免許・資格

タクシー運転手に必要な二種免許って難しい?試験の内容と取得のコツを紹介します

更新日:

「二種免許って難しいの?」
「二種免許で大変なところを知りたい」
「二種免許を簡単に取る方法を知りたい」

こんな疑問や悩みを持っている方におすすめです。

この記事では、

・二種免許の取得の流れ
・二種免許の試験内容
・二種免許の難しいところと取得するためのコツ

について紹介しています。

タクシー運転手になりたい方や二種免許に興味のある方は、ぜひ最後まで一読してくださいね。

普通免許と二種免許の違い

普通免許と二種免許の違いは、一言で言うと営利目的で人を乗せて運転できるかどうかです。

例えば、タクシーやバスなどを運転するためには二種免許が必要です。つまり旅客業で働くためには、二種免許の取得をしなければいけません。

二種免許の受験資格

二種免許の取得の際に必要な条件は、以下の5つです。

①満21歳以上であること
②普通自動車免許を取得してから3年以上経過していること
③視力が0.5(片目)以上、0.8(両目)以上あること。機器を使った深視力検査で、2.5mの距離から3回検査を行い、平均誤差が2cm以下であること
④色彩識別検査で、赤・青・黄色の3色が識別できること
⑤聴力検査で、10m離れたところから90デシベルの警音器の音が聞こえること

二種免許の受験の流れ

二種免許の取得方法は、「教習所に通う」「一発試験」の二つがあります。

教習所の場合:卒業試験が技能試験になります。卒業試験に合格し、その後に試験場で学科試験を受験し、合格すれば免許取得となります。

一発試験の場合:試験場で先に学科試験、その後技能試験を受験します。合格すれば教習所に行き、応急救護講習などを受講し、免許の取得といった流れとなります。

学科試験や実技試験について、詳しく紹介していきましょう。

学科試験の内容

学科試験は、マークシート方式で文章問題が90問(各1点)、イラスト問題が5問(各2点)の全95問100点満点で、合格点は90点以上となります。

基本的には、普通自動車免許と同じような交通のルールや常識問題といった内容で、5〜10問程度のみ二種免許特有の旅客輸送に関する問題が登場します。

実技試験の内容

実技試験は減点方式で行われます。100点満点から始まり、80点未満となると不合格となります。

試験は、場内コース走る試験と路上試験の両方があります。
場内コースでは、縦列駐車や方向転換、V字コースの切り返しの3つうち、2つが課題として与えられます。
二種免許特有なのが、V字コースを切り返すことです。切り返せる回数は一回のみで、路肩に乗り上げないように曲がることが難しいとされています。

路上試験では、お客様を乗せている状態を想定して運転します。
決められたコースを交通ルールやお客様の安全を守りながら走らなければいけません。ここでよくひっかけ問題が出るのですが、バス停の前で止まってくださいと指示がでます。バス停の半径10m以内は駐停車禁止のため、ここでとまってはいけません。

また、お客様をおろした後、転回の課題が与えられます。切り返しの回数に上限はありませんが、後続車を止めないように安全にできているかをチェックされます。

二種免許の合格率

二種免許の合格率の平均は、35〜40%です。普通免許は70%程度あるのに対して、30%以上合格率が下がっています。特に実技試験の合格率が低いとされており、20%を切る年も少なくないほどの難易度です。

教習所に通う方法と一発試験で受験した場合でも合格率は大きく変わります。

一発試験で受験した場合、近年では10%を切っているため、ほとんどの受験者が落ちているため、かなり難易度が高いとされます。

二種免許を取得するコツ

二種免許の合格率は、40%前後と低い合格率ですが、受験に失敗している人の多くは実技試験で落ちています。

つまり、実技試験に合格することが二種免許を取るために重要となります。
実技試験をスムーズに合格するには、教習所に通うことが一番楽な方法です。

教習所では、実際に試験で登場するコースを走ったり、抑えるべきポイントを教えてくれます。特に難しいとされるV字コースの切り返し、路上での転回など、受験者が失敗するところを何度も練習することができます。

教習所に通う場合、料金が20万円前後必要にはなります。一発試験だと4万円程度で済むので、金額の差で一発試験を選ぶ方が多いですが、実際合格率が低いのが現状です。教習所に通うのはちょっと…でも不安…という方は、教習所や試験場が開放されているので、そこで練習するという方法もあります。そこで何回もV字コースを練習して、体に覚えさせるとこともおすすめです。ここをクリアできれば、難易度もグッと下がるでしょう。

まとめ

二種免許は難しいですが、一度取得すれば一生ものの資格となります。タクシー運転手やバスドライバー、そして今後増えていく介護タクシーにも活用できるので、仕事の幅が増えていきます。

タクシー運転手に限らないので、悩んでいる人は取得することを検討してくださいね。

タクシードライバーのお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級のタクシードライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国のタクシー会社の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-免許・資格

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.