タクシー

現在地までタクシーを呼ぶにはどうすればいい?電話や直接捕まえるだけではない!アプリを使った方法も紹介!

更新日:

タクシーを呼ぶ方法を知っていますか?タクシーを呼ぶ方法は電話と直接、そしてアプリの3つあります。今回はタクシーを呼ぶ方法の特徴や利点・欠点について紹介しています。

なかなかタクシーが捕まらないなんて経験ありますよね?そんな時にスピーディーに呼ぶ方法を知っていると便利ですよ。

いつも電話で呼んでいた人、直接捕まえていた人などは特に必見です。ぜひ最後まで読み進めてくださいね。

タクシーを呼びたいときにはどうする?

今すぐタクシーを呼びたいときはどうしたらいいのでしょうか?タクシーを呼ぶ方法は大きく分けて3つあります。

それぞれのやり方と特徴を紹介していきましょう。

タクシー会社に電話して呼ぶ

タクシーサービスを行っている会社に電話して、タクシーを配車してもらう方法です。ほとんどのタクシー会社はそれぞれホームページを開設しているため、そこで電話番号を調べます。

直接調べる方法のデメリットとしては混雑時に断られることがあった際、また別のタクシー会社を検索してまた電話をするという手間がかかります。

一回一回調べるのが手間という方には全国のタクシー会社を一括にまとめたサイトtaxisite(https://www.taxisite.com/)が便利です。

このサイトは全国都道府県のタクシー会社情報を掲載しているサイトです。掲載している情報は、「住所」「電話番号」「ホームページURL」「支払い方法」「迎車料金」「車両情報」など細かい部分まで紹介しています。

サイト内には、乗車地と目的地を入力することでタクシー料金を計算することができる機能があります。この料金は各区域の距離制運賃制度に基づいて算出したものなので、必ずしもその料金になるとは限りませんが、おおよその金額が分かるという点では嬉しい機能です。

タクシーアプリを利用する

スマホのアプリからタクシーを呼ぶ方法です。「GO」や「DiDi」といったさまざまなタクシー会社と連携しているアプリや「MKタクシースマホ配車」といったタクシー会社が運営しているものなどあります。

タクシーアプリはGPSと連携した位置情報サービスを利用し、タクシーを呼ぶと現在地まで迎えに来てくれます。

細かいサービスはアプリによって異なりますが、多くのものに搭載されている代表的な機能を3つ紹介します。

目的地入力機能

アプリからタクシーを呼ぶ際に乗車地だけではなく目的地も同時に入力できる機能です。目的地を入力することで乗車した際に運転手に降車地を伝える手間がなくなるほか、自動的にタクシーのナビに送信されているため、詳しい道案内の必要がありません。

また、乗車地から目的地までの乗車金額を自動で算出してくれるため、知らない土地などでも安心できます。

予約機能

タクシーアプリを利用する際は今すぐタクシーを呼ぶ以外にも予約することができます。希望日時と乗車希望地を入力することで数時間後から数日後までの予約が可能となっています。予約可能範囲はアプリによって異なりますが、最速で30分後から1週間後までできるものもあります。

決済機能

アプリに自分のクレジットカード情報を登録することで自動で決済できる機能のことを指します。登録できるものはクレジットカード以外にもd払いやPayPayなどさまざまなものがあります。

これにより、降車時に財布を出す手間が省け、現金を持ち歩く必要もなくなるので手間と時間の節約になります。

道端で拾う

道路を走っている流しのタクシーを捕まえる方法です。タクシーに乗車する方法としては最も多く利用されているかと思います。

また、流し以外にも駅などのタクシー乗り場にとまっているものに乗る方法もあります。

スマホや電話を使う必要がなく、自分の好きなタイミングや場所で乗車できるといった点で便利ですが、朝や夕方、悪天候などの混雑時にはなかなか捕まえられないといったデメリットがあります。

タクシーの呼び方は時と場合によっておすすめが異なる

タクシーを呼ぶ方法は主に3つあることが分かりました。それぞれの方法は時と場合で変えるのがおすすめです。それぞれのメリットなどを勘案して紹介していきましょう。

今すぐタクシーに乗りたい時は流しのタクシーを捕まえるのがいい

今すぐタクシーを呼びたい、乗りたいときは道路を走行しているタクシーを捕まえるのが最も早く乗車できるでしょう。アプリは近くにいるタクシーを配車してくれるため、早ければ数分で乗車できます。

しかし、タクシーがよく走っているような場所ではタクシーを呼ぶよりも自分で捕まえる方が早いことが多いです。アプリを使用すると乗車地や目的地などを入力しないといけないため、タクシーを呼ぶまでに時間がかかります。

そのため、今すぐ乗りたいという人は流しのタクシーを捕まえる方法が一番おすすめです。

今いるところにタクシーが少ないときはアプリを利用しよう

街から外れた場所などはあまりタクシーが走っていないかと思います。そのような場所ではアプリがおすすめです。

タクシーアプリは現在地を割り出して、一番近くにいるタクシーを自動的に見つけ出して呼ぶため、近くに見当たらなくても問題ありません。

複数台を呼びたいときは電話を利用しよう

人数が多いときや目的地が別々の場合など、2台以上タクシーを呼びたい時は電話がおすすめです。実はタクシーアプリでは複数台呼ぶことができません。もしアプリで2台以上呼びたいのであれば、1台ずつ申し込まないといけないため、手間がかかります。

電話であれば一度に2台以上呼ぶことができるため、手間暇がかからないでしょう。

混雑時はアプリがおすすめ

朝方の時間帯や年末年始、GWなどタクシーが混雑する時期や時間帯の時はアプリがおすすめです。電話ではなかなかつながらない、流しのタクシーは空車の可能性が低いなどで簡単にタクシーを捕まえることができません。

アプリもすぐには見つからないかもしれませんが、申し込むことで空車になったタクシーを自動的に回してくれるため、効率よくタクシーを呼ぶことができます。

また、アプリによっては混雑時でも優先的にタクシーを回してくれる機能を持つものがあります。追加料金が発生しますが、すぐにタクシーを呼びたい人にはおすすめです。

手持ちのお金がないときはアプリが安心

今手持ちのお金がない、家までのお金があるか微妙なんて時はアプリを使った方法がおすすめです。各アプリには独自の決済システムを導入しています。カード情報を事前に登録しておけば降車時に支払いをすることなく、自動的に引き落とされるため、例え現金やカードがなくてもタクシーを利用することができます。

タクシーを呼ぶ際の注意点

電話やアプリなどでタクシーを呼ぶ際は注意しておくべきポイントがあります。知らずに呼んでトラブルとならないように今から紹介することを覚えておきましょう。

タクシー会社によっては迎車料金がかかる

迎車料金とはタクシーを呼ぶために必要な料金のことです。流しのタクシーを拾う場合は料金が発生しませんが、電話やアプリでタクシーを呼ぶと迎車料金がかかる場合があります。

タクシー会社の中には無料のところがありますが、多くは有料です。料金は会社によって異なりますが、400円が相場です。

迎車料金を支払いたくない、無料で利用したいという人はあらかじめ調べておく必要があります。※アプリの場合は各会社の迎車料金が記載されているので、タクシーを呼ぶ際に指定することができます。電話の場合は上述したtaxisiteに迎車料金について記載してあるので、先に調べてから電話するといいでしょう。

予約するときは予約料金が必要

配車時間を指定したときは別途予約料金がかかる場合があります。予約料金も迎車料金と同様に無料で行っている会社があるため、一度調べてみましょう。

注意しておくべき点は予約料金と迎車料金は別々のものであるため、それぞれの料金がかかる場合があります。

仮に予約料金と迎車料金がそれぞれ400円だとした場合、自宅まで配車予約をすると乗車料金+800円必要ということを覚えておきましょう。

待機料金という仕組みも覚えておこう

タクシー料金の中に待機料金という料金システムがあることを知らない方が意外と多くいます。待機時間とはタクシーを呼んだ際にお迎えの場所にタクシーが到着してから一定時間経過すると発生する料金のことです。

つまりタクシーを呼んだにもかかわらず待機させておくと料金が発生するよといったところです。

待機料金はタクシー会社によって異なりますが、5分までは無料というところが多い傾向にあります。しかし、5分以降は一定時間(会社によって異なるが80~120秒)ごとに80~100円ほどの料金が追加されていきます。

この待機料金はお迎えの場所で待たせる以外にも乗車中にコンビニなどどこかで停車した際などにも発生するので覚えておきましょう。

まとめ

これまでタクシーを呼ぶ際は電話で呼ぶか直接捕まえるかが一般的でしたが、アプリを利用した方法が登場しました。

電話や直接捕まえる方法もいいですが、タクシーを呼ぶにはアプリが便利です。なんといってもGPSを利用することで現在地を細かく割り出してくれるため、迎えの場所を細かく説明する必要がなくなったり、ネット決済ができたり、目的地を先に入力することができたりとさまざまな機能が搭載されています。。

ただし、アプリは複数台呼ぶことができないといった欠点があります。今回紹介したように時と場合によって最適な呼び方があるので、その場に応じた方法を選択するようにしてくださいね。

タクシードライバーのお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級のタクシードライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国のタクシー会社の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-タクシー
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.