的にコミュニケーションを図り、スキルアップを目指しましょう。

機械設計エンジニアに未経験で転職する際によくある質問

機械設計エンジニアに転職した人

機械設計エンジニアに未経験で転職する際によくある質問は次のとおりです。

  • 機械設計エンジニアに転職する年齢は何歳が最適ですか?
  • 機械設計エンジニアは人手不足ですか?
  • 機械設計エンジニアで活かせるスキルは何がありますか?

それぞれについて解説します。

機械設計エンジニアに転職する年齢は何歳が最適ですか?

機械設計エンジニアとして働く人のうち、7割が30代から50代です。また、一人前と認められるには5年から10年ほど必要と言われています。したがって、30代のうちに就職できるとよいでしょう。

参考:機械設計技術者 - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))

機械設計エンジニアは人手不足ですか?

機械設計の業界は人材不足です。令和4年度の有効求人倍率は2.64倍でした。

一方で、令和5年の日本全体の有効求人倍率は1.31倍です。

高度な技術が求められる機械設計エンジニアは、今後も重宝されるでしょう。

参考:機械設計技術者 - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))
参考:一般職業紹介状況(令和5年12月分及び令和5年分)について | 厚生労働省

機械設計エンジニアで活かせるスキルは何がありますか?

機械設計で活かせるスキルの例は次のとおりです。

  • 機械工学に関する知識
  • 設計支援ツール(CAD)の操作スキル

その他にも、コミュニケーション能力などが機械設計で活かせると言われています。

まとめ:機械設計エンジニアの未経験転職は難しいが不可能ではない

機械設計エンジニアとして活躍する人

今回は、機械設計エンジニア未経験での転職が難しい3つの理由と対処法を中心に解説しました。

未経験者の就職が難しいと言われている3つの理由は次のとおりです。

  • 機械工学に関する知識がない
  • 設計支援ツール(CAD)の操作スキルがない
  • 設計から製造される工程がわかっていない

また、未経験者が就職を成功させるには、機械設計の業界に詳しい転職エージェントに相談するのが有効です。製造職に特化した転職エージェント「メーカーキャリア」であれば、全国で6,000以上の非公開求人も保有しており多くの求人紹介が可能です。

これから機械設計エンジニアへの転職を検討しているのであれば、挑戦してみてはいかがでしょうか。

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


公式SNS

-工場
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.