免許・資格

運転免許の取り消しにならないために!何点で取り消し?点数や取り消し後の流れを解説

更新日:

トラックを使って仕事をしていると、

「違法駐車で捕まった。」

「信号無視が見つかった。」

時々ですが会社内に、交通違反で捕まる人がいます。

 

そんな時に気になるのが、違反の合計点数ですよね。

運転免許は違反点数がたまると、停止や取り消しの処分を受けてしまいます。

 

トラックドライバーが運転免許を取り消されると、クビになる可能性もあります。

また運転免許が取り消された場合、トラックドライバーはどのように行動すれば良いのでしょうか?

 

今回の記事では、運転免許の違反点数がたまり、取り消し寸前のトラックドライバー向けに、

「運転免許の点数制度と取り消し後の流れ」

を解説します。

 

違反で捕まってしまったものは、どうしようもありません。

仕事を失うことがないように、この記事の内容を参考にしてください!

 

免許は点数制?

そもそも運転免許の点数制度を、あまり理解していない人は多いです。

勘違いしている人もいるので、まずは点数制度について、簡単におさらいしていきましょう。

免許の点数制度の解説

運転免許は違反をして捕まると、違反点数が与えられ増えていく「加算方式」です。

違反点数が一定数たまると、免許の停止さらには取り消しの処分を受けてしまいます。

 

「減点を受け、0点になると免許停止になる。」

このような減点方式だと、勘違いをしている人がいますが間違いです。

免許の取り消しとは?

運転免許の取り消し処分を受けるのは、違反の合計が何点になったときなのでしょうか?

実は取り消し処分を受ける点数は、「3年以内に免停を何度受けたか」によって違います。

 

3年以内に1度も免停になったことがない人は、15点が運転免許取り消しの基準です。

ですが3度以上の免停を受けている人は、たった4点で運転免許が取り消されてしまいます。

 

取り消し処分を受けると、すぐには運転免許が取得できません。

この取得ができない期間のことを、欠格期間と呼びます。

 

また交通違反には、

  • 一般違反行為
  • 特定違反行為

2種類の違反行為があります。

 

一般違反行為とは、駐車違反やスピード違反のような軽微な違反のことです。

一般違反行為で捕まる人は、それほど珍しくはありませんね。

 

特定違反行為とは、危険運転致死や酒酔い運転などの悪質な違反のことです。

特定違反行為を犯すと、大きな違反点数を与えられます。

 

欠格期間の長さは、たまった違反点数が関係します。

特定違反行為で免許が取り消された場合、運転免許の再取得まで10年以上かかることもあるでしょう。

 

免許の取り消しになるまで

「違反一発で、免許が取り消された……。」

このような話を、聞いたことがある人もいるはずです。

 

もちろん酒酔い運転などの重大な違反は、一発で免許が取り消されてしまいます。

ですが信号無視のような軽微な違反でも、一発取り消しを受ける人が後を絶ちません。

ここでは違反点数がたまっていない人でも気をつけるべき、「不可点数」を説明していきますね。

基礎点数とは

違法駐車やスピード違反など、交通違反を犯したときに与えられる点数を「基礎点数」と言います。

麻薬運転のように悪質な違反は、一発で取り消しになりますが、点数が高くないものが多いです。

付加点数とは

違反をして交通事故を起こした場合、さきほどの基礎点数に上乗せされる形で、点数が加算されます。

この点数を「不可点数」と言いますが、知らない人が多いかもしれませんね。

 

例えば信号無視で事故を起こした場合、信号無視の基礎点数は2点です。

ですが事故の結果、誰かを死亡させてしまうと不可点数として、さらに20点を与えられてしまいます。

 

軽微な違反でも、不可点数によっては運転免許の一発取り消しを受ける可能性がありますよね。

違反点数がたまっていないからといって油断せず、安全運転を心がけるべきです。

 

免許の取り消しになったら

ここからは運転免許が取り消された場合、再取得のやり方や会社への対応を説明します。

トラックドライバーは、運転免許がないと仕事ができません。

クビにならないように、順番にチェックしていきましょう。

免許取りの流れ

交通違反や交通事故を起こした場合、

  • 刑事処分
  • 行政処分

この両方を受けることになります。

 

刑事処分とは、反則金や懲役、禁固など法を犯したことに対する処分です。

普段から運転をする人なら、反則金の支払いをした経験はあるかもしれませんね。

 

行政処分とは、運転免許の停止や取り消しなどの処分です。

行政処分には違反を繰り返したり、危険な運転をしたりする人を道路上から排除する目的があります。

 

行政処分により運転免許が取り消された場合は、あらたに取得しなければなりません。

  • 教習所に通う
  • 試験所で一発取得

通常の運転免許取得のやり方と同じで、2種類の取得方法があります。

 

欠格期間中であっても、「仮免許」は取得が可能です。

教習所での取得を目指す人は、欠格期間中に仮免許を取得しておきましょう。

 

ただし欠格期間の満了後に、「取消処分者講習」を受講しなければ運転免許は取得できません。

取消処分者講習は警察へ予約する必要があります。

予約状況により数カ月待つこともあるので、早めに予約をしておきましょう。

免許取り消し後の対応

トラックドライバーが運転免許を取り消された場合は、会社への対応が必要です。

対応が悪いとクビになる可能性もあるので、しっかりと対応していきましょう。

 

まずは報告です。

運転免許を失ってしまったことを、正直に上司へ伝えてください。

 

次に相談です。

運転免許がないので、乗務職はできません。

  • 構内作業
  • 事務職

このようなドライバー以外の業務で、会社に残れるように上司に相談しましょう。

 

運転免許が取り消された理由にもよりますが、再取得する予定があるなら、まずクビにはなりません。

バレてから対応するのではなく、誠意を持って会社へ報告しましょう。

 

「運転免許停止でクビってありえるのでしょうか?その疑問に徹底解説!」

会社への対応は、こちらの記事で詳しく扱っています。

あわせて参考にしてください。

 

免許の取り消しにならないための対策

運転免許の再取得も大切ですが、そもそも取り消されないように普段から気をつけるべきですね。

ここでは「運転免許の取り消しを受けないための対策」を、いくつか紹介します。

違反点数がたまっている、トラックドライバーは特に参考にしてください。

運転で気を付けること

まずは安全運転です。

スピードの出しすぎは信号無視や事故につながりますよね。

また前車との車間を十分に取ることで、周りの急な変化に対応できます。

 

安全運転を行うためには、「予測」を活用すべきです。

「前車が指示器を出さずに、コンビニに入るかもしれない。」

「工事区間が近いが、急な割込みはされないか?」

 

普段から、自分にとって「都合の悪い予測」を心がけましょう。

好ましくない状況をイメージすることで、適切な対応が可能です。

トラックの違反あるある

トラックを使って仕事をする人は、トラック特有の違反にも気をつける必要があります。

運転にあまり関係ないものだと、次のようなものがありますよね。

  • 違法駐車
  • 携帯電話の使用

 

街中で配達をしているトラックドライバーだと、違法駐車に気をつけるべきです。

配達場所すべてに、トラックが停められる駐車場があるわけではありません。

取り締まりの危険を感じたら、会社に相談してサポート人員を連れていきましょう。

 

またトラックドライバーなら、仕事の都合で携帯電話を使用することがありますよね。

この携帯電話の扱いに関して、勘違いしているトラックドライバーが多いです。

 

「手で携帯電話を持たず、イヤホンマイクを使えば問題ない。」

このように考えている人も多いですが、実際には都道府県の規則により罰則がバラバラです。

特に長距離トラックドライバーは、いろいろな地域を通るので、1度確認することをオススメします。

 

まとめ

トラックドライバーが運転免許の取り消し処分を受けると、職を失う可能性があります。

そのため普段から違反には、十分に気をつける必要があるでしょう。

 

ですがちょっとした不注意から、大きな違反点数を与えられ、運転免許が取り消されることも珍しくありません。

またクビにならないように、会社などで適切な対応をする必要があります。

 

2019年現在、「運転中の携帯電話の使用」ように新しい違反も登場してきました。

運転免許を取り消されてから慌てるのではなく、違反に関して勉強していく必要があるのかもしれませんね。

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-免許・資格
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.