施工管理

30代未経験者でも施工管理には挑戦できる!その理由や求人の際に気を付けるポイントを紹介

投稿日:

「30代未経験でも施工管理にチャレンジできるの?」
「30代から施工管理は勤まるの?」
「未経験から施工管理を始める際の注意点を知りたい」

こんな疑問や悩みを持っていませんか?

この記事では30代未経験者が施工管理に転職したい、チャレンジしようと考えている方にピッタリな内容です。

この記事では以下のことを中心に紹介しています。

・30代未経験でも施工管理に転職できる理由
・30代は施工管理に必要な資質を持っている理由
・施工管理として働く際に覚悟しておくこと
・未経験者が施工管理の企業を選ぶ際のポイント

30代だし…未経験だし…無理だ…なんて思っているあなた!施工管理は今からでも十分にやっていけます。この記事を読んで、ぜひ挑戦する気持ちになってくれれば幸いです。

30代で未経験でも施工管理に転職できる理由

一般的に全く経験のない業種に30代以降に転職するというのは難しいと考えられています。しかし、施工管理であれば30代からでも挑戦できます。その理由について紹介していきましょう。

施工管理は資格がいらない

1つ目の理由は施工管理になるために資格が必要ないからです。ただし、これは工事現場にいる施工管理全員が有資格者ではなくていいよという意味で、実際は1人以上の有資格者を配置しないといけない決まりがあります。

この有資格者は施工管理技士と呼ばれ、1級と2級の2種類あります。これらの資格を取得することで主任技術者、監理技術者というものに選任され、現場全体の指揮を取るようになります。

つまり、入社当時は資格を所持している必要はありませんが、いずれステップアップしていきたいのであれば資格の取得を目指していきましょう。資格の取得には一定の経験年数が必要ですが、多くの企業は資格取得支援制度というバックアップ体制を整えていますよ。

施工管理は売り手市場である

建設業界は長年人手不足が続いています。施工管理も人手不足となっているため、未経験者から経験者まで幅広く採用しています。

施工管理の求人ページを見てみるとよくわかりますが、多くの企業が未経験者歓迎としています。実際にたくさんの未経験者が施工管理に転職しているので、知らない業界だからと不安になる必要はありません。

30代は施工管理に求められる資質を持っている

30代以上の施工管理未経験者でも転職できると紹介しました。そもそも30代は施工管理に向いているとも言えるのです。なぜなら施工管理に求められる資質を30代が備えているからです。その施工管理に求められる資質とはなにか?紹介していきましょう。

コミュニケーション能力

施工管理はコミュニケーション能力がないと勤まりません。工事現場では多くの作業員が工事を行っています。彼らに指示を出したり、状況を確認したりとうまくコミュニケーションを取りながら工事を進めていく必要があります。

ただ指示を出すだけでなく、信頼関係がないと良い建築物はできません。仕事中だけでなく休憩時に声をかけたり、仕事後に食事に行ったりと普段からのコミュニケーションがあると工事もはかどります。

仲良しクラブになる必要はありませんが、コミュニケーション能力のある施工管理がいるかどうかで現場の雰囲気が変わります。社会経験のある30代であればある程度のコミュニケーション能力が備わっているので、うまく作業員とやっていけて現場に溶け込めるでしょう。

職人たちを束ねるリーダーシップ

入社したての頃は必要ありませんが、いずれ現場全体を指揮する立場となればリーダーシップは必要です。現場全体を把握し、職人や部下たちに適切な指示を与えないといけません。

リーダーは全体を俯瞰する能力、トラブル時などの対応能力、責任を取れることなどさまざまな資質が必要ですが、周りから信頼のあるリーダーであれば現場全体の士気があがり、工事全体の質もあがるのでリーダーシップはとても重要です。

30代であれば、これまでなにかしらリーダーを経験してきたでしょうし、他のリーダーの姿を見てきたと思います。

長時間労働に耐えうる体力

施工管理は業務量が多く、労働時間が他の職種と比較すると長い傾向にあります。現場仕事以外に事務仕事も抱えていますが、事務仕事ができるのは現場仕事の後。つまり、定時時間後となるため、毎日のように残業があります。

出勤は朝早く、退勤は夜が基本なので体力がないと勤まらないかもしれません。30代は20代と比べて体力が劣っているかもしれませんが、まだまだ働き盛りであるため、特に問題はないでしょう。

マネジメント能力

施工管理は現場責任者として人を管理したり、工期に間に合うようにスケジュール管理をしないといけません。人をうまく管理して工事を回し、工事に無駄がでないよう、遅れがでないよううまくスケジュールを管理する必要があります。

人の管理やスケジュール管理はいきなりできるものではなく、社会経験がないと難しいものです。30代であれば部下を管理したり、仕事の回し方を考えたりとこれまでのマネジメント経験が活きてくるので、施工管理の1人前になりやすいでしょう。

施工管理技士の種類

施工管理といっても工事によって管理するものが異なります。例えばマンションやビルなどを作る建設工事とトンネルや橋などを作る土木工事では必要な知識が異なるので、資格の種類が別であります。

施工管理はそれぞれ専門分野が7種類あるので、その種類について知っておきましょう。

建築施工管理技士

建築施工管理技士とは、ビルやマンション、公共施設などの建築工事の管理を行う有資格者です。建設工事中には電気配線工事や空調工事など建物を作る以外のさまざま工事を行うため、建設施工管理技士は施工管理技士の中で最も活躍の幅が広い職種といえるでしょう。

求められる知識の量も多いですが、人気も高い資格です。

土木施工管理技士

土木施工管理技士はダムやトンネル、橋などインフラ工事を管理するために必要な資格です。インフラは特に災害の多い日本では土木工事が求められる機会が多いので、今後も需要が絶えることのない職種でしょう。

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士はマンションやビル、公共施設などの建物の電気工事を管理するために必要な資格です。電気配線工事や鉄道や信号などの電気設備工事など身近にある電気工事全てに携わっています。

電気通信施工管理技士

電気通信施工管理技士とは、インターネットの開通工事や防犯カメラの設置工事などの管理を行うために必要な資格です。電気通信施工管理技士は近年の5Gやデータ通信の普及に伴い、一番最近にできた資格となります。

管工事施工管理技士

管工事施工管理技士とは、空調設備工事や上下水道配管工事、ガス配管工事など建物に配置するあらゆる管工事の管理を行うために必要な資格です。

造園施工管理技士

造園施工管理技士とは、公園やゴルフ場の工事、ビルの屋上などにつくる庭園の工事の管理を行うために必要な資格です。最近では都市部を中心に緑化計画が進んでおり、この造園施工管理技士の需要と人気が高まっています。

建築機械施工管理技士

建築機械施工管理技士とは、ブルドーザーやユンボ、クレーン車など建設現場で活躍する重機を使った工事の管理を行うために必要な資格です。1級はあらゆる建築機械を使った工事の管理ができますが、2級は第1種から第6種まで分かれており、自分の取得した種類の機械を用いた工事の管理ができます。

施工管理の給料はどれくらい?

30代であれば余計給料は気になるところかと思います。もし家族がいるのであれば養うほどの給料がないと厳しいですよね。

そこで施工管理の給料について紹介していきましょう。

施工管理の平均年収は約500万円ほどとなっています。日本の全職種の平均年収は約480万円なので、施工管理は平均よりも高い傾向にあります。

500万円もあれば十分に家族を養えるでしょう。ただし、いきなり500万円も稼ぐのは難しいです。未経験から入社すると年収約300万円程度となるでしょう。

500万円を稼ぐためには施工管理技士の資格が必要です。お金がすぐにでも必要の方は難しいですが、将来的に安定した生活を送りたい、十分な給料が欲しいという方は問題ないかと思います。

2級施工管理技士は大学卒業であれば1年以上の実務経験で受験することができます。まずは実績を積んで2級施工管理技士の資格取得を目指しましょう。

施工管理未経験者が覚悟しておくこと

30代からでも施工管理として働くことは可能です。ただし、なんとなく給料がいいから、興味があるからで勤めると後悔するかもしれません。未経験から入る前に施工管理がどういう大変さがあるか知っておきましょう。

職人の性格が荒々しい

全ての現場に当てはまるわけではありませんが、建設業界は基本的に体育会系の人が多い世界です。丁寧に仕事を教えてくれるといったものではなく、間違ったり手を抜いたりすると怒号が飛び交う世界でもあります。

怒号ならともかく、時には手が出ることもあります。職人は難しい気質の方も少なくないため、人間関係に悩まされる施工管理はたくさんいます。しかし、それは職人に認められるまでであって、仕事をきちんとこなす、間違いがなくなっていけば職人との関係も良くなっていきます。

最初は怖いと感じるかもしれませんが、一生懸命仕事をしていれば良い信頼関係を結ぶことができるので頑張りましょう。

休日回数が少ない

一般的には週休2日制ですが、施工管理の世界は休日が週に1回というところが少なくありません。工事現場の休みが日曜日だけなので、同じように施工管理は日曜しか休めなくなるのです。

人手が足りているところであれば、交代で休めるのですが、基本的に施工管理は人手が足りていないので日曜しか休めないと覚悟しておいた方がいいでしょう。

残業が多い

資質の部分でも触れましたが、施工管理は残業時間が多いことで有名です。特に工期が短い工事やトラブルなどで工事が遅れていると余計に残業が増えてきます。月に100時間を超えることも少なくないので、プライベートがなくなるかもしれないという覚悟は持っておいた方がいいかもしれません。

30代の未経験から求人を探すときのポイント

未経験から施工管理を始める場合、会社選びは慎重にならないといけません。給料や福利厚生が充実しているかどうかはもちろん大事ですが、他にも見るポイントがあります。

それは研修制度があるかどうかです。研修制度は企業が現場に入る前に施工管理として働くための必要な知識を教えてくれるものです。

いきなり現場に入るのは不安ですよね?そのため、先に研修をして知識を備えることは入社した方にとっても現場で働く社員にとっても不安を取り除くために必要なことなのです。

その研修制度は企業によって内容が異なるので、充実した研修を行っている企業を選ぶのが大事です。

数ある企業の中で充実した研修を行っているところを3つ紹介しましょう。

オープンブックマネジメント株式会社 一級建築士事務所

大阪に本社を置く建設業を中心とした人材派遣サービス業です。建築業界が全くの未経験者でも安心して新たなフィールドに立てるよう充実した研修を行っています。

一般的な企業の研修は1か月ほどですが、こちらの企業は3か月もの期間をかけて研修を行っています。若手現場監督育成講座では座学研修(躯体図や平面詳細図などの施工図関連や測量機器の使用方法など全140種類)を行い、業務に必要な知識を基礎からじっくり学ぶことができます。

またオープンブックマネジメントの親会社にて現場研修を2か月間みっちり行うので、いざ現場に出たときにスムーズに馴染むことができます。

テクノプロ・コンストラクション

テクノプロ・コンストラクションは東京に本社を置く企業で、事業内容は労働者派遣事業や施工、監理などの業務など多岐にわたっています。

テクノプロ・コンストラクションは入社後約1か月の研修期間とオープンブックマネジメント株式会社と比較すると短いですが、研修が終えてからテストを行い、合格した者だけが現場に派遣されると決まりがあります。厳しいようですが、きっちりとした知識や技術を身につけないといけないので現場に出る際の安心感が違うでしょう。

研修では、建築学や建築図面の読み方、測量機器の据え方、測量方法といった施工管理の基礎知識を勉強します。

JAGフィールド

JAGフィールドは愛知県に本社をおく建設業界に特化した人材派遣会社です。JAGフィールドは入社後に施工管理研修を行っており、施工管理の座学研修や各種CAD研修、建設プロジェクトの実際の工事現場での見学研修など充実したテイクオフ研修を行っています。

JAGフィールドの特徴は3年後にクライアント先の工事会社に正社員として転籍したい方にサポートを行うフリーエージェントを採用している点です。

はじめは派遣社員としてさまざまな現場で経験を積み、自分にあった建設会社があればそこに正社員として採用されるためのサポートを行ってくれます。

また資格取得支援制度があり、総合資格学院や日建学院といった施工管理技士の資格学習を専門とした学校の学費を補助してくれます。

まとめ

30代未経験でも施工管理は勤まることがわかりました。ただし、施工管理は覚えることが多い点、資格を取得しないと給料が上がらないことを考えるとなるべく早いうちに挑戦した方がいいでしょう。

また、企業によって労働時間や研修制度が異なるので、求人はじっくり探すことをおすすめします。未経験を歓迎してくれるところはたくさんあるので、30代だからと焦らずに自分にあった企業を見つけてくださいね。

施工管理のお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級の施工管理の専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

現在、施工管理を担える人材の不足が問題になっています。転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

施工管理技士の求人なら建職キャリア

 今回紹介するサイトは、日本最大級の建築・工事系転職支援サービス「建職キャリア」です。

全国の建設企業の施工管理技士向けの求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

施工管理の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

 

-施工管理
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.