工場

工場勤務の正社員はきつい?楽すぎ?転職時の注意点も解説

更新日:

溶接作業をしている様子

工場勤務は未経験からでも応募可能な求人が多く、好待遇であることから、人気の転職先の1つとなっています。

近年は、人材不足が続いていることもあり、各地でさまざまな工場勤務の求人があります。

しかし、工場勤務について調べると「きつい・やめておけ」といったネガティブな声が少なからず見受けられます。

「本当に未経験からでもやっていけるのか」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

また、ネガティブな情報とは別に「楽すぎ・おすすめ」といったポジティブな情報があるのも事実です。

今回は、どちらが正解なのか、なぜ正反対の意見が存在するのか、工場勤務について詳しく解説していきます。

【この記事でわかること】
・工場勤務の正社員がきついと言われる理由
・工場の受注形態による仕事のきつさ
・工場勤務の主な仕事内容と具体的な辛さ
・工場勤務の仕事が辛いと感じた場合の対処方法
・工場勤務の正社員が楽すぎると言われている理由
・工場勤務で働くメリット・デメリットや適性について
・工場勤務に転職する際の注意点

工場勤務の正社員がきついと言われる理由

荷物を確かめている様子

正社員雇用の工場勤務がきついと言われる理由には、さまざまな内容があります。

これは、製造する製品によって具体的な辛さが違い、就職する工場の規模も影響していると考えられます。

仕事がきついと感じるあらゆる事例を理解しておけば、転職で失敗するリスクを減らすことが可能です。

ここでは、実際に工場勤務に従事していた人の意見も踏まえながら、なぜ工場勤務がきついのか詳しく解説していきます。

肉体労働だから

正社員雇用の工場勤務がきつい理由の1つ目は「肉体労働」です。

工場勤務のメイン業務と言える製造作業では、部品の加工や組立を行います。

作業の中では、重い部品を持ち上げたり、負担のかかりやすい姿勢で作業を行ったりします。

ライン作業では、担当する工程を繰り返し行うこととなり、長時間の作業は大変な肉体労働です。

中には体力を必要としない工程もあるものの、楽な仕事ばかりを担当できるわけではありません。

正社員だからこそみんなが嫌がる作業を担当するべき」と考える人も少なくないため、正社員は特に負担が大きくなりやすいと言えます。

責任が重いから

多くの工場で用いられている製造方法「ライン作業」では、ベルトコンベアで流れてくる部品に対し加工や組立を行います。

作業者ごとに担当する工程が決められており、淡々と同じ工程を繰り返すこととなるのですが、作業でミスしたり遅かったりすると、他の工程に影響が出てしまいます。

工程によっては、些細なミスでも製品自体が廃棄になるため、常に集中して作業をこなす必要があります。

正社員の場合、自分の作業はもちろん、契約社員やアルバイトのこなす作業のフォローも同時にこなさなければなりません。

「自分の担当エリアでミスはできない」というプレッシャーもあり、メンタル面の負担も大きいと言えます。

生活リズムが乱れやすいから

製造工場は、24時間稼働していることが多く、作業員はシフト制の勤務体系で働きます。

シフトの内容は工場によって異なり、具体的には以下のような勤務例があります。

・夜勤→休日→日勤→夜勤
・日勤→夜勤→休日→夜勤
・日勤→日勤→夜勤→休日

日勤が終わり次の日が夜勤の場合はゆっくりできる一方で、夜勤が終わり休日あけが日勤であれば、どのタイミングで睡眠をとるかの調整が必要です。

このように、寝る時間や働く時間が安定しないため、歳を取るほど勤務がきつくなってきます。

正社員は、アルバイトの急な欠勤などにも対応しなければならず、休日のシフト変更の電話も珍しくありません。

「子供が生まれてからは、家族とのすれ違いが苦痛だった」というような声もありました。

作業が単調だから

作業が単調であることも、工場勤務ならではのきつさと言えます。

製造業務では、担当する工程があらかじめ決められているため、一日中同じ工程を繰り返していきます。

数千、数万回と同じ作業を繰り返していると、作業に飽きてきてしまい、やりがいを持って働くのが難しくなります。

正社員の場合「これから先も同じ作業を繰り返していくだけの日々が続くのでは」と考えてしまうこともあり、余計にメンタル的な負担を抱えてしまう人も少なくありません。

人間関係が希薄だから

人間関係が希薄になりがちなのも、工場勤務ならではの辛さと言えます。

工場勤務は任された作業を、各自で進めていきます。

作業は基本的に1人でこなし、誰かと連携して作業したり、コミュニケーションを取ったりすることはほぼありません。

仕事が終わればそのまま帰宅する人も多く、他の仕事と比べて仕事の悩みやストレスを打ち明けられる人が少ないため、メンタル的な負担も増えていきます。

地方から働きに出てきている場合には、地元の友達もいないため、仕事と自宅を毎日往復するだけの日々になりやすいと言えます。

何のために働いているのか分からなくなり、退職してしまう人も少なくありません。

職場環境が悪いことがあるから

製造業は、職場環境の改善が進んでいる会社と、進んでいない会社の差が激しいと言われています。

職場環境の悪い工場では、製造機械の適切な点検が実施されていなかったり、操作マニュアルがなかったりするケースもあります。

適切な研修がなければ、その分災害も起こりやすくなり危険です。

同じ職場で手足を失うような災害が発生した場合「こんな職場で働きたくない」といった考えになるのは当たり前です。

特に正社員は契約社員やアルバイト従業員を守る責任もあるため、よりプレッシャーを感じやすいと言えます。

食品工場に関しては、衛生面に問題があり、ゴキブリやネズミが棲みついてしまっているような工場も中にはあります。

悪質な労働環境にきつさを感じてしまい、転職する人も珍しくありません。

危険を伴うことがあるから

製造作業では、溶接機械や掘削機械、プレス機などさまざまな大型機械を使用します。

すぐ近くで機械が動き続けているため、製造工場ではさまざま災害が過去に発生しています。

厚生労働省が公表した「令和4年度・業種別労働災害発生状況」では、製造業における労働災害の死傷者数が26,694名に達していることが分かりました。

これは調査を行った10業種の中で、最も多い件数となります。

主な災害内容は「挟まれ・巻き込まれ」であり、その後の人生に大きく影響する可能性もあるため、恐怖を感じて転職を決意する人もいます。

出典:令和4年 労働災害発生状況|厚生労働省

工場内の温度が快適ではないから

工場勤務では、工場内の暑さや寒さがきつといった声も多くあります。

温度管理の必要がない製品を製造する場合、工場内にエアコンは付いていません。

夏には、扇風機を近くに設置するなどして対策しているものの、施設内は非常に暑く、機械加工では摩擦による熱も発生します。

過酷な暑さの中で動き回るのは大変であり、体調を崩すリスクもあります。

冬に関しても、寒さに耐えながらの作業が大変です。

特にフォークリフトで作業する人の場合、体を動かすことが少なく車両スピードも速いため、風により体が冷えていきます。

「手足の感覚がほとんどない」といった声も多く、過酷な環境にきつさを感じている人も多くいます。

スキルを他の業界で活かしにくいから

製造業に長く従事していると、製造業でしか働けなくなる」といった声もあります。

これは、普段の業務で専門性の高いスキルしか、身に付けられないことが原因です。

接客スキルやパソコンスキルといった、さまざまな業界で活かせるスキルが身に付く仕事は少ないと言えます。

結果、他の業界に転職したいと思っても、アピールできる経験や資格がないため、同じ製造業に再就職するしかないような事態になる可能性があります。

近年は、AI技術の発達により製造業の仕事がなくなっていくといった噂もあり、将来的なきつさを予想し、転職を検討する人も少なくありません。

関連記事:工場勤務はきついって本当?向いている人の4つの特徴とは

工場勤務の正社員は一次・二次請けが特にきつい

たくさんの荷物が置かれてる様子

一口に製品製造と言っても、製品を完成させる工場もあれば、ある製品で使用するカバーやネジだけを製造する工場もあります。

これらの工場は繋がっていることが多く、元請けや一次請け・二次請けに振り分けられます。

この中でどのポジションに位置する工場で働くかによっても、きつさは異なる傾向にあり、転職前に理解しておくべき内容です。

具体的な違いについて、解説していきます。

受注形態の違い

製品製造における受注形態の構図は以下のようになっています。

 受注形態特徴
元請けメーカーなどから直接依頼がある最も利益を出しやすく、売上も安定しているため、福利厚生が充実している
一次請け元請け工場から、製品の一部のみ製造依頼がある元請け工場が利益を確保した後の料金で依頼を受けるため、利益が出しにくい
二次請け一次請け工場から、製品の一部のみ製造依頼がある一次請け工場が利益を確保した後の料金となるので、最も利益を出しにくく、製品の納期もかなり厳しい

建設業界といった、他の業界でも同じように、元請けから遠ざかるほど依頼料金や条件は厳しくなる傾向です。

そのため、元請け工場と二次請け工場では、福利厚生や労働環境に大きな差が出やすいと言えます。

一概に二次請け工場が良くないというわけではないものの、知識の1つとして理解しておきましょう。

一次・二次請けがきついと言われる理由

元請けと比べて、一次・二次請けの工場がきついと言われている理由は「利益と納期」が関係しています。

元請け工場は、依頼主と話し合って決めた納期に間に合うように、自社の組み立て納期を踏まえた上で一次工場へ依頼します。

当然、一次請け工場の納期は元請け工場よりも短くなっており、自社の納期を踏まえた上で、二次請け工場に商品の一部のみ製造を依頼します。

末端となる二次請け工場は、更に納期が短くなっており、利益に関しても元請けと一次請けが差し引いた金額の中でやりくりしなければいけません。

そのため、時間に追われるにもかかわらず利益は少なく、二次工場での勤務は元請け工場と比べてきつい傾向にあると言えます。

きついと言われる工場勤務の正社員の仕事内容

ライン作業をしている様子

きついといった声もある工場勤務の製造作業を中心に解説してきましたが、他にもさまざまな仕事があります。

具体的な作業内容や求められるスキルは、仕事ごとに大きく異なります。

ここでは、工場勤務で行われている仕事内容の種類について、解説していきます。

ピッキング

ピッキングとは、集荷作業のことであり、指示書に記載された部品や製品を集めてくる仕事です。

部品など、手で持てる物に関しては、台車を使って集めてきます。

既に完成した大きな製品などは、フォークリフトに乗って集荷を行います。

指示書通りに集荷するのはもちろん、製品の場合は慎重な取扱いが必要であり、フォークリフトの場合は、事故に細心の注意が必要です。

工場によっては、集荷だけでなくトラックへの積み込みまで行っていることもあります。

ライン作業

ライン作業とは、製品を大量に製造するような工場で用いられている製造方法です。

ベルトコンベアによって流れてくる、部品の加工や組立を行います。

各位置に作業員が配置されており、決められた工程をひたすら繰り返す流れとなります。

ベルトコンベアの流れに遅れないように作業をこなす必要があり、テキパキとした身のこなしが求められます。

ミスなどによりベルトコンベアが停止すると、工場全体に影響が及ぶため、作業スキルを身に付けるまでは大変です。

生産・工程管理

生産・工程管理は事前に決まっている生産計画通りに、製造が進むように各工程の状況を管理します。

各工程に必要な部品の到着具合なども踏まえながら、必要に応じて人員調整を行います。

また、より効率的な生産ができるために工程の改善も行っており、近年はAI技術・Iot技術の導入が生産・工程管理部門を中心に進められています。

【AI技術・Iot技術とは】
AI技術とは、ロボットが自ら学習して動く技術のことであり、近年はロボットによるライン作業が増えてきています。Iot技術とは、あらゆるモノをインターネットと繋げ、情報を一元管理するための技術であり、離れていた場所からでも、各工程の稼働状況を詳しく知ることができます。コスト削減や事故の減少に繋がるため、今後更に導入が進んでいくと予想されています。

検品・品質管理

検品・品質管理とは、完成した製品が基準を満たしているか、詳しく検査するのが仕事です。

完成品だけでなく、各箇所に使用する部品ごとに、不良がないかを調べます。

不良が見つかった場合には、どのように改善するのか、どこで発生したのかを詳しく調べた上で、品質改善に取り組みます。

不良品をいかに減らせるかによって、工場全体の評価が大きく変わってくるため、あらゆる工場に欠かせない仕事となります。
精密機械の製造などでは、部品によって数ミクロン単位の基準が設けられていることもあり、目視だけでなく専用の検査機器を使用する工場もあります。

事務・清掃

事務作業では、依頼主からの発注処理や、来客対応のほか、勤怠管理などデスクワークを中心に行います。

事務の仕事内容は、データ入力がメインとなり、製造作業などを手伝うことは基本的にありません。

清掃作業では、製造で発生した切りくずなどを適切に処理します。

大規模な工場では、トラック数台分の切りくずが発生するため、一般的なオフィスビルの清掃とは作業内容が異なります。

出典:職業情報提供サイトjobtag 工場労務作業員|厚生労働省

関連記事:工場勤務あるあるを仕事・人間関係・恋愛などジャンル別で紹介

工場勤務の正社員の仕事がきついときの対処法

男性社員と女性社員が話している様子

工場勤務に転職したものの、自分が想像していたものとは違い、きついと感じることがあります。

このような場合、我慢して働き続けるとストレスが溜まり、仕事中にミスが頻発するなど悪循環となります。

そうならないためには、これから紹介する3つの対処方法を試してみるようにしましょう。

辞めずに解決できる可能性も十分あります。

同僚や上司に相談する

工場勤務がきついと感じた場合、まずは一緒に仕事をこなす、同僚や上司へ話を聞いてもらいましょう。

具体的な解決方法を教えてもらえるだけでなく、必要に応じて違う部署への移動の検討をしてくれる可能性もあります。

普段言えなかった、愚痴を吐き出すだけでも気持ちが楽になります。

違う工場に転職する

工場勤務自体に不満はないものの、勤めている工場の労働環境などが合わないような場合は、違う工場へ転職するのも解決策の1つです。

それまでに身に付けたスキルや経験は、他の製造工場でも活かせる可能性が高いと言えます。

実際に働いてみて感じたことを基に、理想の工場を見つけてみましょう。

ただし、工場勤務を始めて数ヶ月といった場合、今の仕事に慣れていないだけの可能性もあります。

いきなり転職を検討するのではなく、上司に相談した上でアドバイスをしてもらうことから始めましょう。

異業種に挑戦する

想像していた内容と仕事が全く異なり、工場勤務自体が合わないと感じた場合は、別業界への転職も検討してみましょう。

工場勤務は、他の仕事にはない特徴が多く、合う人と合わない人の差がはっきり出る業界です。

合わないと感じたら、無理をせずに他の業界への挑戦も検討してみましょう。

ただし、前述した通り働き始めて数ヵ月の場合は、仕事に慣れていないだけの可能性もあります。

客観的な意見を積極的に取り入れた上で、決断するようにしましょう。

関連記事:工場勤務を辞めたい理由と対処法|辞め時のサインとは

工場勤務の正社員が楽すぎと言われる理由

工場内で働く女性の様子

工場勤務のきつさを中心に解説してきましたが、中には「他の仕事より楽すぎ・楽しい」といった意見も多くあります。

これは、工場勤務の働き方が合わない人と、合う人の差によるものと考えられます。

工場勤務が楽すぎると感じている人が、具体的にどのようなことに魅力を感じているのか、実際に働いている人の声を踏まえながら解説していきます。

スキル不要の簡単な作業が多いから

ライン作業は単純な作業の繰り返しとなるため、飽きやすいと伝えましたが、人によってはこれが楽に感じることもあります。

作業に慣れてしまえば、何も考える必要がなく、淡々と作業をこなすだけで問題ありません。

その都度、状況を判断したり部下に指示だししたりする必要もなく、ただ目の前の仕事に集中できます。

作業範囲も限られており、幅広く仕事をこなす必要もありません。

コミュニケーションは最低限でいいから

仕事中は基本的に会話がなく、人間関係が希薄になることがきついと解説しましたが、コミュニケーションが苦手な人にとっては、理想の職場と言えます。

上司の顔色を覗いながら仕事をする必要もなく、機嫌の悪さで叱責されることもありません。

人間関係に疲れて転職してきた人にとっては、最高の職場と言っても過言ではありません。

接客作業などもないため、余計な気を遣う必要もなく、黙々と作業だけに打ち込めます。

ほとんど残業がないから

製造工場では、事前に製造計画が決められており、その内容に沿って毎日作業が進められます。

突発的な依頼が入ることは少なく、ほとんど残業のない工場もあります。

接客業務のように、急な来客で帰れなくなるようなこともありません。

休みに関しても、先の製造計画まで決まっているため、比較的調整しやすいと言えるでしょう。

作業の割に年収が高いから

工場勤務の求人は、未経験者でも応募可能なものが多く、学歴やスキルに関しても特別な条件指定はありません。

ゼロからのスタートとなるため、待遇が悪いのが当たり前なのですが、工場勤務の場合は好待遇の求人が多くあります。

その理由は手当の多さにあります。

工場勤務では「深夜手当・資格手当・特殊作業手当」など、普通に作業しているだけで支給される手当の多さが特徴です。

そのため、特殊なスキルがない人でも、高収入を目指せます。

大手は福利厚生がいいから

大手の製造工場となると、手当の多さにプラスしてさまざまな福利厚生が準備されています。

具体的には以下のような福利厚生があります

・社員寮
・社員食堂・大浴場
・資格取得支援制度
・バスによる無料送迎

社員寮に住むことで、食費や家賃の節約になり、無料送迎もあれば交通費がかかりません。

収入が高いだけでなく、出費も抑えられるためお金を貯めやすいと言えます。

就職や昇格のハードルが低いから

前述した通り、工場勤務の求人には特別な条件がなく、過去の経歴や学歴を気にすることなく挑戦しやすいと言えます。

昇格に関しても、学歴によるフィルターなどがないため、仕事に対するやる気や実績次第では、誰にでもチャンスがあります。

工場勤務の正社員のメリットとデメリット

部品を加工している様子

正社員として工場勤務に従事する場合、人によって楽に感じる人もいれば、きつと感じる人もいます。

これとは別に、工場勤務ならではの転職メリット・デメリットもあります。

具体的な魅力やきつさについて解説していきますので、転職を検討している人は、参考にしてみてください。

工場勤務の正社員のメリット

正社員として工場勤務に従事するメリットは以下の通りです。

・学歴や職歴を問われずに挑戦できる
・お金を貯めやすい
・手当が充実している

工場勤務は、学歴によって扱いが変わるようなことはなく、過去の経歴も関係ありません。

指示された作業をいかに、ミスなくこなせるかが大切です。

夜勤で働いたり、特殊な作業を担当したりするとさまざまな手当が付くため、高収入も目指せます。

社員寮や無料送迎など、福利厚生が充実している工場であれば、出費も減るため、お金も溜まりやすくなります。

工場勤務の正社員のデメリット

正社員で工場勤務に従事するデメリットは、以下の通りです。

・幅広くスキルを身に付けにくい
・現場によっては縦社会の風潮が残っている
・労働災害のリスクがある

工場勤務では、自分が担当する作業をひたすらこなすこととなり、幅広い業務を担当するわけではありません。

そのため、1つの作業に特化してスキルを身に付けられる一方で、他の業界でも活かせるようなスキルは身に付けにくいと言えます。

将来的に別業界に転職しようと考えている人は、転職活動で苦労する恐れもあるため、別で資格を取得するといった対策が必要です。

また、工場によっては縦社会の風潮が強く残っている可能性があり、根性論など理不尽な指示出しをされてしまう可能性もあります。

転職する際には、なるべく社員の口コミなどを調べておくようにしましょう。

労働災害のリスクの高さも、工場勤務ならではのデメリットとなります。

近年は、多くの工場で安全対策をしっかり行っているものの、近くでさまざまな機械が動いているため、災害には注意が必要です。

工場勤務の正社員に向いている人の特徴

作業員同士で打ち合わせをしている様子

工場勤務のきつさや楽さについて解説してきましたが、人によって感じ方が異なります。

ここでは、どのような人が工場勤務の正社員に向いているのか、3つの適性について解説していきます。

ものづくりに関心がある人

工場勤務は、ものづくりそのものであり、何かを作り上げていくのが好きな人には向いていると言えます。

実際の製造業務では、あらゆる機械を駆使した作業に携わりながら、専門的なスキルを身に付けられます。

また、生産・工程管理などものづくりを管理する側の知識も身に付けられます。

真面目な人

仕事に対し真面目に取り組める人も、工場勤務が最適と言えます。

工場勤務は、指示された業務を忠実にこなし続けることが重要です。

すぐに飽きてしまい、他のことを考えていては、品質にばらつきが出てしまい、工場に大きな損害が発生します。

また、集中していない状態での作業は、労働災害のリスクが高まります。

どのような作業でも、真面目に淡々とこなせるような人は、工場勤務に向いていると言えるでしょう。

将来のためにお金を貯めたい人

将来的にやりたいことがあり、お金をためる必要があるような人も、工場勤務が向いています。

工場勤務は、さまざまな手当を支給してもらえるだけでなく、社員寮や送迎バスといった、収入を抑えられる福利厚生も整っています。

そのため、短期間でしっかり稼ぎやすい仕事と言えるでしょう。

正社員ではないものの、期間工に関しては入社祝い金や慰労金制度も充実しており、お金を貯めたい人におすすめです。

関連記事:工場勤務に向いている人の特徴は?メリットや将来性も解説

工場勤務の正社員に転職する際の注意点

工場の様子

工場勤務の魅力やきつさを理解した上で、転職を決意した場合、実際に転職活動を進めていきましょう。

工場勤務の求人は非常に多く、工場によって詳細に多くの違いがあります。

ここでは、工場勤務への転職活動で注意すべきことについて解説していきます。

工場勤務に向いているか

工場勤務は、これまで解説してきた通り仕事内容に特徴があり、合う人と合わない人の差が激しい職種と言えます。

仕事内容によっても適性は変わるため、求人詳細に記載されている仕事内容について理解した上で、自分に合っているか確認しましょう。

また、働いている途中で移動となる可能性もあるため、募集要項以外の仕事内容についても、ある程度理解しておく必要があります、

経営が安定しているか

製造工場は経済の影響を受けやすく、需要が限定的な業種の場合、工場の経営が安定していない可能性もあります。

取引先のメーカーや、過去の営業利益、工場が属している業界の現状や将来性などを詳しく調べておくようにしましょう。

建物自体が古く、外見からして整備されていないことが分かるような工場には、注意が必要です。

求人票は細かくチェック

自分の理想としている働き方や条件を決めた上で、求人票では以下のような項目をチェックしてみましょう。

・年間休日数の日数と有給取得率
・福利厚生の内容と想定年収
・シフト制の有無と勤務例
・普段と繁忙期の残業時間
・社内での昇給や昇格の判定基準

全て理想に当てはまるとは限らないため、何を一番に求めるのか順位付けをした上で、各求人票の比較を行っていきましょう。

「工場勤務の正社員はきつい?」に関してよくある質問

荷物の集荷をしている様子

最後は、正社員として工場勤務に転職するきつさに関する質問に答えていきます。

工場勤務を辞めていく人の理由に関する内容ですので、転職を検討している人は参考にしてみてください。

工場勤務の正社員が退職する理由は?

働く人のリアルを紹介している、ディップ総合研究所が行った「製造業の就業実態」に関する調査によると、製造業を退職した人の主な理由は以下の通りでした。

・雇用が安定していない:34.1%
・仕事のやりがいがない:32.9%
・職場環境が整っていない:29.3%

経済状況によって契約を切られるといったリスクが、退職を検討する理由となっています。

勤めている工場が倒産してしまうことは、稀ではあるものの、応募する際には取引先や年商の推移などもチェックしておくようにしましょう。

参考:人手不足が深刻な「製造職」 約6割が1年未満で退職 理由は「雇用が安定していない」「仕事のやりがいがない」|ディップ株式会社

工場勤務の正社員についてのまとめ

男性作業員が腕を組む様子

工場勤務は、肉体労働が多くシフト勤務により生活リズムが乱れやすいなど、さまざまなきつさがあります。

正社員は、これに加えてアルバイトや契約社員を統括する必要もあり、メンタル面の負担が高まりやすいと言えます。

しかし、体を動かす仕事や単調な作業の繰り返しを楽に感じる人も中にはいるため、工場勤務の適性があるかどうかが、重要なポイントと言えるでしょう。

また、工場勤務にはさまざまな仕事内容があるため、それぞれの特徴や辛さを理解しておくことも大切です。

全ての人に合う仕事ではないものの、工場勤務ならではのメリットも多くあります。

適性や仕事内容を理解した上で、興味がある人は、転職活動を進めていきましょう。

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


関連記事:工場勤務で年収1000万はいける?年収アップのコツを解説

関連記事:工場勤務から転職した人の体験談|オススメの職種3選とは

関連記事:工場勤務で年収800万は可能?給料が高くなりやすい理由とは

関連記事:40代の工場勤務の年収相場は?高年収を期待できる理由とは

関連記事:工場勤務の年収ランキング|年収アップに役立つ資格とは?

-工場

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.