施工管理

施工管理は20代から稼げる!!年代別や職種別年収を紹介

投稿日:

「20代のうちから施工管理は稼げるの?」
「施工管理の平均年収を知りたい」
「どの企業・業種の施工管理が儲かるか知りたい」

上記に1つでも当てはまる方はこの記事をぜひ読んでください。ここでは施工管理の年収についてさまざまなジャンルで紹介しています。

ここで以下の施工管理の平均年収が分かります。

・施工管理全体の平均年収
・年代別平均年収
・最終学歴別平均年収
・役職別平均年収
・業種別平均年収
・20代で最も稼げる企業の平均年収

施工管理はさまざまな職種の中でも給料の水準が高いことで知られています。20代のうちからどれくらい稼げるのか?将来的にはどれくらい稼げるのか?どの業種にいけば稼げるのか?そんなお金が気になる人には必見な内容となっているので、最後まで一読してください。

施工管理の平均年収

まずは施工管理の平均年収から紹介していきましょう。施工管理の平均年収は約630万円となっています。全職種の平均年収が約500万円とされているため、施工管理は130万円も高い年収を稼いでいるのです。

この630万円という数字は、もちろん幅があり、年収300万円の人もいれば1000万円以上稼いでいる方もいます。多くの施工管理の年収は400万円~600万円台の間に固まっています。

年収の幅は職種や企業、年代によって変わってきます。実際どれくらい違うのかを次の章から紹介していきましょう。

【年代別】施工管理平均年収

それでは年代別施工管理の平均年収について表にまとめたので見ていきましょう。

年齢平均年収
20~29歳473万円
30~39歳584万円
40~49歳650万円
50~59歳685万円
60~65歳653万円

年齢の若い20代から400万円後半という高年収をあげています。ただし、この年収も幅があり、高い年収をもらっているのは、1級施工管理技士を所持している者や大手ゼネコンで勤務している者です。同じ20代の施工管理でも2級施工管理技士の資格しかないものや無資格のものは300万円台程度となるでしょう。

20代から30代へと年代が上がると100万円以上年収が増えています。これは経験を重ねたことによる昇進や上位資格である1級施工管理技士の獲得、他の関連資格の取得によるものでしょう。

40代・50代となると大きな現場の責任者として施工管理を行うため、高い年収を獲得できます。

60代となっても大きく年収が下がらないのは、施工管理は体を動かすというより頭を動かす仕事だからです。これまでの長年の経験を活かせるため、変わりなく大きな現場の管理を行えます。

【役職別】施工管理平均年収

次に役職別の平均年収について紹介していきましょう。先ほどの年代別とかけ合わせてみると、自分の将来設計が立てやすくなるかと思います。

役職平均年収
平社員558万円
主任クラス617万円
係長クラス688万円
課長クラス723万円
次長クラス761万円
部長クラス757万円
本部長クラス754万円

施工管理では平社員でも550万円ほど稼げることがわかります。先ほどの年代別と比較するとよくわかりますが、20代はまだ基本的に平社員で経験が浅いことから、平社員よりも低い年収であることがわかります。

主任は基本的に30代になれば昇格できます。これも年代別と比較するとわかりやすいですが、30代で主任に昇格したもの、平社員のままのものと分かれているため、平社員と主任の間の年収となるのでしょう。

また、結果から施工管理の役職別平均年収は次長クラスで頭打ちということもわかりました。

【学歴別】施工管理の平均年収

次に最終学歴による施工管理の平均年収について紹介していきましょう。最終学歴によって何が違うのか?も一緒に紹介していきます。

最終学歴平均年収
大学院卒業744万円
大学卒業659万円
短期大学卒業639万円
専門学校卒業597万円
高等専門学校・専修学校卒業661万円
高等学校卒業595万円
中等学校卒業585万円
その他593万円

大学院を卒業した者が唯一700万円以上という結果となりました。次に高等専門学校や大学、短期大学を卒業した者が600万円オーバーという結果になりました。

大学院を卒業した者は、大手ゼネコンに入社している傾向が高く、大手ゼネコンで長く務めていると最終的に年収1000万円以上を稼ぐことができるため、このように平均年収が高い結果となりました。

また、他の学歴による差は施工管理技士の資格の受験資格によるものと考えられます。施工管理技士は1級と2級と分けられています。それぞれの資格は国家資格で試験に合格しないと取得することができません。

その国家試験を受けるためには受験資格があり、1級、2級ともに現場での実務経験が必要となります。この実務経験が最終学歴によって年数が異なるのです。

1級の受験資格は以下の通りです。

最終学歴実務経験年数(指定学科を卒業後)実務経験年数(指定学科以外を卒業)
大学専門学校の高度専門士3年以上4年6ヶ月以上
短期大学5年生高等専門学校専門学校の専門士5年以上7年6か月以上
高等学校専門学校の専門課程10年以上11年6ヶ月以上
その他(学歴を問わず)15年以上15年以上

続いて2級の受験資格は以下の通りです。

最終学歴実務経験年数(指定学科を卒業)実務経験年数(指定学科以外を卒業)
大学専門学校の高度専門士1年以上1年6ヶ月以上
短期大学5年生高等専門学校専門学校の専門士2年以上3年
高等学校専門学校の専門課程3年以上4年6ヶ月以上
その他(学歴を問わず)8年以上8年以上

以上を見たときに2級であれば高校を卒業したものは20代のうちに取得可能ですが、1級は最低10年以上の実務経験とかなりの時間を要することがわかります。

1級施工管理技士は最終学歴が短期大学や専門学校、高等専門学校を卒業したもの以上でないと取得が現実的ではありません。

もし仮に取得したとしても早くて30代後半、通常で40代となるでしょう。高年収をあげるためには1級施工管理技士の資格取得が必須であるため、学歴による年収はこれだけの差が生まれたものと考えられます。

【業種別】施工管理平均年収

施工管理といってもさまざまな業種に分かれます。それぞれの業種とともに年収を紹介していきましょう。まずは平均年収を高い順から並べてみました。

業種平均年収
プラント・エネルギー720万円
ゼネコン663万円
ディベロッパー660万円
コンサルタント(PM・CM)645万円
サブコン637万円
ハウスメーカー635万円
建設コンサルタント625万円
不動産管理会社590万円
専門工事会社575万円
自営業455万円

プラント・エネルギー 

プラントとはさまざまな機器が組み合わさって作られた製造設備のことをいいます。港などにある工場地帯にある建物で工業活動に必要な素材や資材を作り出しています。例えば石油プラントや化学プラント、生コンプラントなど製造されるものが素材や資材に限定されます。

プラント・エネルギーは製造工場そのものの大きさがとてもデカく、工事の規模が大きいため、その分年収も高い傾向にあります。

ゼネコン

聞きなじみがあるであろうゼネコンとは、大型の工事を中心に元受けを行っている会社のことを指します。ゼネコンが受注した案件を下請けに回したりしています。そのゼネコンはスーパーゼネコンと呼ばれる大手と準大手、中堅と3種類に分かれています。

大手は清水建設や大林組、鹿島建設など5社、準大手が長谷工コーポレーションや西松建設など10社、中堅が奥村組や飛鳥建設など11社となります。

この中でスーパーゼネコンは売上高が1兆円を超えており、年収1000万円以上は当たり前の世界で準大手でも1000万円以上は可能です。

ディベロッパー 

ディベロッパーとは不動産開発会社と呼ばれるものです。よくゼネコンと同じように思われていますが、きっちりとした違いがあります。その違いとは工事を担当するのがゼネコン、工事までの計画を立てるのがディベロッパーとなります。

もう少しわかりやすく説明するために例として駅前の開発事業計画が立ち上がったとしましょう。駅をまるごとビルにし、駅前にマンションやビル、大型商業施設を立てる計画です。

この再開発事業の計画を作成し、全体の工事をまとめたり、発注するのがディベロッパーとなります。そして実際の工事を取り仕切るのがゼネコンということになります。

ディベロッパーは休日や労働時間が安定していることから施工管理に人気の業種です。

コンサル(PM・CM)

PMとはProject Management(プロジェクトマネジメント)の略、CMとはConstruction Management(コンストラクションマネジメント)の略です。それぞれ建設のプロフェッショナルがお客様のサポートを行うものです。

PMは大規模で複雑な建設工事を効率よく進めるためにサポートを行います。プロジェクトマネージャーと呼ばれる専門家がプロジェクト初期から参加し、企画・設計・発注・施工・維持管理などをマネジメントしつつ、工事がうまくスムーズに回るようにサポートします。

CMでは発注者の代行となり、技術的な中立性を保ちつつ、発注者側に立って設計、発注、施工の各段階で品質管理などのマネジメント業務の一部または全てを取り仕切ります。

サブコン

サブコンとは建設業者のことになりますが、一般的にゼネコンの下請け企業を指します。大規模な建設工事などはゼネコンが受注するのですが、ゼネコン1社では全ての工事をまかなえ切れないため、電気や空調などの工事や生活排水の設備工事、地盤を固めるための工事、足場を組む工事などをそれぞれ専門とするサブコンに発注しています。

そのサブコンで行う工事の際にゼネコンとは別にサブコンに所属する施工管理が必要となります。

ハウスメーカー・工務店 

ハウスメーカーとはその名の通り個人用の住宅を作っています。工務店も同じく家を建築することが仕事ですが、ハウスメーカーの場合は、家の建築以外に作った家を販売する仕事も含まれています。

そのため、ハウスメーカーは建築工事の施工管理だけでなく、途中営業活動も行わないといけません。

建設コンサルタント 

建設コンサルタントとは、建設工事全体のプロデュースを行う立場となります。電気工事をする、重機を使って建設作業を行うといったそれぞれの工事の施工管理を行うのではなく、現場全体を指揮するといったようなものです。建設コンサルタントは一般的に国や地方自治体から発注を受けて工事をプロデュースしています。

不動産管理会社 

不動産管理会社とは主に賃貸物件の管理を行う会社です。オーナーに代わって賃貸物件の管理、メンテナンスを行うとともに入居者の募集やクレーム対応を行います。オーナーと入居者の間に入って環境を整えることが仕事の1つとなります。

この中で施工管理が必要となるのが、建物の維持管理や設備の維持管理、長期修繕計画の策定などで実際の修繕工事の際に立ち会ったりするので、施工管理の資格が必要となります。

専門工事会社 

専門会社とは、内装工事や電気工事など建築工事における部分的な施工を行う業者のことを指します。サブコンと同じく下請け会社となるため、同じようなものですが、ゼネコンから仕事を回してもらうのではなく、個々の企業から仕事をもらう下請け業者となります。

また下請けから仕事を受注する孫請けとなるケースもあり、その場合はさらに年収が低くなります。

自営業 

施工管理には自営で行っている方もいます。しかし自営業の場合、仕事は知り合いの業者から請け負うことが一般的なので収入が不安定になりやすいのがリスクとしてあります。

好景気の場合はさまざまなところで建設工事が行われているので、その分仕事が増えて高い年収を稼ぐことができますが、景気が悪くなると建設工事が少なくなり、その際に真っ先に切られていくのが自営業です。

仕事を切られてしまうと収入がゼロになるので、自営で行う際はさまざまな仕事のパイプを持っておくことが必須となります。

20代から高年収を獲得できる企業

施工管理は平均年収が高いですが、その中で特に20代の若いうちから給料の高い企業を紹介します。実際20代でもらっている金額や働いている人の口コミを合わせて紹介していきましょう。

大成建設 800万円(23歳男性)

大成建設は東京都に本社を置く準大手ゼネコンです。国内だけでなく海外でも建築や土木工事を行っているグローバルな企業です。代表的な建築物は東京都庁、ホテルニューオータニ、国立競技場などです。

実際に働いている人からは、「給料がよく、忙しいときに残業は多くなってしまうけども全額支払ってくれるため、不満はない。福利厚生も充実している」という給料や大企業ならではの福利厚生の良さを評価しています。

一方、「忙しくて有給を消化するタイミングがない、福利厚生の住宅手当は社宅でないともらえない」といった不満の声もあります。

鹿島建設 700万円(24歳男性)

鹿島建設は東京都に本社を置くスーパーゼネコンの1つです。建築や土木事業を中心に事業を展開しており、日本初の超高層ビル建設を行ってことでも知られています。鹿島建設の代表的な建築物は原子力研究所第一号原子炉や最高裁判所、国技館などです。

実際に働いている社員からは、「創業者の心得として‘‘社員の給与を高くすべき‘‘とあるように給料が他の企業と比べても高い水準である」という声があります。一方で「給料の多くは残業代であるから、残業代目当てにダラダラ働く先輩が多い、だからといって内勤にうつると給料が下がる」といった不満がありました。

竹中工務店 900万円(28歳男性)

竹中工務店は大阪府に本社を置く建築・開発事業をメインとするスーパーゼネコンのうちの1つです。スーパーゼネコンの中では唯一非上場企業となっています。社名の工務店にもあるように建築事業を専業としており、これまで東京タワーや日本武道館といった日本を代表する建築物を手がけてきました。

20代後半ともなると1000万円近くなるほど高水準な給料で、実際に働いている社員からは「個人の評価によって給料がばらつくことが少なく、管理職になるまでは同世代の給料はほとんど変わらない。ボーナスは夏と冬合わせて6か月分ほどもらえるので、結構な金額となる」という給料の良い部分をあげている声が多いです。

一方、「労働時間がかなり長く、給料の多くは残業代でまかなわれているのが現状」といった施工管理ならではの残業を不満に上げている方が多い傾向にありました。

まとめ

施工管理の平均年収について詳しく紹介していきました。一般的な企業の場合、20代は年収が300万円程度とされていますが、施工管理はその1.5倍以上は稼げることが分かりました。

給料の多くは残業代となっていますが、若いうちに稼いでおきたい、がっつり稼いでさっさとファイヤしたいという人にはぴったりな職種ではないでしょうか。

施工管理を含む建築業界は今売り手市場なので、好きな会社を選びやすくなっており、チャンスなのでぜひ建築業界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

施工管理のお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級の施工管理の専用転職サービス

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

現在、施工管理を担える人材の不足が問題になっています。転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

施工管理技士の求人なら建職キャリア

 今回紹介するサイトは、日本最大級の建築・工事系転職支援サービス「建職キャリア」です。

全国の建設企業の施工管理技士向けの求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々な求人を検索することができます。

お住いの近くにある求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

施工管理の求人を1分で無料検索

転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

 

-施工管理
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.