工場

サービスエンジニアに必要なスキルは?年収や資格事情も解説

更新日:

作業員が腕を組んで考え込む様子

サービスエンジニアへ転職するうえで、どのようなスキルが必要なのか気になる人もいるのではないでしょうか。

機械の保守・メンテナンスや故障に対応するサービスエンジニアは、各メーカーにとって必要不可欠な存在と言えます。

人材不足が続いていることもあり、未経験者を歓迎する求人も増えてきています。

今回は、サービスエンジニアに必要なスキルを中心に、仕事内容や年収についても分かりやすく解説していきます。

この記事のまとめ
・サービスエンジニアには製品に関する知識やコミュニケーション能力が欠かせない
・普段の仕事では分析力や判断力が求められる
・サービスエンジニアの平均年収は515万円
・関連資格を取得することでキャリアアップも狙える

サービスエンジニアに必要なスキル

2人の作業員が話し合う様子

サービスエンジニアは、機械の保守・メンテナンスだけでなく、さまざまなトラブルに対応しなければなりません。

また、メーカーの代表として顧客と良好な関係を保つ役割も担っており、以下のような知識やスキルが求められます。

・製品についての知識
・コミュニケーション能力
・分析力
・判断力
・語学力

ここでは、上記スキルについて、実際の業務内容も踏まえながら解説していきます。

製品についての知識

サービスエンジニアは、自社で扱う製品について以下のような業務をこなします。

・保守、メンテナンス作業
・故障の対応
・機械を設置する際の各種設定
・納入先での操作説明

これらの業務をこなすには製品の構造や機能について熟知していなければなりません。

そのため、機械が改良されたり新商品がでるたびに、製品についての知識を学ぶ必要があります。

コミュニケーション能力

サービスエンジニアは、顧客の元へ向かいさまざまなトラブルに対応します。

作業後は、具体的な原因や対処方法について、顧客に分かりやすく説明するまでが仕事です。

トラブルによって顧客が怒っていることも珍しくなく、納得してもらい良好な関係を崩さないためには、高いコミュニケーション能力も必須と言えるでしょう。

普段の業務における課題について話しを聞くなどして、商品開発に役立つ生の声を社内で共有する役割も担っています。

分析力

機械トラブルには、さまざまな症状があり、原因も異なります。

複数の原因が重なってトラブルが起きているケースもあり、何が原因なのか細かくチェックしていきながら分析します。

現地で原因を追究しながら最短で復旧させるには、高い分析力も必要です。

判断力

顧客に納得してもらうには、何を望んでいるのかを理解したうえで最善の対処を選択しなければなりません。

応急処置を施し、最短での復旧を優先させるのか、今後同じトラブルが起きないように各部品を全て交換するのか、正解は都度変わります。

どのような状況であっても、冷静に考えられる判断力も求められます。

語学力

外国でも使用されている機械を扱う場合、海外への出張も珍しくありません。

そのため、就職先によっては語学力も必要です。

海外支社がある場合は、転勤となる可能性もあるため、求人を選ぶ際には出張先についてもチェックしておくようにしましょう。

サービスエンジニアになるなら知っておきたいスキル以外のこと

デスクワークを

サービスエンジニアは、良くも悪くもクセの強い職種であり、合う人もいれば仕事が合わずすぐに辞めてしまう人も中にはいます。

転職で失敗しないためにも、必要なスキル以外のことも理解しておくようにしましょう。

・サービスエンジニアの仕事内容
・サービスエンジニアの年収
・サービスエンジニアの将来性
・サービスエンジニアに役立つ資格

ここでは、上記4項目について解説していきますので、転職するかどうかを決めるうえで参考にしてみてください。

サービスエンジニアの仕事内容

サービスエンジニアの仕事内容は、主に3つあります。

具体的にどのような業務をこなしているのか、見ていきましょう。

サービスの運用・保守

各種機械を扱う場合、定期的な保守・メンテナンスが欠かせません。

製造機械などは、使用し続けていくうちに各部品が劣化していくため、消耗部品を交換したり、分解したうえで洗浄したりします。

ソフトウェアなどの場合は、システムの変更によりアプリを新しくダウンロードしたり、設定を変更したりします。

顧客対応

サービスエンジニアは、機械に何らかのトラブルが起きた際に、現地へ向かい対応します。

原因によって設定の変更や部品交換などを行い、最短でトラブルを解決しなければなりません。

また、顧客が抱える課題をヒアリングしたうえで、最適な製品を提案することもあります。

ちなみに、課題に対する具体策の提示や、そのデモンストレーションをメイン業務とする職種にセールスエンジニアがあります。

サービスの改善

日々のメンテナンスやトラブルに対応する中で、顧客から得た声を社内で共有し、商品改善を促すのもサービスエンジニアの仕事です。

開発業務に関わることはないものの、試作品についてアドバイスしたり、顧客に紹介したりします。

サービスエンジニアの年収

サービスエンジニアは、さまざまな業種で活躍しており、扱う機械によって年収も異なります。

普段の業務では、高度なスキルや知識が求められるだけでなく、出張などによる負担も大きいことから、収入は高めに設定されています。

厚生労働省が公表した、令和4年度における産業用ロボットの保守・メンテナンス職の平均年収は515万2,000円です。

実際にある求人の中には、想定年収が600万円を超えるものもあり、経験を積めば高収入を目指せます。

出典:職業情報提供サイトjobtag|産業用ロボットの保守・メンテナンス|厚生労働省

サービスエンジニアの将来性

社会では、日々新しい機械やサービスが登場しており、その保守・メンテナンスの需要が落ちることはありません。

近年は、各業界でAI化も進められており、関連のメンテナンスやトラブル対応は今後さらに増えていく可能性もあります。

そのため、サービスエンジニアの将来性は高いと言えるでしょう。

ただし、商品によって人気に差があるため、関連スキルを幅広く身に付け仕事の選択肢を広げることが大切です。

サービスエンジニアに役立つ資格

サービスエンジニアとして仕事をこなすうえで役立つ資格を保有していれば、より転職しやすくなります。

より専門的な知識やスキルを身に付けられれば、社内でのキャリアアップにも役立ちます。

ここでは、サービスエンジニアの仕事に役立てられる資格を4つ紹介していきますので、取得を検討してみましょう。

普通自動車免許

サービスエンジニアは、メンテナンスで使用する機械や部品を車に積み込み、顧客のもとへ向かいます。

普通自動車免許は、エンジニアとして働くうえで必須と言えます。

未経験者を歓迎している企業でも、普通自動車免許の保有を応募条件としている求人がほとんどです。

基本情報技術者試験

基本情報技術者は、ITに関する基本的な知識と技術を証明する資格で、IT関連の企業へ転職する際に役立つ資格です。

試験の合格率は4割ほどで推移しており、特別な受験条件もないため、未経験者でも挑戦可能です。

企業によっては、基本情報技術者手当に対して、資格手当を支給しているため、収入アップにも繋がります。

自動ドア保守メンテナンス管理者

自動ドア保守メンテナンス管理者とは、あらゆる自動ドアの保守やメンテナンスに携われる知識と技能を証明する資格です。

自動ドアは、多くの商業施設に設置されており、誤作動などによる事故を防ぐには、定期的なメンテナンスが欠かせません。

自動ドア関連の企業で働きたいと考えている人は、取得を検討してみましょう。

自動ドア施工技能士

自動ドアを扱うサービスエンジニアとして、キャリアアップを目指す場合におすすめするのが、自動ドア施工技能士です。

厚生労働省が認定する国家資格であり、1級と2級があります。

2級試験に挑戦するには、2年以上の実務経験が必要であるため、未経験者は取得できません。

サービスエンジニアに必要なスキルについてのまとめ

作業員が遠くを見つめる様子

サービスエンジニアとして働くには、製品に関する知識やコミュニケーション能力が必須と言えます。

ただし、入社前から身に付けておく必要はなく、企業内での研修が用意されているため、未経験者でも応募可能です。

必要なスキルだけでなく、仕事内容や辛さを理解したうえで転職を検討してみましょう。

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


公式SNS

-工場
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.