物流

配送手数料を安くしたい!コツと配送サービス比較!!

更新日:

色々と配送サービスがあってよく分からないけど配送手数料が高いから、なるべく安く抑えたい……

運送会社によってどんな配送サービスの違いがあるのか知りたい……

そんな悩みにお答えするべく、今回は配送手数料を抑えるテクニックや配送手数料が決まる基準、そして運送会社によるサービスの特徴についてまとめました!

配送手数料はどうやって決まる?

はじめに、配送手数料はどういった基準で決められているのでしょうか?

実は、これは運送会社によって細かな違いがあります。

代表的な運送会社3社を例として挙げながら、それぞれの基準を見てみましょう。

荷物の総重量・サイズ

郵便局では荷物の長さ・幅・厚さの合計が1.7m以下、重さ25kgまでの荷物は全て「ゆうパック」として送ることができます。

他の運送会社と異なり、25kgまでなら何kgでも配送手数料が変わらないので分かりやすいですね。

ゆうパックの配送手数料は、長さ・幅・厚さの合計サイズによってそれぞれ60サイズ、120サイズなどと分類され、サイズごとに配送手数料が決められています

実際に、東京都内から都内へ送る際のサイズ別料金を見てみましょう。

東京
60サイズ 810円
80サイズ 1,030円
100サイズ 1,280円
120サイズ 1,530円
140サイズ 1,780円
160サイズ 2,010円
170サイズ 2,340円

引用元:日本郵便

これに対して、佐川急便やヤマト運輸では、サイズと重さ両方の基準があり、どちらか重い方が優先されます。

サイズ   60サイズ 80サイズ 100サイズ 120サイズ 140サイズ 160サイズ
3辺合計(縦+横+高さ)

 

重量

60cm以内

 

2kgまで

80cm以内

 

5kgまで

100cm以内

 

10kgまで

120cm以内

 

15kgまで

140cm以内

 

20kgまで

160cm以内

 

25kgまで

宅急便料金
(定価)
キャッシュレス決済 924 円 1,144 円 1,386 円 1,606 円 1,848 円 2,068 円
現金 930 円 1,150 円 1,390 円 1,610 円 1,850 円 2,070 円
     
クロネコメンバー割
ご利用の場合
(キャッシュレス決済)
宅急便料金
(クロネコメンバー割
・10%割引適用時)
832 円 1,030 円 1,247 円 1,445 円 1,663 円 1,861 円
宅急便料金
(クロネコメンバー割BIG
・15%割引適用時)
785 円 972 円 1,178 円 1,365 円 1,571 円 1,758 円

引用元:ヤマト運輸

 

  サイズ名 重量(kg) 関東
      茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨
飛脚宅配便 60 2 770
  80 5 1,045
  100 10 1,386
  140 20 1,848
  160 30 2,068
飛脚
ラージ
サイズ
宅配便
170 上限は
50kg迄
2,420
  180   2,695
  200   3,245
  220   3,795
  240   4,895
  260   5,995

引用元:佐川急便

そのため、荷物を梱包した後の大きさや重さによっては10センチ、100グラム違うだけで一段階高いサイズの手数料を取られてしまう可能性があります。

梱包はなるべく小さく・軽くしておきたいですね。

荷物の種類

また、送りたい荷物の種類によっても配送手数料は変わってきます。

例えば生鮮食品や痛みやすい食料品など、冷蔵・冷凍した状態で送らないといけない荷物があります。

これらは「クール便」として追加の手数料を払って、対応している運送会社で送る必要があります。

運送会社によって配送手数料が異なるほか、冷蔵温度や冷凍温度も違いますので、よくチェックしてから送りたいですね。

郵便局では冷凍温度は対応していないため、注意が必要です。

また、高価な品物を送りたい時は、専用の配送手段を使えることがあります。

パソコンなどの精密機器であれば、クロネコヤマトで「パソコン宅急便」を使うことができます。

パソコン宅急便は、衝撃に弱い精密機器を専用の梱包資材を使って梱包し、安全に届けるというサービスです。

サイズ別に資材があるので、購入時の箱が無くてもしっかり梱包して貰えるのがメリットですね。

※荷送人が法人であれば、佐川急便で同様の「精密機器輸送サービス」を使うこともできます。

発地と着地の距離

最後に、発送元から配送先までの運ぶ距離です。

多くの運送会社では各県ごとに配送エリアが割り振られており、エリアによって配送手数料が変わってきます。

地帯区分 地帯の範囲(都道府県名)
北海道 北海道
北東北 青森・秋田・岩手
南東北 宮城・山形・福島
関東 茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨
信越 長野・新潟
東海 静岡・愛知・岐阜・三重
北陸 富山・石川・福井
関西 京都・滋賀・奈良・和歌山・大阪・兵庫
中国 岡山・広島・山口・鳥取・島根
四国 香川・徳島・高知・愛媛
北九州 福岡・佐賀・長崎・大分
南九州 熊本・宮崎・鹿児島

引用元:佐川急便

ヤマト運輸 配送手数料 配送エリア

引用元:ヤマト運輸

配送手数料を安くする方法は?

 

それでは、配送手数料を安く抑えるにはどうすれば良いでしょうか?

ここでは、数ある配送サービスの中からなるべく安く送るためのテクニックを紹介します。

複数の配送会社に同一条件で見積もりをとる

まずは、送りたい荷物の配送手数料がいくら掛かるのか、配送会社ごとに見積もりをとります。

同一条件でも各会社で手数料は異なりますので、必要な手順です。

一つ一つ配送会社のページで調べるのが面倒……という方には、「送料の虎」という比較サイトがおすすめです。

参考サイト:送料の虎

このサイトでは、荷物の種類、サイズと重さ・発地と着地を選択するだけで、各運送会社ごとの配送手数料が表示されます。

一個ずつ検索して比較するよりもずっと早く料金が分かるため、いつも「どの運送会社が高いのか安いのか……」と悩んでいる方にはおすすめです。

また、配達指定日が設定できるかどうかや、割引の条件なども記載していますので、これを使うだけで最低限の比較は出来ます。

クール便や国際便の荷物の価格検索にも対応していますので、覚えておけば便利なサイトです。

梱包サイズを見直す

配送手数料を抑えるテクニックとして、一番オススメしたいのが梱包サイズを見直し、なるべく小さいサイズで梱包して送ることです。

具体的な方法として、次の3ステップがあります。

  1. 基準となるサイズと重量を知る
  2. なるべく軽く、小さく梱包する
  3. 受け渡しの際に確認する

1.「基準となるサイズと重量を知る」

送りたい荷物は60サイズや80サイズなど、長さ・幅・厚さの合計が変われば配送手数料が変わる可能性があります

まず使おうと思っている配送サービスをチェックして、送る荷物がどれくらいのサイズになりそうか、調べてみましょう。

2.「なるべく軽く、小さく梱包する」

文字通り梱包してあるダンボールを小さくしてしまおうという手段です。

1で調べた基準のサイズを一段階小さくすることで、配送手数料を抑えることができます。

よくあるのが、ダンボールの上側に切り込みを入れ、ふた部分を長めに折り曲げることで高さを減らすという手段。

ほとんどの荷物は、ダンボールのサイズぴったりにはならないため、これだけでも荷物を一段階小さくすることができます。

「あと数センチで安くなるのに……」という方は、幅や長さにも注目してみましょう。

高さはなるべく低くなるように気にしていても、底面の面積を減らそうとすることは、あまりしないように思えます。

ですが、残り数センチで安くなるとなれば、やらない手はありません。

オススメの方法は、上記に書いた、フタ部分に入れる切り込みを底面まで切ってしまうという方法です。

そうすることで、展開図のように箱が開いてしまうかと思います。

その段階で荷物を入れ、荷物のサイズに沿わせて底面を折っていきます。

底面を折った後は、高さに合わせてフタ部分も作り、折っていくだけです。

折った部分は上からテープで包むようにして梱包すれば、サイズは数センチ小さくなることでしょう。

3.「受け渡しの際に確認する」

いざ送る段階で荷物を渡したとき、荷物の基準サイズがほんの数ミリだけ超えたという状態でも、担当する方によっては大きいサイズで計算されることがあります。

「せっかく小さく梱包したのに……」と文句を言いたくなるときもありますが、その場で指摘したり口に出したりすることは、お互い時間を浪費するだけなのでやめましょう。

もし納得がいかない場合は、一旦引き上げて別の方に渡してみたり、もう少し小さくできないかやってみることがオススメです。

以上の手段により、数百円から大きいものは数千円まで配送手数料を節約することができます。

ただし、サイズを小さくしようとするあまり、緩衝材を入れなかったり、甘い梱包にしたりして荷物を破損させては本末転倒です。

傷つきやすかったり壊れやすい荷物はしっかりと梱包した上で、サイズを抑えられないか考えてみましょう。

簡単かつ見落としやすいテクニックなので、ぜひぜひ挑戦してみてくださいね。

代表的な配送サービスの手数料・サイズ・特徴

 

最後に、大手運送会社3社の代表的なサービスの手数料やサイズ・特徴を見てみましょう。

運送会社によって得意とする分野や、割引サービスの条件が異なるため、よく比較してお得に利用しましょう。

日本郵便「ゆうパック」

25kg以下の通常の荷物でオススメなのが、ゆうパックでの配送です。
他社と比べて数百円安く、また郵便局まで持ち込みや相談が容易なため、使いやすい配送サービスです。

また2019年11月現在、「ゆうパックスマホ割」というアプリを使用したサービスがあります。

これはアプリでクレジットカードでの支払いと宛先を登録することで、配送手数料から180円割引するという非常にお得なサービスです。

大きい荷物やパソコンなど特別な荷物で無い限りは、ゆうパックがおすすめですね。

ヤマト運輸「宅急便」

ヤマト運輸の営業所が近くにある方でお得な割引なのが「クロネコメンバー割」です。

これは事前にメンバー登録を行い、専用電子マネーカードを作成しチャージしておくことで、配送手数料が10%も割引されるというサービスです。

また、ヤマトの店舗に持ち込めば持ち込み割引150円も併用できます。

ゆうパックに比べて条件が多いですが、当てはまる方はおすすめのサービスです。

 

佐川急便「飛脚宅配便」

佐川急便の特徴としては、「ジャストタイム便」があります。

これは集荷の翌日午前中から時間を指定して届けることができるというサービスです。

配達の時間指定を細かくできるため、急ぎかつ受け取りの時間が限定されている場合にはおすすめのサービスです。

まとめ

 

いかがでしたか?

今回は配送手数料を抑えるテクニックや料金が決まる荷物の基準の違い、そして運送会社によるサービスの特徴についてまとめました。

しっかり比較して、お得に荷物が送れるようになりたいですね。

荷主様へ

【無料】荷主と物流会社をつなぐ求貨求車サービス

「物流費を削減したい...」
「配車業務の工数を減らしたい...」
「運送会社を変えたい...」
などの悩みがある方は、物流システムを見直すべきタイミングです。

今、日本の物流従事者人口は減少しており、物流費は今後上がることが予測されています!

今回紹介するサイトは、求貨求車サービス「ユアトラック(YOUR TRUCK)」です。 荷主様と物流企業様を無料にてマッチングするサービスです。

ユアトラックが無料で条件に合った物流会社を代わりにお探しします!

全国で1000以上の運送協力会社様をご紹介できます。2t・4t・10tトラック、箱車、平車、ユニック車など様々な案件に対応しています。お近くの物流会社を無料でお問い合わせで頂けます。詳しくははこちらからご確認ください。

詳細を確認する

-物流
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.