施工管理

施工管理がきついといわれる理由は?やりがいやきつさを解消するための方法なども併せて紹介!

更新日:

「施工管理ってきついと聞くけど本当なの?」
「施工管理はやめとけと言われたけどなんで?」
「施工管理のいいところってなに?」

そんな疑問を抱えた方にこの記事はおすすめです。

この記事では以下のことを紹介しています。

・施工管理のきついところ
・施工管理のやりがい
・施工管理のきつさを解消するためには
・施工管理の派遣はやめておくべき理由
・施工管理をやめたくなった時に起こす行動

施工管理に興味のあるかたは必見な内容となっているので、最後まで一読することをおすすめします。

施工管理の仕事内容とは?

きついといわれる施工管理。そもそも普段どういう仕事をしているかご存じですか?施工管理の仕事をまとめると4大管理と呼ばれることを行っています。それぞれ紹介していきましょう。

品質管理

建築などの工事現場で新たに建築物を作るときは、それぞれの技術基準に則り強度や材質の材料を使うべきなのか、またどこに使用するのかを細かく決めていかないといけません。

建築中はこまめに記録用の写真を撮影し、最終的に引き渡しのときに発注者へデータを渡して品質を証明しなければいけません。その膨大な量の写真の管理や書類の準備などを担当するのも施工管理の仕事です。

また、設計者からいただいた指示書がわかりにくい場合は施工管理技士が作業員へわかりやすく簡略化することも、この仕事のうちの1つとなります。

工程管理

工程管理とは一言でいうと工事全体の流れを把握して、工期終了までのスケジュールを考えることです。工期には期限があり、これに遅れてしまうと罰金が発生するというリスクがあるため、施工管理技士は必ず間に合うようにスケジュールを組まなくてはいけません。

作業員や重機の手配、関連企業との連絡を取り材料などの手配を行うことも施工管理の仕事なので大変です。もしトラブルなどで作業が遅れてしまっている場合は、その修正案を考えることも工程管理のうちの1つとなります。

安全管理

4大管理のうち最も重要とされていることが安全管理です。安全管理とは、作業員がケガや事故を起こすことなく安全に工事が進められるよう環境や安全装備の点検などを管理することです。

例えば作業員がヘルメットをかぶっているのか?安全靴をはいているのか?高所での作業時は安全帯をつけているのか?ユンボを使用するときは誘導員がついているのか?手すりなどはしっかりついているのか?などとてもたくさん確認することがあります。

しかし、一度ケガや死亡事故などを起こしてしまうと大きな問題となります。日々の仕事で忙殺されて大変ですが、この安全管理は怠らないようしっかり行う必要があります。

原価管理

原価管理とは、建築物を施工する企業が黒字となるように工事費用を管理するとなります。作業員の人件費や材料費、重機のレンタル代などさまざまなお金がかかる中、全ての費用を計算して予算内に収めるように工夫することが施工管理の仕事です。

お金のことなのでプレッシャーやストレスがたまりますが、黒字を出すことは重要です。トラブルなどで追加費用がかかることもあるので、それを見越して見積書を考えないといけません。

施工管理のきついところ

施工管理はきつい、つらい、ストレスがやばいなどいろいろ言われますが、具体的にどういったところが大変なのか紹介していきましょう。

残業時間が長い

施工管理の仕事の特徴として労働時間が長いことが挙げられます。その理由は日中は工事現場の管理、夕方からは書類作成などの事務作業があるからです。

職人さんなどは日中の工事だけを担当しますが、施工管理は工事終了後に設計業務や日報の作成、現場で撮影した写真の整理、材料や重機の手配などを行わないといけません。朝も職人さんよりも早く出勤しないといけないので、7時は現場に到着するようにしています。

そのため、施工管理の労働時間は他の職業と比べて年間で330時間以上多いというデータが発表されています。月間の残業時間にすると60時間以上、一般的な企業の残業時間が20時間程度と言われているので、3倍以上も働いていることになります。

毎日仕事に追われて定時で帰れることがないので、ストレスがたまり精神的につらい状況に追い込まれることも少なくありません。

休日回数が少ない

施工管理のきついところとして休日日数が少ないことが挙げられます。建設業界にある労働組合によると施工管理の休日は1週間に1回、または2週間に1回と一般企業の週休2日制を取得しているところがほとんどありません。データによると全建築業の中の7%のみが週休2日制をとっている状況です。

休日回数が少ない理由は、工期に遅れないようにスケジュール調整を行っていることです。最初から指定された工期が短かったり、悪天候で工事が遅れたりしたときに休日を返上して働くため休日回数が少なくなっています。

休日が少ないことで体力を回復させることができない、遊びにも行かずリフレッシュできないなど新たにストレスを生んでしまいます。

人間関係がめんどくさい

施工管理というのは立場上ストレスのたまりやすい業種です。会社でいう中間管理職的なもので職人さんと依頼主との間に入るので、双方からの要望や指示などの調整に苦心して疲れてしまう方も多いです。

職人さんは気が短く、気難しい方が多く、うまくやっていくためには信頼関係を築かないといけません。それに苦慮したり、職人さん同士ののつまらないいざこざにまきこまれることもたくさんあります。

依頼主からは過度な要求や急な変更などに対応しないといけないので、ストレスがたまりやすくキツイといわれるのです。

出張が多い

施工管理は出張の多い業種です。というのも1つの現場が終われば次の現場に移動するため同じところに住み続けるということが難しいです。

既婚者であれば4割程度の方が単身赴任で働いています。特に橋や道路などを管理する土木施工管理技士は5割以上の方が単身赴任を余儀なくされているそうです。

子供がいる家庭や新婚家庭だと家族とのコミュニケーションを取る時間がなく、子供の成長を身近に見ることができない、新婚の楽しい時間を共有できないなどといったマイナス点があります。

また、現場の職人さんは現場ごとに変わるので、新たに人間関係を構築しないといけないといった面倒ごとがあります。

給料が低すぎる

施工管理の平均年収は約550万円と一般企業の約440万円よりも100万円以上高いため、給料水準が高い傾向にあります。

それでも給料が少ないと感じてしまうのは残業時間の多さや休日日数の少なさ、仕事の量の多さやストレスの多さなどといったところからです。

また、同じような仕事をしているのに給料が高い企業が近くにあると給料に不満を感じる要因の1つとなるようです。

理不尽なことが多い

理不尽なことが多いのも施工管理のきついところです。

職人さんは気難しく、短気な方が多いので、つまらないことに突っかかってきたり、相手のミスなのに自分が怒られたり、設計者のミスを自分に当たられたりと理不尽なことが多々あります。

依頼主からも理不尽な要求が出されることもあります。施工管理が間に入ることから意見を言われやすい立場であるため、理不尽なことが起きてしまいがちとなります。

時代ごとに新しいことを覚えないといけない

施工管理技士には1級と2級の資格があります。1級となればあらゆる工事現場を担当できるプロフェッショナルな立場となりますが、それでも資格をとっても勉強することはたくさんあります。

自分の知らない工法や資材があれば事前に勉強しておかないと職人さんに説明できないですし、時代ごとに新しい工法や資材がどんどん生まれます。職人さんと指示できるようになるには職人さんよりも詳しくないといけないので、資格を取ってからも覚えることはたくさんあります。

また、会社からの指示で施工管理以外の資格を取得しないといけない場合もあります。しかし、残業が多く休日が少ない施工管理の仕事では、勉強に取る時間がなく、睡眠時間などを削って新しいことを覚えないといけないので大変となります。

体力的にきつい

施工管理は残業が多く、休日が少ないことから体力面できついです。ただきついのはそれだけでなく、気温の面からも体力的につらいといわれます。

夏場であれば35度以上の気温のなか、安全面から長袖の作業着を着ないといけません。分厚い作業着で肉体労働をしないといけないため熱中症になるリスクがあります。

冬であれば寒い気温の中、外での作業を行わないといけないので、体調面の管理が大変です。

現場にいる間は立ちっぱなしであることが多く、ゆっくり休憩する時間もないため体力的にきついといわれます。

施工管理のやりがい

施工管理はきついと紹介してきました。しかし、きついだけでは誰も働きたくないですよね?実際に働いている人はきつさの中にもやりがいを感じているはずです。

施工管理のやりがいはどこにあるのか、紹介していきたいと思います。

自分が作り上げたものが形に残る

施工管理に携わる中で大きなやりがいとなるのが、自分が作り上げたものが後世に残るというところです。ビルやマンションはそこで暮らしたり、仕事に使ったりするものとして、橋や道路は通行する人たちの便利なインフラとして、ショッピングセンターや公共施設は人々の生活のための役立つ建築物として、造園工事は人々の安らぎや地球環境のために、などそこで暮らす人々の役に立つものとして残されます。

もし大きな規模のプロジェクトに関わることができれば、自慢の作品となりますし、今後のステップアップのアピールポイントとしても役立てることができます。

大きなものほど自分の名前が刻まれるので、施工管理というのは大きな役割のある仕事といえるでしょう。

毎回新しいものを作れる楽しさがある

施工管理は1つの現場が終われば次の現場へ移動していきます。つまり、同じ建造物は2度と作ることがないとも言えます。毎回新しいものを作るため、工法や資材が変わり、覚えることがたくさんある部分が大変かもしれませんが、知識は自分の財産となるため、今後役に立つものとなります。

また、毎回違うものをつくるため飽きが来ない仕事とも言えます。通常の仕事であれば同じことの繰り返しとなり、次第にマンネリ化してつまらないと飽きてしまうものですが、施工管理技士は常に新しいものを作るので新鮮な気持ちで仕事に臨めます。

多くの人と関わってプロジェクトを終了させる

建築物を作るというのはたくさんの人たちと関わって行うものです。依頼主、設計者、関連企業の人たち、作業員など数十人、多いときは数百人規模の現場を任されることもあります。

その中で施工管理技士は現場監督として、現場を指揮したり、関連企業とのやり取りや依頼主からの要望を受けて作業員に連絡したり、作業員の連絡を密にして、工程通りに作業を進めていくという大変な役割を担っています。

プロジェクトが大きいほどプレッシャーも大きくなりますが、その分やりがいも大きくなるものです。そしてなにより工事が完了したときの達成感はこれまでの苦労などによって大きくなるものです。たくさんの人たちと関わって行うものなので、一緒に達成感を味わえます。

大変な仕事ですが、たくさんの人から信頼され、尊敬され、感謝される仕事なので大きなやりがいのある仕事といえるでしょう。

任される仕事の幅が広い

施工管理技士は、4大管理と呼ばれる「品質管理」「工程管理」「安全管理」「原価管理」を行わないといけません。これはプロジェクト全体を指揮する仕事なので、仕事の範囲が広く、とても大変ですが、とてもやりがいのある仕事とも言えます。

作る建造物の品質は仕様書通りなのか、依頼主の要望にそったものなのか、スケジュール通りに作業が進んでいるのか、遅れているときはどう修正するのか、作業員全員の安全を守るためにどう管理するのか、予算通りに工事を進めるための工夫をどうするのか、などやることがたくさんあります。

仕事の幅が広いのはつらいかもしれませんが、それだけ頼りにされているということです。最初は大変ですがたくさんの現場をこなすことで仕事をテキパキと行えるようになるでしょう。

生活に十分な給料をいただける

施工管理の平均年収は約550万円と一般企業のよりも100万円ほど多くいただいています。それだけ大変な仕事なので、当然ではありますが給料が高くもらえればもらえるほどモチベーションもあがっていきます。

給料が高いと家族を余裕をもって養うことができる、自分の趣味にお金をかけることができる、旅行など好きなところへ出かけやすくなるなどできる範囲が広がります。なにより給料が十分だと親や家族を安心させることができます。

毎月の給料明細書を見て、高い給料があるたびに大きなやりがいを感じることができるのではないでしょうか。

施工管理のきつさを解消する方法

施工管理の仕事はきついなか、やりがいがあることがわかりました。しかし、それでも仕事をきついと感じる人も少なくないはずです。

施工管理を続けていくためにもきつさを少しでも改善したいですよね。きつさは自分だけでなく政府や企業側からも取り組むようになりました。どういったものなのか紹介していきましょう。

働き方改革のよる解決法

長らく続いていた長時間の労働時間や残業時間問題を解決するために、日本政府は2024年から時間外労働の罰則付きの上限規制を始めるようにしました。

これを受けて建設業界も働き方改革の取り組みを始めており、施工管理の効率化や生産性の向上、書類負担の軽減など意識が高まってきました。

現在はITの発展により、業務用ICTツールを活用して書類作成の簡略化、情報共有アプリで資料の共有など施工管理の負担を減らしています。

まだまだ労働時間は長いですが、働き方改革の意識は年々高まっていき、2024年にはかなりの残業時間が削られると予想されています。

今すぐ解決したいなら職場を変更する

働き方改革が進められているとはいえ、あなたの会社が全く手を入れようとしていないのであれば転職することも選択の1つです。

自分が何を問題視しているのかで、転職先の選び方が変わります。

例えば残業時間を減らしたいや休日日数を確保したいということが希望であるなら、働き方改革を進めている企業を探すというのが最良の手だと思います。働き方改革を進めているのは、大手、中堅の企業であることが多いです。規模の大きな企業は政府や市民からの目が厳しいのでいち早く解決に向けてテコ入れをしているところが多い傾向があります。大手企業ほどICTツールを活用した方法を導入しているので、働きやすい環境となっていることが多いです。

また、施工管理技士の資格を利用して別の業種に転職することも1つの手段です。同じような業種で設備管理というものがあります。建物や設備などを保守管理することが仕事ですが、仕事の型が決まっているため定時で帰れたり、休日がしっかりとれたりします。

または不動産管理会社やディベロッパーという発注者側に転職することもおすすめです。同じ施工管理技士として働きますが、現場は下請けの施工管理技士が行うので、業務量が格段に抑えることができます。

施工管理の派遣はやめとけと言われる理由

同じ施工管理技士として派遣業も登場しました。派遣業は労働時間がしっかり決められているので、残業時間が少なく働きやすい環境であるという風に思われています。しかし、実際のところ派遣はやめとけという意見もたくさんあります。その理由について紹介していきましょう。

技術や知識が身につかない

施工管理の派遣社員は使いっぱしりの労働力とされていることが多く、きちんとした仕事を任せてもらえないため技術や知識が身につかないとされています。

そもそも派遣社員を利用する理由は現場の人手不足解消のためです。本来そこで勤務している社員の負担軽減のために派遣社員を呼ぶので、しっかりとした仕事を任せてもらうことができなかったり、会社の社員でないことから教育を受けさせてもらえなかったりします。

つまり雑用レベルの仕事や肉体労働ばかりさせられるので、せっかく施工管理の資格を取って働いてもやりがいもありません。

給料が下がる

これまで施工管理の派遣社員は給料が高く設定されていました。その理由は大手ゼネコンが活況しており、売上高が右肩上がりだったためです。ゼネコンが儲かっており、仕事がたくさんあったため、派遣も給料が高かったのです。

しかし、昨今の建設業の業績は右肩下がりで景気が悪くなってきています。そうなればゼネコンの売上も悪くなり、必然的に施工管理の派遣社員も給料が大きく下がる、または経費削減で派遣社員が切られてしまうことにもなります。

社会的信用度が低い

よく施工管理の派遣社員の求人ページにキャリア形成ができる!という宣伝文句を見かけます。しかし、あれは嘘だと言われています。というのも派遣社員という立場はまだまだ社会的には信頼性のある、高い評価を受けられていません。

同じ施工管理技士として働く際にゼネコンで勤務していた正社員と派遣社員で働いていたという経歴では雲泥の差が生まれています。転職の面接などの際に、なぜ正社員として働いていなかったのか?という疑問をまず浮かべられてしまいます。

また、上記で紹介した技術や知識が身につかないといった評価は雇用側も知っています。これまでの派遣社員としての経験や実績があまり評価されないので、施工管理としてステップアップしていきたいと考えている方には派遣社員をおすすめすることができません。

本当に長時間労働がないとはいえない

派遣社員は一般的に勤務時間が決まっており、残業などがないとされています。しかし、これは本当なのでしょうか?

実際のところ残業させられている派遣社員もたくさんいると言われています。その理由としては、派遣会社とゼネコンとの関係性にあります。派遣会社にとってゼネコンは大事な顧客です。そのゼネコンを敵に回すと派遣会社は売り上げがたたない状態となります。

表では派遣社員を無理に働かせることはさせませんと言っていますが、実際のところはゼネコンに嫌われないように立ち振る舞っています。そういったことからゼネコンの社員と同じように残業していると言われています。

そういった点から施工管理の派遣がやめとけと言われるようになりました。

施工管理をやめたくなったらどうする?

施工管理がきつい、つらいとなって本当にやめたくなったときはどのようにすればいいのか?簡単に思いつくだけでも友人や家族に相談する、転職先を見つける、などあるかと思います。

これらは間違いではありません。ここでは施工管理をやめたいと思ったときに起こす行動について紹介していきたいと思います。

やめたい理由をまとめる

まず最初にすることは施工管理をやめたい理由をまとめることです。施工管理はきついのでやめたくなることはよくあると思います。一時的な感情からやめたいと思ったり、上司にきつく叱られた、職人さんと合わない、依頼主が理不尽な要求をするなどさまざまなことからストレスがたまって心が限界を迎えるいったこともあるでしょう。

そのため、なぜ自分はやめたいのかをきちんと整理することが大切です。なんとなくではなく、やめたい理由をまとめることがポイントです。やめれば今のストレスは解消されますが、次の転職先でも同じようなことが起きる可能性が高いです。

自分は何が嫌なのか?どういったところからやめたいと思ったのかを洗いざらいまとめることをおすすめします。まとめているうちに本当は続けたほうがいいのではないかと考え直すこともあるかもしれませんよ。

上司に連絡する

やめたい理由をまとめることができれば上司に連絡しましょう。相談ではなく、やめるという連絡の方がいいかと思います。その理由は相談だと説得させられるからです。もちろんやめるという連絡でも止められます。施工管理および建設業界は慢性的な人手不足が続いているので、誰かがやめるとその分負担が増大します。せっかく育った戦力を失うとまた一から新しい人を育てないといけません。

上司としてはこれを何としてでも食い止めたいので全力で引き留めてくるでしょう。ここで最初に考えた「やめたい理由をまとめる」がいきてきます。なぜやめたいのかをしっかり伝えることができれば上司も止めることができなくなります。

うやむやな理由だと隙ができるので、上司はそこをうまくついてくるでしょう。そのため、やめたい理由をはっきりまとめておく、または転職先を先に見つけるといった方法をとるのもいいでしょう。

転職先を見つける

上司に連絡した後、もしくは連絡する前に転職先を見つけましょう。転職先を見つけるには、転職サイトを利用する、ハローワークを利用する、知人の紹介を受けるの3つが基本的な方法となります。

転職サイトは一番転職先の候補を見つけることができるのでおすすめです。給料条件や休日回数、勤務地、福利厚生などさまざまな条件を入力して検索できるので自分にあった企業を見つけやすいです。

いい企業が見つかれば、HPを覗いて社風や理念、会社の雰囲気などを写真や文章で確認しましょう。仕事中にスマホなどで効率的に転職先を探すことができるのも転職サイトのいいところです。

ただし、転職サイトはたくさんの人が利用しているのでライバルが多い、掲載期間に期限がある、面接などの日程調整を自分で行わないといけないといったデメリットがあります。

ハローワークはたくさんの求人がある中で相談員さんと話し合いながら自分にあった転職先を探すことができます。面接などの対策も相談員に相談することができ、面接までのやりとりをサポートしてくれるので、スムーズに転職先を見つけることができます。

ただし、転職サイトと比べると求人件数は少ない傾向があるので注意しましょう。

知人からの紹介は転職活動の時間の節約となります。会社のイメージや働く環境を生の声で聞きやすいので、自分に合うかどうかがわかりやすく、実際に転職したくなったら選考の際に有利となりやすいといったメリットがあります。

ただし、知人からの紹介だとやめたくなった際に言いにくい、ここからさらに転職がしにくいといったデメリットがあります。

まとめ

施工管理はきついですが、やりがいのある仕事ともいえます。まだまだ建設業界は人手不足で昔からの風潮が残っているため、転職しても同じようにきつい、つらい現場である可能性があります。

転職するのであれば、思い切って業種を変更したり、違う職種を選ぶことも選択肢に入れてみましょう。しかし、施工管理は給料も高く、やりがいのある仕事です。違うことをすればつまらないと感じるかもしれません。本当にきついのであれば、転職をおすすめしますが、やめる前にはしっかりと自問自答してどうするのか自分の気持ちをまとめるようにしてくださいね。

施工管理のお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級の施工管理の専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

現在、施工管理を担える人材の不足が問題になっています。転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

施工管理技士の求人なら建職キャリア

 今回紹介するサイトは、日本最大級の建築・工事系転職支援サービス「建職キャリア」です。

全国の建設企業の施工管理技士向けの求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

施工管理の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

 

-施工管理
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.