工場

セールスエンジニアに資格は必要ない理由と役立つ資格|5選

更新日:

仕事中の男性

あらゆる技術が発展してきている中で、セールスエンジニアはますます需要が高まっています。

システムエンジニアなどとは異なり、開発から販売まで手がけるセールスエンジニアになるにはどんな資格が必要なのでしょうか。

そこで今回は、セールスエンジニアになるために必要な資格や、未経験でもセールスエンジニアになれるのかを解説していきます。

また、セールスエンジニアの資格に関する質問にも答えてみたので、セールスエンジニアを目指している人はぜひ参考にしてみてください。

セールスエンジニアに特定の国家資格は必要ない

パソコンで調べ物をする様子

セールスエンジニアになるためには特定の国家資格が必要ありません。

セールスエンジニアは、製品やサービスの技術的な理解と顧客とのコミュニケーション能力が重要であり、これらの能力を磨くことが求められます。

そのため、セールスエンジニアの職業資格としては、企業や業界団体が独自に用意する認定資格やトレーニングプログラムがありますが、国家資格としての厳格な要件はありません

セールスエンジニアが必要とするスキルや知識は、製品やサービスに関する専門知識、技術的な知識、顧客対応力、問題解決能力があり、セールスエンジニアを目指す際には、これらのスキルを磨くための学習や実務経験を積むことが重要です。

企業や業界によっては、特定の認定資格を求める場合もありますが、セールスエンジニアとしてのキャリアを築くために最も重要なのは、実践的な経験やスキルであることを覚えておきましょう。

セールスエンジニアになりたい人が取得しておくべき資格|5選

サラリーマンがほほ笑む様子

セールスエンジニアに特定の国家資格が必要ないことがわかりましたが、セールスエンジニアになりたい人が取得しておくべき資格が存在します。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者試験
  • 応用情報技術者試験
  • ITストラテジスト試験
  • セールススキル検定

それぞれについて順番に解説していきます。

ITパスポート

セールスエンジニアになりたい人が取得しておくべき資格1つ目は、ITパスポートです。

ITパスポートは、ITパスポートは、コンピュータやインターネットに関する基本的な知識を身につけるための資格です。

セールスエンジニアはIT製品やサービスを顧客に説明・提案するため、ITの基礎知識が必要不可欠であるため、ITパスポートを取得することでコンピュータの概要やハードウェア、ソフトウェア、ネットワークに関する基礎知識を得られます。

また、ITパスポートを取得することで、情報技術の基本的な理解を身につけ、顧客とのコミュニケーションに役立ちます。

それだけでなく、ITパスポートは他の高度なIT資格の基礎となるため、セールスエンジニアだけでなく、IT業界へのキャリアアップへ繋がる資格なので持っていて損はないでしょう。

出典:ITパスポート試験

基本情報技術者試験

セールスエンジニアになりたい人が取得しておくべき資格2つ目は、基本情報技術者試験です。

基本情報技術者試験は、基本情報技術者試験は、コンピュータや情報処理技術に関する基本的な知識と能力を評価する国家資格です。

基本情報技術者試験では、コンピュータの仕組みやネットワーク、データベース、プログラミングなど、幅広い情報技術に関する知識が問われるため、セールスエンジニアに必要不可欠なものといえます。

この資格を持つことで、セールスエンジニアはより専門的な知識を身につけ、顧客に対してより信頼性のあるサポートを提供することができます。

また、基本情報技術者試験はIT業界でのキャリアのスタート地点としても認知されており、セールスエンジニアとしてのステップアップに役立つでしょう。

出典:試験情報|独立行政法人情報処理推進機構

応用情報技術者試験

セールスエンジニアになりたい人が取得しておくべき資格3つ目は、応用情報技術者試験です。

応用情報技術者試験は、基本情報技術者試験に合格した人が更にステップアップするための試験です。

応用情報技術者試験に合格することで、専門的なIT知識を身につけ、高度な情報システムの提案や設計、構築、運用に携わる際に役立ちます。

応用情報技術者試験を取得することで、セールスエンジニアはより専門的な情報システムに関する知識を習得し、顧客に対して高度な技術的サポートを提供できるようになります。

また、応用情報技術者試験は合格率が20%前後と難易度が高いため、合格すればセールスエンジニアとしてだけでなくIT業界でも有利に働くでしょう。

出典:試験情報|独立行政法人情報処理推進機構

ITストラテジスト試験

セールスエンジニアになりたい人が取得しておくべき資格4つ目は、ITストラテジスト試験です。

ITストラテジスト試験は、情報システム戦略を立案し、組織の成長や競争力を高めるための能力を評価する国家資格です。

セールスエンジニアはビジネス戦略の立案や情報システムの企画・運用に関わることがあるため、ITストラテジスト試験を受けることでそれらのスキルがあることを証明できます。

この試験では、情報システム全体の戦略的な設計や企画、プロジェクトマネジメント、リーダーシップなどについての問題が出題され、合格すればセールスエンジニアはビジネス要件に合わせた情報システムの戦略的な提案が可能です。

さらに、経営層とのコミュニケーションやリーダーシップスキルも重視されるため、セールスエンジニアがより上位のポジションを目指す際に有利になり、業界での信頼性と専門性を高めることにつながります。

出典:試験情報|独立行政法人情報処理推進機構

セールススキル検定

セールスエンジニアになりたい人が取得しておくべき資格5つ目は、セールススキル検定です。

セールススキル検定は、セールスや営業のスキルを評価する国家資格です。

セールススキル検定に合格すると、セールスの基本的な知識やコミュニケーションスキル、営業プロセスの理解、顧客対応力などが評価されます。

セールスエンジニアは顧客との関係構築や提案力、交渉力が求められるため、この資格を持つことで、セールスエンジニアはより効果的な営業活動ができるだけでなく、顧客からの信頼を獲得するのに有効です。

また、セールススキル検定はセールス業界でのキャリアのスタート地点としても有用であり、営業力を証明する重要な資格として認知されています。

出典:セールススキル検定試験|CBTS受験者専用サイト

セールスエンジニアに「未経験・資格」なしで転職する3つの方法

デスクワークの様子

今後需要が高まると予想されているセールスエンジニアですが、未経験や資格がなくても転職は可能ですしかし、未経験で資格なしだからこその不安もあると思うので、以下の方法をもとに転職活動を進めてみるとよいでしょう

  • セールスエンジニアの求人が豊富な転職エージェントに相談してみる
  • セミナーやスクールに通ってみる
  • セールスエンジニアの知り合いに紹介してもらう

それでは順番に解説していきます。

セールスエンジニアの求人が豊富な転職エージェントに相談してみる

セールスエンジニアに「未経験・資格」なしで転職する方法1つ目は、セールスエンジニアの求人が豊富な転職エージェントに相談してみることです。

セールスエンジニアの転職を考える際には、求人情報の収集が重要になります。

自分で探すこともできますが、セールスエンジニアの求人が豊富な転職エージェントに相談することで、自分に合ったポジションや企業を見つけることができます。

転職エージェントは広範なネットワークを持ち、企業との連携も深いため、隠れた求人情報や未公開のポジションを紹介してもらえる可能性が高いです。

また、転職エージェントは自己分析や履歴書の書き方、面接のアドバイスなどもサポートしてくれるので、転職活動をスムーズに進めることができます。

自分の希望条件やキャリアプランに合わせて、転職エージェントとの相談を通じて最適なキャリアチェンジを実現しましょう。

>弊社が運営する製造業特化の転職サイト「メーカーキャリア」への転職相談はこちら【無料】

セミナーやスクールに通ってみる

セールスエンジニアに「未経験・資格」なしで転職する方法2つ目は、セミナーやスクールに通ってみることです。

セールスエンジニアに転職する際、セミナーやスクールに通うことでセールスに関する知識やスキルを短期間で効果的に身につけることができます。

セールステクニックや営業戦略の基礎から応用まで幅広い内容のセミナーがあるため、未経験の人は1度体験してみることをおすすめします。

また、専門スクールでは実務に役立つトレーニングや実習が行われ、実践的なスキルを磨くことができるだけでなく、セミナーやスクールでは業界の最新トレンドやノウハウを学ぶことができるため、自己PRや面接でのアピールポイントにもなります。

セミナーは1日や数日で効率的に学べるので、短期間で力をつけることができますし、スクールでは即戦力となるスキルが習得可能です。

セールスエンジニアの知り合いに紹介してもらう

セールスエンジニアに「未経験・資格」なしで転職する方法3つ目は、セールスエンジニアの知り合いに紹介してもらうことです。

知り合いのセールスエンジニアが所属する企業や業界に興味がある場合、直接話を聞いてみることで具体的な情報を得ることができます。

また、知り合いの紹介であれば、企業側も信頼を寄せてくれる可能性があるため採用される確率が上がります。

紹介者の信用や評価がプラスに働き、面接の機会を得やすくなるだけでなく、セールスエンジニアの仕事内容や業界の現状をよく知っている紹介者からのアドバイスや情報は非常に貴重です。

自分のスキルや経験を紹介者にアピールし、熱意を伝えることで、求人につながることもあります。知り合いの力を借りて、スムーズなキャリアチェンジを目指しましょう。

セールスエンジニアの資格に関係するよくある質問

デスクワークの様子

最後にセールスエンジニアの資格に関係するよくある質問を見ていきましょう。

  • セールスエンジニアになる難易度は高いですか?
  • セールスエンジニアに向いている人はどんな人ですか?
  • セールスエンジニアの年収はどの程度ですか?

それでは順番に解説していきます。

セールスエンジニアになる難易度は高いですか?

結論から言うと、セールスエンジニアになるための難易度は、他の職種と比べると高いと言えます。

セールスエンジニアは技術的な知識だけでなく、営業スキルやコミュニケーション能力も要求されるため、幅広いスキルが求められるだけでなく、製品やサービスの専門知識を深める必要もあります。

しかし、研修プログラムやマンツーマンの指導、さらにはセミナーやスクールでの学びを通じてスキルを磨くことで難易度を下げることは可能です。

自ら積極的にチャレンジし、経験を積んでいくことで、セールスエンジニアとしての道を切り拓いていけます。

セールスエンジニアに向いている人はどんな人ですか?

結論から言うと、セールスエンジニアに向いている人は、コミュニケーション能力が高く、技術的な知識と営業力を兼ね備えた人です。

お客様との信頼関係を築き、製品やサービスの価値を伝えることが得意な人が適しています。

また、柔軟性や忍耐力も重要で、顧客のニーズに合わせた提案や問題解決能力が求められるため、自ら積極的に情報収集し、業界トレンドや競合状況を把握し、戦略的にアプローチできる能力も重要です。

また、チームでの協力やリーダーシップも求められるため、チームプレイヤーでありながら自立心も持つ人が適しています。

セールスエンジニアの年収はどの程度ですか?

結論から言うと、セールスエンジニアの年収は、経験やスキル、勤務する企業の規模や業界によって異なりますが、一般的には400万円から1000万円程度が目安とされています。

初年度から数年経験のあるエンジニアの場合、年収は600万円程度が一般的です。

さらに経験を積み、実績を上げていくと、年収は増加していく傾向にあります。

大手企業やIT関連の企業では、高い成果を上げた場合には1,000万円を超えるのも夢ではないでしょう。

ただし、地域や業界によっても異なるため、具体的な年収は企業や求人によって異なりますので、詳細は転職エージェントや求人情報を参考にすると良いでしょう。

セールスエンジニアの資格に関するまとめ

女性がオフィスを歩く様子

今回は、セールスエンジニアの資格に関して解説しました。

需要が高まるセールスエンジニアへの転職を考えている人は今がチャンスです。

セールスエンジニアで成功するために資格の勉強や転職活動を始めてみてはいかがでしょうか?

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


公式SNS

-工場
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.