工場

サービスエンジニアはやめとけと言われる5つの理由と質問を紹介

更新日:

作業員が説明している様子

サービスエンジニアは、コピー機や医療機器など、さまざまな機械の保守・メンテナンスを行う、機械メーカーにとって欠かせない存在です。

今後も需要が落ちることは考えにくく、将来性の高い職種の1つとも言える一方で、ネット上では「やめとけ」といったネガティブな口コミも少なからず見受けられます。

これからサービスエンジニアを目指そうとしており、やめた方いいのか不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

今回は、なぜサービスエンジニアはやめとけと言われているのか、その理由について詳しく解説していきます。

この記事のまとめ
・サービスエンジニアは責任が大きく生活リズムが崩れやすく大変
・サービスエンジニアは突出して離職率が高いわけではない
・サービスエンジニアは楽な仕事ではないものの、高収入で将来性のある仕事

サービスエンジニアはやめとけと言われる5つの理由

2人の作業員が話し合う様子

冒頭で解説した通り、サービスエンジニアは需要が高く人気の職種といって過言ではありません。

その一方で「やめとけ」「きつい」といった、ネガティブな声も見受けられ、その理由は主に5つあります。

・顧客と直接的なコミュニケーションが多い
・トラブルに対するプレッシャーが大きい
・顧客の都合にあわせるので勤務が不規則になる
・常に新しい知識を身につけないといけない
・サービスエンジニアはメーカーの尻拭いをしなければいけない

他の職種でもありそうな理由ですが、なぜきついのかサービスエンジニアの仕事内容を踏まえながら解説していきます。

顧客と直接的なコミュニケーションが多い

サービスエンジニアは、機械の保守・メンテナンスだけでなく、顧客に対して作業内容の説明や使い方のアドバイスもします。

機械のトラブルが原因で、顧客に迷惑がかかっている状況であるため、簡単な説明だけではすぐに納得してもらえません。

自分は悪くないにもかかわらず、機械の故障に対して叱責されることも珍しくありません。

良好な関係を築くには、分かりやすい説明が必要で高いコミュニケーション能力が必須と言えるでしょう。

この他では、自社の営業マンや開発部署との連携も必要不可欠であることから、人と話すのが苦手という人は、仕事が辛く感じる可能性があります。

トラブルに対するプレッシャーが大きい

サービスエンジニアは、メーカーの代表として1人で顧客の元へ向かいます。

機械にどのような異常がでているのか、事前に知ることはできるものの、現場では全て1人で解決しなければなりません。

問題の解消が遅くなるほど、顧客に迷惑がかかってしまうため、作業中のプレッシャーはとても大きいと言えるでしょう。

特に医療機器に関しては、機械のトラブルが人の命にも影響する可能性があるため、ミスは許されません。

責任感がありストレス耐性のある人でなければ、仕事を続けるのが難しい可能性があります。

顧客の都合にあわせるので勤務が不規則になる

機械の故障は、顧客に大きな迷惑がかかってしまうことから、24時間いつでも対応しているメーカーも少なくありません。

深夜や早朝に連絡が入ることも珍しくなく、最短で顧客の元へ向かいます。

機械の修理に関しても、顧客によって作業時間に指定があり、営業が終ってから作業を始めるようなケースもあります。

どこでどのような作業をするのか毎回異なるため、勤務が不規則になりがちです。

メーカーによっては、海外への出張も多く、移動が大変といった声もあります。

常に新しい知識を身につけないといけない

メーカーでは、顧客の声をもとに機械の改良や新商品の開発が日々進められています。

サービスエンジニアは、あらゆる故障や異常に対応できるよう、商品が開発されるたびに知識を更新しなければなりません。

通信機器やソフトウェアに関しては、機械の構造だけでなく各種設定についても理解しておく必要があります。

関連機器や各種サービスも常に進化しているため、幅広い知識を常に学び続ける必要があります。

常に向上心を持って働くのが苦手な人は、向いていないと言えるでしょう。

サービスエンジニアはメーカーの尻拭いをしなければいけない

サービスエンジニアは、メーカーの代表として現地に出向き、あらゆる異常に対応します。

機械に異常がでる主な原因
・各種部品の耐久性不足
・湿気やメンテナンス不足といった設置環境によるもの
・使い方を間違えている
・消耗品の破損

どのような理由であれ、全てサービスエンジニアが対応したうえで問題を解消しなければなりません。

自分は一切悪くなかったとしても、メーカーの人間であることから叱責される時もあり、ストレスの多い仕事と言えます。

仮に顧客が使い方を間違っていたとしても、そのまま伝えてしまうと揉めてしまうため、気を遣いながらの説明が求められます。

営業マンや開発者は会社に残り、自分だけ現場に出向いて対応しなければならない状況に耐えられず、辞めてしまう人も少なくありません。

この他にも「休日中に急な呼び出しが入りやすく、プライベートを確保できない」「作業が数字として現れにくく評価されにくい」といった声もありました。

もちろん、辛いことばかりの仕事というわけではなく魅力もたくさんありますが、決して楽な仕事ではないと理解しておくようにしましょう。

サービスエンジニアを含むIT業界の離職率は9.1%

デスクワークを

サービスエンジニアは、情報通信業や製造業といった複数の業種で活躍しており、エンジニアだけに特化した離職率のデータはありません。

ただし、厚生労働省が公表した令和3年度・雇用動向調査結果によると情報通信業の離職率は9.1%、製造業は9.7%ほどです。

この数字は他の業種と比べて高いわけではなく、サービスエンジニアの離職率が突出して高いわけではないと言えます。

ここまで解説してきた通り、大変なことが多い一方で、需要があり収入も決して低くないため長く働き続ける人も多くいます。

出典:-令和3年雇用動向調査結果の概況-|厚生労働省

サービスエンジニアはやめとけに関するよくある質問

クリップボードを持つ技術者

最後は、サービスエンジニアに関する、5つのよくある質問に答えていきます。

・サービスエンジニアは底辺職になりますか?
・サービスエンジニアの給料は高いですか?
・サービスエンジニアの大変なことは何ですか?
・サービスエンジニアになるためには何が必要ですか?
・サービスエンジニアはどのような人に向いていますか?

サービスエンジニアを目指すかどうかを検討するうえで役立つ内容ですので、参考にしてみてください。

サービスエンジニアは底辺職になりますか?

サービスエンジニアは、辛いこともたくさんある仕事ではありますが、決して底辺職というわけではありません。

機械メンテナンスのプロとして、各業界に欠かせない存在であり、将来性の高い職種と言えます。

誰にでもこなせる仕事ではなく、多くの人の生活を支えている職種と言えるでしょう。

サービスエンジニアの給料は高いですか?

厚生労働省が公表した令和4年度・賃金構造基本統計調査の結果によると、産業用ロボットの保守・メンテナンス職の平均年収は515万2,000円です。

医療機器メーカーや複合機メーカーなどに勤務することもあるため、一概には言えないものの、収入は他の職種よりも高いと言えるでしょう。

ちなみに、同年度における全産業の平均年収は461万円です。

出典:職業情報提供サイトjobtag|産業用ロボットの保守・メンテナンス|厚生労働省

サービスエンジニアの大変なことは何ですか?

サービスエンジニアの仕事で、大変だと感じる主な内容は以下の通りです。

・勤務時間が不規則になりがち
・出張が多く移動が大変
・新機種がでるたびに再度学び直さなければならない
・あらゆる異常を1人で解決しなければならずプレッシャーが大きい

この一方で、サービスエンジニアのやりがいや魅力には、以下のような内容があります。

・移動中は1人が多く自由に行動できる
・機械を修理するのが楽しい
・身に付けた知識を私生活でも活かせる
・将来性があり仕事が安定している
・顧客に直接感謝してもらえる

サービスエンジニアは出張が多く、移動中は自由に過ごせるため、観光気分とまではいかないものの、各地のグルメなどを楽しめます。

プレッシャーは大きいものの、経験を積み重ねることでほとんどの機械異常に対応できるようになります。

古くなった機械を、自分でメンテナンスしていくことに楽しみを感じている人も少なくありません。

辛さや魅力を理解したうえで、転職を検討してみましょう。

サービスエンジニアになるためには何が必要ですか?

サービスエンジニアになるうえで、必須となる学歴や資格はなく誰でも挑戦可能です。

しかしながら、機械のあらゆる異常を解決し、顧客に満足してもらうには以下のようなスキルが必要と言えるでしょう。

・分かりやすく説明するコミュニケーション能力
・機械のメンテナンススキル
・スケジュールの管理や調整能力

この他にも、海外出張が多いメーカーでは、語学力も必要と言えるでしょう。

また、常に最新技術を学び続けられる向上心が欠かせません。

サービスエンジニアはどのような人に向いていますか?

サービスエンジニアは、以下のような人に向いていると言えます。

・機械をいじるのが好きな人
・人と話すのが好きな人
・自分で問題解決するのが好きな人
・1人で黙々と仕事をこなしたい人

自社で扱う機械の細部まで理解しなければならないため、機械をいじるのが好きであることは必須の適性と言えます。

出張は1人で向かうことが多いため、自分で物事を判断するのが得意な人もサービスエンジニアに向いていると言えるでしょう。

サービスエンジニアやめとけに関するまとめ

作業員が遠くを見つめる様子

サービスエンジニアは、メーカーの代表として顧客と良好な関係を築く役割を担っており、高いコミュニケーション能力が必要です。

実際の作業では、あらゆる異常に対応しなければならず、プレッシャーが大きく常に最新の知識を身に付けておく必要があります。

顧客から理不尽な叱責を受けることもあり、「やめとけ」などとネガティブな情報もネット上にはあるものの、離職率の高いブラックな職種というわけではありません。

需要が高く収入も安定しているといった魅力もあり、人気の職種と言えます。

求人によって、勤務時間や休日数が異なるため、自分の要望に合ったものを見つけてみましょう。

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


公式SNS

-工場
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.