電気工事士

電気工事士の年収は高い?給料の実態や仕事内容を解説

更新日:

電気設備に関する工事や点検などを行う電気工事士。

電気工事士の年収がいくらなのか気になっている人もいるのではないでしょうか?

この記事では電気工事士の平均年収や給料の実態や仕事内容、収入アップのコツについて解説します。

電気工事士の平均年収・平均給料

電気工事士の平均年収や給料について、年代別や雇用別、企業規模別に解説します。

電気工事士の平均年収は約426万円

国税庁が発表した令和2年分民間給与実態統計調査によると、電気工事士の平均年収は426万円でした。

参考:国税庁「令和2年分民間給与実態統計調査」

全産業の平均年収は433万円なので、電気工事士は若干低い金額です。

しかし、あくまで平均年収のため、取得している資格や所属している企業などによっては平均年収よりも大幅に稼いでいる人もいます。

以下では年代別や雇用形態別などの平均年収を紹介するので、ぜひ参考にしてください。

年代別

電気工事士の年代別平均年収や給与を表にまとめました。

年齢平均年収(男性)平均年収(女性)
~19歳約180万円約173万円
20~24歳約216万円約203万円
25~29歳約268万円約243万円
30~34歳約341万円約287万円
35~39歳約403万円約322万円
40~44歳約450万円約334万円
45~49歳約488万円約361万円
50~54歳約554万円約408万円
55~59歳約543万円約405万円
60~64歳約295万円約224万円

参考:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」

男女ともに50代をピークに上がり続けています。20代と比較すると男性は約300万円、女性は約200万円年収がアップしています。

キャリアやスキルアップとともに大きく年収が上がっていくからです。

男性と女性を比較すると100万円以上の差があります。

60代で急激に下がっているのは、企業によって定年後に嘱託としてアルバイト雇用しているためでしょう。

雇用形態別

電気工事士の平均年収を正社員と正社員以外の雇用別に分けて紹介します。

雇用形態平均年収月収換算
正社員約433万円約36万円
正社員以外約232万円約19万円

正社員の平均年収は電気工事士の平均年収とほぼ同じ金額です。正社員以外(派遣社員やパートなど)は232万円と大幅に低い金額となります。

資格や階級などさまざまな理由がありますが、ボーナスがあることも大きな差の理由でしょう。

参考:厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」

企業規模別

電気工事士の年収は企業規模によっても異なります。

ここでは従業員数が10人以上100人未満、100人以上1,000人未満、1,000人以上の3つのカテゴリーに分けて紹介していきます。

従業員数年齢平均月収年間賞与額
10~99人52歳約40万円約97万円
100~999人43歳約39万円約157万円
1,000人以上39歳約42万円約183万円

参考:政府統計総合窓口「e-Stat」

企業が大きいほど平均月収、年間賞与額ともに高いです。特に賞与の金額に大きな差が生まれています。

月収も企業が大きいほど、若手の時から高い給与が与えられていることがわかります。

経験年数別

一般企業でも経験年数が多いほど、給料は上がる傾向にあります。電気工事士の場合について紹介していきましょう。

※金額は厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査の所定給与額や年間賞与を参考に計算したものです。

経験年数平均年収
0年約280万円
0~4年約345万円
5~9年約410万円
10~14年約460万円
15年以上約540万円

参考:令和3年賃金構造基本統計調査

経験年数が5年ごとに50~60万円程度上がっています。4年目までは年収300万円台と高額ではありませんが、5年目以降は30万円以上の月収を見込めるでしょう。

地域別

電気工事士の平均年収は地域ごとでも大きく変わります。地方でそれぞれどれくらい異なるのか比較した表を作成しました。

地方平均年収
北海道・東北367万円
甲信越・北陸380万円
関東428万円
東海401万円
関西409万円
中国363万円
四国381万円
九州・沖縄365万円

参考:求人ボックス

関東や関西など都市部ほど平均年収が高い傾向にあります。

都道府県で見ると、東京が一番高く471万円でした。一番低いところは鳥取県の315万円と東京と比較すると150万円以上の差があります。

資格別

電気工事士には第一種電気工事士と第二種電気工事士と2つの資格があります。この2つの平均年収の違いについて紹介しましょう。

資格平均年収
第一種電気工事士454万円
第二種電気工事士396万円

参考:求人ボックス

電気工事士は第二種よりも第一種の方が難易度は上がるため、年収にも差が生まれてしました。第一種と第二種の違いについては後述しますが、簡単に言うと電気工事ができる規模が異なります。

平均年収は上記の通りですが、第一種の場合、700万円以上の年収を稼ぐ人も少なくありません。

関連記事

電気工事士の資格の取り方を紹介!第一種・第二種の違いについても細かく解説します

電気工事士はお金持ち?平均年収や収入アップの方法を紹介

電気工事士が年収を増やすコツ

電気工事士の年収を上げるためのコツをいくつか紹介していきましょう。

第一種電気工事士の資格を取る

年収を上げる方法として、第一種電気工事士の資格取得がおすすめです。上記の資格別平均年収で紹介したように、第一種電気工事士と第二種電気工事士では60万円近くも年収に差があります。

第一種と第二種の違いは主に担当できる電圧の差です。

第一種は高圧電力(電圧が1,000V以上)の電気設備の施工、保守、点検などが行えます。第二種が担当できる電圧は低圧電力(1,000V以下)です。

低圧電力は一般用家庭電気工作物を指すため、作業範囲が限られます。第一種は高度な設計や施工に携われるので、必然的に年収も高くなります。

第一種電気工事士の資格を取得するためには3年以上の実務経験が必要です。

電気工事施工管理技士の資格を取る

年収を上げる方法として、電気工事士とは別に新たな資格を取得する方法があります。

電気工事施工管理技士とは建物や設備の電気工事をする際、現場の工事管理を行うことができる資格です。

この資格を持つことで、建物の電気設備工事に関する予算管理や行程管理、品質管理など工事全般に携わることができます。

電気工事施工管理技士は電気工事に関する資格の中でも重要性が高く、また平均年収も500万円を超えているため、電気工事士よりも稼げる資格です。

第三種電気主任技術者の資格を取る

電気工事施工管理技士以外の資格として第三種電気主任技術者の資格を取ることもおすすめです。

第三種電気主任技術者とは電験三種とも呼ばれる資格です。第一種、第二種の資格があり、その中で第三種は最も難易度が低いため、扱える電圧に制限があります。

しかし、電験三種を取得することで建物や設備の電気設備の保守や点検、修理や、改良などが行えるようになります。

電気工事に関する専門的な知識や技術を持つほか、安全かつ適切な保守管理が行えるようになるので、希少価値のある人間になることができるでしょう。

資格手当がつく場合もあるため、年収アップが期待できます。

スキルアップやキャリアアップも目指す人は取得しておきたい資格です。

キャリアを積む

年収を上げる方法として、キャリアを積んでいくことが重要です。上記の経験年数別平均年収で紹介したように、初年度と10年のキャリアがある人では200万円近く年収に差があります。

単に長く在籍していれば年収が上がるわけではありません。10年の間にさまざまな現場で経験を積み、技術と知識を蓄えていくことで会社からの信頼も厚くなり、任される仕事が多くなります。

そうなれば必然的に給料や役職は上がっていくでしょう。

現場監督になる

現場監督になることも年収を上げる方法の1つです。

現場監督は現場責任者であるため、月収アップやボーナスアップが期待できます。

現場監督になるには、技術や知識だけでなく、コミュニケーション能力が必要です。中間管理職であるため、会社と部下の間で上手く立ち回るスキルが必要になります。

工事単価の高い企業で働く

電機業界の大手企業で働くことも年収を上げる方法です。大企業ほど工事単価が高いため、給料も高くなります。

上記の企業規模別平均年収で紹介したように、従業員の数が多いほど若手のうちから高い年収をもらえます。

業界動向サーチが発表した2021年-2022年版電気通信工事業界の平均年収ランキングの上位5位を紹介しましょう。

順位企業名平均年収
1位ダイダン937万円
2位コムシスHD897万円
3位きんでん887万円
4位東邦電気工業805万円
5位NECネッツエスアイ803万円

出典:業界動向サーチ「電気通信工事業界平均年収ランキング」

独立起業する

独立起業し個人事業主として働くことで高い年収を稼ぐことが可能です。自分の裁量で仕事ができるので、上手くいけば年収を自分で調整することもできるでしょう。

しかし、独立は簡単ではありません。技術だけあれば成功するものではなく、営業力が必要です。経営をしてみたい、自分の力だけでやってみたいという人は独立を目指してみましょう。

関連記事:電気工事施工管理の平均年収はいくら?収入アップのコツも解説

関連記事:電気主任技術者の年収はいくら?資格別の違いも解説

電気工事士の仕事内容

電気工事士が行っている仕事について解説していきます。具体的にどういった電気工事を行っているのか見ていきましょう。

エアコン取替工事

エアコン取替工事とは、家電量販店やネット通販などで購入したエアコンを交換する仕事です。家庭や企業で古いエアコンと購入したエアコンの交換や配管パイプの設置、室外機の配置などを行います。

屋内・外配線工事

屋内・外配線工事とは、建物内や外部に電気を供給するための電気配線システムを設置する工事のことです。

建物内のかべや天井、床などに配線を作るほか、スイッチやコンセントなども取り付けます。設計から担当する場合もあります。

ビル管理

ビル管理とは、ビルや施設の電気設備の維持管理や修繕工事を行うものです。

例えば、電気設備の定期点検や保守作業などを行い、もし異常や故障があれば修理をします。スプリンクラーなどの消防設備や非常用照明といった緊急用設備の点検も行います。

電気工事士に関してよくある質問

最後に電気工事士に関するよくある質問をまとめました。

電気工事士に向いている人の特徴は?

電気工事士に向いている人の特徴は主に下記の3つです。

①安全意識の高い人

電気工事士は常に感電の危険性があります。また、配線方法を間違えると火災が発生する恐れがあります。

工事は高所で行う場合もあるので、常に危険と隣り合わせです。そのため、慎重で安全意識の高い人が向いていると言えます。

②コミュニケーション能力がある人

電気工事士はチームを組んで工事を行うことがあります。大規模な工事の場合、電気工事士以外に大工さんなど建築関係の人とも連携を取る必要があります。

安全かつ円滑に仕事を進めるには報連相が重要になるので、コミュニケーション能力がある人が向いています。

③細かい作業が好きな人

電気工事士は配線や配管作業など細かい作業を繰り返し行うため、集中力が必要になります。

火災のような事故が起きないように慎重かつ丁寧に作業を行うので、細かい作業が好きな人に向いています。

電気工事士で年収1,000万円は稼げる?

結論から言えば可能です。

簡単ではありませんが可能性がある方法としては、「独立する」もしくは「大手企業に就職する」の2つです。

上記で紹介したようにダイダンやコムシスHDといった企業の平均年収は1,000万円近くあるため、昇格していけば十分に可能でしょう。

電気工事士はやめとけと言われる理由は?

電気工事士の給料はいいけどもやめとけと言われることがあります。その理由は主に下記の3つです。

①肉体労働だから

屋外の作業の場合、夏は暑く、冬は寒い状況で仕事をしなければいけません。また、重い物を運んだり、危険な高所での作業があったりと体力が必要な仕事です。

常に危険と隣り合わせであることから、精神的にも疲れるということでやめとけと言われるのでしょう。

②繁忙期は激務になる

電気工事士はエアコンの取替工事の多い6~8月が1年の繁忙期です。朝から夜まで1日中移動と工事を繰り返すので、かなり忙しく感じます。

人の家庭に入って作業を行う緊張感のために、きついと感じる人も少なくありません。

③見習い時は給料が安い

電気工事士は一人前と見なされるまでに大体5年ほどかかると言われています。それまでは給料が安いため、やめとけといわれることがあります。

給料が高いと聞いて就職した人は給料を見てビックリするかもしれません。

関連記事

電気工事士はやめたほうがいい?そうとも言えない5つの理由

電気工事士はやめとけ?資格を活かせる仕事や将来性を徹底解説

電気工事士の年収を年代別・資格別・学歴別・経験年数別に解説

まとめ

電気工事士は危険かつ肉体労働で、繁忙期は激務になりますが、需要がなくならない安定した職種です。

また、業務独占資格であるため、持っているだけでも大きな強みになります。

大手企業への就職や独立を行えば、年収1,000万円以上を狙える魅力的な仕事です。

電気に興味のある人や安定した仕事につきたい人などはぜひ電気工事士を目指してはどうでしょうか。

施工管理のお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級の施工管理の専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

現在、施工管理を担える人材の不足が問題になっています。転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

施工管理技士の求人なら建職キャリア

 今回紹介するサイトは、日本最大級の建築・工事系転職支援サービス「建職キャリア」です。

全国の建設企業の施工管理技士向けの求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

施工管理の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

-電気工事士

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.