転職・就職

トラックドライバー/運転手を辞めたい時はどうする?辞める時のチェック項目15選!

更新日:

トラック運転手を辞めたい!現状の確認すべきポイントは?

トラック運転手やどんな仕事をしていても辞めたくなる時はあります。でも、トラック運転手の場合は辞めたいときはどんな時か確認します。トラック運転手が辞めたいと感じる時は、仕事がきつい、会社の人間関係がつらいなどいくつか理由があるようです。

 労働時間は長いか?

トラック運転手の労働時間は、長い・短いどちらでしょうか。トラック運転手の実労働時間(運転や荷物を降ろしている時間)より拘束時間が長くて時間どりに仕事が終わらないことが多いです。こんな状態だと家族や友人との約束が出来なくて辞めたいと思いませんか。何時間拘束されているのか考えてみてください。実際は、労働基準法上1週間での労働時間が40時間以内及び4週間で4日以上の休日を取得できるとなっています。残業時間は1週当たり45時間までとなっています。(例外として労働者代表と会社側代表が36協定を締結した場合はこの限りではありません。残業時間や休日出勤が認められています。)

関連記事:トラック運転手の労働時間とルールについて解説

 給与水準は適切?残業代は?

あなたは、トラック運転手として給与基準は同業者に比べて多いですか、少ないですか。労働時間や作業内容に応じてトラック運転手の給与は変わります。また、運転するトラックの大きさでも差が出ます。自分がトラック運転手として適切な給与がもらえているか一度考えましょう。残業代は、どうですか。残業時間分きっちりと支給されていますか。給料が少ないと辞めたいと考えます。また残業代は、よくみなし残業手当と呼ばれる固定金額を毎月支給することで実際の残業時間より少ない場合が多くあります。36協定もなく60時間までがみなし残業代として支給金額に含むというような運送会社もあります。こんな会社は、辞めたい会社になると思います。給与明細書などをよく見て考えましょう。

関連記事:ブラックな運送会社とは?見極める7つの方法と優良な運送会社の特徴を一挙にご紹介!

職場の人間関係に問題はある?

トラック運転手同士の職場の人間関係は良好ですか。最近は、同僚や上司によるパワハラやセクハラなどの違法行為がよく発生しています。自分では気付きにくいですが配車でいつも一番遅くなったり多く走らされたりは無いですか。その他にもきつく叱責されたり人間関係にほころびがないかもよく考えるべきです。特にパワハラなどは、辞めたい理由になります。

 仕事内容は年齢体力に対して適切?

仕事の内容もよく考えましょう。年齢的に重労働になっていないか。体力的にきつくないかも考えてみましょう。体力は、自分自身が考えるほど若くない場合が多々あります。翌日に疲れを持ち越してないか、休日明けに体がだるいなどの症状がないかも意識しましょう。手積みや手卸しなどは、トラック運転手として一番体力がいる作業です。年齢的に無理だと感じたら辞めたい理由になります。

 トラックの管理・点検の体制は適切か?

トラック運転手には、自分が乗るトラックの管理及び始業前点検が義務付けられています。しかし法定点検や法定検査は会社が専門業者に依頼します。しかし、点検をしない簡易に行い費用を抑えたい事業者もいます。トラック運転手は、トラックが適切に管理・整備されていないと事故につながり自分が怪我を負います。会社で整備・点検が適切に行われているか、トラック運転手自ら確認してみてください。事故を起こす前に適切に行われているか確認してみましょう。事故を起こした後だとトラックの修理費用などを請求される場合があるので気を付けてください。

トラックの事故対策・保険はある?

トラック運転手は、トラックを運転をするのが仕事です。1年に1回安全講習や高速道路での事故や多大な事故が発生した時に事故防止の勧告活動などを会社や運行管理者が行っているかを確認してください。車検時に入る強制賠償保険や対人・対物に関しては法令で定められているので加入してることが多いですが自損や過失でのトラックの修理代の保険いわゆる車両保険には加入していない会社が多くあります。事故の時の対処方法やトラック運転手の責任をどこまで負うのかの確認を会社にしておきましょう。

トラック運転手を辞められない理由・悩み

トラック運転手をやめたいけどすぐに辞めれない理由のある人も多いかもしれません。長くトラック運転手をやっているといろいろなことが起こり、積み重なりなかなかやめれなくなることがあります。その理由は、次のようなことが多いです。

 修理代や事故の弁償がある

長い間トラック運転手をやっていると無事故で何年もというよりもやはり事故やトラックの点検不足による故障などが起こります。その時に事故の過失分が本人負担になったりする会社もあります。点検も会社が法定点検をしっかりしないためにトラックが故障する場合もあります。この修理代も本人負担という会社もあります。このように会社に借りている金員があり辞めたいが辞めれないことがよくあるようです。

同僚や上司が気になり辞めることが出来ない

忙しい会社であったり、毎日毎日仕事が多く同僚や上司が頑張って仕事をやっているのに、自分が辞めることでみんなに負担が増えることが分かっていたりするとなかなか辞めたいと言い出しにくい事もあります。同僚と個人的な付き合いがあってよく休みに趣味などを通じた付き合いがあると自分だけがトラック運転手を辞めると言い出し辛いです。

 トラック運転手を辞める前にもう一度考えてみよう

トラック運転手を辞めることは何時でもできます。その前に一度現実的に辞めた後のことを考えてみましょう。

理由は特にないがなんとなく辞めたい

トラック運転手をしていると仕事が単調になり、なんとなく辞めたくなることがあります。毎日同じ仕事の繰り返しと作業の繰り返しなので、面白味が無くなってトラック運転手を辞めたくなりますがこんな時は一度ゆっくりと考えてみてください。

入社したばかりで辞めたい

入社したてのときは助手的な作業や手伝ってくれる人たちがいます。仕事を覚えるとこのような手伝いをしてもらえず一人で仕事をこなすようになります。こんな時は、仕事が増えて辞めたくなりますが折角仕事に慣れたのに辞めるとまた初めからの繰り返しになります。こんな時は、1か月、あと1か月のように続けてみましょう。

関連記事:トラック運転手はすぐ辞めるって本当?辞め時の判断基準とは

トラック運転手を辞めたい人へのアドバイス

トラック運転手を辞めたいときは、一度冷静に考えてみましょう。仕事内容や退職後の事など現実を考えてみましょう。

労働環境が悪いのであれば思い切って辞める

昨今は、運輸局の監査等が厳しく成っているとはいえまだまだ運輸関係は労働環境は他の業種に比べて悪いです。拘束時間があまりに長い、残業時間が80時間を超える、休日の取得が15日以上取得できないなどの労働環境であるならば思い切ってやめた方がいいです。トラック運転手だけではなく路線バスなどの運輸事業者でもこのような労働環境の会社があります。大手とはいえ労働環境が悪いのであれば即退職を考えた方がいいです。辞めたいと思ったらすぐに辞めることです。

今は売り手市場!転職して給与UPしよう

現在は、売り手市場と呼ばれています。ある一部の業界は、人で不足が問題化しています。トラック運転手も同様に売り手市場です。思い切って転職し給料のアップを考えましょう。同じ時間働くなら条件のいい会社で労働条件の悪くない会社に転職しましょう。

関連記事

いい運送会社の選び方とは?大手運送会社やサイズ別トラックドライバーの収入などを紹介

トラック運転手が働くなら大手か中小どっち?大手・中小を徹底比較

トラック運転手を辞める!円満退職のススメ

トラック運転手を円満に退職するときに気を付けたいのは以下のようなことがあります。

退職意思を伝える

無断で退職したりせずにまずは、しっかりと自分の退職の意思を伝えましょう。口頭で「辞めたいです」だけでなくやはり退職届をしっかりと書いて意思を伝えて労働契約を解約しましょう。その際、退職日の30日以上前には退職届を会社に提出しましょう。

失業保険、社会保険、年金の手続きをする

退職後は、会社から離職票を貰い、ハローワークに失業保険の給付申請や健康保険組合の保険の任意継続届や年金の減免申請などの届出を行いましょう。年金などは失業期間中は、支払を免除してくれたり保険も国民健康保険より健康保険組合の任意継続が得な場合がありのでよく調べて退職後の生活設計を立てましょう。

有給休暇を消化する

トラック運転手に限らず、勤務後半年以上からは有給休暇の日数を付与されています。勤務年数により若干日数に差はありますが、退職を決意したのなら有給休暇を取得しましょう。勤務状態や他の同僚には負担がかかりますが、有給休暇を与えるのは雇用者側の義務ですからトラック運転手を長年やってきたのであれば最後は有給休暇を取得し退職し、新たな勤務先を探して新しい1歩を踏み出しましょう。

関連記事

きついはずのトラック運転手を続けるのはなぜ?トラックを走らせる歓びとは

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-転職・就職
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.