工場

機械設計エンジニアの平均年収は606万円|年収が高い3つの理由

更新日:

現場で働く人の様子

機械設計エンジニアの平均年収は約606万円と、日本の平均年収と比較すると高水準です。

機械設計エンジニアへの転職を検討している人の多くは、収入を上げたくて転職したいのではないでしょうか。未経験者の場合、転職直後は一時的に収入が下がってしまうこともありますが、年収アップのコツを理解すれば転職後も高収入を得られるかもしれません。

そこで今回は、機械設計エンジニアの収入事情を詳しく解説していきます。

機械設計エンジニアの平均年収は606万円

デスクワークの様子

厚生労働省によると、機械設計技術者の平均年収は606.2万円となっています。

日本の平均月収は約31万円、年収に換算すると372万円なため、高水準であると言えます。

ただし、機械設計エンジニアには、大学工学部卒レベルの専門的な知識やスキルが求められます。そのため、現時点で専門知識がなければ、すぐに転職することは難しいでしょう。

将来性のある仕事ですから、機械設計エンジニアを目指して大学を受験して、通ってみてはいかがでしょうか。

機械設計エンジニアの年収、収入事情については「機械設計エンジニアの平均年収は約450万円〜600万円と高い」でより詳しく解説していますので、あわせて確認してみましょう。

参考:機械設計技術者 - 職業詳細 | 厚生労働省

機械設計エンジニアの年収が高い3つの理由

男性が書類を確認している様子

先ほどお伝えした通り、機械設計エンジニアの年収は比較的高い水準にあります。機械設計エンジニアの年収が高い理由としては、以下の3つが考えられます。

  • 人手の需要に供給が追いついていないから
  • IT業界の拡大と共に機械設計の需要も伸びているから
  • 専門的な知識が必要で実力主義の部分があるから

人手の需要に供給が追いついていないから

現代社会では多くの業界で人手不足が続いています。機械設計エンジニアを含む、開発系でも同じです。つまり、人手に関して需要があるのです。

しかし、需要に対して供給が追いついておらず、企業は高い報酬を提示して人材を集めようとしています。機械設計エンジニアに転職すれば、収入が上がる可能性が高いでしょう。

IT業界の拡大と共に機械設計の需要も伸びているから

社会全体でのITの発展とともに、機械設計業界の需要も伸びていると言われています。そのため、今のうちから機械設計の知識やスキルを身につけ、実務経験を積んでおけば、今後、市場価値の高い人材になれるかもしれません。

専門的な知識が必要で実力主義の部分があるから

機械設計エンジニアには専門的な知識が必要です。高いスキルが必要な仕事ほど、年収は高くなる傾向にあります。

また、機械設計エンジニアは開発職なため、結果主義・実力主義なところがあります。持っているスキルが高ければ高いほど、年収が高くなる可能性は高いでしょう。

機械設計エンジニアの年収に関係する「ボーナス・昇給」について

オフィスで会議をしている様子

ここまで、機械設計エンジニアの年収と年収が高い理由を解説してきました。ここではさらにボーナスや昇給・昇進について解説していきます。

ボーナス

制度の詳細については企業によって異なりますが、夏と冬、年2回ボーナスが支給される場合が多いようです。年齢やスキル、実績によっても異なりますが、どちらも70万円ほど支給されるのが一般的です。

昇給・昇進

昇給・昇進についても、企業によって制度は異なります。いくつか求人を見てみると、昇給や昇進のチャンスは年2回のところが多いようです。気になる人は企業の公式ホームページや求人サイトで確認しておくと良いでしょう。

機械設計エンジニアの年収に関するよくある質問

打ち合わせをする男性と女性の様子

ここでは機械設計エンジニアの年収に関する質問を紹介します。

  • 機械設計エンジニアはオワコンではありませんか?
  • 機械設計エンジニアの年収は年齢によってどのくらい違いますか?
  • 機械設計エンジニアで年収1,000万円は目指せますか?

機械設計エンジニアへの転職を検討している人は、ここで疑問や不安を解消しておきましょう。

機械設計エンジニアはオワコンではありませんか?

機械設計エンジニアは、決してオワコンではありません。むしろ、将来性の高い仕事の1つだと言われています。

機械設計エンジニアの年収は年齢によってどのくらい違いますか?

厚生労働省によると、20代では500万円弱、そこから年齢が上がるにつれ右肩上がりで上昇することがわかります。50〜54歳の740.62万円をピークに、450万円ほどまで徐々に下がっていきます。

参考:機械設計技術者 - 職業詳細 | 厚生労働省

機械設計エンジニアで年収1,000万円は目指せますか?

機械設計エンジニアでは働き方次第ですが、年収1,000万円を目指せます。どうすれば年収1,000万円を超えられるかについては「機械設計エンジニアで年収1,000万円稼げるかは環境による」で詳しく解説しています。

機械設計エンジニアが年収アップするなら、転職エージェントの活用がおすすめ

勉強をしている様子

今回は機械設計エンジニアの年収、収入事情について解説してきました。機械設計エンジニアは年収1,000万円以上を目指せる、将来性の高い仕事です。

機械系、開発系の仕事に就きたい人は機械設計エンジニアを目指してみてはいかがでしょうか。

製造・工場勤務の方へ

こんなお悩みありませんか?

転職して給与をUPさせたい...
勤務の時間帯を変えたい...
仕事内容を変えたい...

今の職場を辞めたい、でも忙しくて転職活動ができない方もいるはずです。

中には「転職したいけど面倒」という方もいるでしょう。

そんなときは、製造業界専門の求人サイト「メーカーキャリア」であなたの希望に合う求人を見つけませんか?

【かんたん1分で完了】
求人を検索する


この記事を書いたライター

クロスワークマガジンのアイコン

クロスワーク編集部

物流・建設・製造など現場で活躍する方々向けに、就職・転職のお役立ち情報や、お仕事ノウハウのコラム記事を執筆しています。

このライターの記事一覧

公式SNS

-工場
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.