工場

工場勤務あるあるを仕事・人間関係・恋愛などジャンル別で紹介

更新日:

女性従業員がライン作業をこなしている様子

製造業は人手不足が続いていることもあり、多くの求人があります。

特に工場勤務の求人は多く、未経験者でも応募可能であるため、人気の転職先とも言えます。

待遇も良いことから、別業界からの転職を検討している方もいるのではないでしょうか。

しかし、未経験の業界への転職で気になるのが、働き方に関する業界特有の事情です。

今回は、工場勤務がどのような業種なのか、仕事や人間関係、プライベートの恋愛事情まで詳しく解説していきます。

【この記事でわかること】
・工場勤務の仕事におけるあるある事情
・工場勤務の人間関係におけるあるある事情
・工場勤務の恋愛におけるあるある事情
・工場勤務の仕事におけるあるある事情・女性編
・工場勤務の年収や主な仕事内容
・工場勤務のメリット・デメリットや適性

工場勤務のあるある〜仕事編〜

工場の様子

工場勤務は、24時間稼働していることが多く、さまざまな製品を製造します。

業務内容はとても幅広く、工場勤務ならではの事情もたくさんあります。

未経験からの転職で失敗しないためには、業界特有の事情について理解しておくことが大切です。

ここでは、工場勤務の仕事に関する12のあるあるについて解説していきます。

朝礼が毎朝ある

製造工場は、24時間稼働していることが多く、多くの従業員が交代で勤務しています。

自分の勤務時間以外でも製造が進められているため、退勤時と次の日の出勤時では状況が変わっています。

そのため、作業をスタートする前には、多くの工場で朝礼が実施されます。

朝礼では、製造作業の進捗状況やヒヤリハットなどの引き継ぎが行われ、その日の製造スケジュールについての説明があります。

説明が終った後には、独自で考えられた体操が行われ、各作業場所へ向かうのが一般的です。

準備運動も兼ねて、朝礼後に工場周りを掃除する会社もあります。

【ヒヤリハットとは】
ヒヤリハットとは、重大な事故に繋がるような、ヒヤリとした事態やハッとしたようなミスの総称です。具体的には、ネジを締め忘れた、機械に作業着が巻き込まれそうになったといった事例があり、全員で共有することにより、事故の予防に繋がります。

足腰が痛い時がある

製造作業では、ライン作業を用いている工場が多く、担当する工程をひたすら繰り返すこととなります。

工程によっては中腰での作業となったり、部品の持ち運びが多かったりする工程もあり、次の日に足腰が痛む状況は、工場あるあると言えるでしょう。

担当する工程は、工場によって1日交代や、数ヵ月交代となります。

担当する工程が専門性の高い内容である場合には、人事異動がない限り毎日担当することも珍しくありません。

力仕事の多い工場では、コルセットといったサポーターを着用している人が多くいます。

【ライン作業とは】
ライン作業とは、ベルトコンベアによって流れてくる部品に対し、複数人の作業員が加工や組立を行う製造方法です。作業員ごとに、担当する工程が決まっており、ひたすら流れてくる部品に対し同じ作業を繰り返し行います。

休憩はきちんと取れる

工場勤務は、その日のスケジュールが事前に決められており、よほどのイレギュラーがない限り計画の変更はありません。

製造作業は全員で進めていくため、休憩は作業員全員が一斉に取ります。

休憩時間も細かく決められており、営業職のように「休憩しようとしたら急にお客さんがきた」といった理由で、休憩がズレるようなことは基本的にありません。

残業に関しても、各工程が進まないと製造できないため、一人だけ残業するようなことも基本的にありません。

残業する時は、全員で残るケースがほとんどです。

何をしているのか分からなくなる

ライン作業による製造は、各作業員が担当する工程を繰り返し行います。

何百、何千回と作業を繰り返していると、体が作業を覚えるため、頭で考えて作業することがなくなってきます。

良くも悪くも無心の状態が続くため、ふとした瞬間に自分が今何をしようとしていたのか、分からなくなることがあります。

すぐに元に戻るため、大きな支障はないものの、初めて経験した際に焦る人も少なくありません。

何を作っているのかわからない

何をしているのか分からなくなるのと、似たあるある現象が「何を作っているのかわからなくなる」ことです。

作業に慣れ過ぎて、何も考えることなく製造作業を行っていると、ふとした瞬間に自分が何を作っているのか分からなくなる時があります。

また、働き始めた頃は、1つ1つの工程を少しずつ覚えていきます。

そのため、自分の担当している工程やパーツが最終的に、機械のどのような箇所に使われているのか分かっていないまま作業するのもあるあるです。

次第にさまざまな工程を経験していきながら、知識が身についていくと、ようやく全体的なイメージが湧いてくるようになります。

複数の工程を担当するようになると、無意識のうちに、他の作業をしようとしてしまうこともあるため、注意しましょう。

工場内が暑すぎるまたは寒すぎる

気温に影響されない製品製造において、よくあるのが「工場内の異常な暑さや寒さ」です。

工場は製造作業を行う部署の他に、製品の出荷や材料を入荷する部署があります。

トラックの出入りが多い時間帯は、シャッターが開けっ放しになるため、真夏や真冬は外と同じ気温での作業となる職場もあります。

実際に働いている人の声には、以下のような内容がありました。

電気機器の出荷でフォークリフトに乗りっぱなしなので、体を動かすことがなく真冬は手足の感覚があまりない

精密部品の製造機械は摩擦により熱が発生しやすく、真夏は暑すぎで辛い

工場内はとても広く、屋内にあるエアコンが足りていないのもあるあると言えます。

生鮮食品などを扱う工場は、常に5℃や10℃といった室温に設定されており、年中真冬の格好で作業するような職場もあります。

クリーンルーム内での便意に苦労する

食品や薬品を製造する場合、クリーンルームでの作業となります。

入室する際には、専用のクリーンウェアに着替えなければならず、エアシャワーを浴びて作業を開始します。

このような職場でよくある苦労が「便意」です。

トイレに行く場合、クリーンルームから出て、専用ウェアを脱がなければならず、往復10分前後かかります。

頻繁にトイレに行くと、周りにも迷惑がかかるため夏などは、飲み物の飲み過ぎに注意しなければいけません。

この他にも「クリーンルーム内は空気が循環するように設計されているため、風邪が蔓延しやすい」といった声もありました。

工場内で迷子になる

大規模な製造工場で働き始めた頃に多いあるあるが「工場内での迷子」です。

工場によっては、工程ごとにフロアが変わることもあり、かなりの広さとなります。

トイレや休憩に行った後に、どうやって来たのかを忘れてしまうことも珍しくありません。

なかなか戻ってこない場合、先輩が気にして探しに行くようなケースもあります。

この他にも、何かを取ってくるように頼まれた際に、どこに何があるのか分からず、時間をかけ過ぎてしまうような失敗もよくあります。

現場によっては耳栓が重要

工場では大型機械による材料の加工などが行われるため、普段の生活では内容な騒音の中で作業することが多くあります。

長時間にわたり大きな音を聞き続けた場合、聴覚に影響が出てしまうため、必要に応じて耳栓をします。

休憩中などに耳栓がなくなってしまい、焦るといったことは工場勤務であるあると言えます。

機械音がうるさいことを利用して、作業中に鼻歌を歌っている人が多い」といった声もありました。

ちなみに、指定がない場所で自分の判断により耳栓を装着する場合、フォークリフトの接近などに気付かない可能性があります。

使用したい場合は、必ず責任者に確認してから装着しましょう。

現場によってはヘルメットが重要

工場勤務でヘルメットの着用が義務付けられているような職場では、ヘルメットのありがたさを実感することが多くあります。

働き始めの頃は、作業に慣れていないため、視野が狭くなりがちです。

予想していない場所に材料や機械があり、思い切り頭をぶつけることがよくあります。

邪魔くさい存在ではありますが「ヘルメットをしてて良かった」と実感するのは、工場勤務のあるあるです。

本社の社員が視察に来る

工場で働いていると、本社の社員や普段顔を見せないような会社の役員が、現場の視察に来ることがあります。

実際の作業が、どのような流れで進められているのか確認するのが目的であり、中には作業内容や工程に対し指示出しされる時もあります。

この時のあるあるが「全く的外れな内容を意見される」ことです。

明らかに間違っていても、上の立場の人たちである以上「はい、ありがとうございます」と返事するしかありません。

機嫌の良し悪しで指示する上司も中にはいるため、現場が振り回されて大変になるといったことが定期的にあります。

牽引車のBGMが面白い

工場ではさまざまな作業車両が動き回っており、周りに危険を知らせるために、大きなBGMが流れます。

この牽引車のBGMに関しては「一体何の音楽なんだろう」と、誰もが疑問を抱く不思議なメロディであることがよくあります。

「入社したころには、家に帰っても頭の中で流れていた」「帰りの車内でいつの間にか鼻歌で歌っていた」といった声もありました。

関連記事:工場勤務はきついって本当?向いている人の4つの特徴とは

工場勤務のあるある〜人間関係編〜

男性社員と女性社員が話している様子

次に工場勤務のあるある「人間関係編」について解説していきます。

工場勤務は、仕事内容が特殊であるため、合う人と合わない人の違いがはっきりしています。

そのような中で、長期にわたり工場勤務している人は、良くも悪くもクセのあるような人が少なくありません。

どのような人が働いているのか、現役作業員の声を参考にしながら解説していきます。

ベテラン社員は上長より影響力がある

製造現場でよくあるのが「上長の意見よりもベテラン社員の方が影響力がある」ということです。

社員の管理スキルや視野の広さなどを評価され、昇進する人もいることが影響しています。

工場では、圧倒的な技術と経験があるのにもかかわらず、コミュニケーションや人の管理がとにかく苦手であり、ずっと平社員のままの人もいます。

このようなベテラン社員は、平社員であるものの、作業における信頼が上長よりも高いため、驚くほどの影響力を持っていることがあります。

「上司のいないところでそっと助けてくれる救世主がいる」といった声もありました。

喫煙者同士は仲良くなりやすい

工場の製造作業は、基本的に一人で作業することが多く、作業員同士の会話は多くありません。

そのため、同じ部署で働く一部の人としか、仲良くならないといった特徴があります。

そのような工場で、唯一コミュニケーションが取れるのが「喫煙所」です。

休憩時間には、所属部署に関係なくさまざまな人が集まってきます。

作業中は一切関わりのない人も、喫煙所で話したことで意気投合するケースもあります。

喫煙者同士による人間関係の形成は、工場勤務であるあると言えるでしょう。

ヤンキーは意外と少ない

工場勤務は、学歴重視の社会ではないため、中卒や高卒の社員が少なからずいます。

見た目が派手な人や、性格がやんちゃな人が多いといったイメージを持つ人もいますが、実際のところはほとんどいません。

工場勤務は、ひたすら同じ作業の繰り返しであり、上司の言うことを忠実に守る真面目な人しか続かないからです。

また、仕事中に人と話すことが少ないため、会話が苦手なおとなしい人の方が多いと言えます。

「髪の毛を染めていて怖い人と思っていた先輩が、実は真面目な人だった」といった声もありました。

一匹狼タイプがいる

社会人になると、好き嫌い関係なく、建前で人間関係を維持するのが一般的です。

しかし、人との関わりが重要とならない工場では、どのグループにも属さない「一匹狼タイプの職人」が必ずと言っていいほどいます。

喫煙所に行った際も、誰とも話すことなく、お決まりの場所でスマホを見ています。

「クセの強い人が多くて最初は困惑した」といった声もありました。

恋愛ネタで盛り上がる

工場勤務は男性従業員が多いこともあり、まるで男子校のようなノリの職場もあります。

数少ない女性従業員で誰が可愛いかを言い合ったり、人気アイドルなどの話が特に盛り上がったりします。

同じ人を好きになりやすく、ライバルになりそうなイメージがありますが、逆に意気投合してしまい、仲良くなるといったことは工場勤務であるあると言えるでしょう。

「恋愛系のネタを盛っておけば受け入れてもらえる」といった声もありました。

ギャンブルネタで盛り上がる

恋愛ネタと同じように、共通の話題となりやすいのが「ギャンブルネタ」です。

仕事終わりや休日にパチスロを利用する人も多く、どのお店でいくらほど出たなどの話題で盛り上がることが多くあります。

うちではパチスロで勝ったらおごるといった暗黙のルールがありみんなで楽しんでいる

先輩に連れていかれてはまる人が多い

といった声もありました。

ちなみに、工場勤務の人の趣味としては、他にも「バイクや車のカスタム」を好む人が多い傾向です。

女性は意外といる

工場勤務は男性の比率が圧倒的に多いものの、女性社員が全くいないわけではありません。

ものづくりや体を動かす仕事が好きな女性も少なからずいるため、女性の作業員のいない工場の方が少ないと言えるでしょう。

ちなみに、近年は人手不足となっていることもあり、労働環境を整えた上で女性社員を積極的に採用する企業が増えてきています。

イベントで仲良くなる

工場勤務に就く人は、基本的に体を動かすのが好きな人が多く、会社でクラブ活動をしていたり、定期的にイベントを開催したりすることがあります。

普段話さない分、このようなイベントを楽しみにしている人も多く、イベントは会社の人と仲良くなるきっかけになりやすいと言えます。

入社したばかりで、周りに馴染めていないような時には、積極的にこのようなイベントに参加してみましょう。

工場勤務のあるある〜恋愛編〜

上司と工事の打ち合わせをしている様子

次の工場勤務あるあるは「恋愛」に関することです。

工場勤務は異性との会話が少なく、寮に住む場合には「工場との行き来だけの生活になるのでは」と不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

ここでは、工場勤務の恋愛事情について解説していきます。

女性はモテやすい

工場勤務は、男性の比率がかなり高いこともあり、女性従業員がモテやすい傾向にあります。

女性が苦手とするような職場で頑張っている姿は、ギャップがありモテる要因の1つと言えるでしょう。

工場に勤める同僚や先輩と仲良くなり、そのまま結婚するような人も少なくありません。

リーダーはモテやすい

工場勤務である程度経験を積み、現場をまとめるようなチームリーダーになると、同じ職場で働く異性からモテやすくなります。

異性としての魅力とは別に、同じ職場で働くリーダーとしての憧れも生まれるため、工場内ではモテやすい存在となります。

工場で働くなかで異性との良いきっかけがないような人は、仕事を覚えて昇進を目指してみるのもおすすめです。

事務職の女性は注目されがち

工場勤務の中で特に女性の比率が多いのが事務職です。

毎年、一定数の女性社員が入社してくるのですが、一般的な会社よりも注目が集まります。

アイドル的な存在になるようなこともあり、他の職場よりも優しくされやすい傾向にあると言えるでしょう。

工場勤務のあるある〜女性編〜

工場内で働く女性の様子

最後は女性の工場勤務に関するあるあるです。

立ち仕事や力仕事の多い職場で働くため、他の仕事にはない、女性ならではの悩みもあります。

実際に働く女性社員の声を参考にしながら、詳細について解説していきます。

足がパンパンにむくむ

工場勤務は基本的に立ち仕事が多く、機械オペレーターや検品作業を担当する場合には、同じ場所に長時間立ちっぱなしとなることがあります。

立ちっぱなしが続くと、足に血液が溜まりやすくなり、むくみの原因となります。

夏は暑く水分を取り過ぎるような日もあり、むくみで悩む女性社員は少なくありません。

見た目に気を遣わなくなる

工場勤務には接客がなく、人に見られる機会も少ないため、自然と化粧などに気を遣わなくなっていく人が多いと言えます。

また、製造工場では、さまざまな機械を取り扱うため、ネイルなどは基本的に禁止であり、髪型に関しても機械に巻き込まれないような髪型にする必要もあります。

食品や薬品を製造する工場では、衛生面の観点から多くの工場で深い帽子やマスクをするのが一般的です。

「工場勤務になってから化粧をほとんどしなくなった」という女性も少なくありません。

生理の時の立ち作業が辛い

女性の工場勤務でよくある悩みが「生理」に関することです。

立ち作業がいつも以上に辛いのはもちろん、作業着などに血が付着していないか不安という人も多くいます。

同じ悩みを共有できる人が職場にいないこともあり、他の職種よりも気を遣っている女性が多いと言えます。

大変な作業は男性に振られがち

「工場勤務だから」と、力仕事を想像して入社する人が多いものの、そのような仕事を任せられることは基本的にありません。

男性が非常に多く、わざわざ力仕事を女性に任せるメリットがないためです。

比較的力を必要としない作業は、男性同様に指示されますが、力がないと働けないといったことはありません。

近年は、女性でも気軽に働けるような環境づくりに取り組む会社が増えてきており、女性社員が今後さらに増えていくと予想されています。

関連記事:工場勤務の女性あるある11選|メリット・デメリットも紹介

工場勤務の年収

女性が検品作業をしている様子

厚生労働省が発表した「産業別にみた賃金」によると、工場勤務を含む製造業の平均賃金は、30万1,500円となります。

2023年における、賞与の中央値60万円も含めた製造業の平均年収は、421万8,000円と推測されます。

令和4年度における全産業の平均年収は458万円であることから、工場勤務の年収は平均とほぼ同じ水準です。

ただし、工場勤務はあらゆる業種にあり、どの業種に所属しているかによっても、平均年収は変わります。

収入を第一に転職する場合には、平均年収が高い傾向にある「化学製品製造」や「自動車組立」がおすすめです。

出典:令和4年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省

工場勤務の主な仕事内容

部品を加工している様子

工場勤務と聞くと多くの人が製造業務をイメージしますが、他にも以下のような種類があります。

仕事内容主な作業内容
梱包・仕分け製造された商品に不良品がないかをチェックしながら、出荷するための梱包を進めていく

 

依頼先によって、注文内容が違う場合には仕分け作業も行う

ピッキング作業出荷する製品や、製造に使用する部品を指示書通りに集荷してくる
生産ライン管理生産計画通りに製造できるよう、各工程の状況を把握した上で、人員調整などを行ったり、次期の生産計画を立てたりする
検査・品質管理不良品のチェックを行い、どのようなことが原因となったのか調査する
設備管理工場内で稼働する機械の点検やメンテナンスを行い、故障を未然に防ぐ

この他では、受注の依頼や外注への発注、来客対応などを行う事務職もあります。

工場勤務のメリット・デメリット

荷物を確かめている様子

工場勤務は、他の仕事にはないような働き方における特徴があります。

ここでは、従事する上でどのようなメリット・デメリットがあるのか、解説していきます。

工場勤務のメリット

工場勤務に転職する主なメリットは4つあります。

・未経験でも転職しやすい
・すぐに高収入を目指しやすい
・福利厚生が充実している
・人間関係によるトラブルが少ない

工場勤務は、未経験者を歓迎している求人が多く、学歴などにも特別な条件はありません。

資格手当や夜勤手当、特殊作業手当などがつく仕事に従事すれば、転職してすぐであっても高収入も目指せます。

中には社員寮や食堂、バスによる送迎などを行っている会社もあり、出費を抑えることも可能です。

仕事中は、基本的に一人で仕事をこなすことが多く、人間関係によるストレスが少ないのもメリットと言えるでしょう。

工場勤務のデメリット

工場勤務のデメリットは、主に3つあります。

・労働災害の危険性が他の仕事よりも高い
・他業種で活かせるスキルを身に付けにくい
・生活リズムが崩れやすい

工場勤務では、さまざまな機械が近くで動いているため、労働災害の発生率も高いと言えます。

特に機械に挟まれたり、巻き込まれたりする事故が多く、その後の生活に支障が出てしまうような大きな事故も過去には発生しています。

仕事中で身に付くスキルは、一部の製造業でしか活かせない専門的なものが多いため、将来的に別業界で働こうと考えている方は、何かしらの対策が必要です。

24時間稼働する工場の場合、シフト制となり夜勤もあるため、生活リズムの管理が大変になります。

昼夜逆転することで、ゆっくり休みにくくなり、家族との時間が取りにくくなるデメリットもあります。

工場勤務に向いている人の特徴

溶接をしている様子

工場勤務は仕事内容に特徴があるため、長く働きたいと考えている場合には、適性についても理解しておく必要があります。

工場勤務に向いている人の特徴は、以下の通りです。

・こつこつ作業ができる人
・スキルアップしたい人
・プライベートを大事にしたい人

なぜこのような人が工場勤務に向いているのか、具体的な作業内容を踏まえながら解説していきます。

こつこつ作業ができる人

工場勤務のメイン業務と言える製造作業は、単純作業の繰り返しとなります。

すぐに仕事を覚えられて、何かを判断するようなこともないため、楽と感じる人がいる一方で、すぐに飽きてしまい苦痛に感じる人もいます。

単純作業の繰り返しでも、こつこつ作業に取り組めるような人が、工場勤務には向いていると言えます。

スキルアップしたい人

工場勤務では、専門的なスキルしか身に付けられない一方で、取得すれば製造業で幅広く活躍できます。

従事する工場の仕事内容などにもよりますが、以下のような資格の取得が可能です。

・フォークリフト免許
・危険物取扱者
・半導体製品製造技能士
・第一種衛生管理者
・玉掛け作業者
・電子機器組立技能士
・備保全技能士

既に資格を持っている人は、転職を有利に進めやすくなります。

プライベートを大事にしたい人

工場勤務は、事前に生産計画が立てられており、突発的な残業はほとんどありません。

先の計画まで決まっているため、休みも取得しやすく、プライベートを充実させやすいと言えるでしょう。

近年は、1日の作業時間を長くすることで、4勤3休といった働き方を導入している工場もあり、要望に応じた働き方ができるようになってきています。

ただし、人材不足によって残業が多い工場も中にはあるため、転職する際には毎月の残業時間や繁忙期の対応についても調べておくようにしましょう。

工場勤務のあるあるについてのまとめ

作業員同士で打ち合わせをしている様子

工場勤務は、さまざまな製品を製造しており、他の仕事にはない作業の特徴があります。

そのため仕事や人間関係、女性の転職にはさまざまなあるあるがあります。

また、仕事内容にもメリット・デメリットがあり、楽に感じる人もいれば、きついと感じる人もいるため、適性についての理解も大切です。

今回紹介した内容が自分に合っていると感じた人は、転職エージェントを活用しながら、条件に合う求人を探すことから始めていきましょう。

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


関連記事:工場勤務の服装は?出退勤時のルールや女性向けの注意点も紹介

関連記事:工場勤務の正社員はきつい?楽すぎ?転職時の注意点も解説

関連記事:工場勤務が楽しいと思える理由4選|向いている人の特徴とは

関連記事:工場勤務を辞めたい理由と対処法|辞め時のサインとは

関連記事:工場勤務に将来性はある?AIに奪われにくい業務とは

-工場

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.