トラック

【中古2tトラック】高く売り、安く買う方法とは?おすすめの業者を徹底紹介!

更新日:

 

みなさんも新しい2tトラックを購入するための資金として現状のトラックを売却を考えたり、新車の2tトラックを買うには資金が厳しいため、中古2tトラックの購入も視野に入れて検討したという経験があるかと思います。

売却時では1円でも高く売りたいですし、また購入時では1円でも安く購入したいと普通は考えますよね。

また購入または売却への手続きを楽にしたかったり、少しでも新車に近いトラックを手に入れたいといった気持ちもあると思います。

今回はそんな2tトラックを中心とした売買に関する事柄を価格面・売買方法・おすすめの業者といった観点から解説していくことにします。

2tトラックなどの売買を検討しているが、具体的にどのように進めていけばいいのか困っている人などは、ぜひ参考にしてみてください。

中古2tトラックの価格はどうやって決まる?

 

中古トラックという市場がある以上、そのトラックに対して価格が設定されます。もちろん2tトラックも例外ではありません。ここからは2tトラックを始めとする中古トラックがどのようにして価格が決められていくかを走行距離・耐用年数・各パーツの状況といった視点からみていくことにします。

走行距離

中古2tトラックを中心とした市場における価格の推移は、走行距離に関して述べると約3万キロを境にして、それ以上になれば価格が下落していく傾向にあります。

もう少し具体的に述べると、走行距離が2万キロの場合は相場よりもプラスの査定、3万キロでほぼ相場通り、それ以上は1万キロごとに約30万円づつ価値が下がっていくというデータが出ています。

2tトラックのような小型または中型トラックの一般的な寿命は約10万キロといわれていますが、それよりも早い段階で売却または購入をしておかないと、相場以上の価値には評価されないということになります。

また価格を決める査定において、走行距離はかなりシビアに判定されている項目であることに注意しておきましょう。

残りの耐用年数

基本的に2tトラックを含むトラック自体の耐用年数は約10~15年といわれています。

それ以上同じトラックに乗り続けると、走行中に不具合が起こったり、メンテにかかる費用も増大する可能性が上がっていきます。

耐用年数に関しては2tトラックやそれ以外のトラックの年式によっては人気車種もあるため、走行距離ほど価格査定においてシビアに判定はされませんが、いくら人気がある年式であってもかなり状態の悪いものなどは価格が下がる原因となってしまいます。

各パーツの状況

各パーツに関しても耐用年数と同じように、走行距離に比べてさほど価格査定に大きく影響してきません。

トラックはメンテナンスをしっかりしておけば、走行距離100万キロをこえるものもあるといわれており、どれだけ丁寧にパーツをメンテ及び交換するかが大事になってくるといえます。

言い換えれば売買のためにパーツを気にするのではなく、走行中に不具合を起こさないといった安全対策のためにしっかりとメンテや交換をおこなうことが重要になってきます。

その延長線上としてのメンテなどに対する努力が高査定となって、自らに還元されるというのが妥当なところではないでしょうか?

中古2tトラックを売買する方法は?

 

ここまで2tトラックを中心とする中古トラックの価格が、どのように査定をおこない価格付けされるのかを述べてきました。

ここからは実際に中古2tトラックを売買するにはどのような手段があるかを、中古トラック業者とネットオークションの2つからみていくことにします。

中古トラック業者を利用する

中古トラック業者を利用する最大の利点は、やはり購入を考えている実車に触れることができたり、試乗することができたりする点にあります。

2tトラックは小型トラックとわかっていても形状はさまざまであり、写真で見るトラックの形と実際に見る分とでは随分と印象が変わってきます。

また購入時においても販売のプロである担当者からエンジンや足回りといったことだけではなく、例えばパワーゲートの状態などの設備面においても生の意見を聞くことができるといった利点もあります。

ネットオークションを利用する

以前は中古トラック売買の手段としては実際に業者へ足を運ぶことのみでしたが、インターネットの時代になってからはネットを介した売買方法もでてきました。

その1つがネットオークションです。

ネットオークションの特徴はやはり業者に出向くことなく自宅やオフィスなどで、トラックの売買ができることにあります。

また2tトラックの場合は比較的多くの車種が販売されているので、検索等もしやすいといえるでしょう。

最近は多くの中古トラック業者が実店舗とネットオークションの両方に対応しているところが多いので、状況によって使い分けることでより効率的に2tトラックを始めとする中古トラックの売買をすることができますよ。

おすすめの中古2tトラック業者5選

 

ここまで2tトラックも含めたトラックにおける売買方法全般について解説してきました。

ここからは実際にトラックの売買においてオススメともいえる中古トラック業者を5つピックアップしてみました。

2tトラックなど中古トラックの売買においてぜひ参考にしていただければ幸いです。

①トラック王国

トラック王国は大型車全般の中古販売及び買取の業界において、知名度No.1の称号を得ています。

販売・買取双方ともさまざまな車種やメーカーを取り扱っていますが、特にトラック・バス・重機をに力を入れているのが特徴といえます。

 

トラック王国ウリはココ!

・2tトラックを含むさまざまな車種やメーカーを販売・買取

・全社試乗可能

・車両ご提案サービスで個々のニーズに合った車両をご提案

・今までのデータと完全自社対応による高額買取を実現

低年式や事故車などどんなクルマでも査定可能

・仙台から福岡まで全国に7か所の展示場

・当社ホームページにて査定入力フォームあり

 

それ以外にもメルマガやスマホアプリによって、2tトラックも含めた中古トラックなどの販売や買取における情報発信にも力を入れています。

査定費用:無料
公式サイト:https://www.55truck.com/

※画像は公式サイトより引用

②中古トラックのリトラス

次に紹介するリトラスも大型車全般の中古販売・買取・リースなどをおこなっている会社で、創業から約40年という老舗でもあります。

 

リトラスのウリはココ!

・2tトラックを含むさまざまな車種やメーカーを販売・買取

・車両ご購入後もアフターメンテが充実

・購入の流れをホームページに詳しく記載、初めてでもわかりやすい

低年次、過走行及び事故車などでも査定可能

中間マージンが発生しないシステムによる高額買取を実現

・各地の展示場の敷地を活かした大量買取が可能

全国で査定可能

・ホームページに各種問い合わせフォームあり

 

その他にも支店がアフリカのタンザニアにもあるなど、国内だけでなく海外も視野に入れた業務展開を積極的におこなっています。

タンザニアでも2tトラックの需要はあるのでしょうか?気になるところですね。

査定費用:無料
公式サイト:https://www.retrus.co.jp/

※画像は公式サイトより引用

③トラック流通センター

トラック流通センターは他の4社とは異なり中古販売専門の会社です。

もちろん扱っている車種やメーカーは多種多様に及んでおり、販売に関してさまざまなサポートをおこなっています。

 

トラック流通センターのウリはココ!

・2tトラックを含むさまざまな車種やメーカーを販売

・中古販売専門を活かしたさまざまなサポート

・中古トラック掲載台数業界トップクラス

・リピート率55%、お客様満足度92%

 

トラック流通センターは特に購入サポートに関して力を入れています。その中の1つであるトラックコンシェルジュのサービスなどが代表的な例であるといえるでしょう。

査定費用:無料
公式サイト:https://www.kaitoriou.net/

※画像は公式サイトより引用

④トラックランド

ポップでややコミカルな感じがするロゴが可愛らしいですが、トラックの中古販売・買取・レンタル会社としてはさまざまな車種に対応しており、また代車サービスその他の業務も取り扱うなど幅広い業務を展開しています。

 

トラックランドのウリはココ!

・中古販売及び買取に留まらない多種多様なサービス

・2tトラックを含むさまざまな車種やメーカーを販売・買取

・詳細にわたる検索システム

全国ネットワークを駆使することで高額買取を実現

・買取手続きは基本1回のみのワンストップサービス

・売却の流れをHPにて詳しく記載、初めての人でもわかりやすい

・ホームページに査定フォームあり

 

その他にも月刊トラックランドというWEB媒体の雑誌を発行していることや、ホームページ上でサービス内容を動画で紹介したりと、他社と比べてやや個性的なホームページが特徴の会社でもあります。

査定費用:無料
公式サイト:https://truckland.jp/

※画像は公式サイトより引用

⑤ステアリンク

最後に紹介するステアリンクは中古トラックの販売・買取・レンタルなど、トラック販売関連の業務を一通り行っている会社です。

ステアリンクはトラックの買取システムとは別に委託販売もおこなっているのが特徴といえます。

 

ステアリンクのウリはココ!

・2tトラックを含むさまざまな車種やメーカーを販売・買取

・問い合わせ予約や出張サービスといったサポートが充実

車両保証も充実

・購入の流れをホームページに詳しく記載、初めてでもわかりやすい

委託販売方式もおこなっている

中間マージンが発生しないため高額買取が可能

・当社ホームページだけでなく電話、メール、LINEからも申し込みが可能

・トラック業界をよく知るプロ集団が安心の査定

 

LINEからでも申し込みができるのはちょっと驚きですね。

購入の流れ以外にも先程述べた委託販売の詳細やLINEでの査定申し込み方法などが、ホームページ内で詳しく説明されているため、初めての人でも簡単に申し込みができます。

また買取担当者の顔イラストが載っていたりと、買取に関して細かい配慮も怠っていません。

査定費用:無料
公式サイト:https://www.steerlink.co.jp/

※画像は公式サイトより引用

中古2tトラックを高く売るには

 

ここまで2tトラックを取り扱っているオススメの中古業者を紹介してきました。

各業者とも買取に際してさまざまなサポートを提供していますが、みなさんの本音としてはやはり1円でも高く買い取って欲しいということに尽きるのではないでしょうか?

ここからはそんなみなさんの気持ちに応えた、少しでも高くトラックを買い取ってもらう方法を解説していきます。

複数のトラック買取業者に同条件で見積もりを出す

インターネットの時代になってから多くの中古トラック業者は、自社のホームページを持ち実店舗とネット販売の両方を担うようになりました。

また見積や査定に関してもホームページ上にあるフォームやメール等を駆使することによって、見積や査定結果が簡単かつ短時間でわかるようにもなってきました。

例えば2tトラックを中古で購入したいと考えた場合、ホームページ上などの見積フォームを複数の中古業者に送ることによって、それぞれの見積結果を提示してもらういわゆる合い見積もりが簡単にできるようなり、その中で1番条件のいい中古業者に2tトラックを買い取ってもらうことができるようになったのです。

ただし採用しなった中古業者に対してもそのままにはせず、忙しい中見積をして頂いたことへのお礼は必ず述べるようにしましょうね。

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。ここまで中古2tトラックを中心とした売買方法について、いろいろな角度から述べてきました。

2tトラックはトラックの中でも小型の部類に入るので、比較的多くの中古トラック業者が取り扱っている車種でもあります。

取り扱い幅が広い分、2tトラックはいろいろな手段での購入や売却にもってこいの中古トラックなのかもしれません。

最後にこの記事がみなさんの中古2tトラック購入または売却へのお力になれば幸いです。

ドライバーの採用担当者様へ

面接は完全無料/ドライバー専門の採用支援サービス

日本最大級のドライバー転職サイト「ドライバーキャリア」は丸和運輸機関やSBSグループなど大手物流企業など、全国で数百の事業所で利用されているサービスで、1万名以上のドライバー登録があります。

✔︎ 求人広告を出したが全く応募が来ない
✔︎ ドライバーの高齢化が進んでいる..
✔︎ 30代の即戦力をすぐに1名採用したい
✔︎ 空き車両が多く、稼働率をあげたい

など採用でお困り事の企業様は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

料金・サービス概要はこちら

-トラック
-, , , ,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.