タクシー

タクシー運転手って本当にきついの?しんどいだけでない魅力的なところも紹介します

更新日:

「タクシー運転手ってきつい職業なの?」

「タクシー運転手の現実はどうなの?」

そんな疑問を持っていませんか?
もし、今そんなふうに思っているのであれば、この記事を読むことをおすすめします。

この記事では、

・タクシー運転手のきついところ
・タクシー運転手の楽なところ
・タクシー運転手の現実
・タクシー運転手に向いている人

などを詳しく紹介しています。

タクシー運転手について多角的に紹介しているので、これからタクシー運転手を目指そうと思っている方、今まさに転職を検討している方は最後まで一読してください。

タクシー運転手の仕事内容

タクシー運転手は、道端や事前に予約した乗客を車に乗せて目的地まで送る仕事です。

運転技術はもちろん、自分の走る地域の地理をある程度把握しておかないといけません。また、乗客によっては話相手をしないといけないため、コミュニケーション能力も必要です。

そんなタクシー運転手のきついところを次の章で紹介していきましょう。

タクシー運転手がきついと思っているところ

簡単に言えば乗客を乗せて目的地まで送るだけの仕事ですが、どのあたりにきついと感じているのか紹介していきます。

勤務時間が長すぎる

タクシー会社の勤務形態は、「日勤」「夜勤」「隔日勤務」の3パターンが基本となっています。
日勤は昼間だけ働く、夜勤は夜だけ働く、隔日勤務は2日分を1回で行うといった内容です。

この中で特にきついと感じている方が多いのが隔日勤務です。

隔日勤務をすると、勤務時間が最低でも15時間、長いと20時間にも及びます。休憩時間が3時間以上確保されていますが、拘束時間が長いので、特に年配層は体力的にきついと感じるのでしょう。

給料が安すぎる

タクシー会社は基本的に歩合制をとっています。
つまり、乗客を多く確保すること、長距離を運転して多くの料金をいただくことが必須となります。うまいこと乗客を確保できれば給料も安定しますが、そうでない場合は給料も低くなってしまいます。

長時間働いたから、高収入が得られるとは限らないというのが、給料が低いと感じさせている要因にもなっているのでしょう。
また、景気にも左右されるので、不況の時にタクシー運転手を選んでしまうと余計に給料が低いと感じてしまうかもしれません。

乗客のせいでストレスが溜まる

タクシー運転手は、さまざまなお客様を乗せるため、必ずしもいいお客様と出会うわけではありません。理不尽な要求をしてくる乗客、酔っ払って絡んでくる、もしくは吐きそうになる乗客、暴言を吐いたり、暴力を振るおうとする乗客などさまざま。

暴力をふるわれてケガをしたなどと、ニュースで見たことがある方もいるのではないでしょうか?そんなことが起きるので、ストレスが溜まりきついと感じ、転職を考える人も少なくありません。

乗客の命を預かっているいうプレッシャーがしんどい

タクシー運転手は、事故を起こしてはいけないというプレッシャーが常にあります。乗客を安全に目的地まで送り届けることは基本中の基本。しかし、毎日長時間運転して、それを達成するには責任力と集中力が必要です。ずっとこの状態が続くと、きついと感じる人も少なくないのでしょう。

タクシー運転手が楽だと思っているところ

前章では、タクシー運転手のきついところを紹介しましたが、決してしんどいばかりではありません。中にはタクシー運転手を楽だと感じている人もいます。楽だと思っている理由を紹介していきましょう。

人間関係の面倒がない

タクシー運転手は、一人で仕事にあたるので上司や同僚と働くことありません。そのため、面倒な人間関係の渦に巻き込まれることもないため気楽だと感じるようです。

もちろん乗客のストレスはありますが、一回限りの短い時間なので、上司や同僚のように長期間の付き合いをする必要がないので、そういった点では面倒がないと言えるでしょう。

免許さえあればいつでも働くことができる

タクシー運転手になるために必要な資格は、2種免許だけです。つまり、この免許があればいつでもタクシー運転手になれるし転職も可能です。
タクシー運転手になってからも何かしらの資格を取得する必要もないので、変な手間もなく楽だと感じるのでしょう。

休みが多い

タクシー運転手の勤務形態で隔日勤務を選ぶと、労働時間は長いですが、休日が多いといったメリットがあります。2日分の労働を1回で行うので必ず翌日は休日となります。これと公休を合わせると、月の労働日数が12、3日というのが基本となります。

休みが多いということは、プライベートの時間に費やせるので、家族がいる方はお出かけをしたり、趣味のある方は好きなことに時間を使ったりできるので、労働環境が悪いとは限りません。

翌日が休みとわかっていれば、予定を組みやすいというのも魅力でしょう。

マイペースで仕事ができる

タクシー運転手は一人で仕事を行うので、誰にも干渉されずに業務にあたれます。給料が欲しければ、たくさんの乗客を捕まえないといけませんが、そうでない場合は、悪く言えばサボることも可能です。

自分のペースで仕事ができるといった点では、自分の体調や気分次第で調整できるので、ある意味気楽と言えるのではないでしょうか。

タクシー運転手の現実

前章まででは、タクシー運転手のきついところ、楽なところを紹介してきました。
では、実際のタクシー会社の現実はどうなのか、紹介していきましょう。

安定した生活を送ることができる

タクシー運転手の現在の給与体系は、固定給+歩合制+賞与がほとんどです。
歩合制も平均は60%なので、仮に1日の売り上げが3万円だとすれば、日給は1万8千円。ここに固定給もプラスされるので、低賃金とはなりにくく生活も安定しやすいです。

平均年収は近年の調査によると約375万円と決して低い数字ではありません。これは全国での平均なので、タクシーをよく使うことの多い関東や関西ではさらに高い年収が期待できるでしょう。

タクシー運転手として経験を積んだドライバーの中には、年収800万円を超える方もいます。歩合制なので、自分の努力次第でさらにどうにでもなる魅力があります。

福利厚生が充実

タクシー運転手にとって困ることは、事故を起こしてしまうこと。車の損害賠償や相手への賠償など一度で多額の賠償金が発生するリスクがあります。

しかし、基本的にタクシー会社の車には任意保険の加入が義務づけされているため、事故時の補償がきっちりと組み込まれていることが多いです。
そのため、万が一事故を起こしても本人に賠償の請求が飛んでくることもないので、そういった点でも安心です。

また、ケガや病気などで休業しないといけなくなった場合、歩合制なので給料の心配もあるでしょう。
しかし、タクシー会社の中は休業補償をしっかり準備しており、福利厚生を整えているところも多いです。

将来的に独立もできる

タクシー会社に勤めていれば、安定した生活を送ることができるでしょう。しかし、歩合制でも自分の取り分が100%ということはできないデメリットはあります。

もし自分で個人タクシーを作れば、100%の取り分を確保することができます。乗客の確保のコツやお得意さんの獲得など、自分一人でもやっていけるとなれば独立するといった選択肢ができるのもいいところです。

タクシー運転手に向いている人とは?

タクシー運転手も魅力的な部分はたくさんあることがわかりました。
それではタクシー運転手に向いている人はどんな人なのか、紹介していきましょう。

運転が好きな人

タクシー運転手は、車を運転することが仕事です。一日中車に乗車しているので、やはり運転することが好きな人が向いていると言えます。車が好きな人もこの中に入るのではないでしょうか。

一人が好きな人

タクシー運転手は、常に一人で働く仕事です。そのため、一人でマイペースで働くことが好きな人に向いていると言えます。

人間関係の面倒が苦手で、誰にも干渉されずに働きたいという方はタクシー運転手に向いているでしょう。

コミュニケーションが得意な人

乗客とコミュニケーションを取るのが億劫ではない、むしろ好きだという方はタクシー運転手に向いています。乗客でも話さない方が多くいますが、中にはコミュニケーションをとってくる方はたくさんいます。短い時間でどれだけコミュニケーションを取れるかで、もしかしたら次回指名されるかもしれません。

接客対応がいいドライバーほど、年収が高い傾向があります。コミュニケーションが得意な方はタクシードライバーに向いているでしょう。

ストレスが溜まりにくい人

タクシー運転手をやっていると嫌な乗客の対応が続くこともあります。そんな時にストレスが溜まって爆発してしまうような方はタクシードライバーはきついと感じるでしょう。

しかし、そんな乗客に当たってもすぐに忘れることができる性格、切り返しの早い性格、ストレス発散が上手い方は、ストレスが溜まりにくいので、続けていきやすいでしょう。

休みが多い仕事を選びたい人

タクシー運転手で隔日勤務を選んだ場合、3日のうちで休日が1回あたることになります。さらに公休が混じるので、月の半分が休日といった感じになります。

趣味が多い人や友達が多い人、家族との時間を取りたい人、家でのんびりしたい人など休日が多くあることでプライベートを充実させたい人は、休日の多いタクシードライバーに向いているでしょう。

まとめ

タクシー運転手はきついと言われたことがあるかもしれませんが、いいところもたくさんあります。体力面、精神面できついところはありますが、休日も多く、安定した生活を送ることも可能なので、仕事のやりようによっては充実した人生を送れるのではないでしょうか。

タクシー運転手には、資格を取れば誰でもできます。もしこの職業になりたいと思っている方は、この記事でどう思ったか今一度考えてみて、自分の将来を決めてくださいね。

タクシードライバーのお仕事をお探しの方へ

【完全無料】日本最大級のタクシードライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国のタクシー会社の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-タクシー
-

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.