工場

サービスエンジニアが「辞めたい」と思う理由とその対処法

更新日:

顎に手を置いて悩む人

サービスエンジニアの中には、「つらい」「辞めたい」などと感じている人もいるでしょう。また、周囲のサービスエンジニアがなぜ辞めたいのか気になっている人もいるのではないでしょうか。

実際、過密な業務スケジュール・体力消耗・専門知識の必要性・トラブル対応の多さなどが理由でサービスエンジニアを辞めたいと考えている人は一定存在するようです。

この記事では、サービスエンジニアが「辞めたい」と思う理由や対処法について解説します。サービスエンジニアで「辞めたい」と感じている人は、ぜひ参考にしてください。

サービスエンジニアが「辞めたい」と思う理由

現場作業員が会話する様子

サービスエンジニアはやりがいのある仕事が多く、技術力や知識を身につけられるメリットがあります。一方で、サービスエンジニアを「辞めたい」と考える人もいるようです。

サービスエンジニアを「辞めたい」と思う理由は次のとおりです。

  • 多忙だから
  • 体力を使うから
  • 製品に関する深い知識が必要だから
  • トラブルが多いから
  • 日々勉強が必要だから
  • 生活が不規則になりがちだから

それぞれの理由について解説します。

多忙だから

サービスエンジニアは、顧客からの問い合わせ対応・現場での設置・メンテナンス・修理・報告書作成など、多くのタスクを担っています。したがって、多忙を極めて「辞めたい」と感じるケースがあるようです。

特に繁忙期は、残業や休日出勤が増えて、ワークライフバランスが崩れやすくなります。時間に追われる状況は、心身ともに大きなストレスとなり、退職を考える理由のひとつとなり得るでしょう。

体力を使うから

サービスエンジニアの仕事は、設置や修理作業などの肉体労働が多く体力を使います。特に、大型機器の保守や重い部品の運搬などは力仕事です。

その結果、サービスエンジニアは体力面を踏まえて「辞めたい」と感じるケースがあるようです。また、年齢とともに体力的な負担が大きくなり、続けられなくなるケースもあります。

製品に関する深い知識が必要だから

サービスエンジニアは、顧客が利用する製品に関する深い知識が求められます。新製品が出ると、常に新しい知識を習得しなければならず、勉強に追われる可能性があります。

また、製品に関する深い知識を持ち合わせていなければ、クレームに発展しかねません。その結果、サービスエンジニアは仕事でつらさを感じて「辞めたい」と感じるケースがあるようです。

サービスエンジニアの業界は、専門性の高い知識が求められます。学習意欲や忍耐力がなければ、長期的なキャリアを積むのは困難でしょう。

トラブルが多いから

サービスエンジニアは、トラブル対応に追われるケースも少なくありません。たとえば、機械の故障や設定ミスなどの問題が発生した場合、迅速かつ的確な対応が求められます。

トラブル対応の多さは、ワークライフバランスが崩れるきっかけにもつながります。その結果、サービスエンジニアを「辞めたい」と感じるケースがあるようです。

また、顧客からのクレームや理不尽な要求に精神的に追い詰められるケースもあり、トラブルの多さは退職を考える要因と言われています。

日々勉強が必要だから

情報技術の発展により、サービスエンジニアが取り扱う製品も日々変化しています。したがって、最新の技術や知識を常に習得し続ける必要があり、勉強に追われるケースも少なくありません。

その結果、休日も仕事が頭から離れず、サービスエンジニアを「辞めたい」と考えるケースがあるようです。

勉強や新しいことへの挑戦が苦手な人にとっては、負担が大きくなり、退職を考える理由となり得るでしょう。

生活が不規則になりがちだから

サービスエンジニアは顧客の緊急事態に対応するため、夜勤や早朝勤務、休日出勤などの不規則な勤務形態になるケースが少なくありません。

加えて、顧客の所在地によっては出張が必要になる場合もあり、プライベートな時間が確保しにくい可能性もあると言われています。その結果、サービスエンジニアは「辞めたい」と感じるケースがあるようです。

不規則な勤務形態は生活リズムが乱れ体調を崩してしまうケースもあり、退職を考える理由となり得ます。

サービスエンジニアを辞めたいときの対処法

2人の作業員が立っている様子

サービスエンジニアを辞めたいときの対処法は主に3つです。

  • 担当を変えてもらう
  • 部署を変えてもらう
  • 転職する

それぞれの対処法について解説します。

担当を変えてもらう

サービスエンジニアを辞めたいときに、担当を変更してもらうのはひとつの対処法です。現在の担当先を変更してもらえると、トラブルが少なくなったり不規則な生活から脱却できたりする可能性があります。

また、担当変更は、転職ほどの負担が少なかったり、所属部署での経験を活かせたりするメリットがあります。

一方で、担当変更を依頼しても、希望に沿った対応をしてもらえなかったり根本的な問題が解決されなかったりするかもしれません。

担当変更の依頼時は、上司に相談し明確な希望を伝えましょう。

部署を変えてもらう

サービスエンジニアを辞めたいときに、別の部署に異動させてもらうのも対処法のひとつです。部署異動により、まったく新しい仕事に挑戦できたり人間関係をリセットできたりします。

また、場合によっては違う職種の仕事を経験できるかもしれません。

一方で、部署異動の希望は通らない可能性もあります。また、過去の経験やスキルが活かせない場合もあるでしょう。加えて、新たなスキルを習得するための勉強が求められます。

部署異動を依頼する際は、上司に相談し明確な希望を伝えましょう。また、社内の人事異動制度を活用できると、実現できる可能性が高まるかもしれません。

転職する

サービスエンジニアを辞めたいときには、別の会社への転職も対処法のひとつです。転職により、職場環境・仕事内容・年収などを大きく変えられます。

転職を選択した場合、担当変更や部署異動と異なり、希望に合った職場環境や仕事内容を選べたり年収アップが期待できたりする可能性が高くなります。さらに、新しいスキルや経験の積み上げにつながるでしょう。

一方で、転職活動に時間がかかったり内定を得られるとは限らなかったりする点はデメリットです。

転職活動を成功させるためには、エージェントを最大限に活用しましょう。求人の紹介だけでなく、書類選考や面接対策のサービスも受けられるケースが一般的です。

弊社が運営する「メーカーキャリア」では、製造食に特化して希望に合う求人の紹介から、履歴書作成のサポートなどを無料で行います。面接日程の調整など、手間がかかる企業とのやり取りも仲介しますので、働きながらの転職活動も安心して進めることができます。

>「メーカーキャリア」転職活動のサポートをご希望の方はこちら

サービスエンジニアに向いている人

パソコンで調べ物をする様子

サービスエンジニアに向いている人の特徴は次のとおりです。

  • コミュニケーションが苦ではない人
  • 機械を扱うのが好きな人
  • 複数の現場で働きたい人
  • 語学に長けている人

それぞれの特徴について解説します。

コミュニケーションが苦ではない人

サービスエンジニアは、顧客と直接やり取りするケースの多い職業です。したがって、サービスエンジニアには、コミュニケーション能力が求められます。

具体的に、サービスエンジニアは顧客のニーズを正確に把握し分かりやすく説明するだけでなく、冷静にトラブル対応しなければなりません。

一方で、対人コミュニケーションに精神的な負荷を感じる人は、サービスエンジニアに向いていない可能性があります。

機械を扱うのが好きな人

サービスエンジニアの仕事は、ハードウェアやソフトウェアのトラブルシューティングやメンテナンスなどです。したがって、サービスエンジニアは常に機械を取り扱っています。

機械を取り扱うのが好きな人は、サービスエンジニアに向いている可能性があります。

また、機械の構造や動作原理を理解した上での問題解決能力も持ち合わせているとよいでしょう。そのためには、新しい技術に興味を持ち、学ぶ姿勢が求められます。

複数の現場で働きたい人

サービスエンジニアの業務は、さまざまな場所に出張し、顧客のもとで作業するケースが多くあります。したがって、デスクワークが好きでなく、さまざまな現場で働きたいと考えている人には適しているかもしれません。

複数の現場で働くサービスエンジニアにとって、新しい環境にすぐに適応できたり状況に合わせて動けたりする能力は必要不可欠です。

語学に長けている人

近年、どのような業界でもグローバル化が進んでいます。したがって、顧客が外国の企業や担当者のケースがあります。サービスエンジニアが語学に長けていると、顧客とのコミュニケーションをスムーズに取れるでしょう。

また、語学に長けていると、異国の文化を理解しやすいと言われています。その結果、語学に長けているサービスエンジニアは、顧客のバックボーンに合わせたコミュニケーションが図れるかもしれません。

サービスエンジニアとして働く魅力

サラリーマンがほほ笑む様子

サービスエンジニアとして働く魅力は次のとおりです。

  • 直接感謝の声を聞ける
  • 自由度が高い
  • 新しい出会いや刺激がある

それぞれの魅力について解説します。

直接感謝の声を聞ける

サービスエンジニアの仕事で最も大きな魅力のひとつは、顧客から直接感謝の言葉をもらえる点です。顧客の大切な機器やシステムがトラブルで止まってしまい、業務に支障が出ている状況を、迅速かつ丁寧に問題を解決できると感謝の言葉を頂けます。

デスクワークなどの場合、顧客から直接感謝の声を聞けるケースは多くありません。

顧客からの直接感謝の声を聞けることが、サービスエンジニアにとって仕事を頑張る大きなモチベーションとなります。その結果、さらなる技術力やサービス品質向上への意欲を高められるでしょう。

自由度が高い

サービスエンジニアの業務は、基本的に顧客先への出張が多くを占めています。したがって、時間や場所にとらわれずに仕事を進められます。

緊急対応や報告・連絡・相談の必要が生じる場合もありますが、比較的自由度の高い働き方が可能と言えるでしょう。

実際に、企業によっては、現場に出勤して、事務所に戻らずそのまま退勤を許可しているケースが少なくないようです。その結果、比較的、自分のスケジュールで日々の仕事を進められるでしょう。

新しい出会いや刺激がある

サービスエンジニアは、日々、さまざまな業種・業態の顧客と接します。その結果、幅広い人脈を築けて刺激があります。また、異なる業界の機器やシステムの取り扱いは、幅広い知識やスキルの向上につながるでしょう。

さらに、出張勤務の場合は、普段とは違うエリアで仕事をするため、新しい刺激を受けられます。仕事を通して、各地のグルメを楽しめる可能性もあるでしょう。

サービスエンジニアが「辞めたい」と思う理由についてのまとめ

デスクワークをする様子

今回は、サービスエンジニアが「辞めたい」と思う理由と対処法について解説しました。

サービスエンジニアが「辞めたい」と思う主な理由は次のとおりです。

  • 多忙だから
  • 体力を使うから
  • 製品に関する深い知識が必要だから
  • トラブルが多いから
  • 日々勉強が必要だから
  • 生活が不規則になりがちだから

また、サービスエンジニアを辞めたいと感じたときの主な対処法は次のとおりです。

  • 担当を変えてもらう
  • 部署を変えてもらう
  • 転職する

特に、転職する場合、担当変更や部署異動と異なり、希望に合った職場環境や仕事内容を選べるメリットがあります。転職を検討する際は、エージェントの活用がおすすめです。

サービスエンジニアで転職を検討している人は、エージェントに相談してみてはいかがでしょうか。

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


公式SNS

-工場
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.