工場

【業界別】サービスエンジニアがきついと言われる理由まとめ

投稿日:

顎に手をおく男性

サービスエンジニアがきついと言われている理由を知りたい人もいるのではないでしょうか。

サービスエンジニアがきついと感じる状況は業界によって異なるようですが、工作機械の業界では、力仕事が多く体力的にきついと言われることも多いようです。

この記事では、サービスエンジニアがきついと言われる理由を【業界別】に紹介します。これからサービスエンジニアへの転職を考えている人は、チェックしてみてください。

サービスエンジニアがきついと感じる状況は参入する業界により異なる

工場で作業員が工程を確認している

サービスエンジニアの仕事は、クライアントの設備や機械のメンテナンスを担当する専門職です。しかし、サービスエンジニアの厳しさや大変さは業界や個人の状況によって異なります。

実際、参入する業界によって、プレッシャーの大きさや労働時間、必要なスキルなどが異なります。たとえば、責任の重い業界でサービスエンジニアとして働く場合、プレッシャーを感じて、「つらい」と感じるかもしれません。

サービスエンジニアに就職する際は、業界動向をチェックしておきましょう。

工作機械のサービスエンジニアがきついと言われる3つの理由

サービスエンジニアとして働く人

工作機械のサービスエンジニアがきついと言われる理由は主に3つです。

  • 作業によっては体力的にきついと感じる
  • 顧客からクレームを受けたときは精神的にきついと感じる
  • 機械製品についてうまく説明できないとモチベーションが落ちる

それぞれの理由について解説します。

作業によっては体力的にきついと感じる

工作機械は大型で重量がある場合が多く、設置や修理に力仕事が伴います。また、機械の故障箇所によっては、狭い場所や高所での作業が求められます。

さらに、急を要するトラブル対応の場合には、長時間の作業を強いられることも少なくありません。

顧客からクレームを受けたときは精神的にきついと感じる

工作機械は企業の生産活動で重要な役割を担っており、故障によって大きな損失が発生する可能性があります。したがって、顧客はサービスエンジニアに対して迅速な対応と完璧な修理を期待します。

一方で、必ずしもすべてのトラブルをすぐに解決できるわけではなく、顧客から厳しいクレームを受けることも少なくありません。加えて、納期に間に合わなかったり修理費用が高額になったりした場合には、より大きなプレッシャーがかかるでしょう。

機械製品についてうまく説明できないとモチベーションが落ちる

工作機械は高度な技術で作られており、構造や機能は複雑です。その結果、顧客に対して機械の仕組みや操作方法をわかりやすく説明する必要があります。

しかし、専門知識が十分でなかったりコミュニケーション能力が低かったりする場合、機械製品について顧客にうまく説明できない可能性があります。結果的に、モチベーションが低下してしまうかもしれません。

医療機器のサービスエンジニアがきついと言われる理由|3選

深夜対応するサービスエンジニア

医療機器のサービスエンジニアがきついと言われる理由は主に3つです。

  • 「深夜・早朝」でも緊急対応しないといけない
  • 故障時に医療従事者からのプレッシャーがきつい
  • 仕事の大変さに比べて収入が低い

それぞれの理由について解説します。

「深夜・早朝」でも緊急対応しないといけない

医療機器は、患者の生命維持や治療に直接関わる重要な役割を担っています。したがって、たとえ深夜・早朝でも、機器の故障が発生すればすぐに駆けつけ、対応しなければなりません。

単に医療機器を修理するだけでなく、患者の安全を確保する重大な責任を伴っています。

たとえば、集中治療室で使用されている人工呼吸器が故障した場合、一刻も早く復旧しなければ、患者が命を落としてしまうかもしれません。

緊急事態に、迅速かつ的確に対応できる能力が医療機器のサービスエンジニアには求められます。

故障時に医療従事者からのプレッシャーがきつい

医療機器が故障すると、現場は大混乱に陥ります。特に、手術中や緊急治療中に機器が故障した場合、患者の生命に関わる事態に発展してしまうかもしれません。

したがって、医療従事者は強いプレッシャーを感じています。その結果、医療従事者のプレッシャーをサービスエンジニアにぶつけることもあるようです。

医療機器のサービスエンジニアは、プレッシャーに負けずに冷静かつ迅速に対応する必要があります。また、医療従事者の立場に理解を示し、丁寧なコミュニケーションを心がけましょう。

仕事の大変さに比べて収入が低い

医療機器のサービスエンジニアは、肉体的にも精神的にも負担が大きい割に、収入が高いわけではないと言われています。

一方で、医療機器のサービスエンジニアはやりがいのある仕事です。自分が保守に関わった医療機器で患者の命が救われた際などは強いやりがいを感じるでしょう。

サービスエンジニアの魅力|3選

2人の作業員が話し合う様子

サービスエンジニアは責任が重く、体力的にも精神的にも負担を感じる仕事と言われています。一方で、やりがいのある仕事です。サービスエンジニアの魅力は主に3つです。

  • 未経験から挑戦しやすい
  • 社会を支える仕事になる
  • 自分の裁量で仕事ができる

それぞれの魅力について解説します。

未経験から挑戦しやすい

サービスエンジニアの仕事は、IT系の専門知識や資格がない未経験からでも挑戦できます。

実際に、近年では未経験者を積極的に採用している企業も増えているようです。また、人材育成の方法にOJTを採用しているケースが多いと言われています。

OJTとは、On the Job Trainingの略語で、職場内で先輩から指導を受けながら業務に必要な知識やスキルを身につけていく人材育成の方法です。

社会を支える仕事になる

サービスエンジニアは、企業や公共機関が利用する情報システムやインフラ設備の保守・メンテナンス、修理などを担当しています。

企業や公共機関のシステムや設備は、日常生活や社会活動に欠かせません。サービスエンジニアは、システムや設備の安定稼働を支えて、社会の重要な役割を担っています。

自分の裁量で仕事ができる

サービスエンジニアは、現場で顧客と直接対話しながら、問題解決に向けて主体的に行動する仕事です。したがって、与えられた指示に従って作業するのではなく、自分で判断して行動する裁量権が大きく与えられています。

さらに、経験を積むことで、問題解決方法を独自に検討・提案できたり新しいサービスやソリューションを企画提案できたりするでしょう。

サービスエンジニアへの転職を失敗させないためのコツ|3選

クリップボードを持つ技術者

サービスエンジニアへの転職を失敗しないためのコツは主に3つです。

  • 「医療・工業」など自分にあう業界を選択する
  • 担当エリアが広すぎないか確認する
  • 満足する福利厚生になっているか確認する

それぞれのコツについて解説します。

「医療・工業」など自分にあう業界を選択する

サービスエンジニアは、さまざまな業界で必要とされる職種です。たとえば、医療機器メーカー・IT企業・建設会社など、幅広い業界で活躍できます。

転職活動では、自分が興味や培ってきた経験のある業界を絞り込みましょう。加えて、絞り込みの際には、業界特有のつらさなども踏まえて検討するのも一つの方法です。

たとえば、「工作機械の業界は大型で重量がある場合が多く体力仕事」などです。

担当エリアが広すぎないか確認する

サービスエンジニアの仕事は、顧客先に出張して機器の設置や保守です。したがって、担当エリアが広すぎると、移動時間や宿泊費がかさむだけでなく、仕事とプライベートの両立が難しくなる可能性があります。

転職活動では、求人情報に記載されている担当エリアをよく確認しましょう。

また、勤務時間や休日出勤の有無なども確認しておきましょう。サービスエンジニアは、夜勤や早朝勤務、さらには休日出勤しなければならないケースもあると言われています。自分のライフスタイルに合った勤務条件の求人を探しましょう。

満足する福利厚生になっているか確認する

サービスエンジニアの仕事は、肉体的にも精神的にも負担が大きい仕事です。したがって、サービスエンジニアは年収以外にも充実した福利厚生を求めたくなる傾向があります。

たとえば、住宅手当・家族手当・残業代などです。転職候補先の企業の福利厚生が充実しているか確認しましょう。

サービスエンジニアへの転職が不安ならエージェントの活用がおすすめ

サービスエンジニアへの転職を検討する人

サービスエンジニアへの転職が不安な場合は、エージェントの活用がおすすめです。

また、サービスエンジニアの業界に特化した転職エージェントは、豊富な求人情報と知見を活かして未経験者でも幅広く対応しています。

したがって、未経験からサービスエンジニアに挑戦したい場合は、特化型エージェントを利用しましょう。

サービスエンジニアの業界に詳しい転職エージェントの場合、未経験者向けの求人を持っていたり応募書類の添削や面接対策をしてくれたりします。

弊社では、製造職の採用に特化した転職エージェント「メーカーキャリア」を運営しています。月間利用ユーザー数は100万人を超えており、全国で6,000以上の非公開求人も保有しているため、多くの求人紹介が可能です。

無料でご希望に合う求人のご紹介や転職サポートも行っています。

製造職の転職をご希望の方はこちらをご確認ください。

サービスエンジニアきついに関するよくある質問

サービスエンジニアに転職した人

サービスエンジニアに関するよくある質問は次のとおりです。

  • サービスエンジニアの離職率はどの程度ですか?
  • サービスエンジニアの給料は高いですか?
  • サービスエンジニアには将来性がありますか?

それぞれについて解説します。

サービスエンジニアの離職率はどの程度ですか?

サービスエンジニアの離職率は明確に算出されていませんが、他と比較して高い傾向があると言われています。

令和4年雇用動向調査によると、日本全体の離職率は15.0%です。したがって、サービスエンジニアの離職率は15.0%以上でしょう。

参考:-令和4年雇用動向調査結果の概況-|厚生労働省

サービスエンジニアの給料は高いですか?

サービスエンジニアの平均年収は、求人ボックスによると2024年3月25日時点で、504万円です。一方で、令和4年分の民間給与実態調査によると、日本の給与所得者全体の平均年収は458万円です。

したがって、サービスエンジニアの平均年収は全体と比較して高い傾向があります。

参考:求人ボックス
参考:令和4年分 民間給与実態統計調査|国税庁

サービスエンジニアには将来性がありますか?

サービスエンジニアの将来性は、十分にあるでしょう。

経済産業省の資料によると、2030年までにサービスエンジニアの人材は40万人から80万人ほど不足すると言われています。

参考:参考資料 (IT人材育成の状況等について)|経済産業省 商務情報政策局 情報処理振興課

サービスエンジニアきついに関するまとめ

キャリアのあるサービスエンジニア

今回は、サービスエンジニアがきついと言われる理由を業界別に紹介しました。

工作機械のサービスエンジニアがきついと言われる理由は3つです。

  • 作業によっては体力的にきついと感じる
  • 顧客からクレームを受けたときは精神的にきついと感じる
  • 機械製品についてうまく説明できないとモチベーションが落ちる

また、医療機器のサービスエンジニアがきついと言われる理由は次のとおりです。

  • 「深夜・早朝」でも緊急対応しないといけない
  • 故障時に医療従事者からのプレッシャーがきつい
  • 仕事の大変さに比べて収入が低い

それでも、サービスエンジニアの仕事は社会を支えていたり裁量権があったりとやりがいがあります。
これからサービスエンジニアへの転職を検討しているのであれば、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。「メーカーキャリア」であれば、製造職の採用に特化した転職エージェントのため、多くの求人紹介が可能です。

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


公式SNS

-工場
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.