施工管理

施工管理をすぐに辞めるのが不安な方へ。辞めるべき理由や辞めても大丈夫な理由を紹介!

更新日:

「施工管理が辛すぎて早く辞めたい」
「施工管理をすぐに辞めても大丈夫なのか不安」
「すぐに辞めた場合転職先は見つかるのか不安」
「辞めると決めたあとの行動方法を知りたい」

こんな悩みや疑問を抱えていませんか?

今回はこの中に1つでも当てはまる人にピッタリな内容となっています。

この記事でわかることは以下の通りです。

・施工管理をすぐに辞めるべき理由
・すぐに辞めても大丈夫な理由
・辞めると決めてから行うこと

施工管理はキツイ仕事です。すぐに辞めたいと考えている人、辞めてもいいのか不安な人におすすめの内容となっているので、最後まで一読してください。

施工管理をすぐに辞めるべき理由6つ

仕事をしているとやめたくなることも多々あると思います。しかし、やめたい衝動に駆られたからといっても、実際のところ行動に移すまではなかなかできないものです。

しかし、施工管理はすぐに辞めても大丈夫ですし、辞めるべきなのです。その理由を6つ紹介していきましょう。

長時間労働が当たり前という世界

施工管理は一般企業と比較しても労働時間が長いのが特徴です。施工管理は誰よりも早く出勤し、現場の状況を見ないといけないので早朝から働いています。工事が終了してから職人さんと一緒に帰宅ということもできず、そこからは事務作業が待ち受けています。

こういったことから施工管理は毎日残業が当たり前となっており、定時で帰れることなどほとんどありません。

働き方改革が導入されてきているので、施工管理も働きやすくなってくるのでは?と期待している方も多いですが、建設業界においてはまだまだ浸透しておらず大手企業ですら残業時間は月に60時間以上となっています。

会社や上司と昔から働いている方は、長時間労働が当たり前、これができないやつは根性なしといった風に考えている方も多いので、改善されるのもまだまだ先と思います。

こんな世界では肉体的にも精神的にも限界を迎えてしまうので、さっさと辞めるできでしょう。

膨大すぎる業務量

施工管理の仕事は主に4大管理と呼ばれる「施工管理」「品質管理」「安全管理」「原価管理」です。

工事の進捗具合を確認し、職人や重機の手配を管理したり、建造物に使う材料の品質や完成後の耐久性などの確認を行ったり、現場で働く職人や近隣の人たち、工事現場近くを通行する人たちの安全を管理したり、予算通りに工事が終わるように経費を調整したりとやることが膨大にあります。

通常の仕事量もさることながら、工事中にはトラブルやアクシデントが絶えないものです。材料が届かない、重機が故障した、悪天候で工事ができない、人間関係のトラブルなど、通常の業務以外にも対応しないといけないものがたくさんあります。

施工管理は日々の業務量の忙殺されながらもさまざまなトラブルにも対応しないといけないため、なかなか落ち着く間がないので、ストレスで疲れ切ってしまう前に辞めるべきでしょう。

殴る蹴るの暴力が日常

建築業界は今も昔も体育会系の風潮があります。言葉遣いが荒く、気が短い職人が今もたくさん働いています。そんな中なので、気に食わないことがあったり、ミスを犯すと殴ったり蹴ったりするようなことが未だにあります。

建築業界は不良上がりの人も多いため、口より先に手が出るといった方も少なくありません。もちろんそういったことをする人がいない現場もあります。

しかし、実際毎日のように殴られていたという人もいます。そんな現場で働いていると精神的に病んでしまうか自分も人を平気で殴ってしまうような人になってしまうかもしれません。

どちらにせよ良いことは全くないので、殴る蹴る人がいるような現場で働いているのであればすぐに辞めて次の職場を見つけましょう。

常に事故に巻き込まれるリスクがある

施工管理のいる現場は常に危険と隣り合わせです。重機や重たい材料、高い場所での作業など安全な場所がほとんどないといっても過言ではありません。もちろん安全面には注意していますが、工事を行っているのは人間であるため絶対的に安全とは言い切れない部分があります。

また、大きなものばかりが危険とは言えません。実際に起きた出来事としては上からボルトが落ちてきて頭にあたった方がいました。幸いヘルメットをしていたので、ケガはありませんでしたが、ヘルメットは凹んでいたそうです。小さなボルトですら高所から落ちればそれなりの威力となるのです。

建設業界というのは常に危険との隣り合わせです。みんなが安全に対して高い意識を持っていればいいのですが、中には意識をあまり持ってないまま働く方もいます。そんな人がいると危険のリスクが一気に高くなります。

下手にケガをすると一生働けなくなる可能性もあるので、ケガをする前に施工管理を辞めたほうがいいでしょう。

プライベートを楽しむ余裕がない

施工管理は休日が少ない職種です。完全週休二日制が当たり前の一般企業に対して、施工管理は週に1回休みがあるかないかです。せっかくの休みでも毎日の残業続きの仕事で体が疲れ切ってしまい、寝て終わりというケースも少なくありません。

趣味があっても休日はおろか、平日も楽しむ余裕がありません。また、予定を入れていたとしても工期に遅れが生じていた場合は休日出勤となるので、予定がつぶれることもたくさんあります。

せっかくの休日がつぶれるのであれば大事な予定を入れられないので休日ライフ楽しむことなんてできません。

また、施工管理は勉強することがたくさんあります。資格を取るために休日をつぶして勉強することもザラなので、プライベートを楽しむ余裕がありません。

こういった点から仕事ばかりの施工管理は辞めるべきと言われるようになりました。

スキルが身につかない

施工管理のメリットとして一生のスキルが身につくと聞いたことはありませんか?

確かに施工管理の資格を取れば一生使える資格となりますが、スキルとしてはそこまで大きなメリットはありません。

施工管理は中間管理職のような立場であるため、仕事量は膨大ですが、実際に役に立つスキルは身につくことはないでしょう。身に付いたとしても施工管理としてのスキルであって他の業種に役に立つようなスキルはあまりついてきません。

施工管理を長く続ければ続けるほど、このスキルが身につかないことが大きな欠点となるため、早めに辞めて違う職種を探したほうがいいでしょう。

人手不足が加速している

建設業界は長年の人手不足が深刻化してきています。施工管理は特に長時間労働、膨大な仕事量、人間関係の面倒などから常に人手が足りていません。この問題を解決するために働き方改革を取り入れたり、施工管理アプリを導入し、施工管理の業務量を減らす取り組みを始めていますが、それでもまだまだ人材の流出は防ぎきれていません。

まだ労働環境が良いほうの大手ゼネコンでさえ人手不足だというのに、地方や中小のゼネコンであれば余計に人手が足りていないのは間違いないでしょう。

さらに今は少子高齢化社会ということで若者の施工管理がこれからも増えていく予測があまりないので、これから人手不足は深刻化していくでしょう。自分一人の能力がどれだけすごくとも人手が足りていないと労働環境の改善はよくなりません。

このことにいち早く気付いたのであれば、早々に施工管理を辞めて新たにキャリアを作り上げることをおすすめします。

すぐに辞めても大丈夫?と心配な方へ安心できる理由を紹介します

いざ施工管理をやめようと決めても不安になりますよね。次の転職先が見つかるのか?すぐに辞めたことが面接の際に不利にならないのか?など。

辞める際には周りから「すぐに辞めるなんて甘いやつだな」や「次の転職先なんて簡単に見つからないぞ」、「ここで働けないならどこに行っても同じだ」など嫌味や罵声を浴びせられるかもしれません。

しかし、安心してください。これらは根拠も何もない言葉です。しかも間違っています。実際に施工管理をすぐにやめた人でも転職先が見つかって、そこでバリバリ働いて活躍している人は数多くいます。

そこでなぜすぐに辞めて大丈夫なのか紹介していきましょう。

すぐに辞めるのは甘えではない

親や友人などからすぐに辞めるなんて甘ったれているなど言われたことはありませんか?辞める際に直接言われなくとも、自分自身がそう言われてきて場合、なおさらこの言葉が心に残って決断できなくなるケースがあります。

しかし、安心してください。そういった人は施工管理のキツさ、辛さを知らないのでそのように言っているのです。実際に働いたら、すぐにやめなさいというでしょう。

また、工事現場は体育会系の人たちが多く、精神論、根性論が好きな人たちがとても多いです。そういう人たちだからこそ、すぐに辞めるなんて根性なし、最低3年は続けるべき、などという言葉をかけてきます。

実際に働いている人からその言葉をかけられると本当かな?と思うかもしれませんが施工管理は現場の人よりも労働時間が長く、責任重大なので肉体的にも精神的にも数倍きついです。

辞めることは甘えではありません。辛いことをずっと続けていて精神的に病んでしまうと、転職すらできなくなる可能性があります。病気になっても言葉をかけた人はなんら責任を取りません。責任のない言葉をかけて来る人は無視して、すぐに辞めてしまいましょう。

転職先の面接で不利にならない

一般的に仕事をすぐ辞めた場合、転職先での面接で不利になるといわれています。確かに働き始めて数か月で辞めるような人は人間性が悪い、仕事ができないなど何かしら問題があるように受け止められます。

しかし、施工管理の場合は例外となっています。なぜなら施工管理はキツい仕事だと他業種の方々も知っているからです。人事担当者も施工管理であれば数か月で辞めたとしても仕方がないと受け取ってくれるでしょう。

ただし、すぐに辞めたことを一方的に会社のせいにしてはダメです。劣悪な労働環境にいたということを正直に伝えてもいいですが、自分自身もすぐに辞めてしまったことに反省の態度を見せることが重要です。

辞めてやったなどという態度ではなく、自分が選択ミスをおかしてしまったなどどいう反省をしながら、今から新しい道を進みたいと意思を見せていくことが重要です。

施工管理以外の仕事では向いている可能性が十分にある

ここで働けなかったらどこに行っても同じだ!すぐに辞めてしまうぞという脅しのような言葉をかけられるかもしれません。しかし、施工管理は数ある職業の中で上位に入る辛い仕事です。

そのため、ここで勤まらなかったらどこに行っても同じだなどという言葉は完全に的外れです。そして何よりもその人は他の業界のことをほとんど知らないはずです。あらゆる業種を経験してきた人であれば、まだ説得力はありますが、そんな人はこの世の中にはいないでしょう。

この建築業界で長く働いてきた方は自分たちの世界が全てだというような考え方をする視野の狭い方がいます。そんな方の言うことを誰が信じるでしょうか。

そんなキツイ世界にいたからこそ転職先では、すごく優しい世界で居心地がいいと感じる人は山のようにいます。

施工管理を辞めると決めてからやるべきこと

施工管理を辞めると決めたのであれば、その後は何をすればいいのでしょうか。やるべきことを紹介していきましょう。

なぜ辞めるのか?その理由をまとめる

一番初めにすることは、あなたがなぜ施工管理を辞めるのか?辞めたいのか?その理由をきちんとまとめることです。仕事が辛いのはわかります。きついからと辞めたくなったのは当たり前のことでしょう。

職人さんの暴力があった、理不尽なことばかり言われた、業務量が多すぎて体を壊してしまいそう、責任が重大すぎてプレッシャーがキツイなど辞めたくなる理由はさまざまありますし、人それぞれです。

しかし、一時の感情だけで辞めたいというのは理由としては少し不十分です。なぜならそれだけで辞めてしまうと次の転職先でも同じようなことが起こりうるからです。また、上司は全力で引き留めてくるでしょうし、感情だけで辞めたいと伝えるのは簡単ではないでしょう。

そのため、きちんとした辞めたい理由を箇条書きにして、それらを文章にまとめることがおすすめです。箇条書きにすることで思っていたよりも感情的だった自分が落ち着いてきますし、理路整然とした理由を述べやすくなるでしょう。

きちんとした文章であれば、上司も納得しやすくなりますし、自分自身もすっきりするため、まずは辞めたい理由をまとめるところから始めましょう。

上司に辞めたいと伝える

上記の辞めたい理由をまとめることができれば上司に伝えましょう。ちなみに相談があるのですではなく、お伝えしたいことがありますという風にして話しかけていきましょう。なぜなら相談というのは、悩みを打ち明けているようなもので、辞めるのではなく、辞めようか考えているといった風に受け取られるからです。

お伝えしたいことがありますと話せば決断しているのだと伝わりやすいので引き留める力もそこまで強くないと思います。

しかし、上司も簡単に「はい、わかりました」と納得してくれることはないでしょう。建築業界は常に人手不足が問題となっています。そんな中、貴重な人材である施工管理を1人でも無くすことは大きな痛手となります。また、育った人材が辞めてしまうと、また一から新しい人材を育てる手間が増えてしまいます。

上司はどうにかして辞めるのを阻止しようとあれこれ画策していくでしょう。もしかしたら上司のさらに上司となる人に相談するから待ってと時間をおいて、そのままにしておくなんてこともする可能性があります。

しかし、こちらが引き下がったり隙を作ったりするといつまでたっても辞められません。ここで活きてくるのが上記で紹介した辞めるという理由をまとめることです。

上司にきちんと理由を説明し、いついつまでに辞めますと伝えておきましょう。簡単に受け入れてくれそうにないなら退職願と一緒に提出することが望ましいです。さらに強引に行くなら転職先を見つけて、いつから働きますと伝えておくと辞める意思の強さがはっきりと伝わります。

新たな転職先を探す

上司に辞めるという連絡をした後、または連絡する前に転職先を探しておきましょう。転職先を見つける方法は転職サイトやハローワーク、友人の紹介の3つが主となります。

この中で一番簡単でおすすめな方法なものは転職サイトを使うことです。転職サイトは数多くありますが、その分幅広い分野の仕事を探すことが可能です。希望条件を入力すれば、自分にあった仕事を見つけることができるでしょう。

自分はこれまで経験したことがない分野の仕事が見つかるか心配。という方でも転職サイトなら心配ありません。なぜなら未経験OKというチェック項目が必ずあるからです。そこをチェックを入れれば、全く未経験だった職種にでも転職できる可能性があります。

その他、年収や休日、福利厚生などさまざまな細かい条件を誰にも知られずにつけられることも転職サイトのいいところでしょう。

ただし、転職サイトは自分で全てを行わないといけません。企業先を見つける、連絡する、面接当日を迎えるという風に何もかもが自分の力で行わないといけません。連絡の文章も自力で考えないといけないので、おかしな文章だと面接までたどりつけない恐れがあります。

ハローワークの場合は、相談員との話し合いのもとで新たな転職先を見つけることができます。相談員に自分の経歴や取得している資格などを話せば、自分に合いそうな職種を見つけてくれます。さらに希望勤務地や給料、休日などを伝えると具体的な求人情報を教えてくれます。

自分に合う企業を見つければ、相談員が間に入って企業に連絡してくれるので、自分であれやこれやとやる必要がありません。面接が決まれば当日履歴書をもっていけばOKです。また、面接に自信がないのであればハローワークで疑似面接を行ってくれるので、練習を行うことが可能です。

ただし、ハローワークの場合、求人件数は転職サイトに比べると少ない傾向があります。自分の希望条件に合う企業があまりたくさん見つからない可能性があるため、希望条件を下げないといけなくなるかもしれません。

知人の紹介の場合、すぐに新たな就職先が見つかるので時間の節約や面倒がないといったメリットがあります。知人の紹介であれば、自分の能力や性格などをすでに知ったうえで転職できるので、自分に合った部署で働かせてくれるかもしれません。

職場にも馴染みやすいので、早くから環境に溶け込みやすいという点もメリットでしょう。

ただし、知人の紹介の場合、すぐに辞めるということがなかなかできにくいです。必ずしも自分にあった職場ではなく、もしかしたらキツイ仕事の可能性もあります。

人間関係でややこしくなった、別の職種に興味が湧いてきた、自分の希望条件に合わない場合もあります。そういった時にやめにくいのが知人の紹介のデメリットです。知人との信頼関係に傷をつけてしまう、相手企業先と知人の関係が悪くなる恐れがあるなど、これから知人に顔向けできなくなる可能性があるので、知人の紹介を受ける場合はそのリスクを踏まえたうえで転職先を見つけましょう。

上司に辞めたいと伝えるのが辛い方は退職代行を使うことを検討しましょう

会社を辞めるということを伝えるのはなかなかの負担です。それらを伝えるのは結構なストレスにもなりますし、結構な労力が必要です。

もしかしたら上司の顔を見るのも辛いという方もいるでしょう。これまでの精神的ストレスからそういう状況に陥ることもおかしくはありません。

また、辞めると伝えても全力で止められて、なかなか辞めることが難しい状況に陥ってしまう可能性も十分にあります。

もしなかなか辞めることができずに施工管理を続けていけば、いつか体や精神を壊す可能性が十分にあります。もし体や精神を壊しても会社は何の責任を取ってくれないでしょう。

もしそういった状況であれば退職代行サービスを利用することを検討しましょう。

退職代行サービスとは?

退職代行とは、何らかの理由や原因で労働者が企業に退職の意を伝えることができない、または退職させてもらえないといった時に労働者の代わりに退職の意思表示を行ってくれるサービスを指します。

退職代行サービスのメリット・デメリット

退職代行サービスはもともと弁護士が業務の一環で行っていたものをテレビで紹介されたことを機に全国に広まっていきました。退職代行を利用すれば、後は会社に行かずとも退職できるといったメリットがあります。

ただし、退職前に会社に無断・無連絡欠勤を繰り返しており、会社の出頭要請に応じなかった、や退職した場合に会社業務に具体的な支障を失い、その結果取引先を失うなどという実害が生じている場合は損害賠償を求められるリスクがあるので注意しましょう。そのため退職代行サービスを使うことで面倒なトラブルになる危険があることがデメリットとなります。

退職代行サービスの料金

退職代行サービスを利用した場合の料金について紹介しましょう。料金はサービス会社によってまちまちですが、およそ25,000~50,000円までが相場となっています。料金の差は弁護士事務所が行っている場合は高い傾向があり、民間企業が行っているものは比較的安い金額で依頼することができます。

また、もし退職代行がうまくいかなかった場合、全額返金サービスも行っているところもあるので、そのあたりを踏まえて探すといいでしょう。

まとめ

施工管理は業界きってのキツイ職業です。辛い、キツイと感じたのであれば、すぐ辞めることを検討しましょう。もし体を壊してしまえば、もし転職したくなっても100%の状態で仕事ができない可能性があります。

自分の人生の責任は自分で取るしかないものです。施工管理がどうしても無理だと感じたのであれば、すぐに辞めてしまい新たな転職先を見つけましょう。

施工管理のお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級の施工管理の専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

現在、施工管理を担える人材の不足が問題になっています。転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

施工管理技士の求人なら建職キャリア

 今回紹介するサイトは、日本最大級の建築・工事系転職支援サービス「建職キャリア」です。

全国の建設企業の施工管理技士向けの求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

施工管理の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

 

-施工管理
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.