トラック

軽トラの荷台はDIYが可能!?様々な活用法を紹介!

更新日:

軽トラはトラックの中では最も小さいサイズである一方で、そのコンパクトさを活かし比較的誰でも簡単に運転しやすいことが特徴です。

荷台は平台となっており、運ぶ荷物によって様々なカスタマイズが可能となっています。

また最近では、軽トラの荷台を荷物の運搬以外で使用する人も増えてきています。

今回は、軽トラの荷台のアレンジや、様々な活用方法について詳しく解説していきます。

軽トラの荷台の一般的な使い方

多くの荷物を積載することが可能な軽トラの荷台は、引っ越しや農業、その他でも様々なものを運ぶ上でとても便利です。

軽トラの荷台の横や後ろのアオリは倒すことができるので、パレットなどをフォークリフトで積んだりすることも可能で積み下ろしのしやすさも特徴の一つです。

軽トラの荷台には屋根がないため、比較的大きな荷物でも積載することが可能な一方で、雨の日などは濡れないようにする必要があります。

軽トラの荷台は、積むことができたら何でも積んでいいと考える方もいるかも知れませんが、道路交通法によって積載制限が決められています。

・重さ:最大350kg
・長さ:車両の長さの10分の1まで
・高さ:地面から2.5メートル以下
・幅:車両の幅まで

一つでも満たしていないと道路交通法違反となるので、注意が必要です。
ちなみに、軽トラの全長は3,395mmなので車両からはみ出てもいいのは、339mmまでとなります。

どうしても軽トラで長い荷物を運ばなければならない場合は、やぐらを活かして斜めに積んだりする方法がありますが、その場合は高さに注意しなければなりません。

どちらかが道路交通法の数値に収まらない場合は、警察署で「制限外積載許可申請書」を提出すれば、許可できる可能性もあります。

軽トラからはみ出したりする場合は、しっかりと固定を行い、先端に目印をつけるなどして周囲が気をつけやすいようにするよう心がけましょう。

軽トラの荷台における関連商品

軽トラの荷台に関連する商品は多く市販されており、活用することで濡れにくくしたり傷や破損を防止したりすることが可能です。

軽トラの荷台で、活躍する関連商品をいくつか紹介します。

・荷台シート
トラックシートは、軽トラには欠かせないといってもいいもので、荷物が濡れないようにしたり、荷台から荷物が落下しないようにすることもできます。

トラックシートには1~6号までのサイズがあり、軽トラの荷台には1号か2号が最適な大きさです。

背の高い荷物を積む場合は、その分を計算して大きめのシートを選ぶと余裕をもって被せることができます。

軽トラの荷台シート価格は4,000~15,000円ほどで購入が可能で、ホームセンターや通販で購入が可能です。

最近では、柄がついているタイプなども人気が出てきています。

・荷台マット
軽トラの荷台スペースに敷いて使用するもので、荷物の破損や傷の防止の役割や滑り防止にもなります。

荷台マットの種類としてはゴムマットと樹脂マットがあり、ゴムの荷台マットは重く、設置するのが大変な一方で滑り防止に役立ちます。

樹脂の荷台マットは軽く、設置しやすい一方で滑りやすくなるので、梱包に注意が必要です。

樹脂の荷台マットは滑りやすいため、プラスチックなどのかごをいくつも積み込んだりする場合は滑らせるなどして積み下ろしが簡単になるメリットがあります。

軽トラの荷台マットの価格は3,000~13,000円ほどで購入で、通販やホームセンターに置いてあります。
凹凸があるタイプなどは、滑り防止にもなり人気があります。

軽トラの荷台はDIYも可能

様々な荷物を運搬できる軽トラの荷台は、DIYでコンテナタイプにしたり、テントにすることも可能です。

それぞれにどのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

軽トラの荷台をコンテナにする

軽トラの荷台は、コンテナ式に変えることも可能です。

自分で荷台をコンテナにする場合は、市販の折りたたみ式コンテナを荷台に乗せるだけで、いつでも広げるだけでコンテナ式にすることが可能です。

軽トラの荷台をコンテナにすることで、シートを毎回荷台に固定する必要がなくなります。
市販の折りたたみ式コンテナは30,000~80,000円ほどで通販でも購入が可能です。


業者に依頼することで、アルミ製などのコンテナも設置が可能であり、費用は300,000~500,000円ほどです。

軽トラの荷台をテントにする

通常の軽トラの使い方とは違い、最近では「軽トラキャンプ」というのも流行っています。

軽トラの荷台にテントを載せて、荷物を運ぶのはもちろん、そのまま寝室やリビングとして使用が可能です。

今までのキャンプといえば、キャンピングカーなどが主流だったのですが、どうしても車両価格が高く、税金や大きな駐車場が必要で維持費も大変でした。

軽トラの場合、車両価格や税金も安く抑えられますし、テントを変えたりすることで誰でも気軽にアレンジが可能で人気が出てきています。

キャンプ用として使用するのであれば、毎回テントを準備する必要がないため、行き帰りもスムーズにキャンプを楽しむことが可能です。

他にも、軽トラと併設するタイプのアイテムも市販されているので、様々なキャンプが楽しめます。

まとめ

軽トラの荷台は平台となっており、様々な形状のものを運ぶことが可能な一方で、積載重量や高さなどに関して道路交通法で定められています。

乗せる荷物によってマットを敷いたり、シートをつけることで更に便利にものを運ぶことが可能です。

最近では自分で軽トラの荷台をDIYする人も増えており、荷台をコンテナにしたりテントを設置して「軽トラキャンプ」を楽しむ人もいます。

軽トラの荷台は自分でアレンジできるので、使い方に応じたDIYを楽しんでみてはいかがでしょうか。

ドライバーの方へ

【完全無料】日本最大級のドライバー転職サイト

「転職して給与をUPさせたい...」
「勤務の時間帯を変えたい...」
「仕事内容を変えたい...」

などの悩みがある方は、転職すべきタイミングです。

今、日本のドライバー人口は減少しており、ドライバーの転職市場では、現職よりも年収などの条件が良い会社から内定をとれる確率が上がっています!

 今回紹介するサイトは、日本最大級のドライバー転職支援サイト「ドライバーキャリア」です。

全国の物流企業の求人情報を豊富に扱っており、10代~60代、全年齢に対応しています。地域/職種/給与/エリア などの詳細検索から、様々なドライバー求人を検索することができます。

お住いの近くにあるドライバー求人を無料で検索する事ができます。検索はこちらから。

ドライバー求人を1分で無料検索

ドライバー様の転職においては、希望の仕事内容や給与をもらえず、転職に失敗している方も非常に多いのが実態です。それは、情報収集が不足している事が原因にあります。

より希望にあった条件の会社があるにも関わらず、時間がなかったりすると、あまり探さずに転職を決め、ミスマッチに繋がってしまいます。

検索サイトの特徴は、

①無料で1分で簡単検索できる

②高年収の会社が見つかる

③勤務時間/仕事内容などの条件改善

などのメリットがあります。また無料でキャリアアドバイザーが条件に合った求人を代わりに探してくれるので、時間が無い方にも非常にオススメです!

気軽にLINEでの無料転職相談もできます!

-トラック
-, ,

Copyright© クロスワーク・マガジン , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.