タクシー

【徹底解説】タクシー運転手がきついと言われる理由と魅力について

更新日:

【徹底解説】タクシー運転手がきついと言われる理由と魅力について

「タクシー運転手はきついと言われているけどの本当かな...」実際、タクシー運転手の業務をしていると、以下5つの点に対してきついと感じる人が多くいます。

1.隔日勤務で夜勤のときがきつい
2.給料が安すぎる
3.乗客からのクレームでストレスが溜まる
4.乗客の命を預かるプレッシャーがある
5.事故に遭遇する可能性がある

本記事では、タクシー運転手として働いた際にきついと感じる部分と現実にある苦労や悩みを詳しく紹介します。タクシー運転手への転職を検討している人は、ぜひ最後までチェックしてみてください。

この記事のまとめ

・タクシー運転手は隔日勤務中の夜勤帯の時間がきつい
・タクシー運転手がきついと感じた場合は別業界に転職するのもひとつの方法
・タクシー運転手への転職に迷ったら転職エージェントの活用がおすすめ

タクシー運転手がきつい・大変・辛いとストレスに感じる5つの現実

タクシー運転手がきつい・大変・辛いとストレスに感じる5つの現実

簡単に言えばタクシー運転手の仕事は、乗客を乗せて目的地に送り届ける仕事です。タクシー運転手が「きつい・大変・辛い」とストレスに感じる点を5つ厳選してみたので、ひとつずつ紹介します。

1.隔日勤務中の夜勤帯の時間がきつい
2.給料が安すぎる
3.乗客からのクレームでストレスが溜まる
4.乗客の命を預かるプレッシャーがある
5.事故に遭遇する可能性がある

1.隔日勤務中の夜勤帯の時間がきつい

タクシー会社の勤務形態は「日勤・夜勤・隔日勤務」3パターンが基本となります。3パターンできついと感じやすいのが、隔日勤務中の夜勤帯の時間です。

隔日勤務について、以下の2点を解説します。

・隔日勤務の場合、月間11~13日乗務すれば月の半分が休み
・昼日勤を選択すれば長時間労働に悩む心配はない

隔日勤務の場合、月間11~13日乗務すれば月の半分が休み

隔日勤務のタクシー運転手は、月間11〜13日乗務すれば月の半分近くが休みなのが特徴です。

隔日勤務の場合、月間11~13日乗務すれば月の半分が休み

出典:タクシーの勤務体系|タクシーハローワーク

隔日勤務の特徴としては1日の労働時間が長い分、翌日が丸々休みです。公休もあわせると休みは週4日になる場合もあり、プライベート時間が取りやすいです。

また、ほぼ丸1日の営業となるため、稼げるエリアや時間帯を狙って営業すれば売上目標が達成しやすいメリットもあります。

ただし、勤務日は長時間拘束され、睡眠が取れなかったり、長時間勤務に疲れたりと生活リズムがあわない人もいるでしょう。そのため、隔日勤務は深夜勤務が苦にならない人におすすめの勤務体系です。

昼日勤を選択すれば長時間労働に悩む心配はない

タクシー運転手の隔日勤務があわず、深夜帯の長時間労働がきついと感じる人も多いようです。しかし、タクシー運転手は昼日勤もできるため、隔日勤務があわない人は、昼日勤を選択できます。

昼日勤の勤務であれば、一般的な会社員と同じように朝8時〜夕方17時頃までの約8〜9時間勤務で規則正しく働けます。

しかし、昼日勤の場合は隔日勤務のように割増運賃がないため、稼ぎにくい側面があり注意が必要です。

とはいえ、健康的な安定した生活が過ごせるので、長時間労働がきついと感じる人は昼日勤の勤務形態で働いてみるとよいでしょう。

2.給料が安すぎる

タクシー運転手は給料が安すぎて、きついと感じる人も多くいます。タクシー運転手の給料について以下2つに絞って紹介します。

・給料は安い傾向があるが自由な働き方がしやすい
・集客エリアのチェックや稼ぎ方を知れば年収アップが見込める

給料は安い傾向があるが自由な働き方がしやすい

タクシー運転手の平均年収は約361万円※1)日本の平均年収458万円※2)よりは、97万円程低いようです。しかし、自分のペースで働ける自由さがあり、次のように収入を増やせます。

・隔日勤務で割増賃金を得る
・観光地や繁華街など、需要が高いエリアを見つけて営業する
・名刺を渡しリピートで利用してもらえるようにする

上記のようにタクシー運転手はやり方次第で、平均年収以上に稼ぐことも可能です。たしかにタクシー運転手の給料は低い傾向がありますが、特別にお金を使いすぎない限り安定した生活も送れます。

タクシー運転手の給料体系は(AB型)「固定給+歩合制+賞与」が多く、歩合割合も約60%で仮に1日の売上が3万円だとすれば日給1万8千円は稼げる計算です。

また、タクシー運転手は基本的に歩合制なので、努力次第では年収600万円※3)以上達成している人もいます。このように自分の頑張り次第で、稼げるため給料が安くなるかどうかは自分次第です。

出典:※1)タクシー運転手|職業情報提供サイトjobtag
出典:※2)令和4年分 民間給与実態統計調査|国税庁

集客エリアのチェックや稼ぎ方を知れば年収アップが見込める

タクシー運転手の収入は集客エリアを適切に選び、効率的な営業方法を身につけられると年収アップが十分に見込めます。たとえば、以下のような集客エリアの選び方があります。

・都市部や観光地などの人が集まるエリアを狙って営業する
・イベントがある日や天候が悪い日などは需要が増えるため稼働率を増やす
など

タクシー運転手は、全体でみると年収が低くなりますが、適切な集客エリアを選びリピート顧客を増やせれば、歩合率を向上させ平均年収以上に稼ぐのも可能です。

また、ルートを覚えると、効率よく乗客の送迎ができるためストレスなく仕事に取り組めます。

このようにタクシー運転手は、集客エリアのチェックや稼ぎ方を知れば年収アップが見込め、ストレスなく働ける天職になるでしょう。

3.乗客からのクレームでストレスが溜まる

タクシー運転手は乗客からのクレームでストレスが溜まり、仕事自体がきついと感じる人も多くいます。仕事の特性上、さまざまな乗客を乗せるため、必ずしも相性のいい乗客と出会えるわけではありません。

この点を踏まえたうえで、乗客との関わり方について以下2つの考え方を紹介します。

・大変な面もあるが、さまざまな人と出会える楽しい仕事
・乗客対応したくないときはトラック運転手を検討するのがおすすめ

大変な面もあるが、さまざまな人と出会える楽しい仕事

タクシー運転手は乗客からのクレームやトラブルに悩まされる大変な面もありますが、さまざまな人と出会える魅力的な側面を持つ仕事です。

タクシー運転手をしていて「楽しい」と感じる瞬間は、以下のとおりです。

・目的地までスムーズに案内できて感謝されたとき
・異なる職業や年齢、国籍の人と会話できたとき
・街並みを見ながら乗客と会話できたとき
など

タクシー運転手をしていると、さまざまな乗客と話す機会があるので楽しい場面が多くあります。

一方で、クレームやトラブルが起きて大変な状況もあります。乗客からのクレームが起きるときは、以下のような原因が考えられるので注意しておきましょう。

・乗客がたまたまイライラしていた
・運転手が失礼な態度をしていた
・タクシーの運転が荒くなっていた
など

乗客からのクレームが起きるときは、上記のような原因があります。そのため、自分自身が気をつけていれば、理不尽な状況を除きひどいクレームがくるケースは少ないでしょう。

また、常連客を見つけられると信頼関係を築けるので、仕事が気楽にできます。

そのため、日頃から良質な運転と接客を提供し、常連客を増やす努力をしてみましょう。常連客との信頼関係を構築できれば、新しい乗客に対するよい評判を生みだし安定的に稼げます。

乗客対応したくないときはトラック運転手を検討するのがおすすめ

乗客対応が苦手だけど運転が好きな人は、トラック運転手を検討するのがおすすめです。トラック運転手は荷物を運ぶ仕事なので、乗客と直接話す必要がありません。

乗客から直接クレームを受けないため、タクシー運転手と比べて接客に関するストレスが少なくなるでしょう。

また、大型トラック運転手の平均年収は約440〜520万円※3)で、タクシー運転手の約361万円※1)と比較しても80〜160万円程高くなっています。

「乗客のクレーム対応するのが嫌だな...」と思っている人は、トラック運転手を視野に入れるのもひとつの方法です。

弊社が運営しているドライバーキャリアはタクシー運転手以外にも、トラック運転手に関するさまざまな求人を取り扱っています。

トラック運転手にキャリアを変更してみようと考えている人は、一度相談してみてはいかがでしょうか。

出典:※3)2020 年度版トラック運送事業の賃金・労働時間等の実態|全日本トラック協会

4.乗客の命を預かるプレッシャーがある

タクシー運転手は、乗客を安全に目的地まで送り届けるのが最大の仕事です。しかし、毎日長時間運転しながら目標を達成するのは、責任と集中力が必要です。

乗客の命を預かるプレッシャーに関して、以下2つ解説します。

・責任感が芽生えて仕事にやりがいができる
・乗客を乗せるプレッシャーを感じるのが嫌な人は運行管理者の道もある

責任感が芽生えて仕事にやりがいができる

タクシー運転手にとって乗客の命を預かるプレッシャーは、責任感が芽生えて強いやりがいを感じるキッカケとなります。

この責任感は仕事に対して自己成長につながり、結果的に給料アップにもつながっていくでしょう。実際、タクシー運転手は以下のように乗客を無事に送り届けた際にやりがいを感じるようです。

・お客様を目的地まで無事に送り届けた際、お礼を言ってもらえることが嬉しいです。

引用:第2弾ドライバーの仕事には魅力があります|国土交通省

とはいえ、気負いすぎても疲れてしまうため、ある程度の息抜きは必要です。

乗客を乗せるプレッシャーを感じるのが嫌な人は運行管理者の道もある

乗客を乗せるプレッシャーが苦手な人は、運行管理者を目指してみるのもおすすめです。

運行管理者は乗務員の労務管理や運行計画の立案など、現場から一歩離れた業務をおこないます。ただし、運行管理者は国家試験に合格する必要があり合格率も約33〜36%※4)と難易度も高めです。

運行管理者を目指す場合は、補助員として実務経験を積みながらキャリアをスタートするのが一般的なので、未経験歓迎の求人を見つけて挑戦してみましょう。

弊社が運営しているロジキャリアでは、運行管理者に関する求人も複数取り扱っています。

「タクシー運転手・トラック運転手・運行管理者」どの職業を目指すのがいいのか悩んでいる人は気軽に相談してみてください。

運行管理者については「運行管理者の仕事内容とは?年収事情や将来性も解説」の記事で詳しく解説しています。

出典:※4)令和5年度第2回試験の合格発表|運行管理者試験センター
出典:第2弾ドライバーの仕事には魅力があります|国土交通省

5.事故に遭遇する可能性がある

タクシー運転手がどれだけ安全運転を心がけていても、事故に遭遇する危険は常にあります。被害者になる可能性はもちろん、状況次第では加害者になるリスクもあるでしょう。

ここからは上記のリスクも踏まえたうえで、以下2つに関して解説します。

・無事故手当や表彰など安全強化の取り組みをしている会社もある
・事故に遭遇したくない人は別業界に転職するのもひとつの方法

無事故手当や表彰など安全強化の取り組みをしている会社もある

タクシー運転手は事故のリスクが伴いますが、無事故手当や表彰制度など、安全運転を奨励する取り組みをしている会社も多くあります。

事故の可能性をゼロにするのは難しいですが、運転手や会社の取り組み次第でゼロに近づけるのは可能です。

国土交通省」の調査によるとタクシーの事故率は年々減少しており、多くのタクシー会社では安全運転管理システムを導入し安全対策を施しています。

人身事故件数は、2010年(平成22年)から11年連続して減少しており、2020年(令和2年)中の交通事故件数は、11年前の2009年(平成21年)に比べ、1万4,057件、約67.4%の減少となっている。

引用:ハイタク事業における総合安全プラン2020|国土交通省

タクシー運転手はたしかに事故のリスクが伴いますが、無事故手当や表彰など運転者側にもメリットはあるでしょう。

事故に遭遇したくない人は別業界に転職するのもひとつの方法

事故に遭遇するのがどうしても不安な人は、タクシー運転手以外の仕事に転職するのもひとつの方法です。タクシー運転手以外に事故にあう確率が低い仕事は、以下のようなものがあります。

・警備員
・製造職
・運行管理
・倉庫管理
・不動産営業
など

弊社ではタクシー運転手の求人を取り扱っている「ドライバーキャリア」以外にも、以下のような求職者支援サービスを提供しています。

職種 転職支援サービス
警備員 セキュリティキャリア
製造・工場 メーカーキャリア
運行・倉庫管理 ロジキャリア
不動産営業 建職キャリア

タクシー運転手以外の職業にも興味がある人は、一度キャリアアドバイザーに相談してみてはいかがでしょうか。

出典:ハイタク事業における総合安全プラン2020|国土交通省

>(無料相談)未経験歓迎の魅力あるタクシー求人をお探しの人はこちら

関連記事:【徹底解説】タクシードライバーはやめとけ?言われる理由と不安解消のコツ

タクシー運転手で年収600万円超えは8%未満

タクシー運転手で年収600万円超えは8%未満

タクシー運転手の平均年収は約361万円※1)と言われています。しかし、北海学園大学の資料によると、年収600万円を超える「勝ち組」と言われる年収の人は全体の8%※3)未満しかいない厳しい現実があります。

年収区分をわけると、以下のとおりです。

年収区分 全体の割合
年収300万円未満 10.3%
年収300万円〜 30.9%
年収400万円〜 37.9%
年収500万円〜 13.1%
年収600万円以上 7.8%

参考:不況と規制緩和のもとでのタクシー運転手の状態|北海学園大学

上記の表からもわかるとおり、タクシー運転手の中で年収600万円※5)以上得るのは全体のわずか7.8%※5)とかなり厳しい結果です。

とはいえ、タクシー運転手になりたいすべての人が、年収600万円以上稼ぎたいわけではなく年収300〜400万円程で十分という人も多いでしょう。

年収300〜400万円程であれば、8割以上の人が達成できているので、タクシー運転手としてのんびり過ごしたい人は無理に年収600万円以上目指さなくても理想の生活は手に入れられます。

>(無料相談)年収600万円以上の稼げるタクシー求人を探している人はこちら

出典:※5)不況と規制緩和のもとでのタクシー運転手の状態|北海学園大学

きつくても充実して働けるタクシー会社の特徴|4選

きつくても充実して働けるタクシー会社の特徴|4選

タクシー運転手の仕事の中には、きついと言われにくい求人も存在します。きつくても充実して働けるタクシー会社の特徴を以下4つ紹介します。

1.日勤(昼勤)である
2.設備が充実している
3.ノルマがない
4.業績が好調

それぞれ解説します。

1.日勤(昼勤)である

タクシー運転手の勤務時間が長くなりやすいのは隔日勤務です。その点、日勤(昼勤)であれば、勤務時間は一般的な会社員の人と同じ8〜9時間程のため身体にあまり負担をかけず働けます。

もし、隔日勤務の夜間の長時間労働がきついと感じる人は、日勤(昼勤)の求人を探してみてはいかがでしょうか。

2.設備が充実している

設備が充実しているタクシー会社は、仕事がより快適で効率的におこなえます。タクシー運転手は長時間運転したり、不規則な時間に働いたりするので会社の設備が充実していると大きな助けとなるでしょう。

具体的に言うと、以下のような設備があります。

設備 内容 効果
運行管理支援システム ・配車予定表
・運行実績表
・乗務日報の自動作成管理
・手作業の負担軽減
・二重入力の手間削減
・運行に集中できる
乗務日報自動作成システム ・タクシーメーター連動で乗務日報を自動作成 ・紙書類削減
・作業負荷軽減
・運転レベルの評価が可能
車両動態管理システム ・GPSによるリアルタイムの車両位置確認 ・安全運転の促進
・乗務員教育の効果向上
勤怠管理システム ・勤務シフトの自動作成
・労働時間や残業時間の管理
・勤怠管理の効率化
・乗務員の過労運転や超過労働の予防
営業所・乗務員管理システム ・乗務員情報を一元管理
・給与計算システムとの連携
・業務負荷の軽減
・保管場所の削減
・情報共有の円滑化
売上集計・記録システム ・現金やキャッシュレス決済の売上集計や記録 ・手作業ミスの削減
・決済手段の見直し
・営業戦略の活用
クラウド型配車センター ・複数の配車センターを集約し効率的に配車 ・コスト削減
・稼働率向上
・売上増加
車内空間活用デジタル広告 ・車内のディスプレイやタブレットに広告を配信 ・広告収入の拡大
・地域貢献
バスロケーションシステム ・バスの現在位置や到着予想時刻を提供 ・利用者の不安軽減
・問い合わせ対応の負荷軽減
配車アプリ ・スマートフォンからタクシーを呼ぶ仕組み ・実車率の向上
・オペレーターの業務負荷軽減

※参考:旅客自動車運送事業のためのデジタル化の手引き|国土交通省

上記のような設備が整ったタクシー会社に転職できれば、業務が快適で効率的になり、働きやすい環境が整っていると言えます。

タクシー会社を選ぶ際には、転職前にどのような設備が導入されているのか確認しておきましょう。

3.ノルマがない

ノルマがないタクシー会社で働くと、精神的な負担が減り気軽に仕事ができます。ノルマがあると、毎月決まった売上を達成しなければならず、大きなプレッシャーとなるでしょう。

とくにタクシー運転手は働く時間やエリアによっても売上が変動してくるため、安定的にノルマをクリアしていくのが難しい現状があります。

そのため、ノルマがないと自分のペースで仕事ができ、精神的なストレスが減ります。

近年は最低給料保証※6)と月ごとの乗務回数の上限※6)も決まっているので、ノルマがない状態で安心して働ける会社も多いようです。

ただし、ノルマがないとしても歩合率や給料体系などはタクシー会社ごとに異なるため、転職前には採用担当者へ確認しておきましょう。

出典:※6)タクシー業界まるわかりHANDBOOK|厚生労働省

4.業績が好調

タクシー運転手以外にも共通する部分ですが、業績が好調なタクシー会社で働くと安定した収入と安心感が得られ仕事に集中できます。

業績が好調なタクシー会社は経営が安定しているため、社員に対する待遇もよいでしょう。たとえば、固定給が高かったり、ボーナスが相場より高めに支給されたりします。

また、業績がよいタクシー会社は多くの予算を割けるため設備も充実しており、最新の車両やシステムの導入も進めています。

このような理由からタクシー会社を選ぶ際、会社自体の業績もあらかじめ確認してみてください。

>(無料相談)未経験歓迎の働きやすいタクシー求人をお探しの人はこちら

タクシー運転手きついに関するよくある質問

タクシー運転手きついに関するよくある質問

タクシー運転手きついに関するよくある質問を3つ厳選したので、それぞれ解説します。

・タクシー運転手の年収は低いですか?
・なぜタクシー運転手は不足しているのでしょうか?
・タクシー運転手は誰でもなれますか?

タクシー運転手の年収は低いですか?

タクシー運転手の年収は約361万円※1)と、日本の平均年収458万円※2)と比較しても97万円程少なくなります。

とはいえ、年収361万円は平均的な数字になるため、平均以上に稼いでいるタクシー運転手も世の中に多くいます。

なぜタクシー運転手は不足しているのでしょうか?

タクシー運転手が不足している主な理由は、現役タクシー運転手の高齢化です。バブル期を支えた世代が定年を迎えた一方で、定年者を補うだけの人手を十分に確保できていないのが現状でしょう。

また、令和1〜3年までの2年間は新型コロナの感染拡大で一時的に利用客が大幅に減り、収入減少したタクシー運転手が約4万人※7)居ました。

収入が減少したのが原因で多くのタクシー運転手が業界を離れていった影響もあり、人手不足にさらに追い討ちをかけている状況です。

このように現役世代の引退や新型コロナウイルスの影響で、タクシー運転手はまだまだ人材不足に陥っています。

出典:※7)深刻!タクシー不足|NHK政治マガジン

タクシー運転手は誰でもなれますか?

タクシー運転手は誰でもなれる職業です。ただし、運転手になるには普通一種自動車運転免許を取得後、1年以上経過※6)しているのが最低条件です。

また、タクシー会社によっては、普通免許取得後3年以上※6)の経験を求める場合もあります。

加えて、2年以内※6)に無事故で免許停止や取り消しなどの行政処分を受けていない条件も満たさないといけないため注意しておきましょう。

まとめ:タクシー運転手はきついだけでなくやりがいもある

まとめ:タクシー運転手はきついだけでなくやりがいもある

タクシー運転手の仕事はきつい場面もありますが、空き時間にゆっくり過ごせたり、自分のペースで働けたりメリットもたくさんあります。

また、高齢者の増加や配車アプリの普及など、タクシー運転手の需要は増加するので転職した場合でも食いっぱぐれないでしょう。

とはいえ、良質なタクシー運転手の求人を見つけるには時間も労力もかかります。このように現職が忙しく、転職活動ができていない人は転職エージェントの活用がおすすめです。

弊社でもタクシー運転手を含む、運転手に特化した無料の「就職・転職」サポート「ドライバーキャリアを運営しています。

「時間がなく求人を探すがめんどくさい...」「応募先とのスケジュールを調整して欲しい...」このような悩みがある人は、一度、相談してみてはいかがでしょうか。

求人をお探しの方へ

【無料】あなたの希望に合う求人をご紹介、履歴書作成をサポート

求人を検索する(無料)

この記事を書いたライター

高坂 勇介さんのアイコン

高坂 勇介

高校を卒業したのち美容師からキャリアをスタート。 その後、大手プラントメーカーの非破壊検査や造船メーカーで品質、工程管理に従事。 製造業界に勤めた12年の知識と経験を活かし、現在は転職専門ライターとして活動中。 転職ブログ「積み上げロード」を運営。

このライターの記事一覧

こんなお悩みありませんか?

  • もっと給料を上げたい...
  • 残業時間が多くて体力的にきつい…
  • もっとプライベートを充実させたい...

かんたん無料!
求人を検索する

公式SNS

-タクシー
-,

© 2024 クロスワーク・マガジン