工場

工場勤務に役立つ国家資格10選|取得のメリットも解説

更新日:

部品を切断している様子

製造業は人々の生活に欠かせない存在であり、日本の経済を下支えする業界の1つです。

AI技術やIot技術の導入により、働き方が変わっていくと予測されているものの、仕事自体がなくなることは将来的にも低いと言えます。

そのため、別業界から工場勤務への転職を検討している人も、少なくありません。

転職する上で気になるのが「仕事で活かせる有利な資格の取得」です。

専門性の高い製造業務においては、資格が必要となることがおおく、転職を有利に進めるためにも資格の保有は重要です。

今回は、工場勤務で役立つ資格を中心に、詳しく解説していきます。

【この記事でわかること】
・工場勤務で役立つ国家資格10選
・工場勤務で役立つその他の資格
・工場勤務者が資格を取得するメリット
・挑戦する資格の選び方

工場勤務で役立つ国家資格10選

たくさんの荷物が置かれてる様子

一口に工場勤務と言っても、自動車・食料品・衣服・化学製品など、製造する品目は多岐に渡り、具体的な業務内容も異なります。

また、製造作業の中では、さまざまな危険物を取り扱ったり、複雑な機械を組み立てたりします。

作業員はもちろん、製品を使用する人の安全にもかかわることから、業務に従事する上で資格が必要となるものもあります。

ここでは、工場勤務のさまざまな仕事で役立つ国家資格について、役立てられる業務も踏まえながら解説していきます。

危険物取扱者

危険物取扱者都は、国が定めた危険物を適切に扱うために必要な資格です。

具体的には、火災の危険性が高い物質となり、ガソリンや軽油などが該当します。

取り扱える危険物によって「甲種・乙種・丙種」に分類されています。

工場勤務においては、危険物取扱者乙種4類がおすすめです。

食品工場や印刷工場、化粧品工場においては、アルコールやトルエン、グリセリンといった危険物を取り扱うため、危険物取扱者の需要があるからです。

危険物取扱者乙種は、マークシート方式の学科試験において、各科目で6割以上正解すれば取得できます。

受験する上で特別な受験資格はなく、合格率は3〜4割で推移しており、難易度の高い資格ではありません。

ちなみに、初学者が資格取得に必要な時間は50〜70時間と言われています。

衛生管理者

衛生管理者とは、仕事現場における従業員の健康障害や労働災害を未然に防ぐ役割を担っています。

業種に関係なく、常時50人以上の従業員が勤務する工場では必ず、1人以上の衛生管理者の設置義務があり、需要の高い資格と言えます。

衛生管理者には、第一種・第二種と2つの種類があり、二種は有害業務の少ない業務向けとなります。

工場勤務は有害業務が多い業種となるため、取得を目指すのであれば、一種にチャレンジしましょう。

【衛生管理者の受験資格】

学歴実務経験
高等専門学校・短大・大学卒業労働衛生の実務経験が1年以上
高校・中学卒業労働衛生の実務経験が3年以上
学歴に指定なし10年以上労働衛生の実務経験がある人

第一種・衛生管理者の合格率は約4割ほどで推移しており、初学者による勉強時間は100時間ほどと言われています。

電気工事士

電気工事士とは、電気設備の取扱や、工事の際に必要な国家資格で、電気工事業に携わる人にとっては必須の資格となります。

電気配線や空調設備といった電気工事で活躍できますが、工場内に関しては、製造機械といった設備に関する工事で必要です。

とはいえ、あらゆる工場で設置工事を行うわけではなく、工場勤務では電気工事士のスキルや知識を活かした、機械設備の点検やメンテナンスが主な仕事です。

機械ごとに異常がないかのチェックを行い、故障による製造のストップを防止します。

大手工場では、設備保守部門が設けられており、製造作業ではなく、機械の保守点検を専門に仕事を行います。

第二種と第一種があり、どちらも工場勤務で活用可能です。

第二種電気工事士の合格率は学科試験で約6割、技能試験で約7割程となっており、必要な勉強時間は約200時間となります。

エネルギー管理士

エネルギー管理士とは、熱エネルギーや電気の使用量を適切に管理するための国家資格です。

工場内ではさまざまな機械が稼働しており、製造品目によっては大掛かりな空調設備も必要です。

毎月大量の電力を消費するため、効率良くエネルギーを使用できるようにエネルギー管理士が監視を行います。

【製造工場におけるエネルギー管理士の選任義務】

・年間のエネルギー使用量が3,000kl以上の工場は、第一種エネルギー管理指定工場となり、1〜4人のエネルギー管理者を選任しなければなりません。

 

・年間のエネルギー使用量が1,500〜3,000kl未満の工場は、第二種エネルギー管理指定工場となり、1人のエネルギー管理員を選任しなければなりません。

エネルギー管理士試験に受験資格はなく、筆記試験に合格すれば取得できます。

エネルギー管理士の合格率は約3割ほどであり、必要な勉強時間は400~500時間と言われています。

ボイラー技士

ボイラー技士とは、お湯や蒸気といった熱エネルギーを正しく供給させる役割を担っています。

ボイラー設備は、工場・病院・オフィスビルなど、あらゆる施設に設置されており、これらの設備の点検や管理を行います。

ボイラー技士には、特急・1級・2級とありますが、工場勤務においては2級でも十分活躍可能です。

2級ボイラー技士に特別な受験資格はなく、学歴や実務経験に関係なく誰でも挑戦できます。

筆記試験に合格後、ボイラーの実技講習を受講すれば免状交付となります。

合格率は5割ほどで推移しており、そこまで難易度の高い資格というわけではありません。

ボイラー技士を取得するために必要な勉強時間は、200時間ほどと言われています。

参考:公益財団法人 安全衛生技術試験協会

自動車整備士

自動車整備士とは、自動車がトラブルを引き起こすことなく、安全に走行できるように点検整備や分解整備などを行う役割を担っています。

自動車整備工場や、ディーラーで需要のある自動車整備士ですが、自動車製造工場では最終的に行われる品質チェック時に活躍可能です

また、製造過程で何かしらの不具合が見つかった場合に、自動車の構造を熟知していた方が問題を解決しやすくなります。

製造業務において必須となる資格ではないものの、他の従業員との差をつけられる、持っていて損のない資格と言えるでしょう。

自動車の構造やどの部分を担当するかによって、さまざまな種類があり、それぞれに受験資格が設けられています。

比較的取得しやすいと言われている、3級自動車整備士の合格率は、6割前後で推移しています。

電子機器組立技能士

電子機器組立技能士とは、あらゆる電子機器の組立や修理に関するスキルや、専門的な知識を持っていると認められた人に与えられる資格です。

パソコンやスマートフォンは、人々の生活に欠かせないものであり、これらの電子製品を製造する工場において需要の高い資格となります。

資格保有者でなければ従事できない独占業務はないものの、電子機器の構造に関する知識の証明となり、転職の際に有利となります。

3級〜特急まで4種類があり、3級に関しては特別な受験条件もなく、誰でも挑戦可能です。

3級電子機器組立技能士の合格率は約6割で推移しています。

機械保全技能士

機械保全技能士とは、工場で稼働するさまざまな機械の故障や劣化を予防する役割を担っています。

取得により、工場で稼働する機械全般の保全に関する知識があることを証明できるため、設備保守部門で重宝される資格です。

特急~3級までの4種類に分けられており、3級の場合は実務経験なしでも挑戦できます。

機械保全技能士の試験では、学科試験と実技試験が実施され、学科試験は65点以上、実技試験は59点以上で合格となります。

3級機械保全技能士の合格率は約7割で推移しており、勉強時間については情報がなかったものの「3〜4ヶ月ほどで取得できた」といった声がありました。

菓子製造技能士

菓子製造技能士とは、お菓子の制作スキルを証明する国家資格です。

洋菓子と和菓子で分類されており、試験内容も異なります。

資格には1級と2級があり、製造工場ではどちらの資格でも仕事に活かせます。

菓子製造工場では、品質管理や新しい商品の開発など、さまざまな部署で活躍可能です。

菓子製造技能士試験には、学歴別で実務経験の条件があるため、関連工場で働いた上でキャリアアップを目的として取得を目指してみましょう。

特定化学物質等作業主任者

特定化学物質等作業主任者とは、特定化学物質を扱う工場において、従業員の健康障害を未然に防ぐ役割を担っています。

特定化学物質を扱う工場では、特定化学物質等作業主任者の配置が義務付けられています。

具体的な仕事内容は以下の通りです。

・特定化学物質を扱う現場における、作業方法の決定や指導
・作業における安全保護具、着用の監視
・特定化学物質による健康障害を未然に防ぐ予防措置を定期的に実施

特定化学物質等作業主任者を取得するには、都道府県労働局長に登録した施設が実施する講習を修了しなければなりません。

技能実習に関しては、2日間に分けて実施され、18歳以上であれば誰でも受けられます。

試験は実施されないため、取得難易度は低いと言えるでしょう。

参考:特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者技能講習|公益社団法人 日本作業環境測定協会

工場勤務であると便利なその他の資格

溶接をしている様子

工場勤務で活かせる国家資格を紹介してきましたが、他にも実際の作業で役立つさまざまな資格があります。

どのような業務でいかせるのか、取得方法など詳しく解説していきます。

フォークリフト運転技能者

フォークリフト運転技能者資格は、重量物の運搬や積み込みを行うために必要な資格で、さまざまな製造工場で役立てられます。

具体的には、重量物を集めてくるピッキングや、完成した製品のトラックへの積み込みで活かせます。

フォークリフト運転技能者資格を取得するには、専用の講習を受ける必要があり、既に保有している資格にもよりますが、だいたい5日程度で取得できます。

18歳以上であれば誰でも受講可能であり、講習の最後に簡単な試験を受けるだけであるため、受講者のほぼ全員が合格できる資格です。

工場勤務で乗務する場合、資格手当を支給している工場もあり、収入を上げる上で欠かせない資格と言えます。

クレーン運転士

クレーン運転士は、さまざまなクレーンを操作する際に必要な資格であり、フォークリフトでは持ち上げられないような重量物の運搬に活かせます。

操作するクレーンの種類によって「クレーン・デリック運転士」と「移動式クレーン運転士」に分かれています。

また、操作資格に関しても「免許・技能講習・特別教育」の種類に分かれているため、工場内の具体的な業務内容に応じて取得する資格を選ぶようにしましょう。

資格取得に特別な条件はなく、誰でも受験可能です。

取得に掛かる日数は、資格の種類にもよりますが、2~5日程となります。

ちなみに、クレーン運転士の免許を取得したからといって、玉掛け作業までできるわけではありません。

玉掛け作業に関しては、この後に紹介する「玉掛技能者」の資格が必要です。

参考:公益財団法人 安全衛生技術試験協会

玉掛け技能者

玉掛け技能者とは、クレーンで吊り上げる重量物が、途中でバランスを崩さないように正しく固縛するための免許です。

重量物の吊り上げに関する事故は、過去に何件も発生しており、クレーンによる作業を安全に進める上で必須となる資格です。

吊り上げ荷重が1t未満のクレーンであれば、玉掛け特別教育が必要であり、1tを超えるクレーンの場合には、玉掛け技能講習の受講が義務付けられています。

いずれも受講する上での条件に、特別な内容はなく、18歳以上であれば問題ありません。

玉掛け技能者講習は、2〜3日間で実施されます。

クレーン運転士が玉掛け作業を行えないのと同じく、玉掛け技能者だからといってクレーンを運転できるわけではありません。

溶接技能者

溶接技能者は、溶接に関する技能を証明するための資格であり、さまざまな製造工場で重宝される資格です。

溶接方法によって、ガス溶接・アーク溶接・銀ろう付の3種類があります。

アーク溶接:放電現象を利用した溶接方法
ガス溶接:ガスを利用した溶接方法
銀ろう付け:銀ろうを接着剤として使用する溶接方法

溶接方法ごとに講習が分けられており、18歳以上であれば誰でも受講できます。

学科講習や実技講習を受けた後に、修了試験に合格すれば取得となる流れです。

受講日数は3日程となります。

有機溶剤作業主任者

有機溶剤作業主任者とは、有機溶剤を使った作業を行う際に、適切な取扱い方法について、指示出しを行い、災害を防止する役割を担っています。

有機溶剤とは、アルコールやガソリンなどがあり、誤った使い方をしてしまうと、有毒なガスなどが発生する可能性があります。

そのため、有機溶剤を取り扱う会社においては、有機溶剤作業責任者を必ず配置しなければなりません。

有機溶剤作業主任者になるためには、技能講習を受講し修了試験に合格する必要があります。

技能講習は2日間に分けて実施され、18歳以上であれば誰でも受講可能です。

需要のある工場としては、自動車製造・化学製品製造・医薬品製造などがあります。

役立つ国家資格で紹介した「危険物取扱者」も取得することで、より幅広く活躍できるようになります。

安全管理者

安全管理者とは、職場の巡回を行い設備や作業内容に危険がないかを確認したり、必要に応じて安全防止策を講じたりする役割を担っています。

工場勤務を含む製造業だけでなく、建設業・運送業・電気業などといった、あらゆる職場に欠かせない存在です。

厚生労働省が指定した業種で、常時50人を超える従業員が働く場合、必ず安全管理者を配置しなければなりません。

安全管理者になるためには、指定の研修を修了するか、労働安全コンサルタント試験に合格する必要があります。

どちらの方法も学歴や実務経験の条件があるため、工場勤務の職場で働きながら、まずは実務経験を積む必要があります。

参考:安全管理者とは|公益社団法人 労務管理教育センター

CAD利用技術資格

CAD利用技術資格とは、CADを使用した設計スキルを証明するための資格です。

CADは建築業界や機械設計に欠かせないシステムであり、資格を持っていると主に機械製造工場で重宝されます。

製造している機械や部品に不具合が見つかった場合に、データの修正や新たな設計図の作成を行います。

二次元CADや三次元CADに分かれており、工場勤務で活かしたい場合には三次元CADがおすすめです。

一番初めに受けることとなる2級・三次元CAD利用技術者試験には受験資格がなく、誰でも挑戦できます。

合格率は4~5割で推移しており、初学者が取得するには2~3ヶ月ほどかかると言われています。

マイクロソルダリング技術者

マイクロソルダリング技術者とは、電子部品における微細はんだ付けの能力を証明できる資格です。

はんだ付けとは、はんだと呼ばれる合金を熱で溶かし、電子部品に使用されている基盤の電気的接合を行う作業です。

スマートフォンやパソコンなど、家庭内で使用されているあらゆる電気機器には基盤が内蔵されています。

そのため、はんだ付け作業は、あらゆる電気系統の製造工場で必須のスキルと言えるでしょう。

資格を持っていれば、はんだ付けのスペシャリストであることを証明できるため、工場勤務への転職を有利に進められます。

受験条件は、学歴や経歴によって細かく実務経験が指定されており、未経験での受験はできません。

機械加工技能士

機械加工技能士とは、金属などの材料を機械加工するスキルを、証明するための国家資格です。

機械に使用するさまざまな部品は、機械加工によって造られており、製造業に欠かせない仕事の1つとなります。

機械加工技能士は3級〜特急の4種類があり、初級編となる3級であれば特別な受験資格もなく、誰でも挑戦できます。

試験では学科試験と実技試験が行われ、3級試験の合格率は7割ほどで推移しており、難易度は低いと言えるでしょう。

機械加工には、切削加工や研削加工などがあります。

工場勤務者が資格を取得するメリット

作業員同士で打ち合わせをしている様子

工場勤務で役立つ資格を紹介してきましたが、資格を取得すると以下のようなメリットがあります。

・昇給しやすくなる
・スキルが身に付く
・転職に有利

ここでは、各メリットの詳細について解説していきます。

昇給しやすくなる

普段の業務に役立つ資格を取得すれば、一定以上のスキルや知識の証明になります。向上心のアピールにもなるため、昇給もしやすくなります。

工場勤務では資格手当制度を設けている会社が多く、規定の資格であれば昇給とは別に手当を支給してもらえるため、すぐに収入を上げることも可能です。

スキルが身に付く

資格取得を目指す場合、改めて知識や技術に関して学んでいくため、今まで以上にスキルを身に付けやすくなります。

関連するスキルを複数取得した上で、上手に組み合わせれば、より仕事の幅を広げることも可能です。

資格取得をきっかけに部署を移動するケースもあり、新しい部署でさらに経験を積んでいけるようにもなります。

転職に有利

今回紹介した資格は業種に関係なく活かせるものが多く、他の製造工場でも重宝されます。

資格を持っていれば、優遇されやすくなるため、より好待遇な会社への転職も可能です。

工場勤務に有利な資格を選ぶ際のチェック項目

パソコンで情報をまとめている様子

資格取得にはさまざまなメリットがあり、普段の仕事に活かせるのであれば、積極的に挑戦すべきと言えます。

ただし、何も考えることなく挑戦すると、十分な評価に繋がらなかったり、なかなか合格できず、疲弊してしまったりする可能性もあります。

資格取得にチャレンジする場合には、以下のような項目を意識した上で受験資格を決定しましょう。

・国家資格かどうか
・取得難易度は高過ぎないか
・今後のキャリアプランに必要かどうか

国家資格と民間資格では何が違うのか、難易度の具体的な判断基準など、詳しく解説していきます。

国家資格かどうか

資格には国家資格のほかに、民間資格や公的資格があります。

【国家資格とは】
国家資格とは、国の法律を基に、あらゆる分野における個人の知識やスキルが判定され、特定の仕事に従事すると証明する資格となります。法律によって社会的地位が保証されているため、社会的な信頼性が高いことが特徴です。
【民間資格とは】
民間資格とは、国の法律に基にしたものではなく、関連の民間団体が独自に定めた基準を基に知識やスキルを判定する資格です。
【公的資格とは】
公的資格とは、民間資格の1種であり文部科学省の資料によると、社会的に奨励すべきものとされている国等が認定する資格「民間技能審査事業認定制度に基づく資格」が該当します。

この中でも国家資格は、法律によって社会的な地位や信頼性が守られているため、最も評価を受けやすい魅力があります。

民間資格や公的資格では評価されないというわけではないものの、なるべく国家資格に挑戦するようにしましょう。

取得難易度は高過ぎないか

国家資格の中にもさまざまな資格があり、未経験者向けのものもあれば、経験者のキャリアアップ向けとなるものもあります。

難易度が高い資格ほど業界で重宝されるため、取得したくなる気持ちも分かりますが、合格できなければ意味がありません。

現時点でのレベルに応じた資格から順に取得していく方が、理解しやすく、より早く上位資格に合格できる可能性もあります。

合格率はもちろん、試験の内容も確認した上で、今の自分に最適なレベルの資格に挑戦しましょう。

また、専門性の高い資格の場合は、周りに教えてくれる人がいなければ、効率良く勉強を進められません。

就職前に資格取得を目指す場合には、しっかり受験対策できるかどうかも調べておくようにしましょう。

今後のキャリアプランに必要かどうか

国家資格であったとしても、需要が少なく活躍できる職場が極端に少ないような資格は、その後のキャリアプランに活かせない可能性があります。

どのような工場で役に立つのか、必要としている求人がどれほどあるのか、将来性についても調べた上で受験するかどうか決めてみましょう。

近年、製造業は人材不足が深刻化しており、人材を確保するための対策として「資格取得支援制度」を設けている会社もあります。

資格取得支援制度があれば、費用は会社負担で資格取得できます。

未経験者歓迎の求人であれば、無理して入社前に取得する必要はありません。

工場勤務に役立つ資格についてのまとめ

工場の様子

工場では、さまざまな製品を製造する上で、専門性の高い作業が各工程で行われています。

中には有資格者でなければ従事できない仕事もあり、関連資格の取得は工場勤務における仕事の幅を大きく広げられます。

資格を取得すれば、個人のスキルや知識の証明にもなるため、昇給や昇格にも繋げられるでしょう。

また、実際の業務で活かせる資格であれば、資格手当が支給されることもあります。

これから転職しようとしている工場で、どのような仕事が行われているのか、優遇される資格があるかを調べた上で、資格取得に挑戦してみましょう。

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


関連記事:工場勤務の年収ランキング|年収アップに役立つ資格とは?

関連記事:工場勤務に将来性はある?AIに奪われにくい業務とは

関連記事:工場勤務の職務経歴書を書く6つのポイントと例文

関連記事:危険物取扱者とは?仕事内容や資格の取得方法を詳しく解説

関連記事:工場勤務の正社員はきつい?楽すぎ?転職時の注意点も解説

-工場

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.