ドライバーの仕事

イモビライザーの解除はどうやってやるの?紛失時の対応方法や後付け費用、防犯対策なども紹介

投稿日:

「イモビライザーって万全なの?」
「イモビライザーは自分で解除できるの?」
「もしイモビライザーをなくしたらどうしたらいい?」
「イモビライザーを搭載した車の盗難ケースが知りたい」

そんな疑問をお持ちじゃありませんか?

この記事では、イモビライザーの安全性について知りたい方に特におすすめです。

この記事では、

・イモビライザーの解除方法
・イモビライザーを紛失してしまった時の対応方法
・イモビライザーを搭載した車の盗難ケースと防犯対策
・イモビライザーを後付けする場合

などについて詳しく紹介しています。

まだイモビライザーを装備していない方も装備している方も大切な内容となっています。ぜひ最後まで一読してくださいね。

イモビライザーとは?

イモビライザーとは、車の防犯性能を高めるために作られた機能のこと。キーと車のIDが一致することでエンジンがかかる仕組みとなっています。1990年代、車の盗難が相次いでいたEU諸国ではイモビライザーの標準装備が義務化されました。

日本はEU諸国に比べると盗難件数は少ないですが、最近では防犯意識の高さからイモビライザーを搭載したものが多くなっています。

イモビライザーがついているかの確認方法

イモビライザーが自分の車に装備されているか確認したい場合は、メーター周辺にある警告灯やインジケーターを確認しましょう。

車のエンジンが止まっている際に、メーターにカギマークが描かれた警告灯がついていたり、インジケーターが赤色に光っていればイモビライザーが搭載されている可能性が高いです。

ただし、赤色のインジケーターの点灯だけでは、他のセキュリティ機能が働いていることを表示しているだけのこともあるので注意しましょう。

イモビライザーと他のキーの違いとは?

通常の鍵やスマートキーなどとイモビライザーは何が違うのか紹介していきましょう。

メカニカルキー

昔からある一般的なキーです。車のドアロック解除やエンジンの始動など、この鍵で行います。複製が行いやすく、道具があれば簡単にロック解除もできるため、安全面では一番盗難のリスクが高いキーとなります。

ノコギリのようにギザギザした形がずっと主流でしたが、最近ではウェーブキーと呼ばれる彫り込まれた形状をもつカギがあります。以前のものよりもピッキングが難しく、盗難対策に対応した高い防犯機能をもつメカニカルキーとなります。

リモコンキー

車のドアロック解除をボタン1つで行えるキーを指します。エンジンを始動させるためにはキーを鍵穴にさして回す必要があります。リモコンキーは、別名ワイヤレスキーと呼ばれます。

スマートキー

スマートキーはキーをポケットやカバンの中に入れたままでも車のドアロックが解除される仕組みを持ちます。キーと車体の両方に電波を送受信する仕組みが搭載されており、車に近づくと車から微弱な電波が発信し、スマートキーが受信、その後スマートキーが応答の電波を自動で流し、ロックが解除されます。

エンジンの始動はキーを差す必要がなく、スタートボタンを押すだけでエンジンがかかります。このスマートキーには、基本的にイモビライザー機能が搭載されています。

イモビライザーキー

キー内部に設定されたIDと車体に記憶させたIDが一致することでエンジンがかかる仕組みを持ちます。車のドアロックはボタンで解除しますが、エンジンは鍵を差し込まないといけません。しかし、IDが一致しないとエンジンがかからないため、盗難防止としてはこの4つの中では一番安全なタイプです。

イモビライザーの解除方法はあるの?

もともとイモビライザーが車に搭載されていて、解除したいという場合、自分で解除する方法はあるのか紹介していきましょう。

イモビライザーだけを解除することはほぼ不可能

結論からいうとイモビライザーを解除することはほぼ不可能です。イモビライザーの仕組みはとても複雑で、エンジンだけでなくドアのロックやセキュリティーシステムなどにも絡んでいるため、自分で解除するのはできないでしょう。

誰でもイモビライザーを解除できる方法

実際には解除されてはいないですが、あたかも解除したようになっている状態を作り出すことは可能です。この方法でやれば、合鍵だけでエンジンを始動することができますよ。おすすめできませんが、紹介しましょう。

①イモビライザーキーからIDを取り出す。
②イグニッションに取り出したIDを両面テープで取り付ける。

これを行うことで合鍵のみでエンジンがかかります。

しかし、IDをイグニッションにつけたままなので、当然ですが盗難のリスクは高くなります。そしてIDをなくすリスクも高まるので、やめておいた方がいいでしょう。

イモビライザーキーを紛失した場合の対応方法

もしイモビライザーキーを紛失したり、壊してしまった場合の対処方法について紹介していきましょう。

鍵専門業者を呼ぶ

鍵の専門業者を呼んでスペアキーを作ってもらう方法があります。ただし気をつけないといけないのは、イモビライザーキーはどの業者でもつくれるとは限らないという点です。事前にイモビライザーキーの対応をしているかどうか確認しましょう。また、電話した時に車のメーカーや年式、グレードなどを先に伝えとくとスムーズに進められますよ。

鍵専門業者に依頼した場合の費用ですが、鍵を開けるだけの場合は4,000〜12,000円程度で済みます。もしスペアキーを作る場合は車種によって大きく異なります。およそ15,000〜50,000円程度が相場です。

高額にはなりますが、即日対応が可能が鍵専門業者の良いところです。全てが即日に作れるわけではありませんが、すぐにでも車が必要な時はとても便利です。

ディーラーに依頼する

車を購入したディーラーにスペアキーを作ってもらう方法もあります。ディーラーには車の情報が保管されているので、手続きがスムーズに進むので確実な方法を選ぶ際にはおすすめです。また、紛失した場合、盗難のリスクがあるので鍵の複製ではなく鍵を交換することも可能です。

スペアキーの作成料金は車種にもよりますが12,000〜40,000円ほどで鍵業者よりは少し安く済みます。しかし、ディーラーはスペアキーの作成に即日対応ができず、数日かかるのがデメリットです。

ロードサービスを使う

今加入している自動車保険によってはロードサービスが適用できる場合があります。イモビライザーが紛失した際の鍵の解錠や、スペアキーの作成の保険が適用されているか一度確認しましょう。

他でトラブルがあった際は時間がかかるかもしれませんが、解除やスペアキーの作成にはそこそこの金額が必要なので、保険を使うことも検討しましょう。

イモビライザーキーを使うことで起きるトラブル

イモビライザーキーでよくあるトラブルについて紹介していきましょう。

キーの電池切れ

イモビライザーは電池で稼働しています。その電池は割とどこでも売っているものなので、簡単に購入できるのですが、今すぐ使いたい時に交換用の電池がない時もありますよね。そういった時でもエンジンを始動することは可能です。基本的な方法を紹介しましょう。

①イモビライザーキーの側面にあるボタンを押し、メカニカルキーをとりだします。
②車のドアロックをメカニカルキーで解錠し、車内に入ります。
③ブレーキを踏んだまま、イモビライザーをパワースイッチに当てるとブザーがなります。
④再度同じことをするとエンジンがかかります。

実際のやり方はメーカーによって違うので、詳しくは車の説明書もしくは仕様書を読んでください。

セキュリティアラームのエラー

あまり起こらないことですが、ごく稀にセキュリティアラームが誤作動し警告音が発してしまうことがあります。かなりの音量なので近隣に迷惑をかけてしまう恐れがあるのですが、基本的な解除方法としてはエンジンをかけるだけです。

もしドアロックでのエラーが起きている場合、ドアロックを一度行い、再度ロックを解除すればなおります。

イモビライザーを装備した車の盗難ケース

イモビライザーキーを装備したからといって必ずしも安全とは言い切れません。最近では車の盗難ケースも相次いでいます。どういった手口を使っているのか紹介していきましょう。

イモビカッターを使った手口

イモビカッターとは、車のハンドル付近に設置しているコネクターに接続することでIDを無効にすることができる装置を指しています。イモビライザーキーを複製せずとも無効化することで他の鍵を使うことができます。

この手口は昔から行われており、人気高級車のクラウンやセンチュリー、最近ではプリウスによく使われていましたが、メーカー側もすでに対策を講じているので盗難被害はあまり多くありません。

リレーアタックを使った手口

イモビカッターよりも素早くスムーズに自動車を盗める方法がリレーアタックです。リレーアタックとはスマートキーから発せられる微弱な電波を受信し、ブースターと呼ばれる機器で電波を強くして、車の近くにいる人がドアを解錠、エンジンの始動を行う方法です。スマートキーから発せられる電波にはID情報が乗せられているので、エンジンの始動までもが可能となります。最近ではこちらが主流になりつつある手口で複数名のチームを組んで行われています。

コードグラバーを使った手口

コードグラバーとは、スマートキーと車でやりとりしている電波から鍵の情報をコピーし、イモビライザーの暗号キーを複製する手口を指します。車に近づく必要がない、複数名の仲間が必要がなく一人でできるので、なかなか犯行時に見つかりにくい手口となります。最近では一番新しい手口と言われています。

イモビライザーの防犯対策

イモビライザーを搭載しているからといって必ずしも安全とは言い切れません。上記で紹介したイモビカッターやリレーアタックでの盗難から愛車を守るための対策はあるのか紹介していきましょう。

イモビカッター対策

イモビカッターの対策としての有効な方法はガードをつけることです。ガードを取り付けることで、イモビカッターの動作を確認すると自動的にカッターの動作を妨害する仕組みが備わっています。

さらに車の異常を感知すると警告音を発します。警告音を出すことで犯人も危険性を感じて逃げるので、ガードは大変有効だといえます。ガードの値段は少々高いので、取り付けるのに躊躇する方も多いですが、車を盗まれることを思えば安いので、心配な方はぜひ取り付けましょう。

リレーアタック対策

リレーアタック対策として有効な方法はいくつかあります。それぞれ紹介していきましょう。

キーを電波を遮断できるケースにしまう

スマートキーからは常に微弱な電波が流れています。犯罪者はそれを利用して車を盗むわけなので、電波を遮断すれば盗むことができなくなります。カー用品店では電波を遮断するケースや専用のポーチなどが販売されていますが、最も手頃なのは金属の缶に入れることです。ただ完全に遮断されているか確認した方がいいと思うので、一度缶に入れたまま車に近づいてドアロックを解除できるか確認しましょう。

節電モードにする

全てのスマートキーではありませんが、一部のモデルには節電モードという電波を発しない状態にする機能が搭載されています。特定の操作を行うことで節電モードの切り替えが行えます。今お持ちのスマートキーに搭載されているかはメーカーのホームページやディーラーに問い合わせてみましょう。

玄関付近に鍵を置かない

一番手頃な方法が玄関付近にスマートキーを置かないことです。スマートキーの電波は1メートルから1.5メートルまで届くと言われています。多くの方は玄関付近に鍵を置いているので、当然犯罪者はそのことを知っており、夜中に玄関に近づいてリレーアタックを行います。つまり玄関付近に鍵を置かなければリレーアタックができなくなります。

リレーアタック防止装置を導入する

盗難防止を専門にしている車の業者からはリレーアタックの防止装置を販売していたりします。上記で紹介した手間もなく、うっかりミスもないまま防犯対策が行えるので一番安全な方法かもしれません。ただし、機器費用や取り付け費用がかかるほか、適合する車種が決まっているので一度確認した方がいいでしょう。

コードグラバー対策

コードグラバーは一番対策のしようがないと言われている手口で、ハンドルロックやタイヤロックをかける方法しか有効な手立てがないと言われています。その方法を取ることで車を動かせない状態にできるので、盗難防止として有効です。

イモビライザーは後付けできる?

完全ではないけどもイモビライザーは盗難防止策として大変有効なものです。そして何よりもイモビライザーは車の初期装備としてのより後付けの方が防犯効果が高いとされています。純正のものは解除方法の研究が進んでいるため安全性に問題があるからです。後付けの場合、どのイモビライザーを搭載しているかが判断がしづらいので防犯効果が高いとされています。

イモビライザーの価格

後付けする場合のイモビライザーの価格ですが、およそ5〜10万円が相場です。ただしこれは基本キットのみなので、さらにセキュリティを上げたい場合アラームやセンサーなどオプションを追加することが可能です。

自分で取り付けは可能?

結論から言えば取り付けることは可能です。ただし、さまざまな複数の配線を割り込ませて取り付けるため、ある程度の電気配線加工技術の知識が必要となります。さらに防犯機能を高めるためには、取り付け方も大切です。基本的にイモビライザーを取り付ける際は、窃盗団がどこにイモビライザーの装置があるのかをバレないようにすることが重要です。窃盗団はプロなので、本体と他の配線を紛らわしく取り付けないとすぐに取り外されてしまいます。セキュリティを上げるためにはキレイに取り付けるということが重要となってきます。

業者に取り付けを頼んだ場合の費用は?

取り付けるだけの場合は3万円までで済みます。

しかし、セキュリティを上げるような取り付けかたを依頼した場合は10万円以上の値がつくこともあります。イモビライザーは単純に取り付けるだけでは本来の機能を活かしきることができません。取り付けた後にどのようなセットアップを行うかでセキュリティのレベルが大きく変わります。プロの取り付け屋はどのようにセットアップを行えばいいのかを熟知しています。そのため、高額な費用を請求されることがあるのです。

まとめ

大切な愛車を守るためにセキュリティ対策は必要不可欠です。イモビライザーは高い防犯機能をもつセキュリティ装置ですが、解除方法があるため万全なものではありません。しかし、今回紹介した対策を行えば盗難のリスクは大きく減るので、十分な準備をおこなって愛車を奪われないようにしましょう。

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-ドライバーの仕事
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.