転職・就職

トラックドライバーは転職・就職に有利?未経験でもわかる年収や業界状況についても説明!

更新日:

トラックドライバーは転職に有利?

トラックドライバーに転職するには特殊な資格を要することが少なく、誰でも気簡単に始められます。一人で作業することが多いためマイペースな人にはおすすめですし、納品先の人たちとの会話もあるのでコミュニケーション力も高くなります。トラックドライバーの仕事は車両が小さくなればなるほど、積み込みや荷卸しの作業が自らの手作業ですることが多く体力的に自信がある方転職するのに有利です。必須な資格は自動車運転免許証だけなので気軽に転職スタートできます。ただし、最近では普通自動車運転免許所にも準中型免許や中型免許など取得した時期により運転できる車両の大きさに違いが出ます。自分の今持っている普通自動車運転免許証をよく確認してから転職先を探してください。また職種に応じてフォークリフト、玉かけなどの特殊な免許が必要な場合もありますがその際は会社が講習会などに参加させてくれるので無料で資格が取得できることもあります。

トラックドライバーの給与や待遇は

給料ですが、数年前までは18万円から22万円程度が一般的で、大型車や長距離などのドライバーはもう少し多く支給されていたようです。最近では、人手不足の為少し給与が高くなり、25万円から30万円になっているようです。繁忙期などは40万円程度を稼ぐトラックドライバーもいたり、一般の営業職や事務職に比べると給与は高くなったりと職種によって変わってきます。福利厚生なども、運輸局の指導の下年1回の健康診断、交通安全講習などまた健康保険や社会保険に加入、社員旅行などがあったりと福利厚生も充実している会社も多くあります。このように給与面や福利厚生面も整っている企業を転職先に選択することをおすすめします。

関連記事:運送会社の給与トップ5を大公開!高収入会社への転職方法と注意点とは?

関連記事:大型トラック運転手の給料の実態とは?今がチャンスである理由

関連記事:トラック運転手は年収1,000万稼げる?給与の実態を解説

近年の平均年収推移

近年は、トラックドライバーの年収もかなり上がってきています。トラックの車種や仕事内容で多少変化しますが、転職後の方が給与が多くなることも増えてきています。月額25万円~35万円で年2回賞与があり、年収400万円前後が平均的です。この金額はあくまでも近距離で中型車のトラックドライバーの年収で、大型車や長距離などのドライバーはもう少し年収が高くなります。また、トラックドライバーへ介護職や営業職からの転職者の多くは、やはり年収の高さが魅力のようです。転職後は、運行管理者資格などを取得すると給与も上がり、配車や管理職への登用もあります。その後の就職にも資格を取得しておくとトラックドライバーとしての転職にも有利になります。

関連記事:【必見】トラック運転手の給与明細や形態を詳しく解説

福利厚生などの待遇は

最近はトラックドライバーの福利厚生が充実してきています。賞与が年2回、制服貸与、退職金、社会保険などや昇給が年1回あり、社員旅行などもある企業も増え、昔に比べてかなり福利厚生面には力を入れています。資格取得にも力をいれていて資格取得には補助金を支給する企業も増えています。運行管理者、フォークリフト、玉かけなど社員のうちに取得できるものは取得することができるのもトラックドライバーのメリットの一つです。転職後すぐにいろいろな資格を取得しておくとその後の転職が有利になります。ぜひ、資格は早いうちに取得しましょう。

トラックドライバーについて良くある質問

厚生労働省からの通達などで65歳定年制や70歳までの雇用の促進などいろいろな制度や補助を受けて定年も伸びてきています。トラックドライバーも例外ではなく雇用延長が始まっています。

何才まで働けるの?

定年制は60歳、と多くの会社で決まっていますが、近年の人手不足のあおりをうけ、トラックドライバーの定年制度は65歳まで延長している会社が多いです。しかも60歳で一旦退職金を支払い転職せずにその後、70歳まで給与金額がそのままで再雇用する企業もあります。昔は、定年すると手当などを減らされて給与も下げられて再雇用されるか、転職するかが大半でした。しかし、今では給与などすべてそのままで雇用延長する企業が増えてきています。定年後も安心して働ける環境が企業ごとに出来てきています。定年後に転職し新しい仕事に就くより、定年後も給料が変わらずに働けるなんて魅力的ですよね。

女性でも働けるの?

トラックドライバーの業務はここ最近、力仕事ばかりではなく台車輸送や軽量物、またリフトがついている車両増えたので女性でも気軽に始められます。4t車や大型車に乗っている女性トラックドライバーも最近はよく見かけます、女性が転職しても頑張れば、十分に働ける仕事です。過去は、トラックドライバーは男性の仕事で「女性がトラックドライバーをするなんて生意気だ。」とか「中途半端な仕事しかしない」なんて偏見を持たれていた時代もあります。しかし、近年は女性がトラックドライバーに転職したら会社からは歓迎されるようです。女性の転職には事務系より向いています。運転に自信があればトラックドライバーに転職し、新しい発見があるかもしれないですね。

関連記事:女性はトラックドライバーとして活躍できる?メリット・デメリットを徹底解説!

どんな人がトラック運転手に向いている?

トラックドライバーに転職するのに向き不向きはあまりないです。気持ちがおおらかで焦らない事が必要で、昨今問題になっているようなあおり運転を起こすような性格では絶対にトラックドライバーには向きません。マイペースで運転できて事故違反を起こさない集中力が必要です。他人に気配りができるようだとなおいいです。また、荷主とのコミュニケーションを取れる気持ちの豊かさも必要です。営業職や販売などのお仕事からの転職者はトラックドライバーに向いています。道路を覚えたり、抜け道を探すのが得意であったり、地名をよく覚えたりするのが得意なんていう人もトラックドライバーに向いています。でも一番大切なことはトラックドライバーをやりたい!という気持ちです。

関連記事

・トラック運転手に向いている性格と向いていない性格

いい運送会社の選び方とは?大手運送会社やサイズ別トラックドライバーの収入などを紹介

トラックドライバーへの転職のススメ

 トラックドライバーに転職するときは次の事を最低限考えましょう。トラックドライバーはいろいろなものを運びます。どのようなトラックに乗りたいのか?何を運ぶトラックドライバーになりたいのか?をよく考えましょう。普通自動車運転免許証には、準中型、中型に分かれていて乗れる車両が変わります。転職前に中型免許の取得やオートマ限定免許などを解除する教習に行くことをお勧めします。まずは、ルート配送などの配送先が決まっているトラックドライバーや、コンビニエンスストア系の配送のトラックドライバーなどに転職することをおすすめします。転職してすぐに積載量が4tのトラックなどに乗るとサイズが大きいので初めての転職には不向きだと思います。最初の転職時は、2t車のトラックドライバーに慣れてから徐々にサイズを大きくしていく方がトラックドライバーとして慣れていけます。転職時にトラックドライバーと聞くと特殊で重労働な仕事のイメージがありますが、近年は働き方改革で大手宅配企業でも拘束時間の短縮や準中型免許証でも運転できる車両まで手配している企業もあります。きめ細かいところまでフォローしてくれる企業も多くあるため、どんな職種からでも転職が可能です。

必要な資格は?

絶対必要な資格は、普通自動車運転免許証です。さらに中型限定免許証や大型自動車運転免許証を取得すると、多くののトラックが乗れます。その他は、フォークリフトや玉かけ危険物取扱などを持っていると転職に有利です。

関連記事:トラック運転手になるのに必要な資格や免許とは?費用も解説

未経験でも働ける会社も増えています!

トラックドライバーという職種は、転職時に営業や事務のように「こんなことができます。」「こんな経験してきました。」というような経験が必要というより、未経験の方がよい職種です。なぜならトラックドライバーの経験がない方がよい場合があるからです。トラックの運転は練習すればうまくなる可能性がありますが、コミュニケーションや会話力は、少々訓練してもうまくなりません。大手の宅配業者の元会長は「うちはドライバー経験者の入社を認めない。できるだけ異業種特に接客経験者を採用する。」と言っていました。転職時に運転が未熟だから、自信がないからと自分で理由を付けずに思い切ってトラックドライバーをはじめてみてはどうでしょうか?転職に際し未経験OKの会社も最近は多くなっています。スーパーの裏方やコンビニエンスストアなどでのアルバイトをするよりトラックドライバーの方が自信がついて続けていける可能性があります。さぁ、始めてみませんか?

関連記事:トラック運転手は未経験でも転職できる?条件や求人を詳しく紹介

トラックドライバーの転職を成功させる為に

転職時には、会社を選ぶときに注意するべきことがあります。まず自分の目でその会社を下見する事です。求人には募集内容など書かれていますが信用して入社すると話が違うなんて事もしばしばあります。一度でもいいので近くから観察してみることをお勧めします。自分の目で見て転職しても大丈夫か?など、会社の規模、運んでいる商品など確認できることを確認してから応募しましょう。トラックドライバーの転職を成功させるには、納得して入社し安全運転を徹底する事です。

求人情報のみを頼りにしない 

求人情報に書いてあることがすべて本当とは限らない

求人情報に書いてある事はたとえば残業は月に30時間まで、残業代はすべて支給などと書いてあることが多いですが、転職後は拘束時間が長く残業代が少ないなんて事もあります。求人情報だけを信用して転職せずに他の情報などを使ってその会社を調べることも転職を成功させる秘訣です。有名、業界の大手企業、地元で有名な企業などだからと募集要項を頼りに転職すると募集要項と勤務実態が大きく違うなんてことがよくあるので転職時はサイトなどでその会社を調べたりして納得してから転職するようにしてください。

「アットホームな職場」に騙されてはいけない

 「アットホームな職場」とよく書いてありますが、転職時にこの甘い言葉に騙されないでください。言い換えれば社長の個人事業で従業員を機械かおもちゃのように扱うブラックな社長も多くいます。好きなだけ働かせてそこそこの給料を払って気に入らないとすぐに辞めさせる会社もあります。これは、トラックドライバーに限らない事ですが転職のときはよく注意しましょう。入社してすぐに判断した方がいい部分です。何か月も働くと次の転職が出来なくなるので注意しましょう。 

志望動機のポイント

志望動機のポイントは、お金を稼ぎたいからトラックドライバーに転職する、ということも大切です。同じぐらいの給料や時間でいいなら転職先は飲食店やコンビニエンスストアでいいと思います。トラックドライバーに転職するならたくさん働いてたくさんお給料をもらうというしっかりした意思決定が必要です。転職先は、拘束時間が長い、残業が多いなんて当たり前の仕事です。だからこそ、働いた時間分の給料を払ってくれる優良なトラック事業者に転職する事です。きっかけは何でもよいのですが、転職の動機はお金を稼ぐ!がないと続けにくいと思います。

 

人材紹介会社を使うと好条件で入社できる事も

トラックドライバーに転職する際に人材紹介会社を使うと有利に入社できる場合もあります。第二種免許の取得や大型免許の取得を会社側が研修期間中に取得させてくれたりします。求人広告やその他の媒体で直接応募し転職するよりトラックドライバーを含め運転手という職種に転職する際には業界に精通した、人材紹介会社を利用し転職するのもよい手段です。

関連記事

トラック運転手への転職で後悔しない方法

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-転職・就職
-, , ,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.