トラック

トラック運転手で年収600万円は可能?条件や仕事内容を解説

更新日:

国内だけではなく、世界の物流を大きく支えるトラック運転手は、通販などのEC事業の急成長と共に運転手不足となっています。
その影響もあり、トラック運転手の求人は増加傾向にあり物流業界への転職は増えてきています。

そこで今回は、トラック運転手の種類や年収、仕事内容、年収600万円は可能なのかを解説していきます。

トラック運転手とは

トラック運転手とは、文字通りトラックを運転するのが仕事の職業です。
運送業となりますが、全ての業界の物流を支えておりなくてはならない職種であり、貨物輸送の半数以上を占めています。

最近ではEC事業の急成長などを背景に取り扱い量も増えてきており、人材不足が過大となっています。

運搬物はもちろん、その量や大きさによって運転するトラックの種類や大きさがことなり、仕事内容はもちろん給料や年収も大きく違います。

大型トラック運転手や、けん引業務などをおこなう場合は、大型免許やけん引免許なども必要です。

大型トラック運転手の年収

大型トラック運転手の年収は、業界全体の中でも高い水準となっており年収400万円~700万円ほどになります。
会社の規模が大きいほど年収が高い傾向にあり、残業の有無によって大きく変わります。

大型免許などの取得が必須であり高度な運転技術が必要なため、高収入を最も狙いやすいと言えます。

厚生労働省が発表した、賃金構造基本統計調査によると年代別で以下のような平均年収となっています。

年齢平均年収
25~29歳408万円
30~34歳439万円
35~39歳454万円
40~44歳476万円
45~49歳481万円
50~54歳471万円
55~59歳456万円
60~64歳387万円

運搬物によっても危険物手当などで収入が高くなる場合もあります。

関連記事

大型トラック運転手の給料の実態とは?今がチャンスである理由

・トラック運転手は年収1,000万稼げる?給与の実態を解説

・トラック運転手で手取り40万円は可能?徹底解説します。

大型トラック運転手の仕事内容

大型トラック運転手の仕事内容は、他のサイズのトラックと大きく変わっている点はありません。
荷主元で荷物を積載し、配達先まで運送を行います。

大型のトラックになるほど運転技術が必要となり、街中を運転する際には高度な運転技術と集中力が必要です。

また、大型トラック運転手の場合はトレーラーなどけん引して運搬することもあり、内輪差などはもちろん、バックする際には逆ハンドルになるなど専門の運転技術も必要となります。

高速道路を運転する場合においても、急なブレーキはジャックナイフ現象が起きる可能性もあるため、運転中は常に集中しておかなければなりません。

そのため、就職する会社によっては大型免許だけではなくけん引免許が必要であったり、燃料などを輸送する場合などは危険物取扱者の資格も必要となります。

ドライバーの求人を検索する(無料)

中型トラック運転手の年収

中型トラック運転手の年収は400万円~600万円となります。
大型トラックの次に高収入となっており、長距離配送がメインとなる会社では高めの年収となる傾向にあります。

大型トラック運転手と同じく、大手の企業であるほど収入が高くなりやすく、危険物取扱者の資格やフォークリフト免許がある場合は手当などがつく会社もあります。

中型トラック運転手の仕事内容

中型トラック運転手の場合、中型免許(5t以上11t未満)が必要となります。

小型トラックに比べ積載量が多くなるため、中距離から長距離の運転業務がメインとなります。
積載する貨物も多岐にわたり、就職する会社によっては危険物取扱者の免許や積載時に使用するフォークリフト免許が必要となる場合もあります。

大型トラック運転手の仕事は長距離が多いのに比べ、中型トラック運転手の場合は日帰りでの業務が多く、ルート配送などの場合は一日のうちに複数回往復して貨物を運送することもあります。
ある程度、配送先やスケジュールが決まっているため、決まった曜日に休みを取りやすいことも特徴の一つです。

関連記事:4tトラック運転手の給料と仕事内容は?手取り額も公開

小型トラックの平均年収は300万円~550万円ほどとなっており、大型、中型トラック運転手と比べると低い傾向にあります。

運転免許などの資格がつきにくく、長距離配送が少ないために低くなっていると言えます。

そのため、長距離配送の業務であったり仕事量の多い会社であれば年収600万円以上稼ぐことも不可能ではありません。

小型トラック運転手の仕事内容

小型トラックの場合、大きな荷物や大量の荷物を運ぶことが無く、ルート配送など近距離での配送が多くなります。

そのため、体力面では負担が少なく女性でも十分活躍が可能と言えます。

関連記事

トラック運転手の給料は?サイズ別や年代別に細かく紹介!

トラック運転手で年収600万円稼げる求人の特徴と選び方のコツ

トラック運転手で年収800万稼げる?高年収求人の特徴と注意点

軽貨物ドライバー運転手の年収

トラック運転手とは少し異なりますが、ドライバーとして年収600万円も可能です。

EC事業関連の軽貨物などが増加したこともあり、最近では社員ではなく独立して業務を請け負い生活する軽貨物ドライバーが増えてきています。

個人事業主のため、仕事内容や時間、給与が決まっておらず自分の体力にあわせて仕事を増やしたりすることが可能です。

個人事業主ドライバーであれば配達個数を増やすほど収入が増えやすく年収600万円をこえるドライバーも存在します。

軽貨物ドライバーの仕事内容

基本的にルート配送などがメインとなり、大手の企業と契約できれば毎日の流れがほぼ一緒になるのでスケジュールなどを組みやすくなります。

他にも突発的な依頼があったり、引っ越し業務をこなしたりすることもあります。

運転する車両は軽トラックや軽バンとなるため、一般的な運転技術があれば問題なく仕事をこなすことが可能です。

個人事業主でも仕事内容は同じですが、開業届などの手続きはもちろん、仕事を増やすための営業などもこなす必要があり、保険や税金等の管理も行わなければなりません。

関連記事:軽貨物ドライバーは稼げる?手取り年収やきついとの噂を検証!

トラック運転手の求人例

トラック運転手といってもトラックの大きさや雇用体系、運搬する荷物などによっても大きく年収が変わります。

今回は、トラック運転手求人の中で想定年収が600万円となっている求人をいくつか調査しました。

勤務時間や仕事内容は以下の通りです。

『大型トレーラー運転手』
・トレーラーでの配達業務
・月給28万~50万円
・勤務時間8時~17時

『新車トラック配送運転手』
・新車のトラックを荷主素まで配送
・月給35万~50万円以上
・勤務時間は運行スケジュールにより、8時間+残業あり

『大型トラック運転手』
・食品、飲料などの輸送
・月給30万~45万
・勤務時間8~17時、22時~7時

『タンクローリー運転手』
・ガソリン、灯油、軽油等の輸送
・月給34万~48万円
・勤務時間6時~16時

このように、役職など関係なく初めから600万円ほどの収入を得るには大型トラック運転手が向いていると言えます。

大手の企業となるほど業績手当などが充実しており、その他の福利厚生も準備されている傾向にありました。

関連記事

運送会社の給料ランキングTOP10は?職種別・業種別の平均年収も徹底解説

・【大卒でトラック運転手】給料や将来性、キャリアアップしていくための考え方をまとめました

・トラック運転手の仕事内容を解説!給料・求人・必要な免許など紹介

まとめ

今回はトラック運転手で年収600万円は可能なのか解説しました。

トラック運転手と言っても車の大きさによって大型、中型、小型などがあり、大きいほど年収が高くなります。

その分長距離運転が多く、拘束時間も長くなる傾向にあり大型免許や場合によってけん引免許が必要となります。

大型トラック運転手の求人であれば、条件によっては年収600万円は可能です。
また大型トラック以外でも、実績を積むことで将来的に600万円の年収を得ることが可能となります。

収入を上げるためには、運転免許以外でも仕事で役立つ危険物取扱者やフォークリフト、けん引免許を取得することで仕事の幅が広がり、手当等で収入を増やすことができます。

トラック運転手とは異なりますが、軽貨物ドライバーであっても個人で開業するなどして、仕事量を増やし年収が600万円を超えているドライバーもいます。

転職する場合、会社によっては入社後に運転免許などを取得できることもあるのでまずは問い合わせてみたり、求人内容をチェックしてみるようにしましょう。

トラック運転手の仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト



「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」


などのお悩みはありませんか?


今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!


今よりもいい条件のところで働きたい方、運送業界に特化した「ドライバーキャリア」に相談してみませんか?

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリアなどあなたのご希望をお聞かせください。

ドライバーの求人を検索する(無料)

就職・転職をお考えの方へ

こんなお悩みありませんか?

  • もっと給料を上げたい
  • 残業時間が多くて体力的にきつい…
  • もっとプライベートを充実させたい

運送・ドライバーに特化した転職サイト
「ドライバーキャリア」なら
希望に合う求人を見つけやすい!

かんたん無料!
求人を検索する

-トラック

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2024 All Rights Reserved.