施工管理

施工管理の経験を活かした転職先を探したいあなたへ。成功させるためのポイントや異業種へ転職する方法を紹介します

更新日:

「施工管理を辞めて転職したい」
「施工管理の経験を活かした転職先を見つけたい」
「施工管理から異業種の転職はできるの?」

こんな悩みや疑問を抱えていませんか?この記事では施工管理として今働いている会社を辞めて転職したい方にぴったりな内容となっています。

ここでは以下のことを紹介しています。

・転職先を探す際のポイント
・施工管理の経験を活かせる企業や業種
・転職を成功させるポイント
・異業種への転職を成功させるポイント
・おすすめの転職サイトや口コミサイト

今の会社を退職して転職したいと考えている方は、まずこの記事を読んでこれからの行動について参考にしてくださいね。

施工管理から転職先を探す際のポイント

施工管理の仕事は現場全体を見渡しながら職人に指示を与えたり、事故が起きないように工事が進んでいるのか安全チェックしたり、スケジュール通りに工事が進んでいるのかチェックしたり、予算内に工事が進んでいるのかお金の計算をしたりと幅広い仕事を行っています。

そのため、施工管理では建築に関する知識はもちろん、人の管理能力、危機管理能力、経費などの計算能力、先々を見越して予定を立てるタイムマネジメント能力などさまざまな能力を有しています。

せっかく転職するならこれまでの経験を活かした仕事であればあるほど、転職先で活躍しやすくなり、環境にもなじみやすくなるでしょう。そこで施工管理が転職先を見つける際のポイントについて次章から紹介していきましょう。

施工管理の経験を活かせる転職先

施工管理での経験を活かしたおすすめの転職先や業界、職種を紹介していきましょう。

不動産業界

不動産業界には2つのおすすめ業種があります。1つ目は不動産仲介会社での営業、2つ目は不動産開発業者です。

不動産仲介会社

不動産仲介会社とは、すでに完成しているマンションや家、ビルなどを販売する企業を指します。そこでそれらを販売する営業マンが施工管理のおすすめの転職先の1つとなります。

おすすめする理由は2つあります。1つは建物を売買する際には、その建物の良し悪しを正しく見極める目というものが必要です。これまで施工管理として数々の工事を担当した経験や勉強によって得た知識がここで活きてきます。知識や経験のあるものがいう言葉には説得力がついてきますからね。

2つ目はやればやるほど給料が上がるというところです。営業であるから給料は歩合制をとっています。成約件数が多ければ多いほど成果報酬が積み重なり給料が上がっていきます。施工管理は固定制であるため、仕事量が多くても給料には反映しないといった部分があるため、この部分がやりがいと感じるかもしれません。

しかし、営業にはノルマがあり、それが負担となるケースもあるでしょう。また、休日は土日ではなく平日であることが多いため、家庭持ちの方や土日休みが希望という方にはあまり向かない業種であります。

不動産開発業者

不動産開発業者とはデベロッパーとも呼ばれる業種です。ゼネコンと混同する方が多くいますが、ゼネコンは工事を担当するもの、デベロッパーは工事を行うまでの計画を作るものと考えると良いでしょう。

例えば駅前の再開発事業が立ち上がったとします。駅舎をビルし、オフィスや複合施設を中に作ります。駅前にはマンションやビルを建造して人や企業を誘致できるようにするとしましょう。その再開発事業のプランを計画し、工事を担当するゼネコンを指定するのがデベロッパーとなります。

デベロッパーのメリットは大きなプロジェクトの担当ができるため、やりがいを感じやすい点、基本的に土日が休日となり仮に土曜日が出勤となっても振替休日があるなど休日が安定してとれる点、業界自体が安定している点、福利厚生が整っている点、など働きやすい環境が整っているところです。

デメリットとしては、人気業種であるため、転職で入社することが難しいところです。また、一般的な転職サイトには掲載しておらず転職エージェントといった非公開求人で募集しているため、求人が簡単に見つからないといったところです。

tech企業

tech企業とは、建設業界にテクノロジーでサービスを提供する企業のことです。具体的に説明すると、管理業務をDX化したり、無人建設の実現化をサポートしたり、VRでの内覧を行えるようにしたり、AIでの査定を行ったりとさまざまです。

まだ日本ではあまりなじみがありませんが、アメリカではすでに広がっており今後日本でも大きく拡大していくと見込まれています。日本では施工管理アプリのANDPADが建設業界のテック企業として先駆けています。

テック企業はテレワークやフレックス勤務が当たり前となっているため、働きやすい環境を整っていることが多いです。まだまだ企業としても年数が浅いため、働く人たちも若い傾向にあり、今後もさらに若手を採用していくと見込まれています。

都市再生・再開発関係

都市再生・再開発関係の中に2つおすすめの業種があります。1つ目はゼネコンの営業、2つ目は都市再生機構職員です。

ゼネコンの営業職

ゼネコンの営業とはクライアントや得意先にヒアリングを行い、そこから得た情報をもとに案件を受注するための戦略や建設費用の見積もりなどを行う仕事となります。例えば得意先を訪問し、現在の建物に関する状況を聞き出します。移転を検討している建て替えを迷っているなどといったことです。

そこで得た情報を設計に共有し、建築のデザインやスケジュール、費用などを提案書として作成し、得意先に交渉します。

ゼネコンの営業職には建築や資材、施工方法などの知識が必要となるため、施工管理の経験を活かしやすい業種と言えます。大きなプロジェクトだと数億円の規模となるため、簡単に契約をとることは難しいですが、それだけやりがいのある仕事といえるでしょう。

基本的にBtoB(会社と会社)の仕事であるため、顧客が少なく他の会社との戦いに陥りやすくなります。どれだけ信頼を勝ち得るかで勝負が決まるため、高いコミュニケーション能力も必要となります。

仕事自体は大変ですが、ゼネコンの場合、高年収が期待できるため、安定した生活を手に入れたい人にはおすすめです。

都市再生機構職員

都市再生機構とはURで略称されるもので大都市や地方都市の市街地の整備や賃貸住宅の供給支援などを行う独立行政法人で国土交通省所管となります。。

そこで働く職員は、都市再生・住環境・災害復興の事業全体のまちづくり構想をはじめ、事業計画の立案や推進、事業に関するコストやスケジュール管理を行います。

都市再生機構は事務職と技術職に分かれており、技術職は工事を行う部門であるため、これまでの施工管理の経験を活かしやすい部署であるでしょう。

都市再生機構の給料水準は国家公務員よりも少し低いですが、それでも独立行政法人のなかでは高く、非管理職でも年収1,000万円以上獲得可能な職業です。

仕事量もあまり多くなく、残業時間は月に30時間程度と言われています。

公務員

各地方自治体は建築・土木工事業界で一定の経験を積んだものを土木部門や耐震工事、実行関連部署の公務員として中途採用を行っています。一般的な公務員の年齢制限は30歳までですが、技術職に関する公務員の年齢制限は自治体によって異なりますが、40代、50代でも採用しているところもあります。

公務員での施工管理の仕事は公共工事を発注し、管理する仕事となります。一般的な施工管理は受注した工事の管理となるため、この部分で大きく異なります。工事計画の策定や図面の確認、工事業者の契約などを行うため、施工管理の経験が大きく活きるでしょう。

公務員のメリットとしては終身雇用であること、転勤が少ない点、残業や休日出勤があまりなく体力面で楽であることです。民間企業の施工管理は全国各地の転勤があるため、今いるところに根付いて生活できるというのは魅力ですよね。

ただし、公務員は民間企業よりも給料水準が低いため、年収が下がってしまうデメリットがあります。

設備関係

施工管理のおすすめの転職先として設備関係では2つの業種があります。1つ目は住宅設備の営業職、2つ目は設備管理の会社です。

住宅設備・資材メーカー営業職

住宅設備・資材メーカーとは、住宅の新規建設やリフォームの工事で使用する資材やキッチン、水回りなどの設備を製造販売する会社です。その会社での営業職が施工管理のおすすめの転職先となります。

おすすめの理由としては、これまで施工管理として実際の工事で資材や設備を生の目で見て、施工しているのを見ているため、それぞれの資材の利点・欠点を熟知していること、設備の良し悪しを知っていることです。

他メーカーのものも熟知しているため、なぜ自社メーカーがいいのかを説得力をもっておすすめすることができます。

個人宅のリフォームなどでは提案から企画、施工までの手配を営業が行うため、工事の流れが頭に入っている施工管理の経験が活かせるでしょう。

ただし、設備の営業は毎日忙しいと言われています。獲得した営業先の施工管理をしつつも新規顧客の獲得を行わないといけません。基本的に飛び込み営業ではなく、ショールームなどでの営業となるため、待ちの営業となります。

会社に戻ってからはパソコンでの事務作業が待ち受けているため、楽な仕事とは言えません。しかし、お客様との距離が近い分、感謝や喜びを直接受けることができ、やりがいを感じやすい業種とも言えます。

設備管理

設備管理とは、ビルやマンション、公共施設などの設備を定期的に問題がないのか確認して適切な状態を維持・管理をする仕事です。ビルメン(ビルメンテナンス)とも呼ばれることもあります。

この設備とは、電気や空調、給排水などといったものでメンテナンスを行うこともあるため、実際の仕事を行うためには入社後に資格が必要となるケースがあります。大きな年収を得るためにはビル管理士や電気主任技術者やエネルギー管理士といったものが必要となるので最初のうちは年収が大きく下がってしまう恐れがあります。

仕事自体はルーティン化されていたり、あらかじめスケジュールが決まっていたりとするため、あまり残業のなく余裕をもって仕事を行うことができます。

大きな修復工事が必要な場合は外部委託を発注することがあります。この際に施工管理の経験が活きてくるでしょう。

改修ゼネコン

改修ゼネコンとは、マンションやアパート、ビルの改修工事を担当する会社です。特におすすめなのがマンション改修を専門としている会社です。

なぜならマンション改修というのは今後も需要が伸びていく企業だからです。施工管理と比べていくら仕事が楽でも需要のない企業では今後が心配ですよね。しかし、マンションは現在も増え続けており全国で約700万戸あります。その中で築30年以上のものは約130万戸あり、10年後には約2倍、20年後には約4倍になると見込まれています。

老朽化や資産価値などから改修工事は20年ごとに1度はしておいた方が良いといわれています。そのため、マンションの改修工事は今後も拡大していくと予想されています。

また、仕事量についても適量だといわれています。新しく建物を作るのではなく、防水工事や外壁工事、仮設施設の建設などがメインとなるため、工事の規模が小さく、工期の調整が行いやすいです。

施工主はマンションの管理組合が主となるので、よほど管理組合が面倒な人たちの集まりでない限り、余裕をもって工事にあたりやすくなります。

施工管理からの転職をうまく成功させるポイント

施工管理からのおすすめ転職先を紹介したところで、次は実際に転職を行う際に成功させるために注意しなければいけない点や押さえておくべきポイントについて3つ紹介していきましょう。

転職先に何を求めているのかを整理する

1つ目は転職先に何を求めているのかを自分の中で整理しておくことです。今の会社を退職する理由や次の転職先で何を望んでいるのかをきちんとはっきりさせておかないと転職先でうまくいかないことが多々あるでしょう。

自分の考えを整理する際に以下のことを参考にしてみてください

【退職理由】
・なぜ辞めたくなったのか?辞めたいと思うほどに何か嫌なこと、辛いことがあったのか?

・給料面や福利厚生に不満はあったのか?もし待遇面が良ければ辞めたいと思わなかったのか?

・辞めることに対して自分に原因があるのか?コミュニケーションが苦手や皆をまとめるのが苦手だなど。どういった業種なら自分にあっていそうなのか?

【転職先で希望していること】
・転職先の条件として、絶対に譲れないものはなにか考える。

(例:給料で30万円以上は欲しい。週休2日制は必要。風通しのよい社風で人間関係がいい。残業時間が月20時間以内。自分の資格を活かせる業務にあたることができる。など)

・上記の譲れないものと合わせて、次こそ辞めずに長期で働くためには何が必要なのかを考える。

・これは妥協してもよい、我慢できそうなポイントをまとめる。

退職理由と転職先での希望を3つほどまとめることができれば、これが転職先選びの基準となります。つまり、退職理由で辞めたくなった理由、なにが嫌だったのか、我慢できないことは何か?には当てはまらず、転職先で譲れないポイントと長期で働くために必要なことが当てはまる企業を探すようにすればいいのです。

もちろん上記のポイントを100%満たす企業というのはなかなか見つからないでしょう。そこで妥協してもよいポイントというのがここで響いてきます。もし妥協できそうなポイントが他にもありそうなら追加して自分に合う転職先を見つけ出すようにしましょう。

希望する転職先についての情報収集を幅広く行う

次に気を付けておくべきポイントとしては、希望する転職先の情報収集を幅広く行う、です。

もし自分の希望に合った企業が見つかったとしてもすぐに応募しれはいけません。これまで求人に書かれていることは本当?良いようにしか書いていないんじゃないの?と思ったことや聞いたことはありませんか?

実は求人広告を出している企業は自分たちで求人内容を考えずに媒体先の担当者に文章を書いてもらっていることがあります。風通しの良い企業です。社員は仲良しです。などといった文章は媒体先の担当者が適当に書いた言葉だったりします。

媒体先の担当者はある程度聞き取りを行ったあとに求人広告の文章を考えるため、100%嘘とはいいませんが、人が集まるように誇張して書くということは当たり前です。

また、過去に書いた求人内容をそのまま書いたりしているため、現在の状況とは違うようなことが書かれていたりもします。求人広告を鵜吞みにしてしまい入社してから後悔となったは遅いので、しっかりと自分で企業の情報収集を行うことが必要となります。

情報収集の方法としては、会社のHP、口コミサイトが一般的です。

会社のHPには社風や経営理念、売上高などが書かれています。会社によっては社員インタビューを掲載しているのでおおよその雰囲気などを知ることができるでしょう。

もっと深く知るためには実際に働いていた人の口コミが書かれている口コミサイトを見ると良いでしょう。おすすめの口コミサイトは

転職会議(https://jobtalk.jp/)
口コミ掲載企業が約19万とほとんどの企業の口コミが掲載されているサイト。口コミを見るためには無料会員登録が必要。求人の掲載もあるため、一石二鳥で転職先を探すことができる。

OpenWork(https://www.vorkers.com/)
企業評価を5点満点で表しています。待遇面、社員の士気、風通しのよさなど8個の項目に分けて評価しており、自分が重要としているものとマッチしやすくなっています。職種での平均年収が書かれているのも嬉しいポイント。

キャリコネ(https://careerconnection.jp/)
転職希望者の信頼度が高い、20~30代が注目している、人事担当者が注目している、の3つの部門でNo.1を獲得している口コミサイト。仕事のやりがい、給料の満足度、休日数の満足度など転職希望者が気になるポイントを6つにわけて点数化しています。

基本的な情報収集は上記の通りですが、もし転職先に知り合いが働いているのであれば知り合いに聞いてみる、企業が地域密着型といったものであれば地元の人に評判を聞いてみるといった方法もおすすめです。

必要があれば資格取得の準備をしておく

施工管理の経験が活かせるような職種の中には、採用の条件として特定の資格取得を設けていることがあります。

資格が必要のないところはたくさんありますが、希望する企業によっては最初から有資格者のみを採用としていることもたくさんあります。そうなった際には転職活動を行いながら資格取得のための勉強を始めなくてはいけません。

資格の取得は資格試験に合格する、講習を受けるなどさまざまありますが、試験や講習の頻度は少ないので、すぐに検索してタイミングを逃さないようにしましょう。

施工管理から全く違う異業種に転職したい場合

施工管理の経験を活かしたものではなく、全く異なる業種に転職したい方もいるでしょう。異業種に転職する場合は、一般的な転職活動をするだけではうまくいかないことが多々あります。そこで異業種への転職に対して押さえておくべきポイントを2つ紹介しましょう。

異業種の転職は30代まで

これまで全くの経験がない業種への転職は30代までと考えた方がよいでしょう。40代からでも異業種への転職は可能ですが、おすすめしません。なぜなら基本的に応募しても落ちるからです。

あなたが人事担当者なら未経験の方からの募集があったとしたら、まず最初に年齢を見ませんか?経験者であっても年齢は最初の方に見るでしょう。

それだけ年齢というのは誰もが気にしているところです。若いうちであれば未経験でもすぐに吸収して伸びてくれるだろうという希望があります。しかし、年齢を重ねたものは物覚えも良くない、動きが遅い、周りの人間が気を遣うなどデメリットがたくさんあります。

もちろん施工管理としての経験が全く役に立たない仕事というのはないでしょう。年齢を重ねたものの人格というのが役に立つこともあるでしょう。しかし、履歴書や面接といった少しの時間で人事担当者があなたの良さを深く知ることは難しいです。下手に経験を積んているからプライドがありそう、言うことを素直に聞いてくれなさそうといったイメージが先行しているのが一般的です。

異業種の中で人気のある企業や条件の良い企業であれば若い子もたくさん応募しているため、雇ってくれる可能性は低く、雇ってくれそうな企業は若い子が集まりにくい条件の悪いところが多いです

異業種への転職には転職エージェントがおすすめ

一般的な転職活動には、転職サイトを使う、ハローワークにいく、知人友人から紹介を受けるの3つでしょう。そしていい条件の企業が見つかれば履歴書の準備や面接の日程調整を自分で行っていくかと思います。

しかし、施工管理の仕事を行いながら企業の情報収集、自己分析を行い、履歴書の作成や面接の準備などを行うというのはなかなか大変なことです。

仕事は朝早くから夜遅くまで、休日も日曜のみといったというのが基本な施工管理にとってじっくり時間をかけて転職活動を行うのは難しいかと思います。また、初めて転職をするという方は慣れない作業に仕事以上に疲れてしまうといったこともあるでしょう。

そこで転職活動を行う際に活用してもらいたいのが転職エージェントというもので。

転職エージェントとは、「転職を希望しているもの」と「人材を探している企業」の間に立ってベストなマッチチングをサポートするサービスを指します。専任の担当者があなたの転職活動のサポートを行ってくれます。具体的なサポートとしては以下の通りです。

・プロのキャリアアドバイザーがあなたの職務経歴や希望条件から最適な求人を提案してくれる。
・相談方法は電話やチャットなど、どこでも気軽にできる。
・相談などを通じてあなたの強みや弱いところを見つけて最適なアドバイスを
れる。
・履歴書や職務経歴書など提出書類を一緒に考えてくれ、好印象を与えるようなものを一緒に作成してくれる。
・面接対策を行ってくれる。
・入社後のポジションや給料条件、入社日などの条件を企業との間に立って交渉してくれる。

このような転職活動のサポートを行ってくれるため、転職エージェントを利用することで以下のメリットを獲得できます。

・自分に希望条件、自分の能力に合った企業を自分で探すことなくプロが見つけてくれる。
・忙しいときでも相談はメールやチャットなどでできるため、時間がなくても転職活動を行いやすい。
・第三者が入ることで自分では気付かない自分の良いところを教えてくれる。
・未経験の業界でも自分が適性のある仕事が見つかりやすい。
・初めての転職活動でもスムーズに進められるように、そのときどきで進め方や成功のためのアドバイスをくれる。
・これまで経験があまりない面接や履歴書の部分の添削やアドバイスをくれる。

おすすめの転職エージェントを3つ紹介します。

リクルートエージェント(https://www.r-agent.com/)
転職実績No.1の転職エージェントです。10万件以上の非公開求人の応募や選考対策をプロのキャリアアドバイザーの元に進めていくことができます。取り扱っている企業も他業種となっているため、まだ具体的な転職先、業種が決まっていないかたに特におすすめです。

doda(https://doda.jp/consultant/)
大手企業から中小企業、ベンチャー企業まで幅広い企業を取り扱っています。dodaのみ掲載している企業もあり、掲載件数は業界1と言われています。各業界のプロが企業側に立ってアドバイスしてくれるため、自分に足りないもの、足りているものなどがわかります。

マイナビエージェント(https://mynavi-agent.jp/)
20代の転職希望者に最も信頼を集めている転職エージェントとして認定されています。担当者が親身になって丁寧にアドバイスしてくれるところが魅力の1つです。中小企業を中心に取り扱っており、スキルよりも人間性を重視した企業を紹介してくれるので未経験からでも応募しやすいです。

転職エージェントは転職活動をサポートするプロの会社なので、異業種への転職活動には特に助けになってくれます。不安のある方はぜひ活用することをお勧めします。

まとめ

施工管理として現場をまとめたり、建設に関する知識と経験を重ねたり、スケジュールを管理したりとさまざまな能力を身に着けてきたあなたなら転職もきっとスムーズにいくと思います。

全くの異業種であれば紹介した転職エージェントを活用して、自分の希望にあった職種や企業を見つけてもらうことができるかと思います。

転職にとって大切なことは真摯に取り組むことです。ただ今の会社を辞めたいから応募してきたような感じであればすぐに見抜かれます。

転職をうまく成功させるためにもマジメに転職活動に取り組み、本当に自分に合った会社を見つける努力が必要です。真摯に取り組めばきっと自分の希望する仕事が見つかるでしょう。

あなたの転職活動がうまくいくことを心から願っています。

施工管理のお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級の施工管理の専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

現在、施工管理を担える人材の不足が問題になっています。転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

施工管理技士の求人なら建職キャリア

 今回紹介するサイトは、日本最大級の建築・工事系転職支援サービス「建職キャリア」です。

全国の建設企業の施工管理技士向けの求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

施工管理の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

 

-施工管理
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.