トラック

個人向けカーリースを徹底比較!所有vs.カーリースとカーリース会社同士の比較

更新日:

車を持つ方法として一般的に知られているのは新車や中古車の購入ですが、近年ではカーリースという選択肢も視野に入れることができます。

今回は現在自動車を探している方のために、リースと車の購入とを比較した場合のメリットやリース会社ごとの特徴など、個人向けカーリースについて詳しく説明していきます。

尚、個人事業主や運送事業者向けのカーリースサービスについては「法人向けカーリース会社を徹底比較!メリットや節税になるかなどの疑問に回答」という記事で特集しています。

カーリースが人気の理由

カーリースが人気になりつつあることにはいくつかの理由があります。まずはカーリースを選ぶとどのようなメリットがあるのかを押さえておきましょう。

初期費用がかからない

最も大きいのは、カーリースには初期費用がかからないということです。

車を購入するときに支払う金額の内訳を見てみると、頭金の他、登録代行費用、車庫証明の代行手数料、印紙代、納車費用、ナンバープレートの取得費用など様々な料金が含まれているとわかるはずです。

車を一括購入するか自動車ローンを組むかは個々人の経済事情によって変わるとして、いずれにしても車を購入するのであれば、ある程度まとまった額を最初に支払うことは避けられません。

ところが、カーリースではこの初期費用がなくなります。前述した項目がすべて月額料金に盛り込まれているため、いっぺんに多額の出費をする必要がないのです。

車種を選択できる

車を購入する場合なら、予算の範囲内であれば好きな車種を自由に選ぶことができます。一方、カーリースだと「リース会社が取り扱っている車種の中から選ぶことになるため、選択肢を持てないのではないか?」と心配する意見も耳にします。

しかし、結論を言えば、この心配は杞憂です。

というのも、そもそもカーリースは「リース会社が取り扱っている車種の中から選ぶ」という形のサービスではないからです。

カーリースでは顧客の要望に合わせて車を用意します。したがって選択肢は充分にあり、事実ほとんどのリース会社では、国産車に関してはすべてのメーカーのラインナップから選ぶことができるようになっています。

カーリースはレンタカー等とはまったく異なるサービスなのです。

購入費・維持費を合わせ月ごとに決まった額払えばよい

カーリースに初期費用がかからないことは先程も述べました。これに関して重要な点は、頭金も発生しないということです。

購入する場合には頭金を用意することになるため、たとえローンであってもそれなりにまとまった額を用意しておかねばなりませんが、カーリースならばその必要はありません。月々の定額料金を支払うだけでよいサービスなので、家計に大きな負担をかけることなく車を使っていくことができます。

カーリースと車を購入した場合の比較

次に、車を買う場合と個人向けカーリースを利用する場合でどちらが得になるのか比べていきます。

新車購入とカーリース

まずは新車を購入するケースと比較してみましょう。

車を買うのであれば、当然ながら車両本体の代金がかかります。軽自動車でも150万円前後かかるので、これだけでも大きな出費と言えます。

そして前述したとおり、ここに諸々の費用が乗ってきます。たとえば車の購入時に必ず必要となる車庫証明のため、代行手数料と印紙代とを合計して3~4万円がかかるでしょう。新車登録も必要ですから、ナンバープレートの取得費用が発生します。陸運局への検査登録をディーラーに任せるのであればここでも支払いが発生しますし、リサイクル料金や各種税金も求められます。もちろん納車にも費用がかかります。

先に説明したとおり、こうした諸費用はカーリースでは月々の料金に含まれています。したがって一度に大きな出費に迫られこそしないものの、最終的に支払う金額はどのみち一緒になるのではないか、と考える方もいらっしゃるでしょう。

しかし、カーリースの月額料金の算出方法は「契約満了時に残っているであろう価値を差し引いて計算する」というものです。この関係上、月々かかってくるリース料が割安となるのです。

ここまでのことから、新車購入よりもカーリースのほうが経済的であることがわかります。

中古車購入とカーリース

次に、中古車を購入するケースと比較してみます。

中古車の場合にも税金や車庫証明代といった諸費用はかかってきますが、車両本体の代金が新車よりも安くなります。年数や走行距離がかさむほど価格が割り引かれていき、中には十数万円で購入できる車もあります。したがって、購入時の初期費用という点を重視するならば中古車購入にはかなりのメリットがあると言えるでしょう。

ただし気をつけなければならないのは、中古車はメンテナンス費がかかりがちであるということ。先程「年数や走行距離がかさむほど価格が割り引かれていく」と説明しましたが、これは製造されてからの経過年数に応じて部品が経年劣化していたり、長い距離を走行したことで摩耗していたりするため。

中古車では修理の必要が生じる可能性もあり、それには当然ながら料金がかかります。トータルで考えるならば、中古車が経済的と一概に断言することはできません。

対して、個人向けカーリースで利用できる車は基本的に新車です。品質については中古車よりも安心できますし、保証の面でも手厚いものがあります。また、点検費用なども月額料金に含められるため、メンテナンスに関して唐突な出費を気にしなくて済むというメリットもあります。

カーリース会社を比較

カーリースのメリットが把握できたところで、今度はカーリース会社どうしでどのサービスがお得なのか比較検討してみましょう。

定額カルモくん

おトクにマイカー 定額カルモくん は、国内の完全定額制のカーリースとしては最も低価格で利用できるサービスです。

国産車であればすべての車種すべてのグレードの新車を選べるほか、中古車も取り扱っているため、料金の安さを重視したい方におすすめのカーリースと言えるでしょう。

また、手続きをすべてオンラインのみで完結できるのも定額カルモくんの特徴です。料金の安さも実店舗を構えていないことと無関係ではなく、店舗を維持するための固定費をかけていないことが反映された結果としてリース料が低く抑えられているわけです。実際に担当者と顔を合わせることなく、メールやLINE、電話でのやりとりだけでカーライフを始められる気安さは魅力です。

コスモMyカーリース

コスモ石油のガソリンスタンドを見かけたことのある方は少なくないはずです。そのコスモ石油が提供しているカーリースが、コスモMyカーリースです。

特徴は契約期間と走行距離制限についてそれぞれ3つのプランから選べること。契約期間は3年・5年・7年から、走行距離制限は500km・1,000km・1,500kmから選んで組み合わせることができるため、お財布事情やライフスタイルに合わせてプランを組むことが可能です。

また、プランにメンテナンス項目をつけた場合、コスモ石油のスタンドでガソリン代の割引を受けられるというメリットも。車のランニングコストとして最もわかりやすいところがガソリン代だけに、これは見逃せないポイントと言えます。

なお、メンテナンス項目のつかないプランに加入するときは注意が必要で、この場合では重量税や自賠責保険料がリース料金に含まれません。したがって、メンテナンス項目をつけないのであれば利用者自身が都度負担する必要があります。

コスモMyカーリースに関しては下のリンクから詳細をご覧いただけます。

【カーリース】コスモMyカーリース

フリースカー

「ムダなおカネ、もうかけない。」というキャッチフレーズのカーリース会社で、言葉通り低価格を売りにしています。車種によりますが、人気車種の多くで業界最安値で車を借りることができます。

毎月のリース代に車検や保険、車の代金がコミコミでOKというところは他のリース会社とも共通するところですが、他社ではオプションとして契約が必要なメンテナンスパックが最初から月額費用に含まれています。車の整備までお任せにできるわけですね。

車にかかるほぼ全てのお金がコミコミで尚且つ安いのがフリースカーの魅力です。

カースタくるまリース

大手総合商社として有名な伊藤忠グループ。その関連会社の一つ、伊藤忠エネクスが行っているカーリースがカースタくるまリースです。

先に紹介した定額カルモくんと同様、オンラインの申込みで契約を結ぶことができます。さらにコスモMyカーリースと似ている点として、契約期間や走行距離制限やメンテナンスに関して、車の利用スタイルに合わせて3つのプランから選択できるという特徴もあります。

リース終了後には買い取り、返却、契約延長、乗り換えの4つの選択肢から選ぶことができるなど、総じて自由度の高いカーリースと言えます。

また、成約特典も魅力です。ルートインホテルやJOYSOUND、コメダ珈琲店など、全国18000カ所以上にものぼる施設で割引優待を受けることができます。カーライフのみならず日常生活でも助けになってくれるのは非常に大きいメリットでしょう。

MOTAカーリース

MOTAカーリースは、旧サービス「オートックワン」からのアップデートという形で、2020年に始まった新しいカーリースです。

後発サービスだけのことはあり、国産車であれば全メーカー全車種に対応、複数のメンテナンスパックから自分に合ったほうを選べるなど基本的なポイントは押さえられています。

MOTAカーリースならではの特筆すべきメリットは、最長11年という長期プランを組めることです。

ここまで紹介してきたコスモMyカーリースやカースタくるまリースのプランでは最長7年でしたから、MOTAカーリースが長期契約を前提としていることが察せられるというもの。契約期間が長くなればそのぶん月々の支払いも抑えられるため、一台の新車に長く、そのうえでできるだけ安く乗りたいと考えている方はMOTAカーリースを検討してみるとよいでしょう。

MOTAカーリースについての詳細はこちらからご覧いただけます。

長く乗り続けたい方にもオススメ!最長11年契約が可能な『MOTA定額マイカー』

リースナブル

オート、リース、介護、教育、機械整備など、手広く事業を展開している三和サービス。そのカーリース事業がリースナブル です。

リースナブルのメリットは月額料金の安さです。軽自動車であれば月額8,000円から利用を開始することができますし、アルファードやヴォクシーなどのミニバン、ハリアーやエクストレイルといったSUVも月額20,000円から乗り始めることが可能です。

また、他のカーリースが基本的に途中解約できない仕様となっている中で、いつでも自由に解約できることもリースナブルを選ぶメリットに挙げられるでしょう。

ただし、車種が限定されていることや、プランが3つに限定されていてオプションを組み合わせる余地がないこと、契約期間が一律5年といったデメリットもあります。

KINTO

自動車メーカーと聞いてトヨタを真っ先に思い浮かべる方は多いでしょう。そのトヨタが提供しているサービスが「KINTO」です。

厳密に言えばKINTOはカーリースではなく「サブスクリプション」というサービス形態に分類されるのですが、国産最大手メーカーのトヨタが運営しているだけに知名度が高いサービスです。

カーリースでは「契約満了時に残っていると思われる車両の価値」を試算して月額料金を決める、とはすでに述べたとおりですが、事故を起こすなどして実際の契約満了時の査定額が試算よりも低くなってしまった場合、追加費用を求められてしまいます。

しかし、KINTOでは試算額と実査定額との差額精算はありません。さらに、月々の料金の中に任意保険料が含まれているため、仮に事故を起こしてしまったとしても自己負担金が1件あたり最大5万円で済む仕組みになっています。

このため、追加費用のリスクを避けたい人にとってはKINTOが有力な選択肢となり得るでしょう。

ただし、車種がトヨタ製のものに限られる点は人によってはデメリットになります。

カーリースについてよくある疑問

最後に、カーリースを始める前に解消しておきたい疑問について触れておきます。

カーリースってどれくらいかかるの?

多くの人にとって一番気になるポイントはリース料でしょう。

カーリースの料金は「(車両本体価格+諸費用)÷リース年数」という計算式で求められます。このことはすなわち、同じ期間リース契約を結ぶのであれば、リース料は車両の本体価格によって決まるということを意味します。したがって、本体価格の安い軽自動車であればリース料も安く、SUVなどであればそれよりも高くなるわけです。

具体的な金額は各社のプラン内容によって変わってくるため一概にこうと断言するのは難しいですが、相場としては、軽自動車やコンパクトカーなら10,000~20,000円、ミニバンやSUVなら20,000~40,000円という価格帯が主流のようです。

リース契約を途中解約するとどうなるの?

カーリースは原則的に途中解約できません。

途中解約を認めた場合、未消化の契約期間ぶんのリース料、すなわち車両本体価格と税金などの諸費用がまるまるカーリース会社の損害になってしまうからです。

やむにやまれぬ理由で途中解約が認められることもないわけではありませんが、そうした場合でも残り期間ぶんのリース料や事務手数料などを違約金として請求されることがあります。

リースした車を改造するとどうなるの?

カーリースは車の所有権を買っているわけではなく、あくまでも車の利用権を一時的に取得できるサービスです。所有権はリース会社が保持しているため、契約満了時には車をリース会社に返却するのが一般的です。

このため、カーリースにおいて改造は基本的に認められていません。

もしリースで借りた車を勝手に改造してしまうと、返却時に原状回復義務が発生し、違約金が発生してしまいます。

走行距離制限とはどんなもの?

車両の残価は走行距離によって決まるため、多くのカーリースでは走行距離制限が設定されます。たとえば走行距離制限が月1,000kmのプランであれば、ひと月のうちに1,000kmを超過して運転してはならないわけです。

もっとも、走行距離制限は余裕をもって設定されることが普通です。常識的な範囲で車を使うぶんには、走行距離制限に引っかかることは考えにくいでしょう。

まとめ

この記事では車を買う場合との違いや各カーリース会社のサービスの比較など、カーリースにまつわる基本的な知識を紹介させていただきました。

家計を圧迫せずに車を利用する方法を探している方は、ぜひ今回の内容を参考にして、自分に合ったサービスを見つけてみてください。

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-トラック
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.