施工管理

施工管理ソフト7選!おすすめのメーカーや利用料金、機能などを紹介するとともにアプリを利用するメリットを解説します!

更新日:

人員不足や長時間労働が長年問題視されている建設業界。この問題を軽減するために施工管理ソフトというものが登場しました。この施工管理ソフトを導入することで残業時間や業務量の削減が減っているという実績があがっています。

この記事では、

・施工管理ソフトとはどんなものか?
・どういった機能があるのか?
・費用はどれくらいかかるのか?
・おすすめの施工管理ソフト
・導入することのメリットは?

などについて紹介しています。

建設現場の働き方改革を検討している企業はぜひ最後まで一読してくださいね。

施工管理ソフトとは?

施工管理ソフトとは、一言でいうと施工管理技士の仕事を効率化させるためのツールです。

施工管理技士は建築や土木などの工事現場において、工程管理や施工写真の撮影、作業報告などさまざまな業務を行わなければいけません。業務量が膨大なため、長時間の労働が問題視されてきました。また、建築業界において長年にわたる人材不足が今後も続くと懸念されています。

それらの問題を緩和するために開発されたのが施工管理ソフト(施工管理アプリとも呼ばれる)です。

施工管理ソフトの代表的な機能を紹介

施工管理ソフトは現在さまざまなメーカーから登場しています。搭載している機能はそれぞれ異なりますが、ほとんどのメーカーのソフトに搭載している代表的な機能を紹介していきましょう。

チャット機能

関係者を一括してグループを組み、連絡をすることが可能。これまで電話やFAXを使って個別に連絡していたことが一括で行える。イメージとしてはLINEやMessengerのようなもので写真を送ることも可能。

掲示板機能

工事指示書や注意事項、作業メンバーなど現場作業時の重要項目を項目ごとに作成することで簡単に確認できる機能。GoogleMap対応のものであれば現場の住所や地図をすぐに確認できる。

写真共有・管理機能

施工管理アプリを使うことでこれまでバラバラに管理していた写真を一元管理することができる。写真は施工主や会社の人でも確認できるため、いちいち写真データを送信したり、スキャンしてFAXを送る必要がない。

日報機能

施工管理アプリを使うとその日の作業内容を事務所ではなく、その場で入力することができる。作業開始時間と終了時間を入力し、作業場所や内容をプルダウン形式で登録できるものもあり、簡単に日報を送ることができる。写真添付も可能。

工程管理機能

作業スケジュールをカレンダーにまとめることで一目で確認することができる。現場の職人さんに最新のスケジュールが届いていないといったことや、どのファイルが正確なのかがわからないといった問題が発生しなくなる。

建築や土木、電気、水道など各項目に分かれて工程を管理できる。

報告書作成機能

施工管理アプリに保存した写真を使って報告書を作成することができる。よく使用する文章は定型文に登録しておくことで文字を打つ時間の短縮や事務員さんに報告書の作成を依頼できたりする。

おすすめの施工管理ソフト

施工管理ソフトはメーカーによって機能面や料金コストが異なります。さまざまある施工管理ソフトからおすすめのものを5つ紹介しましょう。

ANDPAD(アンドパッド)

利用者数13万社、ユーザー数33万人と施工管理ソフトとしては業界最大手の会社です。利用している代表的な企業は東急リバブル、関西電力送配電、近鉄不動産、大日本印刷とおなります。

ANDPADの機能

基本機能写真・資料管理日報工程表横断工程表チャット営業管理カレンダー
オプション機能ANDPAD受発注ANDPADボード社内タスク管理ANDPAD黒板検査見積作成OB点検・メンテナンス管理
ホームページhttps://lp.andpad.jp/

ANDPADの利用料金

初期費用110,000円
基本料金39,600円/月(60ID)66,000円/月(100ID)132,000円/月(200ID)※ID=利用人数
オプション費用導入サポート研修110,000円

KANNA(カンナ)

無料から始められる施工管理アプリ。保存容量1GBまで無料で容量を追加するとプラス料金が必要となる。施工管理アプリとして業界内1の評価(※KANNA調べ)を持つ。

KAANAの機能

基本機能工程管理写真・図面管理チャット日報・報告書作成
オプション機能(ライトプラン・ベーシックプラン・プレミアムプランのみ)専任担当のサポートカスタマイズ設定代行操作説明会
ホームページhttps://lp.kanna4u.com/

KAANAの利用料金

初期費用無料
お試しプラン無料容量1GBまで。基本機能のみ。
ライトプラン年額一括払い 16,500円/月 198,000円/年月額払い 19,800円/月容量1,000GBまで。基本機能+カスタマイズ設定
ベーシックプラン年額一括払い 41,400円/月 498,000円/年月額払い 49,800円/月容量2,500GBまで。基本料金+カスタマイズ設定
プレミアムプラン年額一括払い 83,167円/月 998,000円/年月額払い 99,800円/月容量5,000GBまで。基本料金+カスタマイズ設定

現場ポケット

スマホやパソコンなど機械操作が苦手な現場の職人が誰でも簡単に使えるを実現した施工管理アプリ。利用人数やデータ容量に関係なく定額で利用できる。

現場ポケットの機能

基本機能チャットトーク機能掲示板写真共有・アルバム日報報告書作成
ホームページhttps://gempo.info/

現場ポケットの料金

初期費用無料
基本料金8,800円/月※ただし年間契約の場合。月額契約の場合は10,000円/月利用人数、データ容量は無制限

ダンドリワーク

建設業界出身者が開発した施工管理ソフト。業界出身者が導入サポートをしてくれます。アプリの使い方などの質問はチャットで365日24時間受け付けてくれるといった充実したサポートが特徴。

ダンドリワークの機能

基本機能現場情報管理写真・資料管理写真・資料整理掲示板チャット
オプション機能工程表受発注検査報告書施主共有出退勤顧客管理
ホームページhttps://dandori-work.com/

ダンドリワークの料金

初期費用100,000円~
基本料金19,800円/月~※オプション費用別途必要

eYACHO

工事現場で用いられる野帳をデジタル化した施工管理アプリ。スマホやタブレットに書き込みができたり、音声システムを使った作業内容の確認ができたりする。

eYACHOの機能

基本機能帳票作成工程管理写真共有報告書作成
ホームページhttps://product.metamoji.com/gemba/eyacho/

eYACHOの料金

初期費用330,000円※30日体験版の場合は無料
基本料金1ライセンス 30,800円/年1ライセンス=10GBまで。5ライセンスから購入可能
オプション費用操作講習会(半日コース2~3時間) 110,000円~テンプレート作成サービス110,000円~

Kizuku

50,000社の導入実績を誇る施工管理アプリ。利用している代表的な企業は浜松建設、I.D.Works、伊藤忠建材株式会社など。簡単便利で年配の職人さんでも使いやすく浸透しやすいのが特徴です。

Kizukuの機能

基本機能スケジュールチャットトーク写真管理・書類共有現場管理・工程管理マスタ管理
オプション機能作業者スケジュール管理工程表管理報告書・検査報告書作成
ホームページhttps://www.ctx.co.jp/kizuku2_pr/

Kizukuの料金

初期費用110,000円
プロプラン3022,000円/月アカウント数30まで工程管理機能 3,300円施工/検査報告書 3,300円作業者管理機能 6,600円注意喚起配信 3,300円
プロプラン5033,000円/月アカウント数50まで工程管理機能 4,400円施工/検査報告書 4,400円作業者管理機能 8,800円注意喚起配信 4,400円
プロプラン10055,000円/月アカウント数100まで工程管理機能 5,500円施工/検査報告書 5,500円作業者管理機能11,000円注意喚起配信 5,500円

SITE

シンプルさを重要にし、使いやすさを追求した施工管理アプリ。中小規模の建設業者におすすめ。利用人数が100名まで無料でつなぐことができる。

SITEの機能

基本機能案件管理写真整理顧客管理チャットスケジュール管理
ホームページhttps://www.conit.site/

SITEの料金

初期費用無料
基本料金450円/月×利用人数※最低利用人数5人※契約は年単位のみ

施工管理ソフトを導入することで得られるメリット

上記で紹介した施工管理ソフトを実際に導入するとどんなメリットが得られるのか紹介していきましょう。

業務量と残業時間の削減

施工管理アプリを利用することで事務所外でも作業を行えるため、現場と事務所の行き来の時間削減となります。また、写真管理や報告書、日報の作成の業務が効率化でき、業務量の削減と残業時間が削減につながります。

現場にいなくても作業ができる

これまで施工管理は基本的に現場で工程管理や職人への指示出しを直接行っていました。施工管理アプリがあることで職人から写真やチャットで状況を報告してくれれば現場外からでも現場状況の把握や指示出しが可能となります。

情報共有のタイムロス削減

これまで作業工程や作業スケジュールといった情報は事務所でパソコンに入力、確認などを行っていましたが、施工管理アプリであれば現場で情報入力や確認ができるようになり、いつでも最新の情報をその場で更新できるようになりました。

変更などがあった際は通知がいくため、情報伝達のタイムロスや確認不足がなくなるようになっています。

まとめ

施工管理ソフトを活用することで施工管理技士の業務を大きく軽減することができます。人員不足や作業ミスといった問題も軽減できるため、利用するメリットは十分にあるでしょう。

どの施工管理アプリが自社にあっているかは規模によって異なるため、今回紹介したメーカーのHPなどを見て最適なものを選んでくださいね。

施工管理のお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級の施工管理の専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

現在、施工管理を担える人材の不足が問題になっています。転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

施工管理技士の求人なら建職キャリア

 今回紹介するサイトは、日本最大級の建築・工事系転職支援サービス「建職キャリア」です。

全国の建設企業の施工管理技士向けの求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

施工管理の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

 

-施工管理
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.