トラック

トラックドライバーの”あるある”を調べてみた

更新日:

トラックドライバーとして働いているとこれ他の人も感じているのでは?と思うことがあるのではないでしょうか。

今回はそんなトラックドライバーのあるあるをまとめました。この中でいくつ当てはまるか数えてみてくださいね。

トラックドライバーとは

トラックドライバーは主にトラックを運転して荷物をお客様のところに運び込む仕事をしています。2tの小型のトラックから10tの大型トラックまで積載量によってトラックのサイズが異なってきます。大きいトラックになればなるほどを運転技術も求められてきます。

トラックドライバーの仕事あるある

トラックドライバーが仕事中に起こるあるあるを紹介していきましょう。

あるある1:楽な仕事は長く続かない
トラックドライバーは様々な配達先がある中、時々簡単な路線の荷物配達があるそうです。毎日こんな路線だったらいいのになぁと思っていても、そんな楽なことは長く続かず、早々にめんどくさい路線に戻るそうです。
楽な仕事はたまにあるご褒美と思っといた方が良さそうですね。

あるある2:渋滞情報を仕入れようとしたらラジオが終わる
運転中にこの先の渋滞情報を仕入れようとしてラジオをつけた途端、自分の知りたい場所の渋滞情報が終わってしまうということがあるそうです。タイミング良すぎですよね。

あるある3:運転中に見つけたトラックドライバーと現場で遭遇した
一般道路や高速道路でたまにうっとうしい運転をしてるトラックドライバーっていますよね。そんなうっとうしいトラックドライバーだったからこそ同じ現場ということがあるそうです。間違ってクラクション鳴らしたり、睨んだりしてしまったら現場が凍りつきそうですね。

あるある4:荷物が少ないときはテンションが上がる
平日は荷物が特にたくさんある時が多く、積み込みに時間がかかってしまいがちですが、土曜は荷物が少なくなりがちなので、積み込みも楽でスムーズに進みます。その分、出発も早くできるのでテンションが上がって軽快に運転ができるそうです。いつも忙しいからこそ分かる気持ちですよね。

あるある5:食事を取るのがトラックの運転席
サービスエリアやコンビニに行ってご飯を買っても食べるのは運転席というのは当たり前。トラックドライバーに取って運転席は一番落ち着くところなんです。長時間運転しているので、もはや家の感覚になるんでしょうかね。

あるある6:先輩と同じルートで配達しているとご飯やコーヒーをご馳走してくれる
トラックドライバーは基本的にそれぞれ別ルートを回りますが、たまに同じルートを配達することもあります。そんな時、一緒のルートになるのが先輩ならご飯やコーヒーをご馳走してくれるそうです。体育会系だからこその面倒見の良さなんでしょうね。

あるある7:忙しい時ほど赤信号に引っかかる
渋滞などにハマって配達時間に遅れそうで急いでいる時ほど、信号に引っかかってしまうそうです。やっと信号が変わった!と思えば次の信号に引っかかる。そうなるとイライラが止まらなくなりますよね。

あるある8:納品先についてお菓子やコーヒーをいただくとすごく嬉しい
仕事とはいえトラックドライバーも人間なので、長時間運転して現地に着くと達成感が生まれますよね。自分で好きなお菓子やコーヒーを買うのもいいですが、現場の人に「お疲れ様でした」の一言とお菓子やコーヒーをいただくと嬉しいものだそうです。優しい言葉とお礼があると頑張れますよね。

あるある9:お中元、お歳暮シーズンは仕事が鬼すぎて死んでしまう
トラックドライバーにとってお中元、お歳暮シーズンは一番の繁忙期。荷物の量も半端なく、送っても送っても仕事が終わらない魔のシーズンです。そんな時はドライバーも目が死んでいたり、表情がなくなっていたりするそうです。休憩時間もしっかり取れないので運転中におにぎりを頬張ったりするのも当たり前。同じドライバーと愚痴を言いながら頑張るしかないですよね。

あるある10:運転中のラジオがAM派とFM派で分かれる
トラックドライバーほどラジオを聞いている職種はいないんじゃないかと思うほどラジオを愛聴しています。しかしローカルな多いAM派と音楽番組の多いFM派できっぱり分かれるそうです。両方聞くよというドライバーの方が少ないとか。

あるある11:ボーッと運転してたら納品先を通り過ぎてしまった
考え事をしていてボーッとしたり、好きな音楽などで夢中になっているときなどに納品先を通り越してしまったいうトラックドライバーが多々いるそうです。大きいトラックを運転しているとUターンもできないので、戻ってくるまでに時間がかかってしまい、後悔してしまうそうです。

あるある12:納品先にムカつく奴がいるとあだ名をつける
納品先に態度のデカく偉そうな人間がいると心の中であだ名をつけて呼ぶそうです。大抵はかなり悪口的なあだ名をつけて、腹の中で罵っています。そいつが何かミスったりして上司などに叱られたりしたのをみると心の中で爆笑とガッツポーズがでるそうです。どこにでも嫌なやつはいるもの。でもその気持ちはよくわかります。

あるある13:狭い道をわざわざ隣で走るバイクに腹が立つ
ただでさえトラックはでかいのに狭い道になると車線ギリギリを走らないといけない。そんな時に自転車やバイクが隣で並走するとヒヤヒヤするし、イライラもしてしまうトラックドライバーが多いそうです。事故ったらこっちの責任だし、危ないからさっさと行けよと心の中で念じるそうです。トラックの運転席は高いから距離感も難しいのでやめてほしいですよね。

あるある14:取引先に美人がいるとやる気がめちゃくちゃ上がる
納品先や現場に美人がいると現地に行くのがめちゃくちゃ楽しみになるそうです。いつもより仕事もテキパキやって仕事できるアピールなんかもしてしまいがち。トラックドライバーも男ですから、誰だって美人に会えるのは嬉しいですよね。

あるある15:空車になるとテンションがあがる
荷物を積んでいるときは崩さないように丁寧に運転しないといけません。左折右折時なんかは特に注意が必要になります。しかし荷物を下ろした後にトラックが空っぽになるとその心配がなくなるので運転が気楽になります。帰りなどは鼻歌まじりで運転したりするそうです。

あるある16:いつもとは違うご飯が食べたいと思っても結局コンビニへ
トラックドライバーのご飯の定番はコンビニ飯。ただ毎日同じだとさすがに飽きてくるので、たまには違うご飯を食べようと車を走らせてもトラックを駐車できるご飯屋さんは全然見つからずで結局コンビニに行ってしまうそうです。トラックが駐車できるご飯屋さん見つかるといいですね。

あるある17:ミラーを破壊した経験がある
だいたいのトラックドライバーなら経験したことがあるのがミラーを壊していまうこと。特に左ミラーをやってしまうそうで、注意していたのにも関わらずある日突然飛んでいってしまうそうです。ミラーとはいえ修理代もバカにならなさそうですね。

あるある18:ウイングを傷つけてしまいがち
狭い道を通る際、街路樹など気にせず走ると木がガリガリっとウイングを傷つけてしまうことが多々あるそうです。車本体ではないのでそこまで気にする人もいないようで余程トラック全体を傷つけないようにと考えているトラックドライバーでない限り、ウイングは所々傷ついているそうです。

あるある19:疲れてくるとカーブでもウインカーを出してしまう
運転が長時間になってくるといくらなれているトラックドライバーでも疲れが出てきてしまうもの。そんな時に直角に近いカーブに差し掛かると曲がり角と勘違いしてウインカーを出してしまうそうです。本当に長時間の運転お疲れ様です…

あるある20:冬のシーズンに東北方面に行く時は頭の中で津軽海峡冬景色が流れる
トラックドライバーは演歌好きが多いのもあって、それぞれ地方に行くと必ず頭の中で流れるご当地ソングがあるそうです。東北といえば青森の津軽海峡冬景色やみちのく一人旅が流れてくるそうです。

トラックドライバーあるある

先ほどはトラックドライバーの仕事中のあるあるを紹介しましたが、ここではトラックドライバーのあるあるを紹介します。

あるある1:事故をしないための自分なりのジンクスがある
トラックドライバーにとって事故は人生を左右する大きな出来事になります。事故を起こさないようにドライバーによってそれぞれジンクスを持っているようです。例えば運転席に乗るときは左足から乗るや一度トラックに心の中で挨拶をするなどといったマイジンクスがあるそうです。日常でもうまく行った時は次も同じようなことをしますよね。

あるある2:プライベートでも運転を任されがち
トラックドライバー=運転が上手いと思われているので、プライベートでも運転よろしくねと自然と運転席へ導かれるそうです。しょうがないなあとニヤけながらハンドルを握るという嬉しい反面、たまの休日くらいはゆっくりしたいという思いで複雑になるそうです。

あるある3:取引先の人と付き合う
トラックドライバーはそこまで出会いがないのもあり、取引先の女性と付き合うことが多いそうです。同業種でもあると話も合うし、理解もしてくれるので安心感もありますよね。

あるある4:地方飯に詳しいでしょと友達からおすすめを聞かれる
トラックドライバーは地方に行く回数が多いから穴場を知っているでしょと友達から旅行に行く際などで質問が飛んで来るそうです。しかしトラックドライバーはだいたいいつもコンビニ飯。地方の名物料理なんてあまり食べないのが現状なのを知らない人が多すぎるそうです。

あるある5:狭い道を見ると自分ならどう運転するか考えてしまう
仕事中だけでなく、プライベートでも狭い道を見るとトラックでどう切り抜けるかシミュレーションするドライバーがいるそうです。ここでハンドルを切り返して…などプライベートでも仕事のことを考えるなんで職業病に近いですね。

あるある6:同僚がどんどんワイルドになる姿を見る
トラックドライバーは男らしい人が多いので、入社時は普通だった同僚がだんだん髪を立てたり、口調がキツくなってきたりと先輩たちに感化されて変貌していくそうです。舐められたらいけないという部分もあるそうですが、同僚が変わっていく様を見るのは面白いですよね。

あるある7:休日でも携帯がなるとビクッとする
仕事中に何か変更があったり、納品先から連絡が来たりと何かと携帯がなることが多いので休日でも突然携帯がなるとビクッと反応してしまうそうです。休日くらい心も休めたいのに体が反応してしまうのは厄介ですね。

あるある8:ご飯は基本大盛り
トラックドライバーは体力勝負な仕事でもあるので、食事は基本大盛りサイズを注文します。しっかり食べてエネルギーをチャージして運転頑張ってくださいね。

あるある9:コンビニの新商品にやたら詳しい人がいる
トラックドライバーはコンビニに行く回数が多いので、食べるものにこだわりのある人や新しいもの好きな人は新商品が出ると必ずチェックしているそうです。そのため、どこどこの新しい弁当はおすすめだよやあそこの新しいおにぎりはイマイチなどいち早く情報を仕入れているので、気になるものがあると必ず教えてくれる人がいます。

あるある10:筋肉自慢のドライバーがいる
重い荷物を持ったりするので自然と体は鍛えられるのですが、それでは物足りず筋トレをして更に体を鍛えるトラックドライバーいるそうです。仕事中も荷台の後ろで懸垂をしたり、隙があれば筋トレをして自慢の体を見せつけてくるそうです。

あるある11:休日が雨だとラッキーな気持ちになる
普通は休日晴れて欲しいものですが、トラックドライバーでも小型の荷物を扱う人は荷物が濡れるとクレームにもなるので仕事の日は晴れていてほしいそうです。その分、休日が雨だと休みで良かったと感じる人もいるそうです。

あるある12:転職先でも元同僚に出会いがち
トラックドライバーの世界は広いはずですが、転職しても前の会社で同じだった同僚と再会することがあるそうです。前会社で嫌だったことが同じだった分、同じようなものが魅力的に映るのかもしれませんね。

あるある13:意外と原チャを運転するドライバーが多い
トラックを運転しているとプライベートでも大きい車でないと物足りないのではないかと思いますが、意外と原チャを乗り回している人が多いそうです。トラックとは違って小回りがきいて便利だからなのかもしれませんね。

あるある14:負けず嫌いな人が多い
男のプライドがあるのか、トラックドライバーには負けず嫌いな人が多い傾向があるそうです。普段の仕事でも俺の方が重量が多いぞと勝手な争いをしている人がいるようですよ。

あるある15:昔はワルだったんでしょと言われがち
新しくできた友達などにトラックドライバーとしてるというと、「あー昔不良だった?」と聞かれてしまうことが多いそうです。確かにワルだった人も多いので、そう思うのも仕方ないのですが、ある意味職業差別的な気もしますよね。

あるある16:カスタムしているトラックが気になる
例え自分が運転するトラックをカスタムしていなくても、カスタムしたトラックがあると気になるそうです。どんな風にしているか心の中では質問したくなっているみたいですよ。カスタムに憧れがあるのかも知れませんね。

あるある17:お腹の肉が出ている人が多い
トラックドライバーは筋肉質な人が多く、たくましい腕をしているのですが、一方お腹はだるんだるんな人が多いそうです。腹の肉は重いものを運んでも落ちないから仕方ないとは思います。

あるある18:大型駐車場のあるコンビニやレストランを探しがち
トラックドライバーにとってトラックの駐車できるコンビニやレストランはありがたいもの。なので日常からコンビニやレストランを見るとトラックが止められるかチェックしているそうです

あるある19:コンビニにお気に入りの店員がいる
仕事中であっても楽しみがないと頑張れないですよね。トラックドライバーには誰でもお気に入りを持っているそうです。特に用がなくてもそこには寄って顔をチラッと見るだけで元気が出るそうです。

あるある20:キャビン内をやたら改装するドライバーがいる
仕事で長時間運転するので居心地良くするためにやたらとキャビン内を改装するドライバーがいるそうです。原型をとどめないほどカスタムして、ドライバーの中で噂の人になるほど改装している人もいるみたいですよ。

まとめ

いくつ当てはまるものがあったでしょうか。たくさん当てはまった人はそれだけ長い期間ドライバーを務めているのかも知れませんね。毎日大変な仕事をしているのでこの記事をみてクスッとしていただけたら幸いです。疲れたらまたこの記事を見に来てくださいね。これからもお仕事頑張ってください!

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-トラック
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.