タクシー

タクシーに赤ちゃんと乗車するときはチャイルドシートの着用が必要?

更新日:

道路交通法では6歳未満の子どもはチャイルドシートの装着が義務付けられています。しかし、タクシーの場合はチャイルドシートが必要なのでしょうか?

ここでは赤ちゃんや幼児とタクシーに乗る際にチャイルドシートの必要があるのか?赤ちゃんと乗車する際の注意点などを詳しく紹介しています。

また、子ども専用のタクシー、キッズタクシーについても解説しています。子どもとタクシーに乗る機会がある方はぜひ最後まで読み進めてくださいね。

赤ちゃんとタクシーに乗る場合、チャイルドシートは必要?

産婦人科病院への行き来やお出かけの際にタクシーを利用する方もいるかと思います。赤ちゃんをタクシーに乗せるときにチャイルドシートの装着が必要なのでしょうか?

結論から言うと、必ずしも装着の必要はなく免除される場合があります。

チャイルドシートの免除される条件

本来6歳未満の幼児を車に乗せるときはチャイルドシートの装着が道路交通法で定められています。しかし、同じく道路交通法においてチャイルドシートの使用義務が免除される条件があります。いくつか例を紹介すると

・構造上チャイルドシートが固定できない場合
・幼児がケガや病気をしており、チャイルドシートの利用がかえって健康上良くない時
・おむつ交換や授乳時にチャイルドシートを利用したままだとできない場合
・バスやタクシーに乗車させるとき

4つ目にあるようにバスやタクシーのような旅客業においてチャイルドシートの着用義務は免除されています。

なぜ免除されるの?

バスやタクシーが免除されている理由は主にチャイルドシートの特徴によります。チャイルドシートは大きく分けて3種類に分かれています。乳幼児用、幼児用、学童用と成長に合わせたサイズがあります。

これら3種類を常に装備する、またはトランクに入れておくことは現実的ではないため、免除されるのです。

赤ちゃんとタクシーに乗車する際の注意点

赤ちゃんをタクシーに乗せる際にチャイルドシートの装着は義務ではありません。しかし、チャイルドシートがないと不安に感じる方もいるでしょう。

そこでタクシーに乗る際に注意することを紹介していきましょう。

シートベルトは装着しない

赤ちゃんをシートベルトに固定することはやめてください。衝突事故に合った際や急ブレーキなどを踏んだ際に体がグイっと前に押されるため、まだ体の成長が未発達な乳幼児には負担が大きすぎます。子どもがまだ小さいうちはシートベルトを装着させないようにしましょう。

スリングや抱っこ紐を活用する

赤ちゃんと乗車するときは大人がシートベルトを装着し、赤ちゃんはスリングや抱っこひもを使うようにしましょう。万が一事故が起きても大人はシートベルトで守られ、赤ちゃんはスリングや抱っこひもで守られます。

こまめに休憩をとってもらう

長時間の移動の場合、赤ちゃんへの負担は大きくなります。気分が悪くなったり、お腹がすいたりしてぐずり出す可能性があるので、途中で休憩を入れてもらうようあらかじめお願いしておきましょう。

あらかじめ伝えておくと目的地までの途中でパーキングエリアやコンビニなどの休憩地点を探してくれるでしょう。

チャイルドシートの利用をしたい場合

抱っこひもやスリングでは不安という方やチャイルドシートを利用してタクシーに乗りたい方もいるでしょう。いくら義務ではないとはいえ、できる限りチャイルドシートを利用した方がいいと思います。

チャイルドシートは自分で準備する場合とタクシー会社に準備してもらう場合の2通りあります。それぞれの注意点などを紹介していきましょう。

自分で準備する場合

自分が所有するチャイルドシートをタクシーに装着してもらうことが可能です。ただし、どうやって持ち運びするの?と不思議に思った方もいるかもしれません。

チャイルドシートの中にはお出かけにも便利なタイプが登場しています。軽量でそのまま持ち運びできるものから折りたためるもの、キャリー式のものまでさまざまあります。

自前のものならいつでも気軽にタクシーを呼べるので便利です。ただし、運転手によってはチャイルドシートの装着方法がわからない場合があります。自分で固定する方法を知っておくか、乗車前に聞くかのどちらかの対応が必要です。

タクシー会社に準備してもらう場合

多くのタクシー会社はチャイルドシートを準備しています。流しのタクシーは準備されていませんが、基本的には営業所に置いています。事前に予約をしておけばチャイルドシートを搭載したタクシーを用意してくれるので先に連絡しておきましょう。

予約には電話もいいですが、最近はタクシーアプリを利用することもおすすめです。スマホの操作だけで予約から目的地の設定まででき、料金はアプリで決済できるので便利ですよ。

子どもの送迎に特化したキッズタクシーが便利

タクシー会社の中には子どもの送迎に特化したキッズタクシーというサービスを展開しています。新生児の退院の際や塾や習い事の送迎、里帰りの際の長時間走行、子どもの一人旅の際などで利用されています。

キッズタクシーの特徴

キッズタクシーは名前の通り、子どもを乗車させることを前提にしています。そのため、子どもの成長に合わせたチャイルドシートの装着はもちろん、子どもの相手に慣れた運転手が送迎してくれます。

大人の乗車が必須ではないため、子どもだけで乗車することも可能です。キッズタクシーのサービスを行う会社は、安全運転やサービスの質を問うテストに合格したもののみを専属ドライバーとしているため、技術の高い運転手が派遣されます。

また、会社によっては運転手に小児救急講習(MFA)を獲得させているため、万が一の時でも安心です。

どういうときに利用される?

キッズタクシーの利用で特に多いのは産後退院時です。自分の家や実家などに帰省する際に車がない方やチャイルドシートがない方、産まれて間もない赤ちゃんを連れての長距離の移動が不安という方が利用しています。

キッズタクシーであれば、途中パーキングエリアによって授乳やおむつ交換などができるため、自由度や安心感が違います。

あとは塾の送迎でキッズタクシーを利用する方が多いです。

キッズタクシーの料金設定

キッズタクシーの料金設定は距離ではなく時間制で設定しているところが多いです。例として日本交通の料金を紹介しましょう。

最初の1時間:5,340円(運賃4,700円+キッズチャージ640円)

追加料金:30分毎に2,470円(運賃2,150円+キッズチャージ320円)

※ただし、14.5㎞を超える場合はメーター制料金となります。

まとめ

タクシーの場合、チャイルドシートの着用は義務ではないことがわかりました。しかし、義務ではないとはいえ安全上装着している方が安心かと思います。

赤ちゃんや幼児とタクシーに乗る際はあらかじめ予約しておくか、キッズタクシーを利用するようにしましょう。

タクシードライバーのお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級のタクシードライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国のタクシー会社の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-タクシー
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.