物流業界

【2023年最新】ガソリン価格が高騰している原因は?今後の動きを解説

更新日:

【2023年最新】ガソリン価格が高騰している原因は?今後の動きを解説

ガソリン価格の高騰は、日常生活から産業界に至るまで幅広い影響を及ぼしています。

その背景には、円安や国際的な原油市場の変動、地政学的な緊張、新型コロナウイルスの感染拡大など、さまざまな要因が複雑に絡み合っています。

本記事では、現在進行中のガソリン価格高騰の要因、今後のガソリン価格予想などについて解説します。

ガソリン価格の燃料高騰はなぜ起きるのか?

まずは、ガソリン価格の燃料高騰が起こる理由を3つ解説します。ガソリン価格の燃料高騰が起こる理由は以下の通りです。

  • ロシアの原油供給が滞り価格が高騰した
  • 石油の需要に供給が追いついていない
  • コロナウイルス感染拡大も燃料高騰に繋がっている

では、一つずつ解説します。

ロシアの原油供給が滞り価格が高騰した

ガソリン価格の燃料高騰が起こる理由の1つ目は、ロシアの原油供給が滞り価格が高騰したからです。

ロシアは世界の原油供給の重要な拠点の一つであり、ここで生じる供給の滞りは、即座に世界的な原油価格に影響を与える傾向があります。例えば、政治的な緊張や経済制裁、その他の地政学的な要因により、ロシアからの原油の流通が制限されると、市場における原油の供給量が減少します。

直近だと、ロシアによるウクライナ侵攻の影響で、ロシアからの原油の流通が制限されると言われています。

供給が不足すると、原油の価格は上昇する傾向にあり、これがガソリンを始めとする石油製品の価格高騰に直結するのです。

このように、ロシアの原油供給が滞ることによって、世界的に原油価格が高騰し、結果としてガソリン価格も上昇するという状況が生じるのです。

石油の需要に供給が追いついていない

ガソリン価格の燃料高騰が起こる理由の2つ目は、石油の需要に供給が追いついていないからです。

経済のグローバル化や発展途上国の急速な経済成長に伴い、世界中で石油への需要が増加しています。これに対し、石油生産国による生産量の調整、地政学的な緊張や紛争、自然災害などによる生産設備の損傷、あるいは環境保護のための生産抑制など、さまざまな要因が供給量に影響を与えています。

需要と供給のバランスが崩れると、市場では供給不足が生じ、石油価格が高騰することになります。そして、ガソリンは石油を原料として製造されるため、原油価格の上昇は直接的にガソリン価格の高騰につながるのです。

コロナウイルス感染拡大も燃料高騰に繋がっている

ガソリン価格の燃料高騰が起こる理由の3つ目は、コロナウイルス感染拡大も燃料高騰に繋がっているからです。

新型コロナウイルス感染拡大により、多くの国で経済活動が停滞し、一時的には石油需要が大幅に減少しました。これにより、産油国は原油の生産量を調整し、供給過多の状態を回避しようとしました。

しかし、感染状況が改善されるにつれて、経済活動の再開が進み、石油の需要が急激に回復したのです。

こうした急速な需要の増加に対し、石油生産国の生産量の増加が追いつかないことがあるため、供給と需要のバランスが崩れ、結果として石油価格の高騰に繋がります。この石油価格の高騰は、ガソリン価格にも影響を及ぼし、結果として消費者にとってはガソリンの価格上昇という形で現れるのです。

燃料高騰によるガソリン価格は今後どうなる?

続いて、燃料高騰によるガソリン価格に関する今後の予想を3つ解説します。燃料高騰によるガソリン価格に関する今後の予想は以下の通りです。

  • 国際的な原油の値上がりで燃料価格は高騰し続ける
  • ガソリン補助金の有無で大きく変わる
  • 円安が進むとガソリン価格の高騰が続く

では、一つずつ解説します。

国際的な原油の値上がりで燃料価格は高騰し続ける

燃料高騰によるガソリン価格は、国際的な原油の値上がりの影響で高騰し続けることが予想されています。

国際的な原油価格の上昇は、地政学的な緊張や市場の供給不安、経済活動の回復に伴う需要の増加など、さまざまな要因によって引き起こされています。これらの要因は短期間で解消されるものではないため、燃料価格の高騰は当面続くと予測されるのです。

このような状況下では、消費者やビジネスにとって燃料コストの負担は重くのしかかり、経済全体にも影響を及ぼす可能性があります。

ガソリン補助金の有無で大きく変わる

燃料高騰によるガソリン価格は、ガソリン補助金の有無で大きく変わると言われています。

ガソリン補助金には、政府や地方自治体はガソリン価格の一部を負担し、消費者にとっての実質的な価格を下げる効果があります。2023年11月現在、政府は年明け以降もガソリン補助金を実施する予定です。

一方、補助金がない場合、ガソリンの小売価格は市場の原油価格や流通コスト、税金などに直接依存し、そのコストは直接消費者に転嫁されます。

したがって、ガソリン補助金の有無は消費者が支払うガソリン料金に直接的な影響を与え、補助金の継続的な導入はガソリン価格の安定化に寄与する重要な要素となるのです。

出典:ガソリン補助金など、年明け以降も継続示唆 西村経産相|日本経済新聞

円安が進むとガソリン価格の高騰が続く

また、円安が進むとガソリン価格の高騰が続くとされています。これは、日本が原油を輸入に大きく依存しているためです。

原油は基本的にドル建てで取引されるため、円がドルに対して価値を失う(円安になる)と、同じ量の原油を購入するのにより多くの円が必要になります。つまり、円安が進むと、日本の企業や消費者は原油あるいはその製品であるガソリンの輸入により、多くのコストを支払う必要が出てくるのです。

円安が長期にわたると、原油の価格上昇はさらに顕著になり、経済全体に影響を及ぼす可能性もあります。特に、運送業や物流業界は、燃料コストの増加により大きな影響を受けることが予想されます。

関連記事:ガソリンの燃料高騰はいつまで続くの?今後の見通しと解決策

燃料高騰に関するよくある質問

ここからは、燃料高騰に関するよくある質問に3つ回答します。燃料高騰に関するよくある質問は以下の通りです。

  • 2023年のガソリン価格はいくらですか?
  • ガソリンの高騰はいつまで続きますか?
  • ガソリン高騰の理由はウクライナ侵攻と関係していますか?

では、一つずつ解説します。

2023年のガソリン価格はいくらですか?

資源エネルギー庁の発表によれば、2023年11月20日時点のレギュラーガソリン全国平均価格は173.7円/Lです。なお、この価格は前週の173.5円/Lと比べ0.2円/Lの値上がりで、2週連続での値上がりでした。

出典:調査の結果|資源エネルギー庁

ガソリンの高騰はいつまで続きますか?

現在の世界情勢や円安が大きく変化しないかぎり、ガソリンの高騰は続くことが予想されています。ガソリン補助金が続く間は、消費者が支払うガソリンコストは抑えられますが、補助金も恒久的な施策ではないため、しばらくはガソリン料金の高騰に苦しめられる可能性は高いです。

ガソリン高騰の理由はウクライナ侵攻と関係していますか?

ロシアによるウクライナ侵攻は、ガソリン高騰の一因となっています。

この背景には、原油産出国であるロシアからの原油輸出が滞るのではないかと不安視されていることがあります。

まとめ

今回は、燃料高騰の理由に関して解説しました。

燃料高騰に悩んでいる方は、本記事を参考にして、今後の燃料高騰の対策を考えてみてください。

関連記事:なぜタクシーはLPGが燃料に使われているの?一般車に利用されない理由とあわせて解説します!

関連記事:【取材レポート】国際物流における海上運賃の高騰と今後の行方

関連記事:トラック運転手の仕事はなくなる?運送業界の将来性を徹底解説

関連記事:【取材レポート】運送会社経営者、必見!自社の生き残りを賭けるM&Aという選択肢

関連記事:トラック運転手の末路とは?運送業が底辺とは言い切れない理由

-物流業界

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.