トラック

トラック運転手の適切な服装は?作業・面接のベストな服装を解説!

更新日:

トラック運転手が悩むのは、どんな服装で仕事をすればよいかということではないでしょうか?

トラック運転手の服装は基本的に作業着ですが、勤めている会社によっては、制服があったり無かったりします。

また作業中とトラックを運転している間の服装も違う場合があります。

トラック運転手の中には運送会社への転職を希望して面接を受けることもあるかもしれません。面接時にもその場にふさわしい服装というものを心がけましょう。

そのようなトラック運転手にふさわしい服装について、様々なシチュエーション別に解説していきますね!

トラック運転手の服装

制服の有無は会社によって異なる

トラック運転手の制服の有無は会社によって異なります。

一般的には大企業が制服を支給することが多く、中小企業は上半身の服のみ支給されることが多いです。

一方で、制服の支給がなく、トラック運転手が自分の好きなように服を選べることもあります。

と言っても、どのような服を身につけてもいいわけではありません。社会人として、また会社の一因として最低限のマナーは守る必要があります。

服装に関する決まりは、各企業の求人情報に記載されていることが多いです。

実際に求人情報を確認したい場合は『ドライバーキャリア』から確認してみて下さい。

会社から支給された場合

トラック運転手が会社から支給される服装は、主に作業着になります。この場合は特に何も悩む必要はなく、与えられた服装をそのまま着ましょう。

間違ってもわざと胸のボタンを開けたり、ベルトを下げたりして着崩さないように注意して下さい。

社名の刺繍が入った制服を支給されるように、制服はその会社を示す名刺代わりだと考えましょう。あなたの服装で会社のイメージを悪くしてしまわないように気を付けて下さいね。

服装自由と言われた場合

会社指定の制服が無く、「服装は自由にしていいよ」と言われた時は次のことをポイントにしましょう。

いくら自由にしていいとしても、プライベート出来るようなカジュアルな服装は避けましょう。トラック運転手の服装は、動きやすい作業着が基本だと考えて下さいね。

トラック運転手の服装にふさわしいのは次のような色になります。

  • グレー
  • 色味を抑えたグリーン
  • 色味を抑えたブルー

基本的に業務中だということを忘れずに、汚れが目立たない色を選ぶようにして下さい。

また荷物の積み下ろしでしゃがんでも腰がきつくないように、ある程度余裕のある服装をしましょう。

トラック運転手の服はどこで買う?

トラック運転手の服の決め方

トラック運転手の服を決める時は、想定できる状況から逆算するといいです。

・運転しやすい

・貨物の積み下ろしがしやすい

・汗をかいても大丈夫

・汚れてもあまり目立たない暗めの色

・できるだけ清潔感のある印象のもの

この辺りに配慮して決めるといいでしょう。

オススメの購入場所

トラック運転手の服を買うのにオススメの場所は、ホームセンターや作業服販売店です。

中でもワークマンは、近年トラック運転手に人気のメーカーです。

機能性が高い上に価格もリーズナブルで、バリエーションも豊富にあります。

近所に店舗がない場合は、オンラインストアで購入できるので、興味がある方はサイトを確認してみて下さい。

ただし、オンラインストアの場合は試着ができないので、サイズはよく確認するようにしましょう。

運転で人気の服装

業務内容によって服装を変える場合もある

運転中の服装は、何と言っても運転しやすい服装が一番です。体を締め付けたりせずゆとりのあることが大切です。

一方でハンドル操作やギアチェンジの際に袖などが邪魔にならない服装が良いでしょう。

夏場の暑い時期などは、半そでシャツにハーフパンツなどの風通しの良い服装をする場合もあります。特に長距離を走るトラック運転手は積み下ろしが終わったら、運転しやすい服装に着替えることも多いようです。

いずれにしても勤務する会社に確認してみることをおすすめします。

夏に人気の服装

夏は熱中症に配慮した服装が人気です。

実際、企業側の配慮でハーフパンツや半袖を奨励するケースも少なくありません。

ただし、積み下ろし作業で怪我の危険性があるケースや、工場や現場を出入りするケースでは、長ズボン・長袖の着用を必須とすることもあります。

冬に人気の服装

冬の服装は、車内の設備によって好みが分かれます。

暖房設備がしっかりしている車両だと、冬でも軽装で働く人もいますが、設備が十分でない場合は作業服の上からアウターを羽織る人もいます。

積み下ろし作業で人気の服装

運転中と同じ服装でOK

荷物の積み下ろしをする時は、基本的に運転中と同じ作業着を着るのが良いでしょう。

会社から支給される服装が作業着がほとんどなのも、トラック運転手の仕事柄、積み下ろしなど体を動かしても支障がないためです。

自分で服装を決める際でも、積み下ろしの作業をするということを考えながら選びましょう。

夏場は半そでや短パンなど涼しい服装をすることがあるかもしれませんが、万が一怪我などをしないように気を付けて自己責任で服装を決めて下さいね。

追加で持っておくと良いアイテム

またトラック運転手の中には重い荷物を積み下ろしすることがあります。そのような場合は下のような服装を心がけて下さい。

  • 基本の服装は動きやすい作業着
  • ヘルメット着用
  • 安全靴を履く
  • 滑り止め付きの軍手を付ける
 

女性トラック運転手に人気の服装

女性トラック運転手の服装は、カラフルでおしゃれな傾向があります。

職場にあった最低限のマナーは守りつつ、カラーバリエーションを楽しんだり、おしゃれにしてモチベーションをあげる人などがいるようです。

最近では女性のトラック運転手も増えつつあり、巷では「トラガール」とも呼ばれています。

このまま増えていけば、今後はそのようなトラガール向きの作業着のラインナップがより充実していくでしょう。

配車係の服装と違いはある?

運送会社にはトラック運転手に配達状況を指示したり、トラックの手配を行う配車係がいます。

トラック運転手の仕事内容とは異なるため、服装にも違いがあるようです。

会社によってはトラック運転手と同じ服装をする配車係もいますが、取引先と顔を合わせることもあるためトラック運転手の服装よりもカッチリとした服装をすることがあります。

例えば次のような服装です。

  • 作業ズボンの代わりにスラックスを履く
  • 作業着の下にワイシャツとネクタイを着用する

トラック運転手に人気の靴

トラック運転手は安全靴が常識

トラック運転手が履く靴は、「安全靴」が常識と言われています。

なぜなら、厚生労働省が策定した『労働安全衛生規則』によって、労働者には安全靴を着用するように企業に指示を出しているからです。

トラック運転手の仕事をしていると、積み下ろし作業の際に荷物を落としたり、積み下ろし機材に足を轢かれたりする可能性があります。

そんな時に、足先が硬く作られた安全靴を履いていれば、怪我をするリスクを軽減できます。そのような事情から、運送業者から安全靴を履くように指定されることが多いです。

作業服メーカー「ワークマン」では、安いものだと千円台から販売しているので、気になる方は公式サイトを参照してみて下さい。

参考:ワークマン

オススメの安全靴メーカー

安全靴を取り扱っているメーカーやワークマン以外にも複数あります。

中でもトラック運転手から絶大な人気を獲得しているのは「アシックス」です。

機能性の高さはもちろんのこと、スポーツメーカーならではのデザイン性や履き心地、軽さが人気の理由と言えるでしょう。

価格は5000円台からと高めではあるものの、費用対効果はあると評判です。

また、防水性を重視したい方には「力王」がオススメです。ゴムメーカーとしての武器を生かした作りは唯一無二と言えるでしょう。

中でもアクア・ゼロシリーズは高い防水性と耐油性を誇っており、価格もリーズナブルです。

サンダルを履いても大丈夫?

運転中に少しでも体の負担を減らすために、「サンダルを履きたい」という人もいるでしょう。

しかし、事故に繋がる危険性という観点からオススメはできません。

実際、道路交通法でもハンドルやブレーキを確実に操作しなければならない旨が明記されており、禁止こそされていないものの、抵触する可能性がゼロではありません。

安全面から考慮して、サンダルによる運転は避けることをオススメします。

トラック運転手の見た目で気をつけること

一見自由に見えるトラック運転手の服装ですが、見た目に関してはどのような点に気を付ければ良いのでしょうか。

髪型

髪型は自由だという運送会社もあるのですが、大手の運送会社の中には細かく髪型を指定されることもあるようです。

ヘルメットを着用しても邪魔にならない長さで、取引先と顔を合わせた時に不快に思われない髪型にしましょう。

どうしても髪を切りたくない場合は、結んで作業の邪魔にならないようにするなどの工夫が必要です。

アクセサリー

アクセサリーも特に決まりは無いという運送会社もありますが、あまりジャラジャラと付けているのは好ましくありません。

また積み下ろし時にアクセサリーで荷物を傷付けないように、大ぶりなネックレスやブレスレット、指輪などは避けましょう。

トラック運転手の面接で理想の服装とは

トラック運転手が転職を考えた時に、面接に臨む場面も出てくると思います。そのような時にはどのような服装にすれば良いのでしょうか。

スーツ指定の場合

面接先の会社から「服装はスーツで」という指定があった場合は、迷わずスーツを着用して下さい。

その際に気を付けるのは足元と顔周りです。

  • 靴はスーツに合わせて革靴を履く
  • 伸びた髪や無精ひげは整える
  • 茶髪や派手に染めた髪は黒髪に戻す
  • 腕時計や結婚指輪以外のアクセサリーは外す

私服可能の場合

面接先の会社から、「服装は自由ですよ」と言われたとしても、基本的にはスーツを着用するようにして下さい。

面接先の会社はトラック運転手であるあなたの服装を見て、一般常識のある人かどうかを判断することもあります。もしかしてスーツを持っていないという人であっても、スラックスやジャケットを着るなどきちんとした服装をしましょう。

指定がない場合は問い合わせを

服装が特に指定されていない場合は、メールや電話で問い合わせましょう。不明点を事前に確認するのは仕事でも大事な工程であり、悪印象を与えることはまずありません。

「当日自分だけ浮いていたらどうしよう」と不安にならずに済むので、安心して面接に臨めるでしょう。

まとめ

トラック運転手の仕事柄、積みおろしや運転という仕事があります。また作業時と面接では違う服装を選ぶように、TPOに合わせた服装に気を付けましょう。

運送会社によってトラック運転手の服装が自由だとしても、少しでも不安を感じたら会社に相談するのが望ましいです。いずれにせよ一社会人として、顔を合わせる相手に不快感を感じさせない服装にすることが大切です。 

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-トラック
-,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.