タクシー

タクシーの最新車種ジャパンタクシーの紹介!特徴や購入方法を解説します!

更新日:

タクシーといえばセダンタイプの車種を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。しかし、最近はジャパンタクシーと呼ばれるハッチバックタイプを採用するタクシー会社が増えてきました。

このジャパンタクシーとはどんな車なのか?特徴などを紹介した後、定番の車種についても解説しています。

最新の車種JPN TAXI(ジャパンタクシー)とは?

2017年にトヨタからタクシー専用の車両が登場しました。従来タクシーといえばセダンタイプの車両が一般的でした。しかし、この JPN TAXI(ジャパンタクシー)はこれまでのタクシーのイメージを一新した丸みのあるフォルムでやわらかい印象を与えるものでした。

このジャパンタクシーの特徴について紹介していきましょう。

ジャパンタクシーの特徴

ジャパンタクシーは2020年の東京オリンピックに向けて老若男女や日本人、外国人問わず快適に利用してもらうことが目的で作られました。その特徴について紹介していきましょう。

乗降しやすい設計

ジャパンタクシーは床を低く仕上げた低床フラットフロアとなっているため、足の不自由な方でも乗降しやすくなっています。また、背の高い外国人の方でも頭をぶつけたりしないよう開口部に十分な高さがあります。

ドアは電動スライドドアとなっているため、荷物をもっていてもスムーズに乗降できます。また、助手席が折りたたむことで車いすの方でも乗車できるバリアフリー対応をしています。

室内は広々とした快適空間

ジャパンタクシーのボディはシエンタをベースとしています。シエンタは本来最大7人乗りの小型ミニバンであるため、それを5人乗りにしたジャパンタクシーの室内空間は広々とした快適空間となっています。

また、タクシーならではのサービスで手軽に引き出せるシートベルトや充電用USB端子のほか、座席からでも操作できる天井サーキュレーター、シートヒーターが搭載されています。

荷室空間も充実しているため、スーツケースといった大きな荷物を積むことも可能です。

海外から来られるお客様をおもてなしするといったコンセプトのもと作られただけあって乗客に優しい設計となっています。

環境に配慮したLPG燃料を使用

LPGとは液化天然ガスのこと。タクシーはこのLPGガスを燃料としているものが多い傾向にあります。

LPGの利点として環境に優しいという面がありますが、他にも燃料代が安いという点があります。

また、走行時の音が静かで停車時も振動や音が小さいため乗客にとっては快適に過ごすことができます。

個人で購入できるの?

このジャパンタクシーをマイカーとして利用したい人もいます。そのため個人でも購入することができます。全国のトヨタディーラーやトヨペット系列店で販売されています。

なおジャパンタクシーは通常モデルの「和(なごみ)」と上位グレードの「匠(たくみ)」

の2タイプあります。価格は和(なごみ)が3,277,800円で匠(たくみ)が3,499,200円です。

ただし、個人で購入する場合、燃料がLPGガスということを覚えておきましょう。LPGガスを補給できるところは全国であまりありません。都会で利用するには問題ありませんが、地方に行く際は不便さを感じるかもしれません。

昔から利用されているタクシー車種

タクシーといえばセダンですよね。そんなタクシーの定番といえる車種を3つ紹介していきましょう。

クラウンコンフォート

クラウンコンフォートはトヨタがセダン型の車両です。名前が長いため、一般的にはクラウンもしくはコンフォートと省略して呼ばれています。

タクシーとして用いられることを前提として開発されており、後席の寸法やトランク容積を十分にとっています。

また、後部座席がドア側に回転することができる「ウェルキャブ」が設定されているため、身体障害者や高齢者でも乗降しやすい設計となっています。

1995年に販売されてからタクシー界で第一線を走っていましたが、2018年の2月で生産が修了しました。生産は終了したものの現在でもタクシーの9割はクラウンコンフォートという驚異のシェア率を誇っています。

セドリック

セドリックは日産自動車が開発した車両です。一般車向けに製造したものはセドリックセダン、タクシー用に製造されたものはセドリック営業車などと区別されていました。

セドリックが登場したのは1987年の6月で当時はセドリックは高級車として人気がありました。

2014年の10月に生産が終了したものの耐久性の良さから現在でも活躍しており、根強いファンがいます。

プリウスα

近年ガソリンの高騰や環境を意識してプリウスαを採用するタクシー会社や個人タクシーが増えてきました。またトヨタがLPガスを燃料とするタクシー専用車の生産を中止するといった事業展開がプリウスへの転換を加速させたといわれています。

プリウスは走行音が静かで快適な面がありますが、バッテリーを後部座席下に積まれているため、座席が他のタクシーと比較すると高い位置にあるため窮屈に感じやすい欠点があります。

見た目的にも安っぽくないため、富裕層にも人気ですが、タクシーとして乗り心地が良くないのは致命的かもしれません。

ミニバンタイプも多く登場

ハイヤーとして利用する場合などではミニバンタイプのタクシーが人気です。代表的な車種を2つ紹介していきましょう。

ヴェルファイア

ハイクラスのシートと広々とした空間が人気のトヨタ高級ミニバン。最大6名まで乗車可能でゴルフバッグやスーツケースがそれぞれ4個積むことができるトランクの広さも人気の1つです。

高級感のある佇まいと快適な居住空間でハイヤーとして採用しているタクシー会社が多くあります。

アルファード

同じくトヨタの高級ミニバンのアルファード。ヴェルファイアの兄弟車でもあるため、似たようなものにはなりますが、より一般的に普及しているのがアルファードの方です。

ゴルフバッグやスーツケースを4つ以上積載することが可能のため、大人数での利用時や空港への送迎にも使われています。

タクシーの車種は選べる?

基本的にコンフォートやジャパンタクシーは多くの会社で採用されているため、特に要望がない場合、基本的にはこのどちらかが配車されます。

しかし、タクシー会社によってはレクサスやベンツ、BMWといった高級車を用意しているところがあります。パーティーに行く際やVIPを迎えに行く際など高級車が必要な時は指定すれば用意してくれます。

車種の豊富さはタクシー会社によって異なるため、あらかじめHPなどで調べておきましょう。

まとめ

タクシーの車種について紹介してきました。セダンタイプは型が古いため、室内環境も昔ながらの感じですが、ジャパンタクシーは最新の設備となっているため、初めて乗ったときは居心地の良さにびっくりするかもしれません。

機会があれば、ぜひ最新のタクシーを利用してみてくださいね。

タクシードライバーのお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級のタクシードライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国のタクシー会社の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-タクシー
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.