トラック

トラックの排気量は?サイズごとの排出量や税金をわかりやすく解説

更新日:

トラックは普通の車に比べて沢山の荷物を積載し運ぶ事が可能ですが、それは排気量が関係しトラックを動かしてくれているのです。それは、車検書にも記載が有りませんから、どうしたら分かるのか?と疑問に感じます。

各トラックに関しての排気量にはどれぐらい違いが有るのか?排気量と密接に働く馬力とは?そして排気量を多く使用するトラックの税金関係も気になります。そこで、大型、中型、小型、排気量について詳しく解説し、排気量と深い関係のある馬力とは一体何のか?とトラックを乗るので有れば知っておきたい税金に関しての細かな疑問まで徹底的に解決する内容となっております。

関連記事:

トルク・回転数・馬力・排気量の見方

大型トラックの排気量はどれくらい?

 

まずは、一番気になる大型トラックです。トラックにはざっくりと分けて大型、中型、小型と大きさが分かれているのは皆様もご存じかと思います。

それぞれこのトラックを動かす為に、免許区分を変化します。そして大型、中型、小型の違いは大きさは勿論ですが、積載出来る荷物の重さでも分かれているのです。大型、中型、小型と知りたい場合には、乗車するトラックの車検書を確認する事で判明します。では、一体全体、大型トラックの排気量はどれぐらいなのか?と言いますと、ざっくりと15000ccです。これは平均になりますので、更に下も上も存在します。後程詳しく解説します。

では、トラックの車検書にトラックで大きさを確認出来る事とざっくり大型の排気量についてお話し致しましたが、そもそも排気量とはいったい何?と思われた方の為に排気量について詳しく解説いたします。

そもそも排気量とは何?

 

大型トラックの排気量を発表致しましたが、そもそも排気量と言われて、トラックに仕込まれている機械から出る空気となんとなくの回答は出来る方は多いと思いますが、恐らく詳しく解説して下さい。と言われると車関係のお仕事の方や長年トラックの運転手をしている方で無ければ中々正確に回答出来る方は少ないでしょう。

そこで、そもそも排気量って何だ?についての疑問から説いていきましょう。トラックを動かすには空気と熱を利用して動かします。排気量はトラックを動かす為に必要な空気と熱量の事を排気量と言います。排気量によりトラックが動く大きさが変化します。

ちなみにトラックにはエンジンとして内装機器が仕込まれていて、空気を吸い込み、燃焼ガスを消費させて熱エネルギーにより動かしている構造です。大型、中型、小型とそれぞれ分けれています。車検書に記載しているトラックの重量を確認し、トラックは大型なのか?中型なのか?小型なのか?を確認出来ます。この事で自分が乗っているトラックが判明します。

トラックの排気量に関わる馬力とは?

トラックの排気量は空気と熱を利用してエンジンを動かすとご説明しましたが、この仕組みを詳しくご説明しますと、トラックや車にはエンジンが仕込まれていていますが、大型、中型、小型のエンジンはほディーゼルエンジンが一般的に多く使用されています。内装機器としてトラックに仕込まれています。

この特徴として大型車は動かす為にパワーが必要になる事はご想像でご理解頂けますが、その為に機管を多くして排気量をより取り込み馬力をつける工夫がなされております。

この馬力とは、動力とも呼ばれ、トラックを動かす為に必要な力です。排気量はエンジンにトラックを動かす為に必要な空気と熱を取り込みそして、馬力としてトラックを動かす力を付ける事です。車体が大きくなれば勿論大きな馬力が必要な為に排気量も多くなるという事です。

ですから排気量と馬力の関係は凄く深くものがあるというわけです。排気量は車検書に記載が無いので、トラックを購入する際にパーフレットや内装機械を確認して調べます。

トラックの税金は排気量ではなく積載で決められる?

 

排気量のお話しをしたので、ここで少し皆様が迷ってしまう年度に収める自動車税に付いてもお話し致します。車の場合には馬力となる排気量で自動車税が決定するのですが、トラックは積載で年間し支払う税金が決まります。

トラックの最大積載で決定するのは元々の車検書に記載しているので確認しやすいですが、実は見落としがちな面があり、今から発表する金額か更に自分が使用しているトラックにより税金が加算される事柄もありますので、見落とさずにして頂きたいです。そして自家用と営業用としての使用する用途により金額も分かれますので、しっかりと把握して下さい。

最大積載 自家用 営業用 最大積載10t越え 自家用 営業用
1t 8,000円 6500円 11t 59400円 43600円
2t 11,500円 9000円 12t 65700円 48300円
3t 16000 円 12000円 13t 72000円 53000円
4t 20500円 15000円 14t 78300円 57700円
5t 25500円 18500円 15t 84600円 62400円
6t 30000円 22000円 16t 90900円 67100 円
7t 35000円 25500円 17t 97200円 71800円
8t 40500円 29500円 18t 103500円 76500円
9t 46800円 34200円 19t 109800円 81200円

22tからは、1t増えるたびに自家用が6300円ずつ加算で、自家用が1t4700円ずつが加算されます。

最大の積載が22tからは、1tの積載が、加算ごとに、自家用6300円、営業用4700円の金額が上がります。そして、この上記は一例であり、ここから重税として10%の税金が加算されたり、減税が決定され金額の最終決定が、グリーン化特例の元決定されます。この様にトラックの税金がかかるわけですが、更に税金がかかるので本当に支払う側からすれば凄くシビアな気持ちにさせられます。税金の事で悩まれている方は今乗っているトラックの車検書の記載にある最大積載を確認して上記の表で大まかな金額を把握し、そこから減額や増額を覚悟しておきましょう。

大型トラックの排気量は?

 

大型トラックの最小積載や最大積載という大きさと車種により同じ大型トラックでも排気量としてエンジンを動かす為に必要内燃気量は違いますが、一般的な範囲とされている大型トラックの廃棄量は、9000㏄~30000㏄です。この数字の開きには疑問を感じます。これは、大型トラックと言ってもモデルが沢山有りますので、その車種となるモデルにより、大きさは勿論の事、積載出来る荷物の重賞も変化します。ですから、9000㏄~30000㏄と言う開きがあるのです。大きさやモデルにあった排気量のエンジンで無ければ大型トラックを動かす事が出来ないのです。

2 小型トラック、中型トラックとの排気量の比較小型トラックと中型トラックの排気量に付いて比較をしたいと思いますが、その前に小型トラックと中型トラックのそれぞれの特徴についてご紹介いたします。

・小型トラック 重量は2トン、3トンで、積載の最大は3トン未満のトラックを小型トラックと言います。

・中型トラック 重量4トン 積載最大4トンのトラックを中型と言います。

重量と積載は車検書に記載が有りますので、しっかりと確認して下さい。

では、この小型と中型の排気量はどの様になっているのか見ていきましょう。

小型のトラックは、3000cc~5000ccで中型トラックは、6000cc~8000ccと言われています。

比較すると、両者とも2000cc程開きがある事が分かります。
これは、小型トラックと中型トラック言っても、モデルの車種種類も沢山あり、積載出来る重量も違うので、この開きがある事が分かりますが、小型トラックと中型トラックの最大排気量を比較してみると、3000cc程ある事が分かります。

これは、小型トラックの排気量の一番最小の数値分違いが有りますから、やはり小型と中型では排気量や馬力となるパワーの差を感じさせられますね。
大きさも大型に比べると余り変わらない様に感じるものですが、この排気量の数値を見ると馬力の違いを感じさせられます。

では、税金面の違いについても見ていきましょう。

  税金
  自家用 営業用
大型 (9000㏄~30000㏄) 34200~147300円 46800~179100円
中型 (6000cc~8000cc) 22000~29500円 30000~40500円
小型 (3000cc~5000cc) 12000~18500円 16000~25500円

となっております。大型は排気量となる馬力の差とトラックの重さの範囲が広いので、税金の金額の開きにも差を感じさせられます。

特に大型の営業用と自家用の最大はもの凄い金額の設定が予想されますが、大型が積める荷物の量と馬力を考えると、まぁこのぐらいなのかなっとは感じさせられます。これは、営業用や自家用でそれぞれお仕事として利益を上げるので有れば、トラックの最大量は有利に働きますからね。

 

小型トラックの平均的な排気量

 

小型トラックの平均の排気量を見ていきましょう。平均は4000ccです。この数値は普通乗用車2,000cc程ですから、結構小型トラックと言っても平均値だけ見ると結構高いと感じます。小型トラックの平均値の税金はと自家用車の場合は、20500円で営業用の場合15000円にプラス重税とこの様になっておりますが、普通自動車の倍は排気量や馬力が必要なわりには、税金面は比べると安く感じますよね。

中型トラックの平均的な排気量

 

中型トラックの平均的な排気量もみていきましょう。中型トラック7000ccが平均値です。7000ccだとかなり大きい数値で、大型トラックの数値に近づいている事に気が付きますね。中型トラックの平均値の気になる税金も見ていきましょう。中型トラック7000ccの税金は、自家用が35000円 営業用が25500円です。この数字だけで考えると少し高い気はしますが、排気量や馬力や載せられる荷物を考えるとまーこんなものかな?と感じます。しかし、荷物は沢山つめますので、1年間トータルで考えると小型トラックに比べて荷物も沢山積めますから、お仕事で巻き返しをと考えるものです。

大型・中型・小型それぞれの排気量の比較表

これまで排気量についてのご説明や、大型、中型、小型と排気量の平均を見てきましたが、更に分かりやすく排気量を表で比較してみようと思います。

  排気量 平均排気量
大型トラック 9000~30000㏄ 19500cc
中型トラック 6000~8000cc 7000cc
小型トラック 3000~5000cc 4000cc

排気量が多いことによるメリットとデメリット

 

大型、中型、小型と排気量を発表してきました。この排気量にも大型、中型、小型の中でも大きな差が有りましたね。では、一体この排気量が多い事によるメリットとデメリットとは何なのか?について疑問を解決していきましょう。

排気量が多いことのメリット

排気量が多いことにより、エンジンを動かす場力もより強くなります。急斜面や坂道など普段の運行よりパワーとなるエンジンの場力のお陰で、必要な場面でも排気量が多い事により重たいトラックでも楽々と登り坂を登ったり、急斜面を調節しながら走れるのです。

 

排気量が多いことのデメリット

排気量には実は人体や自然に及ぼす影響物質が含まれているのです。その物質はと言われています。自動車と違い排気量で、税金が決定するわけではないですが、トラックは最大積載量で決まりますが、これは勿論、排気量や馬力のかかる大きさのあるトラックになれば成程税金が高くなる決まりになっていますから排気量が多い大型トラックは税金が高いのでデメリットですよね。

トラックの排気量以外の基本性能について

トラックの排気量について解説してきましたが、それに関係する他の基本性に「トルク」「回転数」「馬力」などがあります。

それぞれがどのような働きをしているのかなどについて見ていきましょう。

・トルク

トルクとは、固定された回転軸を中心に回る回転力のことを言います。

クランクシャフトを発生さえる上でのエンジン駆動力のこととなり、車両発進時の瞬発力のようなイメージとなります。

そのためトルクの数値が高いほど最初の動き出しがスムーズであり、加速力も強いと判断できます。

トルクの単位としてはN・m(ニュートンメートル)やKgf・m(キログラムメートル)などが用いられます。

・回転数

回転数は文字とおり、一分間におけるエンジンの回転数を表すものです。

回転数が多いほど早く、遠くまで走ることが理論上可能なのですが、トルクと回転数はその時の用途によってバランス調整をする必要があります。

例えば、多くの力が必要となる坂道発進などの場合は回転数ではなくトルクを上げる必要があり、高速道路など力を必要としない道では回転数を上げることで早く走れるようになります。

回転数の単位としてはmin-1やrpmがあり、どちらも1分あたりの回転数を示しています。

・馬力

馬力とは上記でも簡単に説明しましたが、トラックの最高出力を示す時に使用されるもので、どれほどの時間でどれほど動かせるかを示しています。

馬力は回転数とトルクが大きく関係しており、それを表す計算式が以下の通りです。

馬力(持久力)=回転数×トルク

馬力の単位としては4つあり、kw・ps・HP・CVなどがあり国等によって変わります。

このような基本性能にプラスして排気量があります。

海外メーカートラックとの排気量の比較

 

トラックには国産と海外ものが存在します。この両者の排気量が気になる所ですが、両者の排気量を発表する前にまずは、海外のトラックの特徴や日本での使用状況など細かな海外トラックの説明を致します。

●海外トラック

海外のトラックは日本のトラックに比べ大きさがやはり大きいタイプがほとんどです。日本で最大と言われるトラックの大きさをなんなく越しているという車体が沢山あるというわけです。この事から想像すると分かりますが、勿論トラックを動かす為の排気量も大きく馬力のパワー凄く強い事が分かりますよね。

この理由には日本の道路で定められている、走行しても良い車体の大きさが海外の方が遥かに規制されている大きさがでかいと言うわけなのです。ですから、日本で活躍する海外のトラックは実のところ多くないのが現状なのです。その理由には、道路規制の範囲のものでないといけないのと、壊れた時に海外ものですと、修理出来る担当の方が少ないなどの様々な理由が挙げられます。とはいっても、海外のトラックも沢山輸入していますので、代表的に日本で見られるトラックのご紹介を致します。

では、海外と言っても物凄く国が有りますが日本に輸入されている国のトラックについてどの国から輸入されているのか?とメーカーはどの様なメーカーが存在するのかに付いてピッアップしています。

ドイツのダイムラーの特徴

メルセデスのダムラーは、外装のデザインに拘りを感じさせられます。内装の作りもやはり、海外の方の体に合わせてか、広々としています。椅子が大きいのと、隣の椅子との間隔距離が広い様に感じるので、長時間乗ってもゆっくりとした気持ちで走行できます。そして、全体の大きさは大きめな作りになっているので、大型車がメンイです。勿論、動かす為の馬力も結構必要だと思いますが、そのあたりはしっかりと作られていると思います。日本人が輸入の際にも色々と細かな取引をしているので、この辺りは安心ですね。

スウェーデンのスカニアの特徴

岡山国際サーキットでも走行して人気となったモデルで、米モデルと、日本モデルの展開が有ります。スカニアはV8エンジン搭載で、このV8の特徴を簡単に上げると8気管エンジンでトラックを動かす事の出来る数値が全体的に高い為に馬力も走行中に一定に保つ事が実現できる為にスニカの様な大型でもしっかりと走行できる仕組みになっています。

インドのアショック・レイランドの特徴

インドのアクションは日本と提携しモデルを発表しました。これは、商用で活躍出来るモデルになっております。日野自動車とエンジンの共同開発契約をした為に日本でエンジンとなる排気量や馬力の調子が優れなくなったとしても日本も開発に関わっている為に壊れても直ぐに原因追及が可能ですから安心して乗車可能というわけです。

・スウェーデンのボルボの特徴ボルボ初として発表されたEVトラックは、外装モデルもメタリック系のエメラルドグリーンを使用してオシャレな色合いで、充電式で動かす仕組みを取り入れている為に排気量となる馬力のパワーは充電で補えるというわけです。そして、このハイテク機能の為に騒音や振動問題も減らせるという仕組みです。電力の力で動かす仕組みのトラックです。

この様沢山お勧めの海外モデルがあるわけです。勿論、しっかりと車検書も有りますが、日本製として改革されたものは車検書も日本語ですが、海外もので有れば外来語ですので和訳などが必要です。

この上記が人気なわけですが、勿論税金も高いですよね。これは、実は海外では日本よりも比較的税金が低い国が多いのです。ですから日本よりも数倍でかいトラックも存在し、更に税金も安いとかなりお得なのですが、日本から輸入されてきたや、日本モデルとして作られているものは、日本で走行する場合、勿論税金は日本の決められた税金とプラス重税がかかるものです。税金面は厳しいですが、モデルの良さやエンジンとしてトラックを動かす力馬力の良さは最高だとの良い評価も上がっています。

10トントラックの燃費をよくするにはどうしたらいいの?

 

10トンの大きいトラックは購入当時には凄く燃費が良かったのに、直ぐに燃費が悪くなったと感じる事が有ります。10トンもの大きさで荷物を毎回沢山積むのでしょうがないと諦めている方もいると思いますが、実はちょっとした工夫で燃費をよくする事や燃費を常にいい状態に保つ事が日頃の努力で可能なのです。

これは、車検書や大型車のパーフレット記載が無いのでしっかりと覚えておくとお得ですよ。

整備を定期的にする

これは、重要な事で例えば10トンの大型トラックの内装されている機械が痛んでいる為に、エンジンの減りが早くなったりする事も良くある話しです。その為、熱や空気を消費する事にも繋がり排気量となる馬力の力をいっぱい使用する為に消耗も早いと考えられます。又エンジンオイルなど定期的に交換が必要で、この周期などもしっかりと把握する必要が有りますが、特に荷物を運び遠方の運転に出る方などは減りも早いですから交換の時期を早めた方がいい時も有ります。

その為に日頃から定期的に整備を行える方はしっかりと行ったり、業者に依頼する事で10トンの大型トラックの状態を常に把握する事が出来るので、安心です。ちなみに、業者さんに依頼する際にはしっかりと、自分のトラックの車検書を忘れずに持って行って下さい。沢山の荷物を積んで遠方のお仕事に出ている時や、いきなり10トントラックの調子が悪くなったのでは、大切なお仕事にも支障をきたしますので、日頃に整備は定期的に行いましょう。

その際には車検書も整備の方に見せて下さいね。

タイヤの空気圧をチェックする

タイヤの空気圧は原付バイクの様に車やトラックなどしっかりとしたタイヤの場合は見た目では分かりいのが特徴です。タイヤの空気圧をチェックしない状態でいるとどの様な悪影響がトラックにおきるのか?

この疑問を解決すべき、タイヤの空気圧が足りない時の現象とタイヤの空気圧が多すぎる時の現象に分けて書いています。

タイヤの空気圧が足りない時におこる現象

・トラックの走行に動力となる馬力のパワーがかかり燃焼の消費を早める結果に繋がる事や、過度な摩擦がおきる事と荷物などを沢山積み上げている場合には特により過度な重圧から熱が発生しタイヤのコードが切れてしまう恐れが有ります。

・ビートが狂いリム割れやリムカットを起こす原因になります。

タイヤの空気圧が多すぎる時におこる現象

・発進時にタイヤがスリップ現象をおこしタイヤの中央で摩擦がおき、タイヤの消耗を早めます。

・タイヤの部分のトレードに傷を受けやすくなりコードが切れる可能性が高い

まだまだタイヤの状態によりおこる悪影響は有りますが代表的にはこの様な危険な現象へと繋がるきっかけを作ってしまいますので、常にタイヤの空気圧を確認する事が安全にトラックを走行させる為には重要な事です。

整備に頼む際にはタイヤだから関係ないと思わずしっかりと車検書を提出して下さいね。

不要な積載物を載せない

日頃からトラックの車検書に記載があるからと言って、指定範囲のだから大丈夫と考え、お仕事で必要な時以外にも何か他の荷物を積む事は避けましょう。その理由にはトラックに負担がかかるからです。車検書を見る限りでは大丈夫と考えていても、やはり毎回仕事で運行する際に重力がかかります。尚、長距離で走らせている場合には消耗も早いので、なるべく負担が軽くなる様に余分なプライベート用の重たい荷物などは積まない様に心かげましょう。

この少しの心がけで、トラックへの負担が減ります。この事実は内装機器となるエンジンを長持ちさせ、エンジンとなる馬力のパワーも一定に保つ事が出来ますので、常にトラックの運行がしやすい状態を作り出します。

エコ化が進んでいる大型トラックのエンジン

 

大型トラックのエンジンに、近年にエコ化が進んでおります。このエコ化が進む事には、トラックを動かす馬力の排気量が環境問題を悪化させる事で排気量の規制が厳しくなっています。それをより良く改善する事が大型トラックのエンジンをエコ化する事により実現可能になりました。

これは、東京モーターショーの展示会でも発表されていて、大型トラックのエンジン改革が進み排気量を減らす事に成功しています。今日本で力を入れている行いです。

では、エンジンを改革する事で排気量のメリットとなった内容をご紹介致します。

排ガス規制強化によるエンジンの小型化

近年排気ガスの人体に与える影響や自然への有害物質が含まれているという事で騒がれていた結果、特に、大型トラックは特にトラックを動かす馬力となる排気量が多いので排気量の数値に気を付けるべきだとの声が多数上がりました。

6.2 エンジン小型化によるパワーダウンをターボで補う

エンジンを小型するという事は勿論、今まで使用していた通常のエンジンと馬力となるパワーが落ちる事は想像がつきますが、これをターボーで補う事により小型化に成功したのです。

ではターボーの仕組みについて詳しく解説していきましょう。ターボは、排気ガスの原理を利用し、空気を押し出す事によりエンジンを動かす仕組みになっています。空気を押し出して馬力を作り出すという事ですね。通常なら排気量と熱ですが、空気を利用して馬力を作り出す事に成功したのです。ですからエンジンを小型化しても排気ガスとして空気が押し出してくれる事によりパワーダウンしないというわけです。

小型化が進む事により排気量の数値も格段に下げる事に成功したというわけです。
この内容も車検書ではなくトラックを購入した際のパーフレットを確認する事で分かります。

今ではこのエンジン小型化も進化が進み、大型トラックに、ツインターボとシングルターボなど切り替え式のエンジンも続々と出てきております。

燃費もよくなる!運転のコツは?

 

トラックを運転する時のコツを掴む事により、燃費を抑えられたり、トラックの排気量となる馬力のパワーを長持ちさせる事にも繋がり内装機器の消耗をより防げる事に繋がります。これは車検書に記載がないのでしっかりと覚えて下さい。

又このコツを掴んで頂く事でトラックを長年にわたり使用して頂く事にも繋がるので是非運転のコツを覚えて、より燃を抑えコストダウンにも挑戦して下さいね。

ブレーキはゆっくり踏む

運行している際にトラックが動いていますが、信号機が変化する前やパーキングエリアで駐車する際にはブレーキを踏むと思います。この時に気をつける事がブレーキをゆっくり踏む事です。ブレーキをゆっくりと踏む事により、全体にかかる重圧を減らす事にも繋がります。想像するとわかるのですが、大型トラックや荷物を沢山積み上げた車はそれだけでも重力が有ります。

そして走っている速度にもよりますが、ブレーキの際には、圧力をかけ車を止めるわけですが、急にブレーキをかけると圧力も大分必要になります。その為にゆっくりとブレーキを踏む事を日頃から心がける事で、トラックの内装機械を痛めるリスクが下限出来るのです。これは、トラックだけではなく、普通の乗用車にも言えるお話しです。

一定のスピードを心掛ける

スピードを加速したり減速したりする行為は、多くの燃料を使用し消費させてしまう事に繋がります。そして排気量となる馬力のパワーも上げたり、下げたりする為に無駄な部分に負担がかかります。

その為に一定の速度で運行する事により燃料の消費を減らす事と排気量として急激に馬力の力を無駄に使う事がなくなり内装機器へ負担が減ります。タイヤにも圧がかかりますので痛める事にも繋がります。この為これらの事には十分注意をして常に一定のスピードを心がけましょう。

クーラーの温度を下げすぎない

これは、体にも良い事は有りません。そして、なんといってもクーラーの温度を下げる行為はエアコンを動かさなければいけないので燃料を消費します。その為に温度を急激に下げるのは燃料の消費に繋がると言う訳けです。

まとめ

 

大型トラック、中型トラック、小型トラックの排気量についてのお話しをしましたが、排気量はトラックを動かす為に欠かせない力だとご理解いただけたと思います。しかし、ながら大型トラックなどの排気量も多く環境問題もあり心配になられた方もいると思いますが、近年はこうした声の積み重ねで、より良いエンジンの開発も進んでいる事もこの内容で分かって頂けたのではないでしょうか。

そして日頃から車検書を確認し自分のトラックの大きさや重力や積載を把握してメンテナンスに出したり、長く乗車して頂く為や消費を減らす為に役立つ情報も公開致しましたので、是非ともこれから試してみて下さい。そして特にこれからトラックに乗る方やお仕事で乗られる方はこれに気を配って頂く事でよりお仕事がしやすくなります。

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-トラック
-, , , , ,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.