タクシー

福祉タクシーとは?介護タクシーとの違いについても詳しく解説します!

更新日:

福祉タクシーとは、足が不自由で歩行が困難な方、歩行に不安を抱えた方向けのタクシーです。主に車いすに乗った方を対象にしているため、リフトやスロープがついたミニバンタイプのタクシーが利用されます。また、助手席が90度回転するものなど利用者の負担を最小限にするための配慮がもたされています。

福祉タクシーと介護タクシーの違い

よく福祉タクシーと介護タクシーを混同する方がいます。この2つは明確に異なるので注意が必要です。

介護タクシーとは介護保険1以上の日常的に介護が必要な人向けのタクシーで、介護士関連の資格を持つ運転手が派遣されます。車いすのまま乗降できる点は福祉タクシーと同じですが、乗降時のサポートを行っている点で異なります。

福祉タクシーの運転手は介護士関連の資格を所有していないため、乗降時のサポートを行ってはいけないとされています。そのため、基本的に誰かしら付き添いが必要となります。

介護タクシーは介護保険が利用できますが、福祉タクシーは利用できません。そのため、要介護者がタクシーを利用するときは介護保険が適用される場合とそうでない場合で利用できるタクシーが異なるため、しっかり確認する必要があります。

また、福祉タクシーは基本的に利用制限がありません。買い物やお出かけに利用したい際は福祉タクシーが便利です。しかし、介護タクシーは保険適用内ということもあり、利用に制限がかけられています。通院や役所での手続き、預貯金の引き出し、選挙の投票など日常生活や社会生活において必要な外出のみといった制限があり、自由に利用はできない点を覚えておきましょう。

福祉タクシー運転手に必要な資格

福祉タクシーの運転手になるためには普通自動車第二種免許が必要です。いわゆる一般的なタクシー運転手と同じ資格ですが、他には何も必要ありません。

福祉タクシーの利用料金

福祉タクシーの利用料金はタクシー会社によって設定が異なります。しかし、中には通常のタクシー料金と同じ設定にしているところもあります。

ただし、階段の乗降などで要介護が必要な場合は追加料金が必要になりますが、基本的には通常のメーター料金で送迎してくれるためとても良心的です。

まとめ

福祉タクシーの認知度はあまり高くありませんが、今後需要が伸びていくとされています。実際タクシー業界も新規参入をしているところが増えてきました。
今高齢化社会がどんどん進む中にあたって必要とされていくでしょう。

タクシードライバーのお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級のタクシードライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国のタクシー会社の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-タクシー
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.