トラック

トラック運転手で手取り40万円は可能?徹底解説します。

更新日:

日本の物流を支えているトラック運転手ですが、高齢化や通販貨物の取扱量が増加していることもあり、ドライバー不足となっています。

トラック運転手への転職を考えている人も多くいる中で、気になるのが収入です。

拘束時間が長かったり、体力的に大変なイメージのあるトラック運転手ですが、収入はどれくらいになるのでしょうか?

今回は、トラック運転手の平均収入や収入のあげ方などを詳しく解説していきます。

トラック運転手の平均収入

トラック運転手といっても大型、中型、小型と運転するトラックのサイズが違う場合や運行距離なども全く違い、収入も異なります。
トラックのサイズ別でどれくらいの平均収入なのかを見ていきましょう。

大型トラック運転手の平均収入

大型トラックの運転手の場合、平均月収は約35万円ほどになります。
年収では約400~700万円ほどです。

大型トラック運転手は比較的、長距離運送となることが多く拘束時間も長くなるため時間外手当が多くなりやすく給料も一番多い傾向にあります。

また、大型免許やけん引免許に対する資格手当も会社によっては支給されるようです。

中型トラック運転手の平均収入

中型トラック運転手の場合、平均月収は25~30万円ほどになります。
年収では約400~600万円ほどです。

大型トラック運転手に比べると資格手当などがつきにくく、平均残業時間が少ない分、少し収入は少なくなります。

ですが残業が多い会社や大手企業であれば大型トラック運転手ほどの収入を得ることも十分に可能と言えます。

小型トラック運転手の平均収入

小型トラック運転手の場合、平均月収は20~30万円ほどになります。
年収では約300~500万円ほどです。


中型トラック運転手と収入はほぼ変わらないのですが、会社や仕事内容によってはほとんど残業が無い場合もあり平均月収は一番低くなります。

トラックではないのですが、最近ではEC事業の成長に伴い、軽貨物事業で個人事業化として活躍する運転手も増えてきています。

自営業となるので運転以外にも営業や経費の計算、確定申告などもこなさなければならないのですが、自分の仕事量に応じて収入が上がるため月収が40万円を超えるドライバーもいます。

トラック運転手で月収を上げる方法

一般的な会社では、収入を上げるためには売り上げを上げて評価を上げたり、出世する方法がありますが、トラック運転手の場合は運行による売り上げ次第となるため、出世などでは給料が上がりにくいと言えます。

ですがその他の方法で収入を上げる方法はあります。

・運転免許以外の資格を取得する

トラック運転手の場合、運送する荷物によっては資格手当がついたり月収が高めに設定してあることがあります。
ガソリンなど燃料を取り扱う場合は「危険物取扱者」という資格が必要となります。

取得することで就職できる運送会社が増えたり、転職する上で有利にもなります。

・深夜帯の運行がある仕事を選ぶ

午後10時から午前5時の間に労働した場合、通常の25%増の賃金を支払うことが義務付けられています。

トラック運転手の場合、荷主の都合で早朝や深夜に配送を行う必要がある作業もあるため、そのような時間帯の仕事を選んで就職すると「深夜手当」がつくため収入が上がりやすくなります。

・歩合制のある会社を選ぶ

トラック運転手の給与形態には歩合制があります。
完全歩合制ではないのですが、固定給にプラスして配達実績や売り上げによって歩合が発生する仕組みです。

体力に自信がある場合は、多めに配達したり効率を上げたりすることで歩合で多く稼ぎやすくなります。

まとめ

今回はトラック運転手の収入について詳しく説明してきました。

トラック運転手と言っても運転するトラックのサイズによって収入は変わり、大きいほど高くなる傾向にあります。

トラック運転手として収入を上げる方法はいくつかあり、資格の取得によって運転するトラックのサイズを大きくしたり、特殊貨物を取り扱うことで手当てをもらう方法があります。

また、深夜手当が発生する深夜帯の業務がある会社へ応募したり、歩合制が取り入れられている会社を選ぶことで仕事量次第では収入を今以上にあげて月収40万円を達成することも可能となります。

-トラック

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.