工場

機械設計エンジニアを辞めたい人は悩みを整理|やるべき行動2選

更新日:

顎に手をおく男性

機械設計技術者を辞めたいと考えている人もいるのではないでしょうか。

辞めたい人の理由は主に7つです。機械設計技術者を辞めたいと思ったら、まず悩みを整理しましょう。

機械設計の仕事を辞めたい場合の取るべき行動は、別業界もしくは同業他社への転職です。

この記事では、機械設計技術者を辞めたい人の理由と整理してやるべき行動について紹介します。転職を検討している人は、最後までチェックしてみてください。

機械設計エンジニアを辞めたいと思ったら悩みを整理する

現場作業員

機械設計技術者を辞めたいと思ったら悩みを整理しましょう。具体的には、辞めたい理由・辞めた後にしたい仕事などを書き出すと、その後のアクションが取りやすいと言われています。

また、悩みを周囲に相談したり他の業界を見たりしてみると、心情を整理できるかもしれません。

機械設計エンジニアを辞めたいと思う理由|7選

工場で作業員が工程を確認している

機械設計技術者を辞めたいと思う理由は大きく分けて7つです。

  • 仕事へのモチベーションが低下している
  • 仕事量に対しての給料や待遇に不満がある
  • 自分の希望する仕事ができていない
  • 仕事が評価されず出世ができない
  • チームメンバーとの相性が悪い
  • ビジネスマンとしての成長を感じられない
  • 仕事に関する価値観が変わっている

それぞれの理由について解説します。

仕事へのモチベーションが低下している

機械設計技術者の業務は、責任が重く納期厳守が求められるため、プレッシャーを感じやすいと言われています。一方で、地味な作業も多い仕事です。緊迫した地味な作業が続くと、後に業務への意欲が低下するケースがあります。

業務へのモチベーションが低下すると、ミスが増えたり職場の人間関係が悪化したりするかもしれません。

仕事量に対しての給料や待遇に不満がある

機械設計技術者は、業務量に対しての給料や待遇に不満があるケースがあります。企業によっては、昇進や昇給の制度が明確に整理されていない場合があるかもしれません。

結果的に、所属している企業でのキャリアアップが難しいと感じてしまうことがあるようです。

自分の希望する仕事ができていない

自分が希望する業務ができていないと機械設計技術者を辞めたいと感じるケースがあります。

希望したプロジェクトに携われない状況が続くと、モチベーションの低下につながります。

さらに、自分のスキルや経験を活かせない職務ばかりだと、キャリアアップの機会を逃したと感じてしまうかもしれません。

仕事が評価されず出世ができない

機械設計技術者として取り組んできた職務が評価されず出世できない場合、辞めたいと感じてしまうケースがあります。

結果的に、モチベーションが低下し業務への意欲が無くなったり、自信を失い自分のスキルに疑問を感じるようになったりするかもしれません。

チームメンバーとの相性が悪い

機械設計技術者の業務は、周囲との協力が不可欠です。綿密なコミュニケーションが求められる中でチームメンバーとの相性が悪い場合、辞めたいと考えてしまう可能性があります。

結果的に、仕事に行くのが憂鬱になったりストレスを感じやすくなったりするかもしれません。

ビジネスマンとしての成長を感じられない

機械設計技術者がビジネスマンとしての成長を感じられない場合、辞めたいと考えてしまうケースがあります。実際に、地味な作業や繰り返し作業が多く、新しいことを学べる機会が少ないと感じてしまうケースがあるようです。

ビジネスマンとしての成長を感じられないと、将来のキャリアビジョンが形成しにくくなります。

結果的に、職務に対するマンネリを感じ、モチベーションが低下してしまうかもしれません。

仕事に関する価値観が変わっている

仕事に関する価値観が変わってくると、機械設計技術者を辞めたいと感じてしまう可能性があります。

たとえば、仕事よりもワークライフバランスを重視するようになったり、独立したいと思うようになったりするとモチベーションが上がらないかもしれません。

参考:「仕事を辞めたい!」と思ったときにできること | マイジョブ・カード

機械設計エンジニアを辞めたいときにやるべき2つの行動

転職を検討している人

機械設計技術者を辞めたいときに取るべき行動は主に2つです。

  • 機械設計エンジニアの仕事内容が向いていない場合は別業界へ転職する
  • 勤務先の環境があわないときは同業他社へ転職する

それぞれの行動について解説します。

機械設計エンジニアの仕事内容が向いていない場合は別業界へ転職する

機械設計技術者の業務内容が向いていない場合、別業界への転職がひとつの手段です。

別業界への転職は、新たなスキルや知識の習得ができたり、ワークライフバランスの改善につながったりする可能性があります。

一方で、別業界へ転職する場合、業界特有の知識やネットワークが不足している可能性があります。さらに、機械設計の業界は平均年収が高い傾向があるので、別業界への転職は年収ダウンになるかもしれません。

勤務先の環境があわないときは同業他社へ転職する

勤務先の環境があわないときは、同業他社への転職がひとつの手段です。

同業他社への転職は、既存の業界知識や経験を活かせます。したがって、新天地でもスムーズに適応できるでしょう。また、同業他社への転職は、既存のネットワークを活用できる利点もあります。

一方で、同じ業界での転職は、新たな刺激やチャレンジ性に欠けるかもしれません。

機械設計エンジニアを辞めたいと思う人におすすめの転職先|5選

IT業界で働く人

機械設計技術者を辞めたいと思う人におすすめの転職先は次の5つです。

  • 別会社の機械設計エンジニアとして転職する
  • 製造業の他部門へ転職する
  • 機械設計の知識を活かせるDX担当へ転職する
  • 機械設計の経験を活かしたコンサルティング企業へ転職する
  • 機械設計の知識を活かせるIT業界へ転職する

それぞれの転職先について解説します。

別会社の機械設計エンジニアとして転職する

別会社の機械設計技術者に転職した場合、過去の経験やスキルを活かせたり転職活動が比較的スムーズに進んだりするでしょう。

一方で、同じ仕事内容になる可能性が高く、人間関係や社風によっては転職前と労働環境がさほど変わらないかもしれません。

製造業の他部門へ転職する

製造業の他部門への転職も候補のひとつです。製造業の他部門の例は、生産管理・品質管理・営業・企画などが考えられます。

製造業の他部門への転職は、違った視点からものづくりに関われたり幅広い経験を積めたりするメリットがあります。一方で、機械設計のスキルや過去のキャリアを活かせない可能性がある点がデメリットです。

転職先の部門で求められるスキルを事前に調べておきましょう。

機械設計の知識を活かせるDX担当へ転職する

機械設計の知識を活かせるDX担当への転職もひとつの手段です。

DXとは、Digital Transformationの略で、デジタル技術を活用してビジネスモデルや業務プロセスを根本から変革する取り組みを指します。

DX担当への転職は、デジタル技術を活用した新しいものづくりに携われたり将来性のある分野で活躍できたりする点がメリットです。一方で、IT系の知識やスキルが求められます。

DX担当を目指す場合、転職前からITに関する知識を積極的に学んでおきましょう。

機械設計の経験を活かしたコンサルティング企業へ転職する

機械設計の経験を活かしたコンサルティング企業への転職もひとつの手段です。

コンサルティング企業への転職は、さまざまな業界の企業と関わり幅広い知識を身につけられたり独立を目指せたりする可能性があります。

一方で、コンサルティング業界はハードワークのケースが多く、ワークライフバランスが崩れやすいと言われています。

機械設計の知識を活かせるIT業界へ転職する

機械設計の知識を活かせるIT業界への転職もひとつの手段です。

たとえば、CAD(Computer Aided Engineering)・CAM(Computer Aided Manufacturing)メーカーやシミュレーションソフト開発会社などがあります。

機械設計の知識を活かせるIT業界への転職は、過去の経験が役立ちます。一方で、IT業界では、時代の変化にあわせたスキルアップが求められるでしょう。

機械設計エンジニアを辞めたい人に関するよくある質問

機械設計エンジニアとして奮闘する人

機械設計技術者を辞めたい人に関するよくある質問は次のとおりです。

  • 機械設計エンジニアは割にあわない仕事ですか?
  • 機械設計エンジニアは頭が悪い人は辞めた方が良いですか?
  • 機械設計エンジニアはどのような人に向いていますか?

それぞれについて解説します。

機械設計エンジニアは割にあわない仕事ですか?

令和4年賃金構造基本統計調査によると、機械設計技術者の平均年収は606.2万円です。また、月間の平均労働時間は165時間です。

したがって、年収と労働時間を踏まえると、割にあわない仕事とは感じないでしょう。一方で、企業によっては、残業が多いケースなどもあるようです。

参考:機械設計技術者 - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))

機械設計エンジニアは頭が悪い人は辞めた方が良いですか?

機械設計技術者への適性は頭の良し悪しでは判断できかねます。

学歴に関しては、高卒以上の人が活躍していると言われています。

ただし、高卒未満でも機械設計技術者として活躍できる可能性はあるでしょう。

参考:機械設計技術者 - 職業詳細 | job tag(職業情報提供サイト(日本版O-NET))

機械設計エンジニアはどのような人に向いていますか?

機械設計技術者に向いている人の特徴は次のとおりです。

  • 探求心がある人
  • 機械やものづくりが好きな人
  • 新たな技術を積極的に学べる人
  • PC操作に慣れている人
  • 細かい作業や繰り返し作業が得意な人

まとめ:機械設計の仕事を辞めたい人は転職エージェントの利用がおすすめ

クリップボードを持つ技術者

今回は、機械設計技術者を辞めたい人の理由と整理してやるべき行動について解説しました。

機械設計技術者を辞めたい人の理由は主に7つです。

  • 仕事へのモチベーションが低下している
  • 仕事量に対しての給料や待遇に不満がある
  • 自分の希望する仕事ができていない
  • 仕事が評価されず出世ができない
  • チームメンバーとの相性が悪い
  • ビジネスマンとしての成長を感じられない
  • 仕事に関する価値観が変わっている

機械設計の仕事を辞めたい場合の行動は、別業界もしくは同業他社への転職です。また、転職を検討する際は、エージェントを活用しましょう。

「メーカーキャリア」は、製造職の採用に特化した転職エージェントです。月間利用ユーザー数は100万人を超えています。全国で6,000以上の非公開求人も保有しており、多くの求人紹介が可能です。

機械設計の仕事を辞めたい人は、「メーカーキャリア」を活用して転職活動してみてはいかがでしょうか。

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


公式SNS

-工場
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.